少年ジャンプ 発売日。 『ジャンプ』発売延期 社員に新型コロナ感染の疑いで制作に影響「作業を一時中断」

週刊少年ジャンプ発売延期 編集部で新型コロナ「疑い」、作業中断: J

少年ジャンプ 発売日

発熱あった2日以降は出社控える 編集部に勤める40代社員に新型コロナウイルス感染の疑いがあるとして、作家や関係者への感染リスクを考慮し、編集部全体で作業を一時中断するとことが決定した。 感染の疑いがある社員は、発熱があった4月2日から出社を控え、現在はPCR検査の結果を待っている。 また、業務においては作家と直接接触する立場ではないとしている。 ジャンプ編集部は、 「大きな混乱を招き、ご迷惑をおかけすることを、毎週楽しみにしていただいている読者の皆様に心からお詫びいたします。 」 と謝罪し、作家や関係者の健康と安全を優先しながらマンガを作っていくと述べた。 週刊少年ジャンプ21号は、翌週27日に「週刊少年ジャンプ21・22合併号」として発売を予定。 過去にジャンプで「ムヒョとロージーの魔法律相談事務所」を連載していた西義之さんは、 「そうか... もし陽性なら編集部から作家にも連鎖する可能性があるもんね どうか普通の風邪でありますように... !」 とコメントしている。 ツイッター上では、ファンからも「お大事なさってください!!!」、「一刻も早い回復と皆様のご健康を願います」と社員の健康を願うツイートが寄せられた。 早川書房も8日、編集部員や制作スタッフの健康を優先するため「SFマガジン6月号」の発売延期を発表した。

次の

「ハイキュー!!」、7月20日発売の週刊少年ジャンプ33・34合併号をもって遂に完結

少年ジャンプ 発売日

発熱あった2日以降は出社控える 編集部に勤める40代社員に新型コロナウイルス感染の疑いがあるとして、作家や関係者への感染リスクを考慮し、編集部全体で作業を一時中断するとことが決定した。 感染の疑いがある社員は、発熱があった4月2日から出社を控え、現在はPCR検査の結果を待っている。 また、業務においては作家と直接接触する立場ではないとしている。 ジャンプ編集部は、 「大きな混乱を招き、ご迷惑をおかけすることを、毎週楽しみにしていただいている読者の皆様に心からお詫びいたします。 」 と謝罪し、作家や関係者の健康と安全を優先しながらマンガを作っていくと述べた。 週刊少年ジャンプ21号は、翌週27日に「週刊少年ジャンプ21・22合併号」として発売を予定。 過去にジャンプで「ムヒョとロージーの魔法律相談事務所」を連載していた西義之さんは、 「そうか... もし陽性なら編集部から作家にも連鎖する可能性があるもんね どうか普通の風邪でありますように... !」 とコメントしている。 ツイッター上では、ファンからも「お大事なさってください!!!」、「一刻も早い回復と皆様のご健康を願います」と社員の健康を願うツイートが寄せられた。 早川書房も8日、編集部員や制作スタッフの健康を優先するため「SFマガジン6月号」の発売延期を発表した。

次の

週刊少年ジャンプ

少年ジャンプ 発売日

月刊少年ジャンプ 愛称・略称 月ジャン、MJ ジャンル 少年向けコミック誌 読者対象 男性 刊行頻度 発売国 言語 出版社 編集部名 第3編集部 月刊少年ジャンプ編集部 編集長 刊行期間 1969年12月6日(1970年1月号) - 2007年6月6日(2007年7月号) 発行部数 42万部(2006年調べ) レーベル 特記事項 「別冊少年ジャンプ」より改称 『 月刊少年ジャンプ』(げっかんしょうねんジャンプ)は、かつてが発行していたの。 (昭和44年)に『 別冊少年ジャンプ』として創刊、(昭和49年)に『月刊少年ジャンプ』に改称。 (平成19年)。 通称は『 月刊ジャンプ』、略称は『 月ジャン』、『 MJ』など。 概要 [ ] 『 WJ 』の姉妹月刊誌『 別冊少年ジャンプ』として、(昭和44年)に(昭和45年)1月号を創刊号に創刊。 (昭和49年)9月号より『月刊少年ジャンプ』に改称する。 あたりからやなどのタイアップ等を意識した漫画が目立つようになったが、看板作品である『』が作者の病気の影響で長期休載になったころを境に、徐々に落ち込んでいき、(平成18年)は約42万部と同じ月刊誌の『』()などに大きく差を開けられている状況だった。 こうした販売不振のため、(平成19年)発売の7月号をもってが決定。 同年11月には後継誌にあたる『 SQ 』を創刊したが 、ジャンプスクエアに引き継がれた作品は「」「」「」「」「」の5作のみで、それ以外の作品は休刊に伴い連載を終了した。 『SQ』に引き継ぐ作品については『WJ』にて、同年秋頃まで読み切りで出張掲載した。 掲載作品の単行本は『WJ』と同じレーベルより発刊されていた。 増刊号 『ジャンプオリジナル』 JUMP ORIGINAL が発行されていた。 からにかけて、情報誌『』が本誌の増刊号として発行されている。 また、からは『』との合同増刊号として『』が年1回発行されていた。 基本的に最新号の告知は同じ集英社の『WJ』や『』などに掲載されていたが、一時期、同じであるのにも告知が掲載されていたことがある。 あ行 [ ]• (・・)• (・)• (・)• (手塚治虫)• (・)• (・)• (・)• (吉沢やすみ)• (・)• ()- 『』の原型 か行 [ ]• (・)• ()-「風飛び~」と合わせると本誌連載作品では連載期間が最も長い(1985年9月号~最終号)。 風飛び一斗(門馬もとき)- 休刊に伴い未完のまま連載終了• (・)• (・黒岩よしひろ)• (・)• ちばあきおは原案としてクレジットされる。 (・山根和俊)• (手塚治虫)• (・)• - (外部リンク)• (・)• (・)• (・)• (・)• (永井豪)• (手塚治虫)• (・)• (・) さ行 [ ]• (・)• (・)• (・)• (えんどコイチ)『』より移籍• (・)• (雨宮淳)• 新・ど根性ガエル(吉沢やすみ)• () た行 [ ]• (・・)• (柴山薫)• (本宮ひろ志)• ()『フレッシュジャンプ』より移籍• (・)• (手塚治虫)• (原作: 漫画:)• () な行 [ ]• シリーズ(鳥山明)• () は行 [ ]• (柴山薫)• (・)• (・)• (浅田弘幸)• (山下東七郎)• (・)• (・)• (井沢ひろし・山田孝太郎)• (・)• (・)• (あろひろし)• (柴田亜美)• (柴田亜美)• (・)• (沢村烈・ハヤトコウジ)• (松枝尚嗣)• (・)• (小谷憲一)• (・こせきこうじ) ま行 [ ]• (武論尊・弓月光)• (・)• (・永井豪)• (武論尊・)• (みずしな孝之)• (永井豪)• (・)• (えんどコイチ) - 『ついでにとんちんかん』の続編• (浅田弘幸)• - (外部リンク)• (手塚治虫) や行 [ ]• (手塚治虫)• (ハヤトコウジ)• (手塚治虫)• 坂口は原作と絵コンテを手掛け、が作画を担当。 (みやすのんき)• (あろひろし)• () ら行 [ ]• (・)• (・)• (・)• (・)• (・)• 』掲載分より『ロザリオとバンパイア Season II』に改名し、話数をリセット。 ) わ行 [ ]• (なかいま強)- 本誌連載作品の中で同一タイトルとしては連載期間が最も長い(1984年8月号~2004年10月号、単行本58巻)。 () 発行部数 [ ]• 1986年 120万部前後• 2004年(2003年9月 - 2004年8月) 446,666部• 2005年(2004年9月 - 2005年8月) 417,500部• 2006年(2005年9月 - 2006年8月) 376,667部 脚注 [ ] []• - 編集部公式声明• 連載終了後もシリーズ外伝や異伝として単発作を発表し、2016年に本作の20年後の世界を舞台に、本編に登場した人物に加え新たな主人公と登場人物を迎え『新・闇狩人』として復活(別出版社での連載)、これより坂口は原作と絵コンテを手掛け、細川が作画を担当する。 「活気帯びる月刊少年誌 100万部台で両雄激突」『』1987年10月3日付東京夕刊、5頁。 関連項目 [ ] ウィキニュースに関連記事があります。

次の