イギリス 4 つの 国。 イギリスという国は存在しない?英連邦って何? │ Down Under オーストラリア

イギリスってどんな国?【街とエリア】4つの国とは

イギリス 4 つの 国

イギリス旅行でおすすめの都市を紹介! イングランドの首都ロンドン イングランドは、ゲルマン民族のアングロサクソン人が中心の国。 イングランドの首都は、イギリスの首都でもあるロンドンです。 ロンドンはほとんどの人が、知っているのでは。 歴史と伝統を感じる街並みと、個性的な近代建築が見事に融合した魅力溢れる街です。 世界中の様々な国籍、人種の人々が調和をもって暮らしており、この 国際色の豊かさがロンドンの特色でもあります。 ロンドンは流行の発信地として、• ファッション• アート• 音楽 など、常に文化の最先端を走っているのです。 観光名所をあげればキリがありませんが、• 国会議事堂(ビックベン)• ロンドン塔• ロンドンブリッジ• バッキンガム宮殿 は必ず抑えたいところ。 数ある美術館や博物館はほとんどの場合が 無料ですが、展示の質が高く、どれも1日ではまわりきれない程です。 他にも、お洒落なカフェやパブに、コンサートやミュージカルと、 何日いても飽きない大都市と言っていいでしょう。 ウェールズの首都カーディフ ウェールズはグレートブリテン島の南西に、位置しています。 もともとはケルト人が自治していた地方。 その為、ケルト文化の名残を多くとどめています。 英語と共に、ウェールズ語が公用語です。 ロンドンから電車や車で西へ向かうと、ある時から交通標識や駅名などが2ヶ国語表記になります。 「Croeso I Gymru(ウェールズへようこそ)」 と見つけることができたら、そこがウェールズですよ。 首都のカーディフまでは、ロンドンから電車で約2時間かかります。 ローマ時代からの歴史を感じるお城や教会も、たくさんあります。 カーディフ城は「天空の城ラピュタ」のモデルになったところらしいですよ。 あなたがファンなら、聖地巡礼をされてみてはいかがでしょう。 カーディフは炭鉱都市として栄えた街なので、炭鉱後を利用した博物館を訪れるのも面白いですね。 「ビックピット国立石炭博物館」では、元炭鉱夫によるガイドもあります。 街から少し離れると、どこまでも広がる丘陵(きゅうりょう)地帯。 丘陵とは、なだらかな起伏や小山の続く地形のことである。 wikipedia. スコットランドの首都エディンバラ スコットランドは、グレートブリテン島の北側3分の1を占めています。 カタツムリのような楽器のバグパイプ• 民族衣装のキルト• ウイスキー• ネッシーで有名なネス湖 などを思い浮かべるかもしれません。 スコットランドの北部は、標高1300mクラスの山もある山岳地帯。 ハイランドとよばれています。 写真に納めきれないほどの雄大な自然を、感じることができますよ。 首都エディンバラは、中世の面影を残す旧市街と新市街地が組み合わさったコンパクトな都市です。 歴史の趣きあり、自然ありと魅力いっぱいの街。 8月の「ミリタリータトゥー」をはじめ、各種フェスティバルなど年間を通してイベントが多いことも、楽しめるポイントです。 北アイルランドの首都ベルファスト 白地に赤の十字を描いた聖パトリック旗が、北アイルランドの国旗です。 北アイルランドと聞くと、紛争の歴史を思い浮かべるかもしれません。 街を歩いていると、歴史と宗教について色々と考えさせられる場面もあります。 首都はベルファストです。 北アイルランド最大の都市で、雄大な自然を誇る北アイルランド観光の玄関口となります。 ベルファストはアイルランド島の北側に位置する港町。 美しいヴィクトリア時代の街並みに、多くの教会や博物館あり、豊かな自然あり、と楽しく街歩きができます。 メインストリートやショッピングモールには、素敵なお店が数多く入っていて。 お買い物を楽しみたいなら、満足できるのではないでしょうか。 造船業で栄えた街で、有名な「タイタニック号」もこの街でつくられました。 かつてタイタニック号が造船されたその場所に、今は「タイタニック博物館」が建てられています。 近代的な展示方法が見応えのある博物館です。 造船の歴史から、航海の様子、遺品までタイタニック号の全てがつまっています。 定員8名のロープの吊り橋 「キャリック・ア・リード吊橋」• 奇石群 「ジャイアンツ・コーズウェイ」 といったアイルランドの絶景を訪れる際の起点として、穏やかな時間が過ごせるでしょう。 私がイギリス旅行で気に入った都市は? 街全体が世界遺産!スコットランドの美しい首都エディンバラ 私のおすすめの都市はスコットランドの首都、エディンバラです。 エディンバラは新・旧市街地が、共に世界遺産に認定されています。 歩くところすべてが観光地といってよいほど、どこを切り取っても絵画のように美しい街です。 残念ながら、日本からの直行便はありません。 ですが、ロンドンをはじめ、ヨーロッパの主要都市から乗り継ぎ便が出るので、それほど不便ではないでしょう。 ロンドンからは、鉄道が便利です。 およそ5時間ほどで、到着します。 「カレドニアン・スリーパー」という寝台特急もあり、鉄道の旅を楽しみたいならおすすめです。 ただ歩くだけで楽しい石畳の目抜き通り「ロイヤルマイル」 エディンバラ城とホリールードハウス宮殿をつなぐ1マイルの石畳の道を、 ロイヤルマイルと言います。 かつては馬車が走っていたことが容易に想像できるほど、中世に迷いこんでしまったかのような素敵な空間。 通り沿いには• 「セント・ジャイルズ大聖堂」• 「スコットランド国会議事堂」 など観光名所もあり、お土産屋さんを覗きながら、ぶらぶらするだけでも楽しいですよ。 街を見下ろす要塞「エディンバラ城」 断崖絶壁に建つエディンバラ城は、6世紀からの古い歴史をもつ要塞です。 市街地のどこからでも見える街のシンボルとなっています。 周辺から見るだけでも、素晴らしいのですが。 城内は広く展示内容も大変充実しているので、あなたが歴史に関心があるなら特にオススメします。 展望台からは市内を一望できるだけでなく、海まで見えるのが素敵です。 自然もいっぱい!「アーサーズシート」 エディンバラの街並みを一望できる絶景ポイント、「アーサーズシート」があるホリールード・パーク。 市街地のすぐ横にあるとは思えない、手付かずの自然を楽しむことができます。 柵のない断崖絶壁沿いを歩くなど、海外ならではの体験もできるでしょう。 古都を見下ろし、 海を望む「アーサーズシート」からのサンセットは、言葉を失うほどの美しさですよ。 イギリス旅行でのおすすめの都市について 今回はイギリス旅行でのおすすめの都市について、ご紹介しました。 今回ご紹介した4つの都市は、豊かな自然が魅力のイギリスの玄関口。 中世の趣きをとどめた素敵な都市を一歩でると、 日本では見られないような絶景に出会うことができます。 日本からは直行便で11〜12時間と距離がありますが、是非、ロンドン以外の都市へも足を運んでみてください。 歴史あるイギリスの奥深さを、発見できると思います。

次の

イギリス国旗の意味や由来~合体国旗の秘密~

イギリス 4 つの 国

1971年にノーベル経済学賞を受賞した、 アメリカの経済学者・統計学者です。 彼の有名な言葉のひとつに、 「世界には4つの国しかない。 先進国と途上国、そして、日本とアルゼンチンである。 」 という言葉があります。 それは一体、どういう意味なのでしょう。 1900年初頭、アルゼンチンは黄金期を迎えていました。 世界を制するのはアメリカかアルゼンチンか。 そう言われるほどの国力を誇っていたのです。 実際、その当時の国民1人あたりのGDPは、およそ2750ドル。 同じ時期の日本は1130ドルでしたから、 日本の2倍以上の経済力があったことになります。 この関係が逆転したのは、1967年のこと。 高度経済成長に沸く日本、そして停滞・後退を始めたアルゼンチン。 戦後の混乱から、奇跡的な発展を遂げた日本は、 資源がほとんどない小国でありながら先進国の仲間入りを果たしました。 一方アルゼンチンは、豊かな資源がありながら、工業化に失敗し、衰退。 途上国から先進国になった日本と、 先進国から途上国になったアルゼンチン。 どちらの事例も非常に稀なことであり、 それをもってグズネッツは前述の言葉で 世界には4種類の国があると説明したのです。 その後、アルゼンチンは2001年から02年にかけて 国家的な経済崩壊を体験しました。 アルゼンチンのたどった経済崩壊までの軌跡を簡単に並べてみると、 1国家の成長産業勃興 2経済の高成長 3成功体験 4傲慢 5転落 6崩壊 となります。 これは、国家的経済崩壊の例として 「アルゼンチン型」と呼ばれていますが、 バブル崩壊前後の日本のパターンもこれによく似ているとする指摘もあります。 日本はまだ、「6崩壊」まで進んではいませんが、 長引く不況に対する国民の閉塞感は、アルゼンチンより深刻かもしれません。 経済崩壊から10年が経ち、慢性的なインフレを抱えつつも 2009年のGDP成長率は0. 9%でした。 19発表 2003年から2008年まで 5年連続で経済成長率が8%を超えてきたというのは、 アルゼンチン経済の復活ののろしと言えるかもしれません。 ただし、政府が発表するこれらの数字の信憑性を 疑問視するエコノミストも少なくないので、 アルゼンチン経済の復活がホンモノであるのかどうかを見極めるのは なかなか難しいところでもあります。 ほぼ10年に一度、危機にさらされてきたアルゼンチン経済。 国民の閉塞感もいかばかりか、と思いきや 「これがアルゼンチンスタイルだからね(笑)」 とドッシリ構えている人の方が多いように思います。 明るく、楽しく、たくましく、 経済危機を乗り越えてきた国民の笑顔が 今日もまぶしいアルゼンチンです。 特派員プロフィール• ブエノス・アイレス特派員 bonita 2008年夫とともにアルゼンチンへ。 南米のパリ・ブエノスアイレスにて10年ぶりの学生生活を楽しみながら、広大なアルゼンチンをいかに効率よく旅するかを模索中。 ポルテーニョ(ブエノスアイレスっ子)に人気のレストランやカフェ、アルゼンチンブランド、おもしろスポットやエンターテイメント情報などを中心にレポート!• アルゼンチンの今• アルゼンチンを旅する• アルゼンチンの詳細情報• 旅の準備• おすすめ特集•

次の

イギリスのカントリー

イギリス 4 つの 国

多くの人は、イギリス人すべてが同じであると考えていますが、実際は違います。 イギリス UK は、イングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドの4つの国で構成されています。 今日はこの国々の関係と、各国の人々が互いの国についてどう感じているのかについて話していきたいと思います。 この記事は現在イギリスに滞在中、または長期滞在する予定がある人にとってためになる情報であり、UKの国同士の複雑な関係性を理解するのに役立つでしょう。 4つの国 イングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドは本当に異なる国なのでしょうか? そうです、異なる国です。 UK内の4カ国を自由に旅することは可能ですが、国境が存在しています。 しかし国境には検問所や出入り口はなく、また各国の法律はそれぞれ異なります。 スコットランド、ウェールズ、北アイルランドには独自の議会があり、国内の健康や教育などを決めることができます。 また、各国には独自のアイデンティティと文化が存在し、さらにそれぞれの国には母国語があります。 UKの母国語についての詳細はからご覧いただけます。 彼らはこの発言を侮辱だと捉え、腹を立てるかもしれません。 国同士は互いにどう考えているのでしょう? 私はUK各国の人々が互いにどう思っているのかについて表を作成しました。 アイルランド共和国はイギリス UK の中にはありませんが、かつてアイルランドとイギリスには歴史的な関係があったことから、ここにはアイルランド共和国も入れています。 上の表を見ると、最も肯定的な意見が多いのはウェールズで、反対に否定的な国はイングランドであることが分かります。 ケルト国 スコットランド、ウェールズ、北アイルランド、アイルランド共和国は互いに肯定的な見解を持っているということに気づいた方も多いかと思います。 ではなぜでしょう? それは、すべての国にケルトの由来があるからです。 それぞれの文化や言語は異なりますが、似ている部分があり互いに共通の歴史もあります。 ですから、彼らは全員が同じ集団であると感じているのです。 実際にこの4つの国のことを英語で「The Celtic Nations ケルト国 」と呼ぶこともあります。 そしてもう一つの理由として挙げられるのは、イングランドが歴史上この4ヶ国の敵であったということです。 数百年前、いくつかのケルト国の間で戦いが起きましたが、大きなものではありませんでした。 上記の表で、北アイルランドとアイルランド共和国の関係は100%肯定的なものではないということに気づいた方もいるでしょう。 これは主に両国の歴史上、宗教や文化的な違いが原因となっています。 20世紀には両国の間に何度も紛争が起こりましたが、この関係は過去20年間で大きく改善しています。 北アイルランドとアイルランド共和国のほとんどの人が、互いを同類として見ています。 ではなぜイングランドに対しては否定的なのでしょうか? 約1000年前イングランドはイギリスで最も力のある国となり、12世紀から他国を征服し始めました。 これは、ケルト国がイングランドに対して前向きな姿勢を見せない歴史的な理由があるからだと言えます。 しかし国によって理由は少し異なるため、それぞれ簡単に要約していきたいと思います。 スコットランド — イングランド 両国が何百年も争い合っていたことから、スコットランドはイングランドに対して肯定的な見解を示していません。 300年前にスコットランドとイングランドが一緒になりイギリス UK ができた後、多くのスコットランド人は文化や言語が侵食されていると感じていました。 実際には18世紀の反乱後、イギリス政府はスコットランドでスコットランドゲール語と特定の習慣を禁止しました。 政府のほとんどがイングランド人であるため、スコットランド人にとってイングランドの政治のようでした。 そしてこの時代に憤慨を引き起すこととなります。 今日も多くのスコットランド人が、ロンドンに本拠を置くイギリス政府はイングランド政府であると感じており、これは彼らがUK離脱を希望する理由でもあるのです。 ウェールズ — イングランド 現代のウェールズはイングランドに対し、中立的な姿勢を保っていますが、従来は今よりとても消極的な態度でした。 これはイングランドが13世紀にウェールズを征服したことが原因となっています。 ウェールズの反乱は15世紀に再び起こりましたが、間もなくしてイングランドに打ちのめされました。 同じ頃、イングランド王はウェールズ人を見下し、対等に見ることはなく、またウェールズの多くの地域でウェールズ語の使用を禁止していました。 しかし現在では、両国の関係は良好であり、田舎に住むウェールズ人だけが時々イングランド人に対して少し不快な思いをすることがあるようです。 北アイルランド — イングランド すべてのケルト国のうち、おそらく北アイルランドがイングランドに対して最も肯定的な意見を持っているでしょう。 これは主に多くの北アイルランド人が、1600年代初頭に北アイルランドに移住してきたイングランド人の子孫であることが理由となっています。 しかし北アイルランドの一部の人々は、ロンドンでは政府が北アイルランドのことをよく見落としたり、見て見ぬふりをしているのではないかと感じています。 また北アイルランドは他の国と離れた所にあるため、イングランド人は北アイルランド人には無関心な態度を示すことがあり、これが小さな憤慨を引き起すこともあります。 アイルランド共和国 — イングランド アイルランド共和国はイングランドとは非常に複雑な関係にあります。 以前はUKの一部でしたが1922年に独立しており、歴史上アイルランドはイングランドからいい扱いを受けていません。 イングランド政治はアイルランド人を対等に見ず、多くのアイルランドの土地はイングランド人によって奪われてしまいました。 20世紀後半にはイギリス政府とアイルランド共和軍の間には多くの紛争が起こりましたが、幸いにも1998年の平和条約と共に終結しました。 これはわりと最近の出来事のため、いまだに多くのアイルランド人がイングランド人を否定的に捉えていますが、関係は徐々に改善しつつあります。 イングランド人々はこのことについてどう感じていますか? ほとんどのイングランド人は、他のイギリスの国々がイングランドに対して、歴史的な理由で否定的な感情を持っているということを理解しています。 しかし彼らは、イングランド人に対して敵意を表すのは難しいとも感じています。 現在のイングランド人は先祖の責任を負うことはなく、ほとんどの場合がイングランドの支配階級によるものであり、当時のイングランド人の多くがイングランド統治下で苦労していました。 出生地を選ぶことができなかったイングランド人は、多くの労働者階級の人が何百年も前に起こった出来事で敵意の標的になることに不平を感じているのです。 実際はイングランド内でさえも、南部に対して敵意を持っています。 イングランド北部の大半が、南部やロンドンを気に入らないと感じています。 これは北部の人々もロンドンに本拠を置く政府が、彼らの懸念に対して見て見ぬふりをしていると感じており、南部の人に関しては、他のイングランドの地域の知識はなく島国人特有の考え方を持った人々だと考えています。 スコットランドとアイルランド共和国の一部の地域では、イングランド人は歓迎されず悲しい思いをすることがあるようですが、すべての人がイングランド人を嫌っているわけではないことも理解しています。 10年前は、ほとんどのイングランド人がスコットランドについて非常に肯定的な意見を持っていましたが、上の表を見てわかるように現在は異なります。 最近では、イングランドの人々はスコットランドに対する感情が混同しているようです。 多くのイングランド人は、イングランドを非難するスコットランド人に疲れてきています。 さらには、イングランドの多くの人々はスコットランドが重荷になっていると感じ始めており、その理由としてスコットランドが公的支出よりさらに多くの資金を受け取っていることが挙げられます。 しかしほとんどのイングランド人が、スコットランドがUKに在留することを望んでいますが、スコットランド人はイングランドに対して否定的な発言をすることをやめてほしいと考えています。 またイングランド人は、アイルランド共和国の人々がイングランドをひどく嫌っていることに対して不満を漏らすことがあり、両国の関係は決して良好とは言えません。 したし前途したように、徐々に改善しているのは事実です。 多くのイングランド人は一般的にウェールズと北アイルランドに対して前向きな姿勢を見せています。 実際、過去50年間で大勢のイングランド人がウェールズに移住しています。 結論 この記事を読む時、海外に対して少し不安を抱いてしまうかもしれません。 しかし心配しないでください。 イギリスの全ての国は日本が好きで、日本人をとても尊敬しています。 イングランドと他の国の関係は、家庭内の関係によく似ています。 時に複雑なこともありますが、イギリスの大半の人が互いに円滑な関係を築いているのです。 以上イギリスの4カ国の関係について説明しましたが、特にこれからイギリスに住む人にとって役立つのではないかと思います。 是非参考にしてみてください。

次の