断食 回復食 メニュー。 断食後の回復食おすすめ10選!ファスティング後に必須な栄養まとめ

1週間断食ダイエットで5~7キロやせるやり方・方法

断食 回復食 メニュー

Contents• 1 日断食の回復食メニューは?何日食べるもの? そもそも 1 日断食とは? 1 日断食というのは、 1 日だけ断食をするダイエット方法です。 プチ断食と同じような物ですよね。 1 日断食を行うと 胃の調子が良くなったり、 食が細くなるという効果があります。 それと、 1 日断食は休みの日に気軽にできるので 行いやすいと言えます。 お仕事のある日に食事で ダイエットをすると頭が働かなくなって、 お仕事に支障が出る可能性があるので、 この方法は良いですよね。 回復食って? 回復食とは、 断食した後、 普通の食事に戻すための食事のことを言います。 消化に良く、 胃に優しい食べ物を食べることがほとんどです。 断食中は胃の中が空になるので、 普通の物を食べても上手く消化をすることができません。 なので、いきなりいつも通りの食事を摂ってしまうと、 いきなり胃が動かされるので 胃などの臓器に大きな負担をかけてしまいます。 消化に良い回復食を食べて、 胃を慣らしていけば、 体の負担を最小限に抑えることができます。 必ず回復食で慣らしていきましょう。 回復食のポイント 〈薄味〉 断食が終わった!と思って、 濃い味付けの料理をいきなり食べるのはだめです。 空腹が続いている内臓というのは、 敏感な状態だとご紹介しました。 なので、刺激を与えてしまいますよね。 健康的にかなり良くありません。 なので、 最初は薄い味の回復食から始めてみて、 徐々にいつもどおりの味に戻していくことが大事です。 〈炭水化物に偏らない〉 胃に優しい食事といえば、 お粥やうどんなどが一般的なのですが、 なるべく炭水化物に頼らないようにしたいですよね。 なぜかというと、 炭水化物は血糖値を上げるので、 その分脂肪をためこみやすい体になってしまいます。 せっかく断食を頑張って行ったのに、 炭水化物を食べ過ぎたせいで リバウンドしてしまったら、 残念ですよね。 〈野菜〉 回復食では、 野菜を多めに食べる必要があります。 よく噛んでゆっくりと食べることが大事です。 なぜかというと、 野菜にはビタミンや食物繊維などの 大事な栄養が多く入っています。 例えば、大根、人参、かぼちゃ、 玉ねぎ、ほうれん草などが消化にいいですよ。 〈豆類〉 豆類は消化に良い食べ物ですし、 たんぱく質が多い食材ですよね。 たんぱく質が不足してしまうと、 筋肉が落ちてしまいます。 筋肉が落ちると、 体の代謝も落ちてしまうので、 たんぱく質を補うために豆類はしっかりと食べたいですね。 例えば、豆腐、納豆、豆乳などです。 〈海藻類〉 海藻類も消化に負担をかけないので、 回復食には向いていますよ。 わかめ、ひじき、昆布、のりなどです。 味噌汁やスープなどを具沢山の野菜にして、 海藻類を入れるのがおすすめですよ。 スポンサーリンク 回復食にヨーグルトはあり? 回復食というのは 和食が基本的に向いているのですが、 作る暇がなかったり 面倒くさい人はヨーグルトを食べるのでも良いです。 ヨーグルトにはご存知のように、 乳酸菌が多く含まれていますよね。 この 乳酸菌は腸内の環境を良くする効果があります。 それに、意外と満腹感を感じることもあるので 回復食にはおすすめなんです。 断食後に初めて口にするものでは、 フルーツをヨーグルトに入れるのではなく、 プレーンのままで食べ始めるようにしましょう。 とはいっても、 体に良いからとあまりにも食べ過ぎてしまうと、 下痢してしまうことがあります。 まとめ 回復食で自分の食欲をセーブできるかどうかが、 断食ダイエットが成功するかの分かれ道となります。 回復食に適した食材をうまく利用していき、 成功させましょう。 また、食材も大事ですが、 食べる量にも注意してください。 食べ過ぎてしまっては、 胃腸に大きな負担がかかってしまいます。 物足りないと思う、 腹 7 分目くらいが一番です。 しっかりとよく噛んで回復食を食べるようにして 成功させたいですよね。

次の

断食の回復食 メニュー9選

断食 回復食 メニュー

断食はダイエットや健康のために、日本のみならず世界中で実践されている健康法です。 宗教的な意味を持ったものから、ダイエットのために行われるものまであり、昔から行われてきたものです。 ファスティングとは日本語で断食を意味します。 胃腸を休ませ、体が消化などに使っていたエネルギーを細胞の活性化や修復のために使えるので、 美容・ 健康にとてもいいといわれています。 デトックス効果、もちろん ダイエット効果もあります。 断食は胃腸に負担をかけないものを摂取しながら行う方法と、水しか飲まない素人が行うには危険なものまであります。 一般的に行われているのは前者の断食でしょう。 そんな断食、 回復食がとても重要です。 断食が終わってホッと緊張感が緩んだところで口にする、回復食の選び方次第では断食した意味がなくなってしまうこともあります。 普通食に戻るまでの期間食べる、回復食にはどんなメニューがおすすめなのでしょうか? リバウンドしにくいおすすめメニューや、栄養を効率よく取り入れることができるメニューを10選紹介していきます。 ファスティングの成功は回復食にあり!ということを覚えておいてください。 断食は健康のために行う人も多いですが、ダイエットのために行う人もたくさんいます。 短期間で痩せることができる断食ですが回復食次第ではリバウンドしてしまいます。 まず、断食中は血糖値が下がった状態です。 そんな状態で断食が終わって、回復食ではなく普通の食事をしたらどうなるでしょうか? 食事が入ってきたことで 血糖値は急激に上がります。 血糖値が上がることで体内ではインスリンが分泌され血糖値を下げます。 この乱高下が体の大きな負担になるばかりか食欲が止まらなくなる原因になるのです。 急激に血糖値が下がることで、 体は空腹感を覚えます。 そのため、食欲が抑えることができずに暴飲暴食してしまうのです。 断食中の体はスポンジのようなものです。 栄養を吸収しやすくなっているので、徐々に回復食で休ませていた体を回復させる必要があるのです。 回復食には 胃腸の負担をかけないため、という役割もあります。 断食は普段、酷使している臓器を休めるために行うものです。 休ませた胃腸にいきなり脂っこいものや、硬いものなど消化が悪いものを食べると負担がかかります。 寝ている人を急に起こして、いきなり全速力で走らせるようなものです。 断食した後、食欲に任せてラーメンを食べて腹痛になり救急車で運ばれた、ロールケーキを1本食べてしまってやはり救急車で運ばれた、ということもあるようです。 流石にそこまで食べないにしろ、胃腸に負担にならない量やメニュー、食材を選ぶ必要はあります。 休んでいた胃腸は 急には今まで通り動きだせません。 本来の働きができるまでは、徐々に時間をかける必要があります。 断食した期間と同じか2倍の期間は回復食にかけるのが望ましいとされています。 最初は胃腸に負担の少ないスープなどから始め、だんだん固形のものを食べて胃腸を慣らしていく必要があります。 ファスティングをダイエット目的で行う人も多いと思います。 短時間で効果が出るファスティングは人気のあるダイエット方法です。 もしもダイエット目的でファスティングする場合は、 お米の取り方に注意点があります。 お米はみなさん知っての通り、 炭水化物です。 私たちの主食でもありエネルギーの源です。 しかし、断食後の低血糖状態でいきなり重湯やおかゆを食べるとどうなるでしょう。 断食後のおかゆの美味しさは格別で、今までに感じたことのない美味しさだと言います。 おかゆを食べることで血糖値が上がり、インスリンで血糖値が下がることで脳がもっと食べたい、と指令を出します。 それがリバウンドに繋がるのです。 そのため、ダイエット目的でファスティングを行う場合はおかゆや重湯の摂り方には気をつけましょう。 回復食の後半で、少しづつ取り入れたり、玄米のおかゆを食べるなどしてリバウンドしないよう気をつけてください。 糖分を多く含む食べ物は、回復食には向きません。 空腹状態の体にいきなり糖分の多い食材やメニューを摂ると、血糖値が急上昇します。 休んでいた膵臓から勢いよくインスリンが排出され、血糖値を下げます。 この血糖値の乱高下がリバウンドや体調不良の原因になります。 インスリンによって下がった血糖値によって、脳から「 もっと食べろ」と指令が出ます。 その結果、堪え難い空腹感に苦しむことになりリバウンドしてしまうのです。 また砂糖には中毒性がある、といわれています。 砂糖を摂ることで食欲が抑えきれなくなりリバウンドを起こすのです。 せっかく健康やダイエットのために断食したのに、回復食であっという間にリバウンドしないよう、糖分たっぷりの食品は控えましょう。

次の

断食の回復食|メニューの注意点やレシピも3日目まで大公開|きになるきにする

断食 回復食 メニュー

目次 ファンケル 発芽米 《あなたへのおすすめ商品》 断食後の回復食には 発芽米のお粥がおすすめ。 発芽米は、 栄養豊富な玄米を発芽させることで、さらに栄養価を高めたお米です。 国産玄米100%使用で、安心・安全にも徹底的にこだわっているため、断食後の身体にやさしくしみわたります。 また発芽米は食物繊維が豊富な為、少量でも満足感があります。 断食後の回復食としてだけではなく、普段の食事の際にもおすすめです! WEBでおトクに購入 ファンケルの発芽米は、 通常価格1kg802円 税込。 ファンケルの公式サイトでは、 初回限定で通販限定の増量セットをおトクに購入できます。 発芽米1kg+500g 1,203円相当 が、なんと780円。 初回限定特別価格ですので、1人1セット1回限りの増量セットとなります。 ピッタリの回復食を探している人は、この機会に一度試してみてはいかががでしょうか。 断食後の回復食 断食日数と同じ日数の回復食が必要 断食によってしばらく使っていなかった消化器官は徐々に使うことを思い出させる必要があります。 休んでいたのに回復期間を設けないことは、普段全く運動していないのにいきなりジョギングやマラソンを始めることと同じです。 ウォーキングから始めて、慣れたらジョギングに変えていくように、徐々に慣らすということが大切です。 回復期間は断食をしていた日数、もしくはそれ以上の期間を使ってゆっくりと普通の食事に戻すようにしましょう。 回復食の期間も含めて断食と思うようにしましょう。 低カロリーメニューにする 断食の後は体がいつも以上に栄養を求めている状態です。 そんな状態の時にいきなり高カロリーのものを食べてしまうと必要以上に食べ物からカロリーを摂取してしまい、リバウンドや断食前よりも太ってしまう可能性があります。 断食をした意味がなくなってしまわないように、回復食は低カロリーなものから選んで摂取していきましょう。 胃に優しい食材を選ぶ いくら低カロリーでも、固形物や消化しにくい食材は避けるようにしましょう。 断食中に使われていなかった消化器官に、いきなり消化に時間がかかるものを摂取してしまうと、大きな負担をかけてしまうことになります。 いきなり胃に負担をかけてしまうと、嘔吐や胃痛、腹痛など体調不良につながりやすくなりますので、断食後は眠っていた胃に優しく呼びかけて起こしてあげるイメージで、胃に優しい食材を選ぶようにしましょう。 また、いくら胃に優しい食べ物でも食べ過ぎは胃の負担になるため注意しましょう。 リバウンドする リバウンドとは体重がダイエット前に戻ったり、それ以上に増えてしまうことです。 ダイエットをしてリバウンドしてしまい、ダイエットが失敗に終わる人は少なくありません。 頑張った自分にご褒美として美味しいものを食べたいという欲求が出てしまいますが、体は急激に痩せた場合には元に戻ろうとする力が働きます。 断食が終わっても、もう一踏ん張り回復食が終わるまで、焦らずにしっかりと体を回復させていくことがリバウンド防止につながります。 太りやすい体質になる 体が飢餓状態になっていると、脂肪分解酵素のリパーゼの動きが鈍くなり空腹時の脂肪分解の働きを低下させてしまいます。 普段よりも体がカロリーやエネルギーを欲しているため、必要以上のカロリーを取り込もうとしてしまったり、脳が次の食事がいつ入ってくるかわからないので、脂肪の燃焼を節約して蓄積しておくように体に命令を出します。 すると、普段と同じものを食べても前よりもカロリーを蓄えてしまい燃焼もしにくくなるので太りやすい体質ができてしまいます。 胃に負担がかかる 断食が終わった達成感からついつい好きなものをたくさん食べてしまって、激しい胃痛や腹痛をおこしたという方が結構いるようです。 毎日使っていた胃を休めるのは体にとてもいいことですが、断食した分回復には時間をかけてあげましょう。 胃痛や腹痛を起こすことで恐怖心が芽生えて、食べることが怖くなってしまうと大変です。 回復食におすすめの食材や飲み物 野菜が豊富なスムージー 食物繊維が豊富に含まれている野菜を固形物として摂るのではなくスムージーにして飲むことがオススメです。 休めた胃にしっかりと咀嚼をして少しづつ飲んであげると胃にも優しいです。 ほうれん草や小松菜、チンゲン菜などの葉物野菜を使いグリーンスムージーもオススメです。 作るときは牛乳やヨーグルトを使わず、野菜とフルーツと水のみで作る方がよりヘルシーになります。 食物繊維でお通じも良くなり、ビタミンも豊富に含まれているので美容効果が期待できます。 酵素が豊富なドリンク 酵素は今とても注目されていますが、体内の酵素は年齢とともに減ってしまいます。 酵素ドリンクで酵素を摂り入れると痩せやすい体質にしてくれたり、美容や健康維持に役立ちます。 選ぶ時はなるべく添加物や保存料の入っていないものをおすすめします。 ビタミンが豊富なフルーツ 熱帯地方で育ったフルーツ(バナナやパイナップル)は体を冷やす性質があります。 反対に、寒い地方で取れるフルーツには体を温める性質があるため、体を冷やしにくいりんごやオレンジ、ぶどうなどを選ぶとよいでしょう。 フルーツはそれぞれ効能が違うのでたくさん摂りたくなりますが、1食につき1種類を摂るようにしましょう。 同時に摂ることで酵素同士が反発するおそれがあります。 また、バナナやパイナップルなどの体を冷やす効果があるものを摂る時は体を冷やさないように温かい飲み物などを一緒に摂ることをオススメします。 胃に優しいお粥 おかゆは体や胃腸が弱った時の回復食としても昔から食べられてきました。 消化にもよく、体を温めてくれるのでおすすめです。 長期に渡って断食をされた方は重湯くらいのものから食事を始めましょう。 重湯とはおかゆをさらに裏ごししたもので、米の形のないものです。 これをゆっくりとよく噛んで時間をかけて食べるようにしましょう。 また、食べ過ぎないように腹八分目で止めるようにしましょう。 消化の良い温かいうどん うどんも消化によく、胃に優しい食べ物なので胃腸が弱っている時などに食べられています。 また、免疫力も高めることができます。 温かいといっても熱すぎるものを急に胃の中に入れてしまうと胃が驚いてしまいます。 温度が熱いものではなく温かいものにして、しっかりとよく噛んで食べるようにしましょう。 また、出汁の塩分は控えめにしてください。 味を濃くすることで食欲増進してしまう可能性がありますので、薄味で食べ過ぎないように注意しましょう。 大豆が豊富な豆腐 断食後にはしっかりとタンパク質を摂ってあげることで、筋肉量を上げることができます。 筋肉量が上がると代謝もアップするため、痩せやすい体を作ることができます。 低カロリーで消化にもよく、タンパク質の含まれた豆腐や納豆はおすすめの回復食といえます。 体を冷やさないためにもお湯で温めたりして食べる方がよいでしょう。 砂糖未使用のヨーグルト 発酵食品のヨーグルトも回復食におすすめされています。 整腸作用があり、腸内環境を整えてくれるのでお通じもよくなります。 砂糖の入ったものはカロリーが高くなるので砂糖未使用のプレーンのものを選びましょう。 また、白砂糖は体を冷やす効果もあります。 ヨーグルト自体が冷たい食べ物なので食べ過ぎは体を冷やしてしまいます。 食べ過ぎないようにしましょう。 低カロリーのこんにゃく 回復食には、とにかく低カロリーのものをおすすめしますが、中でも低カロリーな食材は、こんにゃくです。 こんにゃくでできた料理もたくさんあります。 しかし食物繊維が豊富なため消化に少し時間がかかってしまうので、食べる時には小さく切る、細く切るなどの工夫をしてしっかり噛んでゆっくり食べるようにしましょう。 ミネラルが豊富な玄米 ビタミンやミネラル、食物繊維が豊富に含まれる玄米もおすすめです。 免疫力を高めたり細胞を元気にしてくれる働きがあるので、断食で休ませた体に必要な栄養素をたくさん摂ることができます。 しかし固形物になりますので、しっかりと噛んで食べるようにしてください。 そしてお腹いっぱいになるほどまでは食べないようにしましょう。 発酵食品の甘酒 甘酒は飲む点滴とも言われており、米麹から作られた甘酒はビタミンやミネラルなどが豊富に含まれており、栄養価がとても高いので断食後の回復食として注目されています。 飲みものなので胃にも優しく、発酵食品でもあり腸の善玉菌を増やしてくれるなど、体にもよいことがたくさんあります。 飲みものといってもいっきに飲まないように、しっかり咀嚼をしてゆっくりと飲むようにしましょう。 消化酵素たっぷりの大根 消化酵素をたっぷりと含んだ大根を摂ることで、体内の消化酵素の働きを助け便秘を改善したり、ビタミンCも豊富に含まれているため、美容にも効果が期待できます。 大根といっても野菜スティックなどで摂るよりは、大根おろしや細く切って茹でたものなどが消化もしやすいためおすすめです。 糖分が多いフルーツや食べ物 フルーツは回復食におすすめですが、糖質が多いものは控えましょう。 糖質が多いパンや麺類などもおすすめできません。 体が飢餓状態に入っていると必要以上にカロリーを吸収して体に蓄えようとしてしまいます。 せっかく痩せやすい体になりかけている時に、糖質が多いものをいきなり食べてしまうことで体が余計にカロリーを吸収していまい、結果が出ないかもしれません。 糖分の多いフルーツの摂取は避けるようにしましょう。 油分が多い食べ物 揚げ物は普段の胃の状態でも、もたれてしまったり、胃痙攣を起こすなどかなりの負担をかける食べ物です。 休ませていた胃に揚げ物などの油分が多いものを入れると、胃は驚いてしまいます。 揚げ物や油分の多い食事は回復食が終わっても少し期間をあけてから少しづつ増やしていくようにしましょう。 吸収しやすい動物性タンパク質 断食後にたんぱく質を摂ることはおすすめしましたが、たんぱく質でも動物性タンパク質を多く含む肉や魚は、休んでいた胃にはかなりの負担をかけることになります。 頑張ったご褒美にお肉を食べたくなるところですが、もうひと頑張りして肉や魚は我慢しましょう。 脂身の多いお肉は回復食が終わってからもしばらくは避けた方がいいでしょう。 内臓に負担をかけ体調不良になってしまったり、必要以上にカロリーを吸収してしまい、リバウンドにつながることがあります。 回復食おすすめメニュー 鉄分が取れるほうれん草スープ 鉄分が摂れるほうれん草は回復食としても適した食材のひとつです。 貧血予防にもなりますので積極的に摂りたい食材です。 ほうれん草は水溶性の栄養が多いので、茹でると水に溶けてしまい元々の栄養素をそのまま体に摂取することが難しいため、スープにして飲むことでより多くの栄養素を摂ることができます。 代謝を上げてくれるりんごと生姜ドリンク 食物繊維やビタミンC、ミネラルなどを豊富に含んだりんごは回復食にとても適した食材です。 固形物として食べるよりはジュースにして飲む方が胃には負担が少なくすみます。 さらに、生姜を入れることで血の巡りを良くしてくれて冷え性の改善をすることができます。 体温が上がることで自然と代謝もアップするため、痩せやすい体作りになります。 スープにすれば体を温めて保温効果も期待でき、病後の体力回復などにも効果があります。 また、胃潰瘍の方にもすすめられているものなので、胃にも優しく回復食にはぴったりのメニューです。 ミネラル豊富な海藻サラダ 食物繊維やミネラルが豊富で低カロリーの海藻は胃の中で膨らんでくれるので満腹感を得ることができ、ダイエットに注目されている食材のひとつです。 わかめやひじきを使ってサラダにすると低カロリーで栄養価の高いメニューができます。 せっかく低カロリーなので、ドレッシングもカロリーの低いものを選びましょう。 また、体を冷やしてしまわないように、サラダを取るときは温かい飲み物を飲んで体を温めてあげましょう。 ヘルシーな漬物の梅干し 疲労回復にもいいといわれる梅干しは脂肪燃焼効果あることが研究結果で出ています。 腸内環境を整えてくれることで便秘解消にもつながります。 しかし塩分が高いので食べ過ぎはよくありません。 1日1粒を目安に摂るようにしましょう。 梅湯にして飲むことで、飲みやすく体も温まりますのでおすすめします。 1日断食後のおすすめメニュー そのまま食べれるバナナとヨーグルト バナナには食物繊維、ヨーグルトには乳酸菌が含まれておりどちらもお通じをよくする働きがあります。 また、バナナには疲労回復やスタミナアップ、安眠効果やストレス軽減など体によい効果がたくさんあります。 しかし、体を冷やしやすい食べ物でもあるので、食べる時は温かいものを飲みながらなど、体が冷えないように工夫して食べましょう。 消化しやすい温かうどん うどんは消化しやすく胃に優しいので病気の時にもよく食べられる食事です。 体を冷やさないように温かいものを食べてください。 喉越しがいいのであまり噛まずに飲み込んでしまいがちですが、しっかり噛んでから飲むようにすると、より消化の時間も少なくすみ胃への負担を減らすことができます。 スープは薄味にしましょう。 体を温める野菜スープ 断食後は体を温めることを意識しましょう。 体を温めて全身の血流をよくしてあげると、冷え症の改善になり代謝もアップさせることができます。 好きな野菜を小さめにカットして柔らかめに茹でてスープにすると体も温まり、野菜の栄養素もたっぷりと摂ることができるのでおすすめです。 塩分はあまり強くないように薄めの味付けにしましょう。 しっかり噛んでゆっくり食べるようにしましょう。 胃に優しいお粥 お米には栄養がたくさん含まれていて、消化にもとてもいいので胃への負担を減らすことができます。 少量のお米にしっかりと水分を吸わせるので満腹感を得ることもでき、ダイエットにもおすすめされています。 おかゆに梅干しを入れたり、生姜やかぼちゃを加えたりすることで、体を温めてくれる効果もありますので飽きずに食べることができます。 回復食に限らずダイエット食としても注目されています。 食物繊維が豊富な味噌こんにゃく 食物繊維が豊富なこんにゃくに、発酵食品の味噌をつけて食べることもいいですね。 こんにゃくは低カロリーですが消化に時間がかかるので、小さめにしてよく噛んで消化に時間がかからないようにしてあげましょう。 味噌は無添加のものをおすすめします。 せっかく断食をして体から毒出しをしたのに、すぐに添加物を入れるのはもったいないです。 回復食での注意点 リバウンドに気をつける 達成感で思わず好きなものを食べたくなりますが、ここで回復食を食べなかったり、肉や糖質の高いものをたくさん食べてしまうと、断食前の体重もしくはそれ以上になってしまうことがあります。 断食ダイエットのリバウンドによる失敗例は少なくないので、最後までしっかりと続けましょう。 体重が落ちたらダイエットの成功ではなく、その体重をキープすることを目標にしてください。 運動を取り入れて脂肪燃焼 断食中は代謝が上がっているので、運動をするとより効果が得られますが無理な運動はおすすめできません。 普段どれくらいの運動をしているかにもよりますが、食事を摂っていない状態でのハードな運動は危険なので、軽めのものにしましょう。 1日の断食のみなら筋トレなどはしても大丈夫です。 3日くらいの断食なら有酸素運動のウォーキングなどを無理のない程度に取り入れましょう。 1週間ほどの長期に渡っての断食ならストレッチくらいのものがおすすめです。 体を温めて代謝アップさせる 冷え性はダイエットの大敵なので、普段から冷え性の方はとくに体を冷やさないように心がけてください。 体を温めるものを摂ると血流は良くなり、冷え性が改善されるので代謝も上がってくれます。 体を温める食材はにんじんやかぼちゃ、ごぼうや生姜など。 逆に体を冷やしてしまうものにカフェインがあります。 ホットでも、コーヒーなどのカフェインは控えるようにし、代謝をアップして痩せやすい体質に変えましょう。 サプリメントを活用する 断食でデトックスされた体の吸収率はとても良くなっていますので、サプリを取ることはオススメです。 酵素をサプリで摂ったりするといいですね。 吸収されやすいからといって、たくさん摂りすぎないように1日の容量はきちんと守るようにしましょう。 また、サプリだけに頼る栄養素の取り方はやめて、いろんな食材から栄養を摂るようにしましょう。 徐々に普通食に移行する 断食した日数もしくはそれ以上をかけてゆっくりと普通食に戻すようにしましょう。 休めていた体を一気に動かすと体調不良や、リバウンドの原因になります。 回復食や回復期を間違えて太りやすい体質に変えてしまっては元も子もないので、しっかりと守るようにしましょう。 また、回復期が終わったからといって食べ過ぎには気をつけるようにしてください。 断食後の回復食はしっかり行おう 断食後の回復食を飛ばしてすぐに通常メニューに戻してしまっては、太りやすい体質に変えてしまったり、リバウンドや体調不良の原因になってしまいます。 断食は回復期も含めての断食と思うようにし、時間をかけてしっかり回復食の期間を設けましょう。 また、いきなり何日も断食をするよりは、まずは無理をしないように1日から始めてみるようにしましょう。 普段からしっかり噛んで食べることは体にもダイエットにもいいので、食事のときはしっかり噛んで食べることを習慣にしましょう。 当社は、この記事の情報(個人の感想等を含む)及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。 この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただくと共に、必要に応じてご自身で専門家等に 相談されることを推奨いたします。

次の