いい国つくろう鎌倉幕府。 「いい国」だった鎌倉幕府の成立 最近は「いい箱」が新定番|NEWSポストセブン

源頼朝のエピソード!奥さんに愛人の家を破壊された!?

いい国つくろう鎌倉幕府

「いい国つくろう鎌倉幕府」。 もちろん聞いたことありますよね。 源義経の兄である源頼朝が鎌倉幕府をひらいた年号として、よく暗記しましたよね。 もちろん私もそう習いましたし、そう覚えました。 年号の中では圧倒的に覚えやすく、印象に残りますよね、この 1192(イイクニ)は。 しかし、歴史の教科書は時代時代によって変わります。 新たな解釈や発見が起こるたびに改定されています。 実はこの鎌倉幕府成立の1192(イイクニ)も例外ではないんです。 実は、 今の教科書ではほとんど1185年(イイハコ)となってしまっています。 いや~このゴロはイイクニほどインパクトも無いな~笑 ではなぜ、今の教科書では1185年となっているんでしょうか??簡単に解説したいと思います。 そもそも1192年に何があったか これなんです。 このお題が非常に重要です。 1192年に一体なにが起きたのか??実は1192年というのは、 源頼朝が朝廷より 征夷大将軍を授かった年なんです。 征夷大将軍とは武士の頂点を意味します。 この頃の治世は武士の世の中です。 つまり、武士の頂点である征夷大将軍こそが、日本の頂点ともいっても過言ではない時代でした。 もちろん、朝廷は別次元に存在していますが。 そのため、今でこそ 征夷大将軍=幕府をひらく、というイメージになっています。 足利尊氏の室町幕府や徳川家康の江戸幕府なんかもそうですね。 足利尊氏も徳川家康も征夷大将軍です。 ですが、これはまた別の記事で書こうと思っていますが、別に征夷大将軍だから幕府をひらくなんでことはないんです。 幕府をひらいていない征夷大将軍なんてたくさんいますから。 そもそも、征夷大将軍は役職の一つです。 イメージ的には防衛大臣みたいな。 では1185年、何がおきたか?? 1192年に源頼朝が征夷大将軍に任命されたことを先ほど説明しました。 では、1185年には何がおきたのでしょうか??実は 1185年あたりから、源頼朝は実質の幕府機能をスタートしはじめたと考えられています。 いまでこそ、「はい、幕府開始!!」というイメージがありますが、実際のところはそんなことはなく、政治機能が徐々に機能し始め、ある一定の形になったのが1185年というわけです。 そのでかい鎌倉幕府のシステムが「 守護地頭」です。 聞いたことありますよね??めちゃくちゃ簡単に表現すると、地方県知事とその役周りの任命制度を始めたわけです。 そうすることにより、鎌倉の意向や命令、指示等が各地の守護にいきわたり、その守護の命や保護を受けた地頭がその地域を収めるという 中央集権体制が確立しました。 まとめ:今の鎌倉幕府成立の解釈とは まとめましょう。 1192年とは源頼朝が征夷大将軍に任命された年であって、 1185年とは守護地頭制度が確立し、中央集権社会として鎌倉での政治機能が形になった年です。 今までは、征夷大将軍=幕府成立という図式でしたが、征夷大将軍とは軍事のトップとはいえ、あくまでも役職の一つです。 そのため、今の教科書では、1185年が鎌倉幕府成立の年として記載されています。 もちろん、1180年や1183年という考え方もありますが、今の大勢は1185年となっています。

次の

『いい国つくろう、キャバクラ幕府』by 煉蔵 : 鎌倉酒店

いい国つくろう鎌倉幕府

それが、源頼朝によって鎌倉に幕府が置かれることになったのです。 源頼朝が鎌倉に幕府を開いたその理由には 関東の武士団の勢力が関係してきます。 そもそも武士の成り立ちは、関東の農民たちが自分たちの土地や財産を守るために武装したということが始まりとされています。 当時、関東では朝廷に任命された国司や目代が土地を奪ったり、過剰に税を徴収するなどして勢力を振るっていました。 しかし、地域の住民や関東の武士団たちは苦しめられていました。 当時の武士団は歴史上は豪族であり、その地域の実力者なのですが、国司に歯向かうような立場にはなかったのです。 そこで、特に武士の中でも実力者である平家や源家と親戚関係を持つようになります。 特に源頼朝は富士川の戦いによって平家に勝利し勢い付いていたので、京都に上洛して朝廷を治めようという動きを見せていました。 しかし、関東の武士団の想いは朝廷のある京都に入ることではありませんでした。 武士団の願いは 「朝廷に干渉されたくない」という想いだったのです。 源頼朝はこの想いを汲み、実行に移すことで武士団の信頼を益々得ることになったのです。 「鎌倉」が源頼朝に選ばれた理由 では、江戸幕府滅亡まで約 680年間も続いた武家政権の幕を開けた源頼朝が、「鎌倉」という地を幕府を開く場所として選んだ理由を具体的に見ていきましょう。 このような地形は 守りやすく攻めにくい地形であると言えます。 源頼朝が鎌倉を根拠地とした当時は平氏との戦いが多い時期でしたので、平氏に攻め込まれた場合を想定して自身の本拠地の防御を整える必要性がありました。 その点、鎌倉の地形は自然の要塞となっていたので源頼朝にとってとても都合が良かったのです。 鎌倉の地は歴史の教科書では「天然の要害地」と表現されることがあります。 また、この土地は、元々源頼朝の先祖の土地であったことから縁のある土地でした。 地形から考えると源頼朝にとって好都合であった点は具体的には以下の通りになります。 当時、山を最小限だけ切り取って鎌倉と各地を結ぶ道を作ったとされていますが、江戸時代には東海道は天下の街道として賑わいをみせました。 このことは、現在は国道1号線が東海道に沿って開通している様子からも想像できるでしょう。 その想いを汲んで、源頼朝は朝廷のある都「京都」ではなく、離れた土地、関東で幕府を開きました。 武士の想いとは、具体的には以下のような内容だと考えられます。 鎌倉幕府と切り通し 最後に、鎌倉幕府が作った 「切り通し」について説明します。 鎌倉幕府は、鎌倉を取り巻く山々に切り通しを作ることで鎌倉につながる街道と鎌倉をつなぎました。 本来、切り通しは道幅が広いものもありますが鎌倉の切り通しは、一様に道幅が狭く人が一人分くらいしかと通れないように作られています。 切り通しについて理解を深めていきましょう。 本来、切り通しは道幅が広いものもありますが、鎌倉の切り通しは一様に道幅が狭く人が一人分くらいしかと通れないように作られています。

次の

源頼朝のエピソード!奥さんに愛人の家を破壊された!?

いい国つくろう鎌倉幕府

「鎌倉幕府ができた」と言っても、当時鎌倉のどこかに「鎌倉幕府」という役所や建物があったわけではありません。 いま私たちが鎌倉幕府と呼んでいるのは、源頼朝が鎌倉を本拠地にして、武力を背景に朝廷から勝ち取った武士のいろいろな権利のことを言っているのです。 「幕府」というハコモノは当時ありませんでしたが(笑)。 鎌倉幕府なんてのは、存在しなかったので、「成立」なんてしようがないです。 「幕府」とは、近衛将軍の唐名として使われていました。 それが、頼朝が、右近衛大将と征夷大将軍を兼ねたために、頼朝以降、征夷大将軍の唐名ともなりました。 「幕府」が政庁や政権そのものを指すようになるのは、江戸幕府からです。 当時は、朝廷と公家からは、「関東」、武家からは「鎌倉殿」と呼ばれていました。 なので、本来は、「鎌倉政権の成立」とでもするべきなのです。 それが、「幕府」とされたのは、徳川氏が「幕府」を「政庁」と定義してしまった影響でしょう。 鎌倉政権の成立時期については、ほかの方の回答にあるように、諸説有ります。 また、現在でも、1185年説が定説、って訳ではありません。 これは、たまたま、それを採用している教科書が多い、ってだけのことです。 人によっては、1221年 承久の変 乱 だって人も居ます。 現在、学会での大勢は、様々な段階を経て、鎌倉殿の支配が確立していった、ってものです。 補足に関してですが、 弟の足利直義ではないか?とも、言われています。 ただし、現在、論争の真っ最中で、結論は出ていません。 鎌倉幕府というのは いくつかの段階を経て 成立しました。 頼朝が 鎌倉に本拠を おき、侍所を 設置して 東国武士団の支配に乗り出したのが 1180年。 諸国に守護地頭を置いて 統治機構を確立したのが 1183年。 朝廷が 頼朝の東国支配を認めたのが 1185年です。 したがって 鎌倉幕府が実質成立したのは 1185年であると 言えます。 1192年は 頼朝が征夷大将軍に任ぜられた年です。 この年に鎌倉幕府が成立したわけではなく、 実質的な鎌倉幕府成立は 1185年ということになります。 現在 学会で この説 に異を唱える学者は いません。 それから、頼朝の肖像画というのは 有名な 神護寺三像のうちの一つのことだと 思いますが、 新説によると 足利尊氏の弟 足利直義では ないかと 言われています。

次の