白菜 と 肉 団子 の スープ。 facebook.growthbot.org(朝日新聞社):白菜と肉団子のスープ煮

【あさイチ】白菜と肉団子のスープの作り方!豚ひき肉を使ったレシピ(12月10日)

白菜 と 肉 団子 の スープ

(1)長ネギをみじん切りにする。 ボウルに豚ひき肉と塩を入れて手で混ぜ合わせ、長ネギ、ショウガ汁、酒、片栗粉を加えて練り混ぜる。 直径2、3センチの団子に丸める。 (2)春雨を袋の表示通りに戻しておく。 (3)白菜は軟らかい葉の部分と硬い軸を分けるよう、Vの字に包丁を入れる。 軸は幅3センチ程度のそぎ切りに、葉は大きめのザク切りにする。 (4)鍋に鶏がらスープを入れて火にかける。 沸騰したら肉団子を入れ、浮き上がってから1、2分煮て取り出し、アクをすくい取る。 (5)白菜の軸を入れ、煮立ったら弱火にして5〜10分煮る。 塩少々と葉を加え、さらに5分ほど煮る。 (6)肉団子と春雨を加えてひと煮立ちさせ、残りの塩、コショウで味を調える。 好みでトウバンジャンを添える。 白菜と肉団子のスープ煮 木枯らしと一緒に帰った夜は、湯気の上がる汁たっぷりのおかずで温まりませんか? 寒さにつれて甘さを増す白菜は、これからが旬。 ひき肉から作る団子を取り合わせ、経済的でおなかを満たしてくれる1品を、料理研究家の高城順子さんに教わります。 煮込むほどいい、というものではありません。 それぞれの具が、一番おいしい煮え加減になるよう、順番に鍋に入れるのがポイントです。 「白菜はかさもあるので、一緒に入れると肉団子が押されて崩れたり、火が通りすぎて硬くなったりしがちです。 まず肉団子をゆでて取り出して、そのスープで白菜を煮てゆきます」 肉だねを丸める時は、手に水をつけるとくっつかず、扱いが楽です。 丸めながら鍋に入れても構いませんが、前もって団子にしておけば、手際よく入れることができます。 スープは、必ず沸騰させてから肉団子を入れましょう。 表面を早く固めて、うまみを閉じこめるのです。 ほかの具が邪魔をしないので、肉団子がスープの中をゆったり泳ぎ、自然ときれいな丸い形にゆで上がるはずです。 「中まで火が通ると、気持ちよさそうにプワーッと浮いて動き始めます。 1、2分たったら引き上げて」と高城さん。 白菜は、軸と葉を切り分けて、時間差をつけて鍋に入れます。 火の通り方が違うからです。 軸はスープを含んで透き通り、葉先はクタクタに煮崩れず、鮮やかな黄緑色が目にもおいしそう。 最後に、ゆでておいた肉団子と、春雨を加えます。 最初は塩、コショウだけで、澄んだスープを味わいましょう。 トウバンジャンを加えれば、二通りの味が楽しめます。 鍋料理にも向く冬の食材なので、野菜を十分とるためにぜひ常備したい。 食物繊維のほかビタミンCが豊富で、特に軸より葉に多く含まれる。 副菜に緑黄色野菜を使うといい。 献立例=小松菜とワカメのゴマ酢あえ、ごはん、大学芋 (管理栄養士・宗像伸子)•

次の

【あさイチ】白菜と肉団子のスープの作り方!豚ひき肉を使ったレシピ(12月10日)

白菜 と 肉 団子 の スープ

その他の栄養素 335. 1g 3. 6g 0. 1g 2. 0mg 0. 5mg 0. 0mg 0. 7mg 4. 8mg 8. 0g アミノ酸 9348mg 分岐鎖アミノ酸 1503mg イソロイシン 375mg ロイシン 687mg リシン 733mg メチオニン 223mg シスチン 110mg フェニルアラニン 357mg チロシン 298mg トレオニン 402mg トリプトファン 102mg バリン 441mg ヒスチジン 321mg アルギニン 609mg アラニン 600mg アスパラギン酸 867mg グルタミン酸 1547mg グリシン 695mg プロリン 479mg 8. 1g 3. 73g 1. 25g 0. 09g 1. 14g 中鎖脂肪酸 0. 00g オクタン酸 0mg デカン酸 6mg ラウリン酸 7mg 0. 4g 1. 5g 利用可能炭水化物(単糖当量) 6. 1g でん粉 3. 2g ぶどう糖 1. 4g 果糖 1. 0g ガラクトース 0. 0g 麦芽糖 0. 0g 乳糖 0. 0g 硝酸イオン 0. 1g 関連料理.

次の

【あさイチ】白菜と肉団子のスープの作り方!豚ひき肉を使ったレシピ(12月10日)

白菜 と 肉 団子 の スープ

(1)長ネギをみじん切りにする。 ボウルに豚ひき肉と塩を入れて手で混ぜ合わせ、長ネギ、ショウガ汁、酒、片栗粉を加えて練り混ぜる。 直径2、3センチの団子に丸める。 (2)春雨を袋の表示通りに戻しておく。 (3)白菜は軟らかい葉の部分と硬い軸を分けるよう、Vの字に包丁を入れる。 軸は幅3センチ程度のそぎ切りに、葉は大きめのザク切りにする。 (4)鍋に鶏がらスープを入れて火にかける。 沸騰したら肉団子を入れ、浮き上がってから1、2分煮て取り出し、アクをすくい取る。 (5)白菜の軸を入れ、煮立ったら弱火にして5〜10分煮る。 塩少々と葉を加え、さらに5分ほど煮る。 (6)肉団子と春雨を加えてひと煮立ちさせ、残りの塩、コショウで味を調える。 好みでトウバンジャンを添える。 白菜と肉団子のスープ煮 木枯らしと一緒に帰った夜は、湯気の上がる汁たっぷりのおかずで温まりませんか? 寒さにつれて甘さを増す白菜は、これからが旬。 ひき肉から作る団子を取り合わせ、経済的でおなかを満たしてくれる1品を、料理研究家の高城順子さんに教わります。 煮込むほどいい、というものではありません。 それぞれの具が、一番おいしい煮え加減になるよう、順番に鍋に入れるのがポイントです。 「白菜はかさもあるので、一緒に入れると肉団子が押されて崩れたり、火が通りすぎて硬くなったりしがちです。 まず肉団子をゆでて取り出して、そのスープで白菜を煮てゆきます」 肉だねを丸める時は、手に水をつけるとくっつかず、扱いが楽です。 丸めながら鍋に入れても構いませんが、前もって団子にしておけば、手際よく入れることができます。 スープは、必ず沸騰させてから肉団子を入れましょう。 表面を早く固めて、うまみを閉じこめるのです。 ほかの具が邪魔をしないので、肉団子がスープの中をゆったり泳ぎ、自然ときれいな丸い形にゆで上がるはずです。 「中まで火が通ると、気持ちよさそうにプワーッと浮いて動き始めます。 1、2分たったら引き上げて」と高城さん。 白菜は、軸と葉を切り分けて、時間差をつけて鍋に入れます。 火の通り方が違うからです。 軸はスープを含んで透き通り、葉先はクタクタに煮崩れず、鮮やかな黄緑色が目にもおいしそう。 最後に、ゆでておいた肉団子と、春雨を加えます。 最初は塩、コショウだけで、澄んだスープを味わいましょう。 トウバンジャンを加えれば、二通りの味が楽しめます。 鍋料理にも向く冬の食材なので、野菜を十分とるためにぜひ常備したい。 食物繊維のほかビタミンCが豊富で、特に軸より葉に多く含まれる。 副菜に緑黄色野菜を使うといい。 献立例=小松菜とワカメのゴマ酢あえ、ごはん、大学芋 (管理栄養士・宗像伸子)•

次の