ソフトバンク ワイモバイル 乗り換え。 【失敗ゼロ】ソフトバンクからYモバイルへ乗り換え(MNP)!手順に注意点を全解説!

ソフトバンクからワイモバイルへ!デメリットのまとめ

ソフトバンク ワイモバイル 乗り換え

ソフトバンクのスマホをワイモバイルで使うには SIMフリー化が必要だよ! 他にもソフトバンクから乗り換える時の注意点やメリット、料金比較やMNPで乗り換える方法・手順などすべての疑問を解決していくね! SoftBank(ソフトバンク)からY! mobile(ワイモバイル)への乗り換えを検討している方は、MNP(電話番号そのまま)での乗り換えを考えていると思います。 実際に乗り換えを考え出すと「乗り換えたらどうなるの?」「安くなるの?」「注意点は?」「乗り換え手順は?」などいろいろ不安になると思います。 この記事を読めば、SoftBank(ソフトバンク)からへ 乗り換えの検討に必要な情報や手順が全て分かります! <各ブランドのコンセプト>• データ通信を多く利用するユーザやビジネスユーザー向けで、 大容量プランが中心です。 付加価値として、Yahoo! との連携を中心にお得なサービスを提供しています。 データ通信をあまり利用しないユーザ向けで、 国内10分無料通話(何度でも)とデータ容量(3種類の容量から選択)がセットのプランです。 SoftBank同様、Yahoo! との連携でお得なサービスを提供しています。 10代から20代前半をターゲットとした データ容量だけを安く提供するプランが中心です。 LINEなどのSNSアプリでの通話を想定しており、通常の電話を利用する場合は総合的にY! mobileの方がお得で便利になります。 SoftBankから乗り換えを検討する際に、よく比較検討されるのが「 Y! mobile」と「 LINEモバイル」です。 データ通信以外の「 通話」や「 付加価値(Yahoo! 特にSoftBankでは、Yahoo! 系サービスの利用でお得なポイント還元を受けていたと思います。 乗り換えすることで、そのポイント還元がなくなるとかなりの損になります。 ワイモバイルは、やですっごいポイント還元あり! PaPaは毎月、 5,000円以上はポイント還元されてるよ! ポイント還元を考えるだけでも、SoftBankからの乗り換えなら、Y! mobileがおすすめです! いくら「LINEモバイル」の方が月額料金が安くても、ポイント還元を考慮すると圧倒的に「Y! mobile」の方がお得になります。 参考記事: 参考記事: 他にも「国内10分通話無料(何度でも)」や「家族割引」などは、「LINEモバイル」には無いサービスなので、総合的に考えると圧倒的に「Y! mobile」への乗り換えがおすすめです! 参考記事: 参考記事: 参考記事: 「Yahoo! 系サービス」や「通常の通話」を全く利用せず、データ通信の利用が中心で、とにかく安くしたい!という方は「LINEモバイル」をおすすめします! 参考記事: Y! まず最初にY! mobileの料金やプランなどについて理解しておく必要があります。 簡単にY! mobileの料金プランについて解説します。 mobileには、 スマホベーシックプランS/M/Rという3種類の基本プランがあります。 mobileのプランは、とてもシンプルです。 全プランに 国内無料通話(1回10分以内、何度でも)が付いており、違いはデータ容量だけです。 契約中はずっと以下のデータ容量になります。 スマホベーシックプランS: 3GB/月 スマホベーシックプランM: 10GB/月 スマホベーシックプランR: 14GB/月 プランM/Rだと、データ通信容量を使い切っても通信速度が 「最大 1Mbps」です! 1Mbpsあれば、 標準画質の動画再生なら問題ないレベルです。 データ容量を使い切っても、ある程度普通に使えるので助かります。 \SIMカード契約なら/ お得 SIMカード契約で「 6,300円」お得! 2つの特典を利用することでSIMカード契約が 「 6,300円」お得になります!• どこでももらえる特典 事前にでエントリーすることで 3,000円相当がもらえる!• しかし、 SoftBankから乗り換え(番号移行)で購入するスマホ端末は「機種代金割引」がされず定価になるため、「乗り換え価格」に比べて 割高になります。 「乗り換え価格」より「 14,400円」高くなります。 2019年10月以降は、違約金(解約金)が不要になりました。 そのため、契約更新時期を気にする必要がなくなり、いつでも気軽に乗り換えできます! SoftBankの料金が少しでも高いと思っているなら、まずはY! mobileへの乗り換えをおすすめします! なぜなら、Y! mobileにすると毎月のスマホ代が安くなるし、回線はSoftBankの時と同じ、Yahoo! 系の優遇もほぼSoftBankの時と同じようにあるからです! しかも、Y! mobileも2019年10月以降は契約期間縛りや違約金が「なし」です。 mobileが気に入らなかったら、すぐにSoftBankに戻したり、他の格安SIMへ変更も可能です。 どれくらい安くできるかなど詳細は、「」を参考にしてください。 SoftBank(ソフトバンク)からY! mobile(ワイモバイル)に乗り換えるメリット ドコモ、auの新料金プランが2019年6月から始まっています。 mobileも新料金プランになりました。 新料金プランは 端末分離の料金で、今までより最大 4割の割引を実現したと発表しています。 比較するためには、お互い近い条件(プラン)にする必要があります。 そのため、今回は以下のような条件にします。 比較の前提条件• 2年間の総支払額を比較 <理由> SoftBank、Y! mobileは契約期間縛りや解約料を廃止しましたが、docomo、auでは2年間定期契約が一部前提となっています。 また、1年間利用後に乗り換えだと頻度が多すぎて面倒くさいし、手数料もばかになりません。 そのため2年間の総額支払いを比較前提とします。 1~3回線契約時のそれぞれの総支払額を比較 <理由> ドコモ/auの家族割引が2回線と3回線以上で割引額が異なるため3回線まで比較します。 データ通信を多く利用する人でも、外出先でWi-fiを利用すればデータ通信料をおさえることも可能です。 5~10分の電話かけ放題を付ける <理由> 電話する時は必ず「LINE」や「Facebook」、「FaceTime」などを利用する人は「かけ放題」を契約する必要はないですが、アプリを利用した電話だとノイズが多くて会話がなりたたないことが良くあります。 しかも、アプリからの電話だと年配の方や子供だと若干操作に戸惑ったり、間違ってアプリ経由で電話せず普通に電話して割高な料金を取られたりと、リスクをあげるときりがありません。 したがって、いちいち電話するときに何かを気にするのはめんどうなので「かけ放題」を前提とします。 SIMのみ契約 <理由> 新料金プランは端末分離プランのためSIMのみ契約を前提とします。 上記内容を前提に各社条件に一番近いプランを選定すると、以下の契約プランになります。 そのため、SoftBankはあまりデータ容量を利用しない場合のお得な契約がありません。 同じ会社なので、 Y! mobileとの棲み分けを明確にしていると思います。 したがって、 Y! mobileとSoftBankを同じような条件で比較ができません。 そのため、今回は前提条件よりかなり大きなデータ容量(50GB)になりますが、家族割引が適用される「ウルトラギガモンスター+(50GB)」をとりあえずの比較対象とします。 基本的にY! mobileとSoftBankの比較だと、以下の基準で考えてください。 mobile がおすすめ! SoftBankとは比較が難しいので、docomo/au とY! mobileの比較を参考にしてください。 1回線契約時の料金比較 1回線契約時の月額料金、2年間の総支払額、Y! mobileとの差額は以下になります。 2年後に新しい機種をまた買わないとダメ 2年ごとに新しい機種に買い替えていると、いつまでたっても高い料金を払い続ける必要があります。 携帯会社を乗り換えることができない 2年後に新しい機種へ機種変更することが前提なので、携帯会社を変更することができません。 しかし、結局スマホ購入先をずっと同じ携帯会社にしないとダメ(かなり損をする)です。 下取りしてもらえない 使っていたスマホは、2年後に新しい機種と交換で引き取られるので、下取りに出したり買い取り業者へ売ることができません。 スマホが故障だと2万円支払いが必要 画面割れなどスマホに故障がみられる場合は大手3社ともに2万円を別途支払う必要があります。 個人的に、最新スマホを買ったなら最低3年以上は使わないともったいないと思っています。 また、分割支払いの残金は払わなくて済むのですが、使っていた端末は引き取られてしまい、下取りや買取業者へ売ることができません。 もし、2年後に下取りや買取業者へ売る場合、だいたい発売時定価の3~4割程度になります。 いろいろ計算してみたのですが、結局「分割支払いの残金」と「下取りや買取業者へ売るときの金額」にあまり差がないことが分かりました。 大手3社で最新スマホをセット購入して大幅に割引されていた頃は、Y! mobileより大手3社と契約した方がTotal費用が安くなるケースもありました。 しかし、今後はそういったケースはなくなり、 いかなる場合でもの方が安くなります。 人気のスマホ端末が安く買える! Y! mobileなら、「 iPhone 6s/7」、「 Xperia 8」や「 HUAWEI P30 lite」がお手頃価格で購入できます! 他にも「Libero S10」「Android One S7/S6」や「かんたんスマホ」などもお手頃価格です。 \スマホセット購入なら/ お得 スマホセットで「 8,555円」お得! 2つの特典を利用することでスマホセット購入が 「 8,555円」お得になります!• どこでももらえる特典 事前にでエントリーすることで 3,000円相当がもらえる!• 「Yahoo! 系サービスを利用する人にとっては欠くことのできないサービスです! スマホ料金を安くしようと格安スマホ(格安SIM)へ乗り換えると、 SoftBankユーザー向けのポイント特典が利用できなくなってしまいます!! SoftBankユーザーにとっては、かなり影響のあることだと思います。 しかし、 なら、 ポイント特典が継続可能です! Y! mobileは、「Yahoo! mobileでも使用したい場合に必要な作業です。 SIMロック解除できる端末は、2015年5月以降の機種で、機種購入日から101日以上経過している必要があります。 【不要】 MNP予約番号取得 SoftBankからの乗り換え(番号移行)の場合は、 MNP予約番号取得は不要です。 代わりに、Y! mobile申し込み時に 「My SoftBank」へのログインが必要になります。 mobile申し込み Y! mobileへ契約を申し込む作業です。 店頭で申し込むことも可能ですが、 インターネットでの申し込みをおすすめします。 店頭だと、 適用されないキャンペーンがあったり、 余計なオプションサービスへの加入、 1万円ほどの頭金などを求められる可能性があります。 インターネットからの申し込みは、画面イメージで詳細を分かり易く解説している「」を参考にしてください。 mobileから送られてくる商品を受け取ったら、実際に回線をY! mobileへ切り替える必要があります。 「回線切替」は申し込み時に発番される「WEB受注番号」が「R」始まりと「C」始まりで異なります。 <WEB受注番号が「R」始まり> 同封書類の案内に従い自分の好きなタイミングで回線切替をします。 (IVR回線切替) <WEB受注番号が「C」始まり> 商品到着の翌日にY! mobile側で自動切替されます。 回線切替のタイミングをある程度指定したい場合は、オンラインストア事務局へ電話して「回線切替」タイミングを指定します。 <オンラインストア事務局> (フリーダイヤル/オペレータ対応時間 10:00~19:00 /年中無休(1月1日を除く)• APN設定 Y! mobileでインターネットを利用するために必要な作業です。 iPhoneとAndroidで対応方法が違いますので、以下を参照して作業をしてください。 iPhone: Android: 宮崎様 機種代金の分割払いをまだ支払中で、SIMロック解除(SIMフリーにする)は可能か? に対する回答は、機種購入日から101日以降ならSIMロック解除可能です。 また、機種購入日から101日たってない場合は、残りの機種代金を一括精算することでもSIMロック解除可能になるようです。 ソフトバンク参考URL: SIMロック解除は、ソフトバンクの契約を解除する前に済ませておくことをおすすめします。 そうすれば、ワイモバイルへ移行後にSIMロック解除できなかったという失敗にはならないと思います。 SIMロック解除の手続きなどは、以下の記事が参考になると思います。 無事にSIMロック解除できて、ワイモバイルへ乗り換えれるといいですね! いつでも問い合せ頂けたら、分かる範囲で回答させて頂きます! こたこた様 「みんなでY! mobile」管理人です。 ご質問頂いた件ですが、SoftBankの2019年10月以降の違約金不要プランを契約されていれば違約金は発生しません。 もし、この場合で違約金を取られているならSoftBankへ確認してください。 この説明として、「2019年10月より前にSoftBankを契約している場合でも違約金なしでいつでも新しい違約金不要のプランに変更可能」と記載しております。 説明内容が不十分で、「2019年10月より前にSoftBankを契約している場合でも違約金なしで他社へ乗り換えできる」と思われたかもしれません。 この点については、説明文を改善したいと思います。 ご確認の程、宜しくお願い致します。

次の

ソフトバンクからワイモバイルへ乗り換え手順を紹介!実際にどのくらい節約できたのかもレビュー!

ソフトバンク ワイモバイル 乗り換え

ドコモ、auの場合は月中頃~月末までに乗り換えがお得• ソフトバンクの場合は契約状況に応じての乗り換えがお得 では、なぜそのようなタイミングになるのでしょうか? 決めるためのポイントは2つあります。 初月に支払うワイモバイルの基本料金• 解約時に支払う3大キャリアの基本料金 それぞれの料金をできるだけ安くでき、かつお得にデータ通信などを利用できるタイミングが、乗り換えのベストタイミングと言えます。 ワイモバイルの初月の基本料金は日割り計算される ワイモバイルを契約した月から基本料金は発生します。 契約月の基本料金は、日割り計算されます。 具体的に言うと、下記の料金は日割り計算対象となります。 ドコモだと「カケホーダイ ライト 」、「パケットパック、シェアパック」• auだと「 スーパー カケホ、LTEプラン」、「データ定額」、「auピタットプラン、auフラットプラン」• ソフトバンクだと「スマ放題 ライト 」、「データ定額」 上記の基本プランが、日割り計算されないプランとなります。 上記に記載されてない基本プランも、日割り計算されません 日割り計算されないので、 締め日までに解約すれば、いつ解約しても同じです。 ワイモバイルの基本料金は日割り計算されるため、 乗り換える際には契約の締め日に近いほど支払う料金が安くてお得ということになります。 ドコモ、auは月中頃~月末までの乗り換えがベストタイミング ドコモ、auの契約の締め日は月末です。 そのため、 月中頃~月末までの乗り換えがオススメの時期となります。 月末近くになりすぎて、乗り換えタイミングが月を跨がないよう、ある程度余裕を持って乗り換えましょう。 ソフトバンクの乗り換えタイミングは締日に注意が必要 ドコモ、auは締め日が月末となっていますが、ソフトバンクだけは締め日が違います。 ソフトバンクの締め日は、 10日・20日・月末のいずれかになります。 締め日については、My Softbankから確認することができます。 ソフトバンクユーザーが乗り換える際には、締め日を確認したうえで乗り換えをする必要があります。 たとえば、 締め日が20日なのに月末ギリギリで乗り換えをしたりすると損なのでご注意ください。 乗り換え月は契約更新月にしよう こちらはほとんどの方が既に承知していることだと思いますが、契約更新月に乗り換えるようにしましょう。 契約更新月は各キャリアとも2ヶ月あるので、余裕を持って乗り換えできます。 また、端末代金の残債が残っていない状態であることも大事です。 解約をすると、月々の端末割引が無くなってしまうからです。 もし残債が残っているのであれば、最後に支払いをする必要があります。 3大キャリアのいずれも、今まで通り分割払いを支払うか、一括で払うかを選ぶことができるので、好きな方を選ぶといいです。 ワイモバイルへの申し込みは余裕を持とう ワイモバイルの乗り換えるタイミングは今までにお話しした通りですが、 次にお話ししたいのは ワイモバイルに申し込みをするタイミングです。 実際に乗り換えるタイミングは申し込みしたタイミングと 少しずれるので注意が必要です。 契約の成立は回線の開通タイミング 契約が成立するのは回線が開通したタイミングです。 申し込みをしてから回線が開通するまで時間がかかるので、その点を考慮して申し込みをしましょう。 なお、乗り換え前の事業者は回線が開通した時点で解約となります。 MNP予約番号を発行した時点では解約とならないので、ご注意ください。 MNP予約番号の有効期限にも注意 MNP予約番号には15日の有効期限があります。 この有効期限内に回線開通をしないと、MNP予約番号は無効となります。 発行時と同じ手順で、再取得できます。 ワイモバイルオンラインストアで申し込みをする場合は、 有効期限が10日間以上残っていないといけません。 有効期限が10日間残ってない場合は再取得が必要です。 MNP予約番号発行後は、できるだけすぐに申し込みをしましょう。 【注意】新規割は翌月適用 乗り換えるタイミングとは関係ないですが、新規割は翌月に適用される点にご注意ください。 料金の明細を見て、 「あれ、新規割が適用されてない」という勘違いをされている方が意外に多いです。 翌月適用なので、間違えないように気をつけしましょう。 オンラインストアからの申し込みはさらにオトク さらにお得に乗り換えをしたい場合は、ワイモバイルオンラインストアからの申し込みをオススメしています。 ワイモバイルショップで契約をすると、「ショップの頭金を支払う」もしくは「不要なオプションの加入」が必要となります。 ワイモバイルオンラインストアから申し込む場合は、ワイモバイルショップを経由しないので「ショップの頭金を支払う」、「不要なオプションの加入」のどちらも不要です。 しかもオンラインストアでは限定キャンペーンが実施されているので、 実はワイモバイルオンラインストアは「ソフトバンク運営のオンラインストア」と「Yahooモバイル内のオンラインストア」の2つがあり、それぞれ適用できるキャンペーンが異なります。 Yahooモバイル内のオンラインストア キャンペーン 特典内容 機種代割引 契約種別ごと、以下の金額が税込で割引される。 新規契約:14,400円• 他社から乗り換え:14,400円• 契約変更 PHSから乗り換え :7,200円割引• 機種変更:7,200円割引 PayPay関連のキャンペーン SIM単体契約、スマホ購入で、以下のPayPayボーナスライトがもらえる• SIM単体契約:最大6,000円相当• PayPayボーナスライトをもらいたい場合は「Yahooモバイル内のオンラインストア」、契約事務手数料3,300円 税込 を0円にしたい場合は「ソフトバンク運営のオンラインストア」から申し込むといいです。 2つのオンラインストアについて詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

次の

ソフトバンクからYモバイルへ乗り換えた感想 2社の違いを徹底比較

ソフトバンク ワイモバイル 乗り換え

スマホどうする?3パターン• ソフバンで今使っているスマホをワイモバイルでも使う そのまま持込みパターン• 自分でAppleストアや中古などでスマホを買ってワイモバイルで使う 自分で準備して持込みパターン• ソフトバンク解約前にスマホのSIMロックを解除しておこう 特に一番上の「そのまま持込みパターン」の場合、ワイモバイルではソフトバンク版のスマホはSIMロックを解除しないと使えない事が多いので、 事前にソフトバンクのマイページなどでSIMロック解除の手続きをする必要があります。 ちなみにソフトバンクで分割購入している場合は、購入から101日以上経過していないと解除できません。 一括購入は問題なし ソフトバンク解約後でもSIMロックを解除してもらう事は可能 また、現在は ソフトバンク解約後も、SIMロックの解除を受け付けています。 ショップに行けば解除してくれます なので、もし解除しないで他社へのりかえ=ソフトバンク解約してしまった場合でも、 解約後でもソフトバンクショップに行けばSIMロックを解除してくれます。 ワイモバイルで動作が確認されているスマホ機種を要確認! またワイモバイルでどのスマホでも使える訳ではありません。 ワイモバイル側で動作が確認できている機種を公式ページに記載しているので、事前に、今自分が ワイモバイルで使う予定の機種が動作するのかを確認しておく必要があります。 ソフトバンクの以下の窓口に電話して、「MNP予約番号」と呼ばれる 10桁の番号を発行して 口頭とSMSで教えて もらいます。 ちなみにソフトバンクのMNP予約番号は13から始まる番号です。 携帯電話番号ポータビリティ MNP 問い合わせ窓口 MNP予約番号発行窓口 ダイヤル ソフトバンク携帯電話から: *5533 フリーコール: 0800-100-5533 受付時間: 午前9時から午後8時まで 参考: また本人確認書類をもっていけばソフトバンクショップでも発行してくれますし、My SoftBankからオンラインでも発行できます。 MNP予約番号発行時の注意点:有効期限は15日だが発行5日以内に申し込みを MNP予約番号を発行するのは前記の通り電話で一発なのですが、 発行された10桁の予約番号の有効期限に注意が必要です。 有効期限が10日を切ったら再発行すればリセットできる もちろん無料 もし有効期限が10日を切ってしまっても、上記の窓口に 再ダイヤルすれば新しい番号を無料で再発行 リセット してくれますのでご安心を。 有効期限が残っていても再発行でリセット可 ちなみにMNP予約番号を発行するのに回数制限も手数料もかかりません。 申し込み後は審査が行われ、問題なければそのままSIMカード スマホをセット購入していればスマホも が送られてきます。 配送住所はMy SoftBankに登録されている住所に配送されるので、事前に配送して欲しい住所が設定されているかMy SoftBankにログインして確認しておきましょう。 商品はMy SoftBankにご登録の住所への配送となります。 必ず申し込みの2日前までにMy SoftBankの情報が正しい住所であることをご確認ください。 引用元: 届いたら同封の説明書類に沿って、電話の音声案内に従ってワイモバイルへの回線切り替え手続きを行いましょう。 参考:.

次の