ポケモン 剣 盾 ゲンガー 育成 論。 【ポケモン剣盾】トゲデマルの育成論!調整と対策、おすすめの技とは?|ポケモニット

【ポケモン剣盾】トゲデマルの育成論!調整と対策、おすすめの技とは?|ポケモニット

ポケモン 剣 盾 ゲンガー 育成 論

初めまして、今作から対戦を始めました、初投稿です、ゲンガーが好きです。 この育成論では、HABCDSの略称を使用します。 個体値はA抜け5vを想定しています。 不備、質問等ありましたらコメントにお願い致します。 種族値がとがっている分立ち回りの幅もそこまで広くないと思われるので ザックリと説明していきます。 初手としての役割 仮想敵 サザンドラ ドラパルト カットロトム 他フェアリータイプ 例: サーナイト、ブリムオン、マホイップ等 このあたりに対しては対面で有利をとれる型だと思われます。 特殊受けとして活躍しているフェアリータイプに対して強く出ることができます。 (ニンフィアはヘドロウェーブで確定1発で落とせない上にほぼ 電光石火持ちなので不利対面です…) ドリュウズは一応シャドーボール2発で落とせますが初手岩石封じをもらうと逆に落とされます。 現在環境で活躍している受けポケモン(アーマーガア、ドヒドイデ、ナットレイに関しては基本的に落としきれないと思っていただきたいです。 カバルドンに限ってはエナジーボールを採用する事で確定2発で落とす事が出来ます。 とくせい のろわれボディ 攻撃を受けると相手の技をかなしばり状態にすることがある ほかに選択肢がないのでこれ一択です。 初手対面を突破して次の対面で落とされる事が多いと思われますが その場面でのろわれボディが発動すると割と有効な場面があったりするので シンプルにゲンガーの性能とかみ合ってるんじゃないでしょうか。 ミミッキュに対して初手で対面した場合、相手がつるぎのまいをきればダイマックスしない限りゲンガー側が確実にミミッキュを落とせるのでおくびょうでいいんじゃないかなと思いました。 ただ準速 性格補正無S252 でも最速ヒヒダルマや最速ウインディ等ミミッキュ以下のすばやさのポケモンであればSは抜けるので構築の中でどこにフォーカスするかというだけの話かもしれません。 もちもの 基本的には襷一択だと思います。 スカーフやメガネももちろん選択肢としては存在しますが、とんぼがえりやボルトチェンジ持ちと比べると少し動きにくい印象です。 そもそもゲンガーが覚えられる技の威力がヘドロウェーブ以外あまり高いといえないので初手で落とす事ができない対面になった際に、相手を小突いて終わるという最悪の展開は避けたいというのも理由です。 確定技 タイプ一致のメインウェポン。 耐久無振りのドラパルトであれば確定1発です。 不一致でありますが、耐久無振りのサザンドラであれば確定1発です。 パッチラゴンや、ウオノラゴンを1発で落とすことができないのが弱み。 ゲンガーが覚えられるタイプ一致特殊技で1番高火力な技。 似たような技にヘドロばくだんがありますが、正直どちらでもいいと思います。 選択技 耐久振りウォッシュロトムを意識した技。 H252のウォッシュロトムであれば、ヘドロウェーブでは乱数2発ですが、エナジーボールであれば確定2発です。 ついでにカバルドンも確定2発。 襷でHPを1残した後、ゲンガー以上のSのポケモンか、先制技を持つポケモンに対しての選択肢です。 とくにミミッキュあたりにふいうち退場する事が出来るとかなりおいしいと思われるので環境に合わせてチョイスしたいですね。 かげうちやこおちのつぶて持ちがギルガルド、パルシェン等、襷持ちのポケモンに多いのも考慮したい所。 初手で落として次の対面でのろい退場が主な使い方になると思われます。 たたでは落ちないゴーストタイプの鑑。 のろい同様次の対面で使用するのが主な用途。 他にもおきみやげやらわるだくみやらありますが、今回は割愛します。 おわり 以上、かなりザックリした説明になってしまいましたが皆さんのお役に立てれば幸いです。 相手のドラパルトがA特化だった場合かなりの確率でドラゴンアローでワンパンされますし、珠や鉢巻なら確定で落とされます。 相手が特殊型などなら確かに勝てるかもしれませんが、相手の構成次第で何もできずに倒される以上、ドラパルト対面で突っ張るのは無謀でしかないと思います。 この構成のゲンガーであればドラパルトは仮想敵から外すべきです。 ゲンガーの基本形ではありますが、現在ゲンガーの基本型の育成論が存在しないので十分育成論として成立していると思います。 ただ、与ダメージ・被ダメージの目安が少々ざっくりしすぎていてイメージが湧かない感じがします。 上でも書かれていますが相手出来ない型が存在するので、ある程度メジャーな相手だけでもダメージ計算と対面からの動き方が記録されていれば育成論として向上するのではないかと感じました。 また、おきみやげ・わるだくみ等を割愛する理由がある場合は書いておいた方がいいと思います。 両者ともに、この型のゲンガーであれば十分採用枠に入る筈にも拘わらず省略するのであれば何か理由が必要でしょう。 ひとまず評価は保留、詳細を詰めていただけたら評価5をつけたいと思っています。 シンプルかつ簡潔でわかりやすい育成論だと思います。 他の方もおっしゃっている通り、すばやさ関係からドラパルトを仮想敵として挙げるのは少し問題があると思います。 また、シャドーボールをメインウェポンとして確定枠に入れていますが、一致等倍技として撃つならヘドロウェーブで事足りるため、この技構成だとあえてシャドーボールを採用してまで撃ちたい相手が見つかりません。 候補技に関してですが、10万ボルト・かみなりを採用するのもありだと思います。 ゲンガーの火力であれば落とすのがほぼ無理だと書かれていたアーマーガア、ドヒドイデにも打点が持てるため、検討する価値はあると思います。 火力を求めたいのであれば催眠たたり目も選択の中に入れていいのではと思います。 環境を牛耳っている奴らは大半ゲンガーよりも遅いので上から催眠をたたき込めるのがかなり強いです。

次の

ゲンガーの育成論・調整|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ポケモン 剣 盾 ゲンガー 育成 論

「きあいのタスキ」による行動保証の恩恵を受け、対面で確実に1匹持って行ける型となります。 主にドラゴン・格闘・悪タイプを倒すための武器として役立つ技。 受け崩しの武器として起用。 ギャラドスや水ロトムも対象に含められるため、非常に強力。 くろいヘドロ持ちゲンガー 性格 おくびょう 努力値 HP204 特攻52 素早さ252 実数値 HP161-攻撃76-防御80-特攻157-特防95-素早さ178 特性 持ち物 技構成 ・ ・ ・ ・ 道具「くろいヘドロ」を持った相手に嫌がらせをしながら戦う「ゲンガー」です。 耐久調整は技「おにび」込みで 「アイアント」の「ダイスチル アイアンヘッド 」を確定3発まで耐えることができます。 素早さは最速調整なので、アイアントよりも早く動けるためダイマックスターンを稼げるのが強みと言えます。 現環境では、ダイマックスターンを枯らす仕事や、技「こごえるかぜ」「おにび」による後続サポートがメインの立ち回りとなります。 後続のサポートをする 「ゲンガー」は技範囲が広いことからサポートに周ることも可能です。 技「おにび」で相手からのダメージを減らしたり、技「こごえるかぜ」で素早さを下げる動きも強力です。 ゲンガーの対策 素早さの高いポケモンで弱点をつく 「ゲンガー」の魅力である高い素早さ種族値も、より素早いポケモンで対策してしまえば何ら問題ありません。 元々耐久の高いポケモンではないことから、高火力で上から殴る方法が一番ゲンガーを倒しやすいと言えます。 おすすめは特性「いたずらごころ」を持ったポケモンで、上から技「ちょうはつ」や「アンコール」を撃ち技を縛る動きです。

次の

【ポケモン剣盾】ゲンガーの進化と覚える技【ソードシールド】|ゲームエイト

ポケモン 剣 盾 ゲンガー 育成 論

始めに 2度目の投稿です。 本気で育成などを始めたのは今作が初でまだまだ分からない部分が多く、アドバイス等頂けると嬉しいです 型について ゲンガーと言えば襷型が有名ですが、ちょっと変わった戦術を使ってみたいなと考えた所、今回の型に至りました。 現在のガラル地方で滅びの歌を覚えるのは進化前を除くとゲンガー、ラプラス、サニゴーンの3体であり、ラプラスとサニゴーンは素早さの部分に難アリと判断したため今回はゲンガーにしました。 基本戦術 滅びの歌を相手にかけてからだっしゅつボタンもしくは死に出しによりソーナンス等の交代を防ぐポケモンを用意してハメ倒していく戦術となります。 また、居座り性能の高いポケモンの確実な対策にもなります。 滅びの歌を歌った後で殴られた場合、ゲンガーが瀕死になろうが耐えようが交代する事ができるため、滅びの歌をかけた時点でゲンガーの役割は終わったと考えて良いでしょう。 ただ、積み技や交代などで殴られなかった場合はみがわりを置いたり攻撃をしたり、交代読みで滅びの歌を連打するなどの読み合いになっていきます。 努力値や技構成など ・努力値 HPに252振っていますが、これは万が一耐える事ができたらラッキー程度に振ってあるので死に出しでも良いという場合は特に無くても大丈夫です。 耐久しないのであれば防御特防の個体値も気にしなくてOKです。 その場合、特攻に252振ることで上からシャドーボールやヘドロばくだんで確定1発を取れそうな相手に強く出ることができます。 先手を取りたいため素早さ252は必須です。 参考までに以下ゲンガーで抜ける主要なポケモンを載せておきます。 最速ゲンガー実数値178 最速アイアント 準速エースバーン 最速リザードン 最速サザンドラ 最速ミミッキュ 最速ヒヒダルマ また、以下HPに252振ったゲンガーで耐えられるものです。 無積かげうち確定2発 50. 6 はりきりダイジェット確定2発 79. 6 スキルリンクつららばり確定2発 80. 5 6. 8 ぶっちゃけ耐久力は決して高いとは言えないですので高速高火力アタッカーにはみちづれが固いと思います... ・技構成 【確定技】 ほろびのうた 今回のコンセプトとなる技なので確定です。 【選択技】 みがわり 無償で出せた場合かなりバトルを有利に運ぶ事ができます。 相手の交代を読んで交代し、積みエースに繋げることで大きなアドバンテージを得られます。 みちづれ 明らかに攻撃される&一撃で死ぬと思われる相手には滅びの歌よりも安定する技です。 滅びの歌で1体滅ぼした時点で生き残っていた場合、さらに2体目を道連れするという大活躍も見込めます。 くろいまなざし 自力で影踏みにできる技です。 が、滅びの歌を聴いたポケモンは大体次のターンに逃げてしまうため使う場面はあまり多くないです。 ギリギリまで居座ろうとするポケモンには刺さります。 キョダイゲンエイ使い所なくね? その他攻撃技 ゲンガーは特攻が非常に高いのでシャドーボールやヘドロばくだんなどの特殊技を1つ持っておく事により、交代先に多大な損害を与える事ができます。 また、上から確定1発取れそうな相手には滅びの歌を使わずとも倒す事ができます。 ・持ち物 ゲンガーでお膳立てして交代が狙いなのでだっしゅつボタンで確定です。 相棒にオススメのポケモン このゲンガーは例外を除き交代する事が前提ですので、その交代先としてオススメのポケモンを紹介していきたいと思います。 【ダグトリオ】 特性ありじごくによって交代を防ぎ、ボルチェンも無効化できるので非常に便利です。 が、耐久は紙です 【ゴチルゼル】 夢特性かげふみを持っており、耐久力もそこそこ高い。 その上コスモパワーを初めとした補助技も多く非常に便利なポケモンです。 注意 交代の余地を与えずに交代を防ぎたいため相方として影踏みや蟻地獄を持つポケモンを選んでいるので、飛行タイプや浮遊持ち相手にはどうしようもありません。 ゲンガーやゴチルゼルの覚えるくろいまなざし等でそれらの交代も防げますが、それまで居座ってくれるかと言うとそうは思えません。 素直に別のポケモンで処理しましょう。 また、 おわりに 最後まで読んで頂きありがとうございました。 やはり3ターン耐えなければならないという効果がなかなか厳しく、さらにこの戦術ですとゲンガーの紙耐久も相まって相手を1体落とすために払う犠牲がなかなか大きくランクマッチには不向きな技なのかなといった印象でした。 が、ロマン技として凄く好きなのでこれからも改善に向けて努力していきたいと思います。 また、こういう技や相方を使えば面白いかも?などのアドバイスがあればコメント欄にてお伝えください。 参考にさせて頂きます。 ただこれだと相手を1体持っていくのにこちらは1. 5体くらい削らないといけないので割りに合わない気がします… なのでもう一度ゲンガーを繰り出せるようにするのがいいと思うのですが、どの相手ならゲンガーが瀕死まで追い込まれず再展開が可能なのか、よくランクマにいるポケモンから被ダメは論中に載せ、考察した方が良いかと思います。 さらに言えばもしかするとSのラインも考察の余地があるかも知れません。 最速にすることで今のランクマ環境でどれだけメリットがあるのか…私の中ではランクマにそれなりにいる最速アイアントが抜けるくらいのメリットしかないように感じたのでそこはもう少し論中に書いた方がいいと思いました。 ひこうor浮遊(あと書かれてないけどゴースト)以外に繰り出して確実に1匹処理する算段なのでしょうか? だとすれば払う犠牲が大きすぎるでしょう。 努力値の欄でゲンガーが耐えることはあまり想定されていないようですし、相手1匹を倒す為にゲンガーひんし+後続が2ターン分ダメージでは割に合いません。 なのでメリットを作る為に後続には絶対に積んでいただきましょう。 ……と言いたいところですが、ダグトリオは紙耐久が故につめとぎさえしている暇はありません。 ではゴチルゼルに積ませるのかといえば……これも難しいでしょう。 積み技がコスモパワーと瞑想だけの素早さ種族値65では、2ターン分のダメージもあり相手の死に出しに上から殴られ、何も仕事を出来ずに倒れてしまいかねません。 そこで提案です。 確定ほろびを諦めませんか? 考えるのはこうです。 攻撃を受けない場合は攻撃を受けるorほろぶまで殴り続けて相手に負担をかける。 性格はS抜きたい相手、確1を取りたい相手に合わせて吟味してください(他力本願) 確定ほろびにロマンは感じますが、後続に繋げる為にはこちらの方がいいかと考えます。 確かにゲンガー自体耐久力が高いとは言えず払う犠牲が多いので積み耐久に投げるのが固いのかもしれませんね... 確かに中途半端な耐久を諦めてCに振った方がアタッカーとしての役割も果たせるのでそちらの方が良いかもしれませんね... 今、投稿者のコメント見てさらに感じたこととしてはこの論でも役割対象を絞れば活躍できるのでは?と感じました。 例えばコメントでも上がっている高耐久ポケモンですかね。 そこに絞っていけばまた違った考察もできそうだなと思いました。

次の