履歴 書 を メール で 送る。 履歴書をメールで送る時の注意点・メール例文

履歴書をデータで送る場合のマナー・メール例文をご紹介

履歴 書 を メール で 送る

【このページのまとめ】• ・これまで履歴書の提出は、手渡しや事前郵送が一般的だった ・管理のしやすさから、メールでの送付を求める企業が増えている ・求職者にとっても、情報を整理しやすい、作成時間の短縮が望める、すぐに送れるといったメリットがある ・その反面、送信後にミスが発覚するケースも多いので内容の確認は必須 ・履歴書ファイルを作成するには、手書きの履歴書をスキャナーで取り込む方法と、テンプレートを利用してWordやExcelで書き込む方法がある ・企業からの指定がある場合、それに従って作成しよう ・顔写真は、写真をスキャンする、またはデータ化サービスを実施している写真店を利用する ・履歴書の顔写真貼付け欄にデータをトリミングして貼り付ける ・履歴書ファイルには必ずパスワードを設定する ・パスワードを明記したメールは、履歴書ファイルと別に送信する 就活で「履歴書をメールで送ってください」と言われ、戸惑った経験はありませんか?特にパソコンに慣れていないと、履歴書の作成方法や顔写真の貼付方法、メールの書き方がわからないなど、基本となる要素でつまづいてしまう人がいるようです。 履歴書をメールで送る時の注意点をまとめたので、参考にしてみてください。 コンテンツ目次• しかし、インターネットサービスやパソコンツールなどが発達したことにより、最近では管理しやすいメール送付での履歴書提出を指定する企業が増加。 履歴書をパソコン上で作成・管理することは、応募者にも企業情報を整理しやすい、作成時間が手書きよりも短く済む、すぐ送れるといったメリットがあり、メールでの履歴書提出が一般的になりつつあります。 しかし、手軽さがある反面、送った後にミスが発覚することもあるため注意が必要です。 送る前には記載内容の確認以外にも誤字脱字など入念にチェックしておきましょう。 1つは、手書きで書いた履歴書をパソコンでスキャニングして作成する方法。 スキャン後の保存は、JPEGフォーマットを選びましょう。 もう1つは、履歴書のテンプレートをインターネットサイトからダウンロードしてWordやExcelで書き込む作成方法です。 こちらは、pdfに変換して送りましょう。 基本的にはどちらの方法で作っても大丈夫ですが、企業から指定があればそれに従ってください。 顔写真は、事前に撮った写真をプリンターを使いスキャニングして自分のパソコンに取り込むか、データ化サービスのある写真店を利用するなどして用意します。 パソコンに保存した顔写真は別のメールに添付するのではなく、手書きの場合と同様履歴書の貼付け欄にデータをトリミングして貼付けましょう。 また、履歴書は個人情報が記載されている書類です。 メール添付での送付であっても、部外者に漏れないよう注意しなければなりません。 送る時には必ず履歴書のファイルにパスワードを設定しておきましょう。 その際、履歴書のファイルと同じメールにパスワードを記載してしまうと、そのメールを見た人が簡単に開くことができてしまいます。 履歴書ファイルを添付したメールと、パスワードを記載したメールは分けて送るのが鉄則です。 パスワードを設定する方法は、使用するアプリケーションのバージョンによって違うため自分の使用しているパソコンの設定方法を確認しましょう。 自分の名前、このメールに履歴書を添付しているということ、ファイルにはパスワードを書けているため後でパスワードを明記したメールを送ること、連絡先などを記載しましょう。 「続けて送信するから」とパスワードを明記したメールでは名乗らないという選択は止めましょう。 人事担当者には多くのメールが届きますから、メールを送る際は必ず自分の名前を添えてください。 また、添付するファイルの名称も、履歴書や職務経歴書であること、誰の書類であるかが一目でわかるようにしましょう。 下記に例をご紹介しますので、参考にしてください。 ご指示いただきました履歴書と職務経歴書を、本メールに添付させていただきます。 お手数ではございますが、ご査収の程よろしくお願い申し上げます。 尚、応募書類にはパスワードを設定しております。 後ほどパスワードをお送りいたしますので、併せてご確認ください。 お忙しいところ大変恐れ入りますが、何卒、よろしくお願い申し上げます。 先ほど送付させていただいた履歴書ファイルのパスワードをご連絡いたします。 ———————————— フルネーム 郵便番号: 住所: 電話番号: メールアドレス: ———————————— 履歴書をメールで送付する際のポイントをご紹介してきましたが、いかがでしたか? ハタラクティブでは履歴書の作成方法も詳しくアドバイス。 志望動機や自己PRの作成も合わせて指導しています。 就活に関することであれば、どんな小さなお悩みもお気軽にご相談ください。 おすすめ記事• 履歴書をメールで送る場合のルールとマナー• それでいいの?履歴書をメールで送る時• 【履歴書を送付するとき】郵送メールのやり方とは• 写真は必要?履歴書をメールで送るときの注意• 履歴書にメールアドレスを書く際のポイントと注意点• 履歴書をPDFで送りたい!メール作成時のマナーは?• 履歴書をメールで送るとき、写真データはどう準備する?• パソコンor 手書き…どちらの履歴書が適している?• 「採用ご担当者様」は間違ってる?宛先・宛名の正しいマナー• 履歴書の日付はいつが正しい?• 書類選考の合否メールがきた時、返信が必要なパターンは?• 履歴書を郵送する時のマナーとは?.

次の

メールで履歴書を送る場合のマナーとポイント

履歴 書 を メール で 送る

採用側です。 電子メール応募の場合、印鑑は通常不要です。 ソフトでハンコイメージを作れるものもありますし、それをPNG画像にしてWordやExcelに貼れるものもありますが、原則不要と思ってください。 なぜかというと、そんなものは誰でもできるからです。 印鑑というのは、その模様がほしいのではなく、本人が責任をもって提出した資料であるという表明がほしいということです。 彫った印鑑は二つとないという前提があります。 百円で売られているものでも詳細みれば同じものはないという前提からきています。 そのためにシャチ*タというものが嫌われるのです。 あれは全部同じ型にはめて作ったものなので。 パソコンで作ったハンコイメージだったらどれもこれも同じものです。 だから不要です。 電子文書は、仮にハンコイメージをつけてこられても、信頼度が増すとは言えません。 ですから面接時に別途「個人情報の取り扱いの方針」みたいな印鑑をつくものの提出を要求されるのです。 採用されて入社時には、自署印鑑つきの書類を書かせられますので、それで問題はなくなります。

次の

履歴書をメールで送る方法なのすが、初心者なのでやり方がわ...

履歴 書 を メール で 送る

メールの書き方とポイント 採用担当者は応募者とのやり取りや社内の面接の日程調整などで、毎日数多くのメールを受け取っています。 そのため、メールの件名(タイトル)は簡潔に。 また、文面も長々と書き連ねるのではなく、ビジネスマナーに則ってわかりやすさを意識しましょう。 メール件名は簡潔に「内容+名前」 「履歴書の件」や「ご確認お願いします」などと書かれたメールだと、本文まで読まないとメールの目的と送信者が判別できません。 分かりにくい件名にしてしまうと、見落とされたり迷惑メールだと勘違いされたりすることも…。 履歴書を送る場合は、件名でどのような内容なのか、送信者が誰なのかがわかるようにしておきましょう。 メールソフトの操作ミスで、「違う相手に送ってしまった」などの過ちは防ぎたいもの。 事前に応募書類にパスワードを設定しておくと、間違った相手に送ってしまったとしても、ファイルを閲覧されるリスクが軽減できるでしょう。 応募書類にはわかりやすいファイル名を 採用担当者に送るデータには、わかりやすいファイル名をつけておきましょう。 「履歴書」「職務経歴書」など内容だけでなく、「日付」「ファイル内容」「氏名」をつけておくと、採用担当者が管理しやすくなります。 PDF化するメリットには3つの理由が挙げられます。 【1】オフィスソフトは使用環境によってバージョンが異なること、【2】プレビューと実際の印刷物とは見栄えが変わること、【3】万が一の内容の変更を防げることが挙げられます。 pdf)」を選び保存、でPDFに変換することができます。 PDFに変換したあとは、ファイルをフォルダに格納し、zip形式でパスワードを設定して圧縮し、メールに添付します。 メールで履歴書を送る時の例文 履歴書を採用担当者に送る場合の、メールの文例をご紹介します。 見やすさを心掛け、内容が長くなる場合は適宜改行したり、1行空けたりして文面を工夫しましょう。 送信ボタンを押す前に、書類は間違いなく添付されているか、宛先の企業名・担当者名に誤りはないか、誤字脱字はないかの再確認を。 履歴書と職務経歴書を添付しております。 ご査収の程、よろしくお願い申し上げます。 応募書類には念のためパスワードを設定しております。 後ほど、パスワードをお送りさせていただきますので、 ご確認いただけますでしょうか。 お忙しいところ大変恐縮ですが、 面接の機会をいただけますと幸いです。 何卒、よろしくお願い申し上げます。 ———————————— 氏名(場合によってはふりがなも) 郵便番号+住所 電話番号 メールアドレス ———————————— 採用担当者から指示された場合の例文.

次の