力士 糖尿病。 日年輕力士染疫死 專家:運動員年輕人不具優勢

力士の持病、糖尿病

力士 糖尿病

大相撲で初めて新型コロナウイルス感染が判明していた東京・江東区の高田川部屋の三段目力士、勝武士(しょうぶし、本名末武清孝=すえたけ・きよたか)さんが13日午前0時半、新型コロナウイルス性肺炎による多臓器不全のため都内の病院で死去した。 28歳だった。 新型コロナ感染での死者は角界初。 国内で20代の死亡は年齢が明らかになっている中では初とみられる。 28歳の早すぎる死は、ウイルスの恐ろしさを改めて世間に伝える形となった。 まだまだ未来があっただけにショックです。 20代から40代という若い世代の感染者は日本でも多いが、28歳という若さで亡くなったのは残念でなりません。 新型コロナウイルスは、重症化させないためにも初期診断と早期治療が大事になります。 医療体制が追いつかず、発熱から4日たっての入院という初動の遅さが重症化につながりました。 糖尿病の持病があったことも、リスクを高めた要因だと思います。 世界保健機関(WHO)の発表によると、新型コロナウイルスによる世界の致死率は2%ほどですが、糖尿病患者は9・2%にまではねあがっています。 この感染症で分かったことは、血栓ができやすく血管が根詰まりすること。 始まりは肺炎でも、そこに終わらず、循環器が悪くなり、脳梗塞や腎臓や肝臓にも影響が出る。 今回の死因も多臓器不全でした。 自粛生活が続くと、食べ過ぎや飲みすぎに陥りやすい。 太りすぎないよう気をつけたいところです。 現役力士の死を無駄にしないためにも、先進国並みに多くの検査を受けられる医療体制の構築が急務です。 PCR検査に、抗原検査、抗体検査を織り交ぜ、複合的に対応していくことが求められます。 従来の常識が通じるか分からない未知のウイルスだけに、それぞれの検査の差を使いながら、早期の診断と治療につなげていくことが命を救うカギになります。 東京医科歯科大医学部卒。 長野・諏訪中央病院院長で「健康づくり運動」を実践。 脳卒中死亡率の高かった長野県の長寿日本一に貢献した。 04年からイラク支援を始め、小児病院へ薬を届けたり北部の難民キャンプ診察も続ける。 人気NO・1力士は誰だ? 今年も大相撲総選挙を実施します。 photo• 相撲・格闘技 K1谷川聖哉「運命」名トレーナーとの出会いに感謝 []• 格闘技 [6月15日 11:10]• プロレス [6月15日 10:00]• プロレス [6月15日 1:49]• ボクシング [6月14日 14:34]• プロレス [6月14日 10:01]• プロレス [6月14日 9:16]• 大相撲 [6月13日 13:55]• プロレス [6月13日 10:18]• ボクシング [6月12日 20:25]• 大相撲 [6月12日 18:41]• 大相撲 鳴戸部屋が朝稽古をライブ配信「少しずつ強く」 []• 大相撲 [6月13日 13:55]• 大相撲 [6月12日 18:41]• 大相撲 [6月12日 15:45]• 大相撲 [6月12日 11:00]• 大相撲 [6月12日 8:00]• 大相撲 [6月12日 7:15]• 大相撲 [6月12日 7:01]• 大相撲 [6月10日 17:26]• 大相撲 [6月10日 9:22]• 大相撲 [6月10日 9:03]• プロレス 真壁刀義「最前線でぶっつぶしてやる」/連載最終回 []• プロレス [6月15日 10:00]• プロレス [6月15日 1:49]• プロレス [6月14日 10:01]• プロレス [6月14日 9:16]• プロレス [6月13日 10:18]• プロレス [6月12日 10:01]• プロレス [6月11日 10:02]• プロレス [6月10日 23:19]• プロレス [6月10日 10:00]• プロレス [6月9日 13:14]• ボクシング 田中恒成「全部見せる」畑中建人がユーチューブ挑戦 []• ボクシング [6月14日 14:34]• ボクシング [6月12日 20:25]• ボクシング [6月11日 17:24]• ボクシング [6月11日 11:46]• ボクシング [6月11日 2:21]• ボクシング [6月10日 21:01]• ボクシング [6月10日 12:01]• ボクシング [6月10日 8:41]• ボクシング [6月9日 18:00]• ボクシング [6月8日 11:01]•

次の

高田川部屋力士勝武士の持病・基礎疾患は?喫煙歴についても調査

力士 糖尿病

相撲取りの私が糖尿病になったのは22歳の頃です。 その頃の私の職業は力士でした。 身長は185センチで体重は160キロあった時です。 力士としてはいい体格だったと自分でも思っています。 相撲界は一日、二食が主流で最初の食事が11時頃、夕方は18時頃になります 朝は4時起きでそれから稽古が10時頃まであります。 稽古後お風呂に入り11時頃の朝飯となります。 朝早くから起きて身体を動かすのでお腹が大変減っていて丼飯で3杯以上を食べる毎日です。 お腹が一杯になると必然的に昼寝をするようになり起きたら直ぐに晩飯を食べる様な習慣がついてしまい ひと月で35キロ位太ってしまった時がありました。 そんな生活を15歳の頃からしていて22歳の頃には糖尿病になってしまいました。 相撲界に在籍している間は、 糖尿病と診断されても太らなければ成らないので薬を飲みながら食事をたくさん食べていました。 相撲界に在籍している約9年間このような生活でした。 相撲界を引退したからと言って直ぐに食事を減らす事は出来ません。 現役時代と同じ量を食べる習慣がついていました。 そして27歳の時に結婚をして身体を動かす運送会社に勤めました。 運送会社の仕事はかなりハードで結構くたくたになる日々を過ごしていました。 その時の体重は120キロ前後をキープしていた様な気がします。 そして離婚をし、33歳の頃から一人暮らしをするようになり運送会社も辞めてしまいました。 室内での仕事に転職し身体を全く動かさないようになってしまったのに食べる事は現役の頃と変わらないぐらい食べていました。 そんな生活を続けていて37歳の頃に足の裏の靴ずれが化膿してしまい両足に病巣が出来てしまいました。 片足を切断しなければいけない程ひどくなっていました。 左足の方が症状が重く、足の裏に出来た靴ずれが足の甲までばい菌がまわってしまい足の甲から骨が見えてしまうほど皮膚が溶けてしまいました。 左足を切断することにより右足を治すことを優先することになりました。 私的には片足を失くしてしまう事にそれ程重く受け止めてはいませんでしたが、親をはじめ周りの友人や親類は泣いてしまうくらいの重大さだったようです。 手術当日までタバコを吸う元気はありました。 手術が終わって麻酔が切れた時は流石に激痛に泣きそうになりました。 看護師さんに痛み止めを貰って飲んだり痛み止めの注射を討って貰ったり座薬を入れて貰ったりと夜明け近くまで痛みで眠れませんでした。 そして気がついた時には痛みが収まっており丁度、朝食の時間帯だしたが、手術の翌日の朝食は抜きでした。 喫煙所の所には自動扉があり、そのガラスに映る自分の姿を見て、違和感と言うか悲しい気持ちになってしまいました。 片足を失くしたことによって精神的に落ち込む事はなかったのですが生活的には結構、不便さを感じます。 一番、不便に思うのは階段やちょっとした段差に苦労してしまいます。 後は糖尿病による目の病気で糖尿性の網膜症や白内障で目が霞んで擦りガラス越しに見えてしまうので、人の輪郭などは判ってもぼやけてしまって誰が誰だか判らなくなってしまいます。 糖尿病じたいは痛くも痒くもないのですが糖尿病による色々な合併症が怖いと聞きました。 糖尿病は一生治らない病気なので上手く付き合って行こうと思います。 糖尿病の合併症対策のカギは「免疫力UP=ブロリコ!」 PR 糖尿病になって最も怖いのは糖尿病性神経障害や糖尿病性腎症、糖尿病性網膜症などの合併症です。 それらの合併症を防ぐために最も重要なのが「 人間の持っている免疫力を向上させる」事と言えます。 そして免疫力を向上させる成分として注目されているのがブロッコリーから抽出された成分「ブロリコ」です。

次の

勝武士の持病・基礎疾患は糖尿病!コロナの症状を悪化させた

力士 糖尿病

あんなに食べて本当に大丈夫なの!? 以前にも「」という記事を書きましたが、「フードファイターの人はあんなに大食いなのに糖尿病にならないのか?」という疑問をお持ちの方がちらほらいらっしゃるみたいなので、改めて調べてみることにしました。 フードファイターとは、早食い・大食いを競技として捉え大会に出場するスポーツ選手を指す和製英語だそうです。 昔テレビのそういう番組で、ケーキを1ホール丸ごと食べる女性や、お寿司を何百貫も食べる女性たちを見て本当に驚いたものです。 あんなにたくさん食べても大丈夫なギャル曽根さん 大食いと言えば、ギャル曽根さんが有名ですよね。 彼女はあんなにたくさん食べているのにちっとも太らないし、羨ましいことに食後血糖値もほとんど上がらないんだそうです。 普通なら「インスリンの感受性がとても良くて、なおかつインスリン分泌能力が高いのでは?」と思いますが、いくらなんでもそれだけでは説明が付きませんよね。 また、彼女は腸内にビフィズス菌が多いそうですけど、それだけではやっぱり説明が出来ないと思います。 よっしーは子供の頃から無糖ヨーグルトを毎朝食べていましたし、大人になってからはイージーファイバーやらオリゴ糖やら…だけど、だからといって食べても太らない体質にはならなかったし、糖尿病にもなっちゃいました。 最も考えられることは、彼女は「食べてもほとんど吸収できずに便として排泄してしまう」のではないでしょうかね!? よっしーが重度の糖尿病でありながら、乳糖を消化吸収できないため牛乳では血糖値がまったく上がらないのと同じで… ただ、そんなギャル曽根さん、常に大食いしているわけではないそうです。 普段は食費がかかるため「」と決めているそうです。 千円だとあまり食べられませんよね。 大食いアイドル・もえあずさんは境界型糖尿病 大食いアイドルのもえあず(もえのあずき)さんは、バナナなら150本食べられちゃうというものすごい食事量にもかかわらず、身長157cmで体重40kgのスリム体型です。 さらに、野菜ソムリエの資格も持っていらっしゃるとか。 なんと、トイレの回数は1日20回だとか。 しかし2016年1月18日放送のTBS「私の何がイケないの?」の企画で検査した結果、彼女は境界型糖尿病と判明したそうです。 境界型糖尿病は、そのまま生活を改めなければいずれ本当の糖尿病になってしまう可能性が非常に高い状態です。 海外の研究では、そうですけど… まだ20代のもえあずさん、どうか糖尿病には気を付けていただきたいですね。 痩せの大食いでも糖尿病になる方はいます フードファイターや芸能人に限らず、一般の方でも「痩せの大食い」はやっぱり油断してはいけないようです。 痩せの大食いで食べても太らない体質なのを良いことにたくさん食べていた女性は、そうです。 また、肥満のご主人が糖尿病の可能性を指摘された奥様はそうです。 そして、かつて大人気だったテレビ番組「最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学」でも、次のような症例が紹介されていました。 43歳の主婦はいわゆる「痩せの大食い」ランチ食べ歩きのブログを書く人気ブロガーでした。 彼女は毎年の健康診断でも異常を指摘されたことはありませんでした。 ところがある日、息切れと心臓をわしづかみされるような痛みが…彼女は隠れ糖尿病(空腹時血糖値は正常で、食後に血糖値スパイクが起こる)だったのです。 空腹時血糖値が正常なのでおそらくHbA1cもさほど高くなく、健診では何も言われたことがなかったのでしょう。 食後の血糖値スパイクの繰り返しで、彼女は少しずつ動脈硬化が進行していったのです。 番組では「」と指摘していました。 食後にインスリン追加分泌が出にくいので太らない、でも実は食後高血糖になっているというわけ。 そういえばNHKスペシャルのでも、スリムな若い女性たちにも血糖値スパイクが起こっていることを放送していましたよね。 食べても太らなければそれでいいの? フードファイター、痩せの大食いと言われる人たちの中には、食べたものがロクに消化吸収されずにほとんど排泄されてしまうと思われるかたたちもいらっしゃいます。 しかしそれは、余分な脂肪や糖質だけでなく、体にとって必要ないろいろな栄養素の吸収率も極端に悪いということです。 それ、本当に羨ましいことでしょうか?ある意味、食べて太れるのは健康なのかも… 真偽は分かりませんが、フードファイターの中には、食べた後で嘔吐していた方もいたとか、いないとか。 また、と言われています。 確かに、芸能人の方たちを見ているとそうかもしれない…と思います。 食べるのが好きで太っているタレントさんは糖尿病にはなるかもしれないけど、若くしてガンに…ってあまり聞かないと思いませんか? 2型糖尿病に肥満が良くないのは明らかです。 でも、「痩せてるからOK」でないこともまた真実です。 「痩せの大食い」の方は、どうか気を付けてくださいね。

次の