アウトランダー フル モデル チェンジ。 フルモデルチェンジ版・三菱の新型「アウトランダーPHEV」はこうなる?ダイナミックシールドは健在で、日産の次期「エクストレイル」と共通する部分も

新型アウトランダーPHEVのフルモデルチェンジはいつ?サイズやスペックと価格予想も!

アウトランダー フル モデル チェンジ

三菱がアウトランダーを世に送り出したのは2005年10月17日。 2代目までのフルモデルチェンジに7度マイナーチェンジを実施し、改良に改良を重ねた車種だ。 「遠く未知なる地へ向かう冒険者」の意味を持つ。 エンジンは、 ・4B11 2. 0L 直列4気筒DOHC16バルブ ・4B12 2. 4L 直列4気筒DOHC16バルブ の2設定で発表した。 0L V型6気筒SOHC24バルブが搭載された。 シャーシやボディは、 高剛性ボディを採用し、さらにルーフなどに軽量アルミなどを採用し重量を安定させ、走行性能を保っている。 【主なモデルチェンジ】 ・2006年10月24日 マイナーチェンジ ・2007年10月17日 2度目のマイナーチェンジ ・2008年8月28日 3度目のマイナーチェンジ ・2009年9月3日 4度目のマイナーチェンジ ・2009年12月24日 5度目のマイナーチェンジ ・2010年9月2日 6度目のマイナーチェンジ ・2011年10月13日 7度目のマイナーチェンジ 2代目へフルモデルチェンジされたのは、2012年10月25日だ。 しかし、後にPHEVの燃費偽装(実際よりも良い数値を届け出していた)が発覚し、当分の間PHEVの製造と発売を停止した。 アウトランダーはPHEVの燃費数値の良さや、災害時に電気として使える安心感もあり、 フルモデルチェンジには話題になった車種だけに非常に残念である。 エンジンは、 ガソリンモデル ・4J11 2. 0L 直列4気筒SOHC16バルブ MIVEC ・4J12 2. 4L 直列4気筒SOHC16バルブ MIVEC の2種類を搭載し 低燃費を実現しており「 平成27年度燃費基準 」を達成している。 PHEVモデルのエンジンには ・ 4B11 2. 0L 直列4気筒DOHC16バルブを搭載 シャーシ・ボディは、 衝突安全強化ボディRISE(ライズ)を採用。 より安全性能が高くなっている。 新型PHEVではそれをさらに精悍にして車全体のフォルムを仕上げて行くと言う。 実は新型アウトランダーのコンセプトモデルは既に発表済みだ。 それが7人乗りのクロスオーバーSUVコンセプトモデル、「MITSUBISHI XM Concept」だ。 MITSUBISHI XM Conceptは2016年8月11日から開催されたインドネシア国際オートショーで世界初公開された車種である。 7人乗りのクロスオーバーSUVとの事でかなりアウトランダーに近い車種となる。 このモデルを市販化し、新型アウトランダーとするだろう。 実際に走行している動画も上がっており、オフロードも気にしない走りを見せているだけにその走行性能にも期待が寄せられる。 新開発のリチウムイオン電池も肝となるがこちらの点は後程解説したい。 現行アウトランダー、その中でもEV走行距離がイマイチとなている。。 現行60. その為に、駆動用バッテリーが強力な物に変更され、 さらにリチウムイオンバッテリーも新世代タイプの物となる。 三菱の新型アウトランダーに搭載されるエンジンは下記の通りだ。 0kgmf. 5Lエンジンを搭載する。 直列4気筒エンジンを搭載するが、新型アウトランダーはあくまでもPHEVがメインとなる。 新型アウトランダーのボディサイズは 全長:4700mm 全幅:1850mm 全高:1720mm ホイールベース:2670mm 車両重量:1400kg となる。 現行よりも一回り大きくなるが、車両重量は軽くなる。 勿論、燃費性能の向上、走行距離のアップが目的だ。 元々、大きなサイズであったが、これくらいのボディサイズアップであればユーザーはそこまでボディサイズを気にする事なく乗り換えられるだろう。

次の

【スクープ】ついに「三菱アウトランダー」がフルモデルチェンジへ! 8年ぶりの新型は「日産エクストレイル」と兄弟になる?(LE VOLANT CARSMEET WEB)

アウトランダー フル モデル チェンジ

Contents• 新型アウトランダーのフルモデルチェンジは2020年に発売へ いや~楽しみですね。 新型アウトランダーがフルモデルチェンジするなんて!噂されている発売日は・・• フルモデルチェンジは2020年 とまだまだ信憑性が薄い情報しかありません(笑)。 タイミングとしては、フルモデルチェンジ実施ししてもおかしくないでしょうね。 噂の信憑性を少し高くしているのが、次のコンセプトカー達。 そこまで大きな変更はありませんが、テールランプが特徴的ですよね。 もっと奇抜な(笑)コンセプトカーが次。 PHEVモデルみたいですよ。 まだまだありますよ(笑)。 これが一番次期アウトランダーっぽいような気がします。 次期アウトランダーのエクステリアデザインはGT-PHEVコンセプトかエンゲルベルクツアラーにして 色々三菱さんの新デザイン画像を見ていきましたが、次期アウトランダーのエクステリアデザインの希望は・・ PHEVコンセプトかエンゲルベルクツアラーにしてほしいです(笑)。 めちゃくちゃかっこいいじゃないですか!まさにフルモデルチェンジって感じで。 エンジンのラインナップはPHEV・ガソリン・ディーゼルを予定 噂によると、エンジンのラインナップが・・• 2Lディーゼルターボ• 4Lガソリン が予定されているとのこと。 注目はディーゼルターボでしょうよ。 デリカD5やエクリプスクロスに搭載されているエンジン系統ですね。 これが本当なら、パジェロ無き今・・アウトランダーのニーズの幅が広がりますね。 [AUTO]通常使用するモード。 様々な状況で適切な4WD性能を実現。 [SNOW]雪道での走行に適したモード。 滑りやすい路面で安定性を向上。 [GRAVEL]4WDの高い走破性を発揮するモード。 悪路走行やスタック脱出性に優れる。 [S-AWC標準装備]4WD車 もちろん次期アウトランダーにも採用されるでしょうね。 安全性能は「e-Assist」で決まり! 安全性能ももちろん「e-Assist」で決まりでしょう。 衝突被害軽減ブレーキシステム[FCM]• 車線逸脱警報システム[LDW]• レーダークルーズコントロールシステム[ACC]• オートマチックハイビーム[AHB]• 後退時車両検知警報システム[RCTA]• なんとPHEVにも7人乗りが登場!? これはどうかなと・・。 もちろん7人乗りモデルのラインナップがあれば嬉しいポイントでしょう。 ガソリン車しかありませんでしたから。。 PHEVの価格も大幅に上昇はしないはず 気になる価格設定も・・• 大幅に上昇はしないはず これも間違いないでしょう。 現行モデルのPHEVだと420万円スタートとなっています。 これでも・・手が出にくい印象はありますからね。 スポンサーリンク まとめ 新型アウトランダーフルモデルチェンジの噂は信憑性も高い 新型アウトランダーのフルモデルチェンジ情報でした。 まとめると、• 発売日は2020年を予定• ディーゼルのラインナップが追加される• エクステリアデザインはコンセプトのどれか• PHEVにも7人乗りが噂されている• 価格は大幅に上昇はしないはず といった結果になりました。 気になるエクステリアデザインをもう一度見ると・・ いやこのままでもいいじゃない!?絶対に売れるよ(笑)。 だって欲しいから・・。 ディーゼルの追加やPHEVの7人乗りモデルなど、新型アウトランダーフルモデルチェンジは注目ですね。 PHEVの進化もあるでしょうし、エクステリアデザインはかっこいいし。。 アウトランダー信者として期待大です。 噂の信憑性も高いのかなと。。 また情報が入り次第更新していきますね。 クルマ業界を盛り上げていこうぜ!.

次の

【スクープ】ついに「三菱アウトランダー」がフルモデルチェンジへ! 8年ぶりの新型は「日産エクストレイル」と兄弟になる?(LE VOLANT CARSMEET WEB)

アウトランダー フル モデル チェンジ

Contents• 新型アウトランダーのフルモデルチェンジは2020年に発売へ いや~楽しみですね。 新型アウトランダーがフルモデルチェンジするなんて!噂されている発売日は・・• フルモデルチェンジは2020年 とまだまだ信憑性が薄い情報しかありません(笑)。 タイミングとしては、フルモデルチェンジ実施ししてもおかしくないでしょうね。 噂の信憑性を少し高くしているのが、次のコンセプトカー達。 そこまで大きな変更はありませんが、テールランプが特徴的ですよね。 もっと奇抜な(笑)コンセプトカーが次。 PHEVモデルみたいですよ。 まだまだありますよ(笑)。 これが一番次期アウトランダーっぽいような気がします。 次期アウトランダーのエクステリアデザインはGT-PHEVコンセプトかエンゲルベルクツアラーにして 色々三菱さんの新デザイン画像を見ていきましたが、次期アウトランダーのエクステリアデザインの希望は・・ PHEVコンセプトかエンゲルベルクツアラーにしてほしいです(笑)。 めちゃくちゃかっこいいじゃないですか!まさにフルモデルチェンジって感じで。 エンジンのラインナップはPHEV・ガソリン・ディーゼルを予定 噂によると、エンジンのラインナップが・・• 2Lディーゼルターボ• 4Lガソリン が予定されているとのこと。 注目はディーゼルターボでしょうよ。 デリカD5やエクリプスクロスに搭載されているエンジン系統ですね。 これが本当なら、パジェロ無き今・・アウトランダーのニーズの幅が広がりますね。 [AUTO]通常使用するモード。 様々な状況で適切な4WD性能を実現。 [SNOW]雪道での走行に適したモード。 滑りやすい路面で安定性を向上。 [GRAVEL]4WDの高い走破性を発揮するモード。 悪路走行やスタック脱出性に優れる。 [S-AWC標準装備]4WD車 もちろん次期アウトランダーにも採用されるでしょうね。 安全性能は「e-Assist」で決まり! 安全性能ももちろん「e-Assist」で決まりでしょう。 衝突被害軽減ブレーキシステム[FCM]• 車線逸脱警報システム[LDW]• レーダークルーズコントロールシステム[ACC]• オートマチックハイビーム[AHB]• 後退時車両検知警報システム[RCTA]• なんとPHEVにも7人乗りが登場!? これはどうかなと・・。 もちろん7人乗りモデルのラインナップがあれば嬉しいポイントでしょう。 ガソリン車しかありませんでしたから。。 PHEVの価格も大幅に上昇はしないはず 気になる価格設定も・・• 大幅に上昇はしないはず これも間違いないでしょう。 現行モデルのPHEVだと420万円スタートとなっています。 これでも・・手が出にくい印象はありますからね。 スポンサーリンク まとめ 新型アウトランダーフルモデルチェンジの噂は信憑性も高い 新型アウトランダーのフルモデルチェンジ情報でした。 まとめると、• 発売日は2020年を予定• ディーゼルのラインナップが追加される• エクステリアデザインはコンセプトのどれか• PHEVにも7人乗りが噂されている• 価格は大幅に上昇はしないはず といった結果になりました。 気になるエクステリアデザインをもう一度見ると・・ いやこのままでもいいじゃない!?絶対に売れるよ(笑)。 だって欲しいから・・。 ディーゼルの追加やPHEVの7人乗りモデルなど、新型アウトランダーフルモデルチェンジは注目ですね。 PHEVの進化もあるでしょうし、エクステリアデザインはかっこいいし。。 アウトランダー信者として期待大です。 噂の信憑性も高いのかなと。。 また情報が入り次第更新していきますね。 クルマ業界を盛り上げていこうぜ!.

次の