どんなときもwifi クレジットカード。 「どんなときもWiFi」の利用料金は「リンクライフ」から請求がくる|穀盗人どっとこむ

CMで話題!どんなときもWiFiの口コミ・評判は?無制限が本当かを徹底レビュー

どんなときもwifi クレジットカード

こんにちは。 「」編集部のダイゴです。 2019年の3月17日のサービス開始から一気に人気急上昇中の「」。 既に契約を決めていて、支払い方法やオプションの有無で迷っている人も多いのではないでしょうか…? どんなときもWiFiは支払い方法が3種類ありますが、クレジット払いの料金がお得すぎて「何か落とし穴がないか?」心配になってしまいますよね…汗 今回の記事では どんなときもWiFi利用者の私が、「どんなときもWiFiの3つの支払い方法の違い」や「各支払い方法のメリット・デメリット」について紹介します。 記事を読んでいただければ、どんなときもWiFiは迷わずクレジットカードで契約するのが特なことが理解出来ます。 どんなときもWiFiは「クレジットカード」「口座振替」「請求書払い」の3つの支払い方法の選択が可能ですが、各支払い方法によって月額料金と2年間の支払い総額が違います。 一番お得なのはクレジットカード払いで、月額料金も3,480円と非常に安く2年間の支払総額は90,000円となっています。 このパートでは、どんなときもWiFiの3つの支払い方法それぞれについてメリット・デメリットを解説していきます。 支払い方法の選択で迷っているようでしたら必ず参考になります。 月額料金が安い• 支払い手数料が不要• 支払い忘れの心配が無い デメリット• クレジットカードを持っていないと選べない どんなときもWiFiをクレジットカード払いで契約した時のメリットは、とにかく料金が安く済むことです。 月額料金を比較すると、口座振替よりも700円請求書払いよりも800円も安く契約することができるんですよ…! また、口座振替や請求諸払いと比べて支払い忘れの心配が無い点もメリットと考えられますね。 ただし、クレジットカードを持っていないと選べない支払い方法なのでその点はデメリットであると言えるでしょう。 口座振替のメリット・デメリット メリット• 支払いの手間がかからない デメリット• 月額料金が高くなる• 支払い忘れの可能性がある どんなときもWiFiを口座振替で契約した時のメリットは、請求書払いと比べて支払いの手間がかからないことです。 口座振替であれば、銀行にお金を入れておけば自動的に引き落とされるので、コンビニや郵便局に出向く手間がありません。 一方で、デメリットはクレジットカードと比較して月額料金が700円高くなる事や支払い忘れの可能性がある点ですね。 口座振替は、クレジットカード払いと比べてデメリットが目立つ支払い方法です。 そのため、クレジットカードを持っていない場合に選ぶと良いでしょう。 請求書払いのメリット・デメリット メリット• 自分のペースで支払いができる• 口座やカードが無くても支払いできる デメリット• 支払いに手間がかかる• 月額料金が最も高い• 支払い忘れの可能性がある どんなときもWiFiを請求書で契約した時のメリットは、決められた日でなく期日までの自分が払いたい時に支払いができることです。 また、個人事業主や法人が会計処理の手間を省きたい場合に、口座やカードが無くても支払いできる点もメリットであると言えますね。 逆に デメリットは、支払いのためにわざわざコンビニなどに出向く必要がある事や月額料金が800円も高くなってしまう点です。 口座振替は、クレジットカードと比べてデメリットの目立つ支払い方法です。 そのため、特に理由が無い限りは選ばない事をおすすめします。 どんなときもWiFiの支払い方法はクレジットカード払いが断トツでおすすめ! どんなときもWiFiの支払い方法で最もおすすめなのは「クレジットカード払い」です。 私自身もクレジットカード払いで契約しています! クレジットカード払いは、口座振替や請求書払いと比べて月額が500円以上安くなる上に2年間の支払い総額では2万円近くお得です。 特にデメリットも無くお得に契約できるので、 どんなときもWiFiの支払い方法は「クレジットカード払い一択」と言っても良いくらいです。 クレジットカードを持っていない場合を除いて、どんなときもWiFiの支払い方法はクレジットカードを選ぶのがおすすめですよ! どんなときもWiFiは契約後も支払い方法が変更可能! ここまでの内容で、どんなときもWiFiの支払い方法がはクレジットカード払いが最もお得なことは理解できたと思います! ですが、最初はクレジットカード払いで契約したものの何らかの事情で支払い方法を変更したいこともでてくるかと思います。 そんな場合でも、どんなときもWiFiは支払い方法の変更が可能です!変更方法については、現状公式HPに変更用のフォームが設置されていません。 支払い方法の変更を希望する場合、電話サポート窓口に直接問い合わせることで変更が可能です。 どんなときもWiFiの支払い方法は「クレジット払い」「口座振替」「請求書払い」の3種類• クレジット払いは他の支払い方法と比べて月額が500円以上安い!• どんなときもWiFiの支払い方法は「クレジット払い」一択! 今回の記事では、どんなときもWiFiの3つの支払い方法の違いや各支払い方法のメリット・デメリットについて紹介してきました。 どんなときもWiFiの支払い方法は「クレジット払い」「口座振替」「請求書払い」の3種類から選ぶことができて、クレジットカード払いが一番お得です。 クレジット払いは口座振替と比べた場合、月額700円お得です。 請求書と比べた場合は、月額800円もお得なんですよ…!その上、とくにデメリットがない支払い方法です。 以上の事から、どんなときもWiFiの支払い方法は基本的にクレジット一択です。 もしクレジットカードを持っていないのでしたら次点で口座振替をおすすめします。

次の

会社概要|【公式】どんなときもWiFi

どんなときもwifi クレジットカード

「どんなときもWiFiって実際どうなの?」 「容量無制限のポケットWiFiの中で一番のおすすめは?」 と気になりお調べですね。 結論から言うと、 どんなときもWiFiはおすすめできません。 容量無制限のポケットWiFiならMugen WiFiをおすすめします。 月額料金や解約金も安く、初回の30日間なら全額返金保証もしてもらえるので、まず使ってみるといいでしょう。 この記事では、容量無制限のポケットWiFiと比較しつつ、なぜどんなときもWiFiがおすすめできないのか、MugenWiFiをおすすめする理由を詳しく解説! お得にポケットWiFiを申し込む手順についても紹介していきます。 当記事を参考に、自分に合ったポケットWiFiを選び快適な環境でインターネットをサクサクと使えるようにしましょう。 ギガWiFiが今ベストな理由• 現在9割近いポケットWiFiサービスが申込停止中・通信障害でポケットWiFiの選択肢が非常に少なく、ギガWiFiが最適だから• 申込から最短即日発送で、すぐにでも利用ができる• 現在すぐに利用できるポケットWiFiの中で、月額料金3,250円と最安級• 万が一合わなかったとしても、8日間の初期契約解除制度で無料解約 ギガWiFiは、現在当サイトで一番申込者数の多い人気サービスとなっています。 人気の理由は、 非常に安価で最短即日発送で利用できるポケットWiFiサービスだからです。 初期契約解除ができる8日の間で、自分の環境にマッチしているか判断することができます。 \ 即日発送3,250 円のお手頃価格/ 1.そもそもどんなときもWiFiとは? どんなときもWiFiってそもそもなんだろう?と思われる人もいるかと思いますので、どんなときもWiFiの概要を紹介します。 どんなときもWiFiの基本情報 どんなときもWiFiとは、どれだけインターネットに接続しても速度制限にかかることのない 無制限ポケットWiFiのひとつです。 TVCMの影響もあって、名前くらいは聴いたことがある!という人もいるのではないでしょうか。 どんなときもWiFiの基本的な情報を以下の表にまとめてみました。 支払い方法がクレジットカード支払いのみのWiFiサービスが多い中どんなときもWiFiは口座振替支払いにも対応しています。 au、docomo、softbankの3つの大手携帯キャリアの回線に対応しているため、幅広いエリアで利用可能な点も特徴です。 運営会社情報 どんなときもWiFiは、株式会社グッドラックが運営しているWiFiサービスです。 グッドラックの情報を以下の表にまとめてみました。 会社名 株式会社グッドラック 代表取締役 佐々木允浩 設立日 平成22年3月17日 本社住所 〒910-2178 福井県福井市栂野町第15号1番地2 TEL 0120-048-277(代表番号) 公式サイト どんなときもWiFi以外にもNEXTmobile、ONE MOBILEやモバレコAirなど様々なWiFiサービスを展開しています。 2.実際にどんなときもWiFiを契約してみた 実際にどんなときもWiFiを契約してみました。 注文が殺到していた時期に申し込みをしたこともあって、届くまでには2週間ぐらいかかりましたが、 現在は平日13時まで、土曜11時までの申し込みで即日発送してくれます。 中には「端末」「取扱説明書」「充電ケーブル」「ストラップ」が入っていました。 使い方は簡単で、本体の横にある電源ボタンを長押しします。 5秒ほど押していると、端末正面にある3つのマークの一番左、扇のマークが点灯します。 端末の裏側に「SSID」「PWD(パスワード)」が書いてありますので、WiFiに繋ぎたい端末の設定をしてください。 以上がどんなときもWiFiの接続方法です。 速度制限にはかかっていないが、速度は少し遅い 実際に使ってみていて、速度制限にかかることは今のところはありません。 YouTubeで一日中音楽を流していても、特に制限がかかることはなく、使えています。 ただし、速度は若干遅いかなというのが正直なところです、、、。 特にパソコンとスマホの2台を同時に繋ぐなど、複数の端末を一緒に繋ぐと速度はより遅く感じます。 最大接続台数は5台ですが、5台一緒に繋ぐと速度はより遅くなるでしょう。 時々通信が途切れることも、、、 原因はよくわかっていませんが、通信が時々切れることもあり、多少ストレスに感じることもあります。 電源を入れなおしたり、しばらく時間をおいてから、接続すると通常通り使えるようになることが多いです。 平均して1日のうちに1回は通信が途切れることがあります。 同じように通信が途切れるという人の口コミもいくつか見受けられました。 動画は途切れる。 1時間の間に4~5回の切断。 端末の発熱が大きいので、それが原因の線が濃厚。 東京メトロ沿線 — main main26592340 どんなときもwifiとかのクラウドsimの一番のデメリットは回線途切れがあるってことだろうな。 このあたりは物理simタイプのほうに軍配が上がる。 意外とこれを取り上げてる紹介サイトはほとんどない。 クラウドsimもほとんどソフトバンク回線につながるので実質ソフトバンク回線の物理simと変わらないし — blue blue7763 通信が途切れると、端末がすごく熱くなっていることも、、、。 端末の返却が2年後には必要なので、それまで故障しないか、多少不安に思うこともあります。 3.どんなときもWiFiがおすすめではない2つの理由 どんなときもWiFiは以下の2つの理由からおすすめできません。 ひとつずつ見ていきましょう。 理由1.月額料金が高い どんなときもWiFiは 容量無制限のポケットWiFiの中でも月額料金が高くおすすめできません。 容量無制限のポケットWiFiの中で、一番安く利用できるのは、です。 月額料金はそれほど安くありませんが、初期費用やキャッシュバックなどを加味して考えると、一番安いのはになります。 少しでも安く容量無制限のポケットWiFiを使いたいという人には、どんなときもWiFiはおすすめできません。 要注意!2年以降の月額料金はさらに高くなる どんなときもWiFiの 月額料金は2年以降はさらに高くなります。 2年以降もどんなときもWiFiを使いたいという場合は月額が500円高くなった、3,980円で利用しないといけません。 どんなときもWiFiを利用するなら基本的には、2年間で他社へ乗り換えることを頭に入れた上で、利用するようにしましょう。 理由2.解約金が高い どんなときもWiFiは 容量無制限のポケットWiFiの中でも解約金が高くおすすめできません。 容量無制限のポケットWiFiの中で、一番安い解約金で利用できるのは、でしょう。 2年間は使い続けるから大丈夫という人もいるかもしれませんが、万が一のこともあります。 それに2年以内により自分にあったポケットWiFiが出てくる可能性も。 解約金はできる限り安い方が、より安心して使えるでしょう。 いつでも解約サポートを使えば無料で乗り換えはできるが、、、 どんなときもWiFiには「いつでも解約サポート」というサービスがあり、 無料で他社へ乗り換えることもできます。 ただし、乗り換え先は自由に選べるわけではなく、どんなときもWiFiから紹介を受けたところのみになります。 具体的にどこに乗り換えができるのかについては公表されていないので、わかりません。 予測ではありますが、どんなときもWiFiの運営元であるグッド・ラックが提供する以下の3つのサービスについては候補としてあげられるでしょう。 ONE MOBILE• モバレコAir どんなときもWiFiからの紹介以外のところは選ぶことができませんので、「いつでも解約サポートがあるから、、、」とあてにするのはおすすめしません。 なるべく解約金が安いところを選んでおく方が無難と言えるでしょう。 4.ココは良い!!どんなときもWiFiのたった1つのメリット どんなときもWiFiのメリットと言える点は、 支払い方法がクレジットカード以外の口座振替にも対応している点です。 他の容量無制限のポケットWiFiで口座振替に対応しているのは、です。 ただし、限界突破WiFiは実店舗に行って申し込みをする場合のみ口座振替に対応していますので、注意してください。 口座振替にすると、料金が高くなる どんなときもWiFiを口座振替で利用しようとすると、クレジットカードで利用するときよりも月額料金が500円高くなり、また口座振替手数料の200円が毎月別途必要になります。 合計すると 毎月700円もクレジットカードで利用するよりも高いです。 契約期間の2年間に換算すると、17,300円も多く支払うことに。 よっぽどの理由がない限りは、クレジットカードでの利用をおすすめします。 4.どんなときもWiFiの口コミ・評判まとめ どんなときもWiFiの基本情報、デメリット、メリットをお伝えしました。 とはいえ、「実際に利用している人はどう思っているの?」と疑問に思われる人もいると思います。 ここからはどんなときもWiFiを利用している人の口コミ・評判をTwitter上で調査してまとめたものを紹介!• 良い口コミ• 悪い口コミ それぞれ見ていきましょう。 どんなときもWiFiの良い口コミ まずはどんなときもWiFiの良い口コミから見ていきましょう。 けっこう速い。 北海道の田舎での測定。 都会は知らぬ Youtubeの1080p60動画やアマプラの最高画質ぐらいなら止まることなく見られる。 続きます — りふれ ref179 しっかりと速度が出ているという口コミです。 だいたい10〜40Mbpsの速度が出るという口コミが多くみられました。 地域によって格差はあるものの、概ね動画の視聴をしたり、アプリを利用したりするのは問題なさそうです。 固定回線の代わりとして使える どんなときもwifi優秀なので、家の固定回線解約しようかと思っておる。 通信制限なくなって、回線の安定性もよければ今後、固定回線いらなくね。 通信制限がないので、固定回線の代わりとしても使えますよね。 ただし、同時に接続できる台数が5台と少ないので、大人数で使う場合には固定回線の方がいいでしょう。 バッテリーが長時間もつ どんなときもwifi、ずっと使いっぱなしでバッテリーがどのくらい持つか試してたところ、ほぼ9時間、データ14GBぐらい使ったところで力尽きました。 まあ、普段こんなにハードな使い方はしませんが、それでも9時間持ったのはよく頑張ったって感じですね。 — ろっと lott0405 バッテリーが9時間持ったという口コミです。 使い方にもよりますが、9〜12時間ぐらいはバッテリーがもつようです。 外での利用が多い人も、満足して使うことができるでしょう。 どんなときもWiFiの悪い口コミ 次にどんなときもWiFiの悪い口コミを見ていきましょう。 全然つながらない どんなときもWiFiは大事な時にいつもつながらない。 サポートに事情を話し改善策やヒントを求めても利用者の居場所のせいにするばかり。 因みに速度は50kbps以下。 写真の数値は良いほう。 これで賠償なし、解約したら違約金発生てめちゃくちゃ詐欺会社やでしかし👊💢 — Akira TANAKA akiratta 通信が全然つながらないという口コミです。 場所や環境によっては通信ができないこともあるようです。 最悪の場合は、いつでも解約サポートの利用の検討をしてみてもいいかもしれません。 解約金が高い 『どんなときもWiFi』は契約解除料が高いんだけど😭 — ろんぶり ronburi どんなときもWiFiの解約金が高いという口コミです。 更新月以外で解約すると10,000円〜20,000円程度の解約金が取られてしまいます。 2年間は絶対に使うという人はいいですが、それ以外の人は契約する前にじっくり考えるようにしましょう。 解約金が嫌な人は、契約期間の縛りがないWiFiや解約金が安いWiFiを検討しましょう。 同時に接続できる台数が少ない どんなときもwifiの5台接続だとどうにも回らなくなってきたので、解約サポートでネクストモバイルに乗り換え。 クラウドSIMってもほとんどソフトバンク回線だし、こっちの方が安いし。 クレードルもあるし。 家族のいる人とか、WiFiに接続したい機器がたくさんあるという人には少なく感じるかもしれません。 5台以上同時にWiFiにつなぐ機会の多い人は、別のポケットWiFiを検討しましょう。 5.結論!どんなときもWiFiはおすすめできない ここまでの内容をまとめると、どんなときもWiFiは以下の理由からおすすめできません。 他の容量無制限のポケットWiFiとほとんどサービスは一緒• 容量無制限のポケットWiFiの中でも料金が高い• 容量無制限のポケットWiFiの中でも解約金が高い どんなときもWiFiは知名度もあるWiFiですが、詳しく調べてみるとあまりおすすめできないWiFiサービスということがわかります。 他の容量無制限のポケットWiFiとほとんど変わらないサービスですし、それならなるべく料金面でお得なところを利用したいですよね。 どんなときもWiFiは他の容量無制限のポケットWiFiに比べると、 月額料金もそれほど安くないですし、解約金も高いので、おすすめではありません。 6.どんなときもWiFiよりもMugen WiFiおすすめ どんなときもWiFiが自分には合わないという人には、をおすすめします。 容量無制限のMugen WiFiをおすすめする理由は以下の通りです。 返金保証の条件 以下の1~3の条件を全て満たしていること。 申し込み日から30日以内に「安心全額返金保証希望」の旨と「解約理由」「追跡番号」をより連絡すること。 返品の「発送日時」が30日以内であること。 例 申し込みが10月1日 PM1:00の場合、保証対象:10月30日 PM7:00の発送 、保証不可:10月31日 AM7:00の発送• Mugen WiFiの利用が初めてであること。 海外での利用の場合デイリーの利用料金が別途発生する• 50GBを超える通常レベルを超えた大容量をご利用頂く場合は、解約金9,000円発生 返金保証の注意点• 箱の破損などや説明書の欠品がある場合、追加費用として20,000円が発生。 30日以上を過ぎた場合は解約金9,000円が発生。 返却処理手数料として1,080円発生。 送料は自分で負担。 以上の内容を守れば、解約金などはかかりません。 容量無制限のポケットWiFiで使っている機種はほとんどが一緒 容量無制限のポケットWiFiで使っている機種はほとんどがMugen WiFiで利用しているものと一緒です。 なので容量無制限のポケットWiFiがどんなサービス何だろう?と気になる人は1度をお試しで利用してみることをおすすめします。 使ってみて自分には合わないなと感じたら、全額返金保証を利用すればいいので、安心ですよね。 少しでも気になったら、まずは利用してみましょう。 どんなときもWiFiのイニシャルをとって、D1と名づけられただけです。 理由2.容量無制限のポケットWiFiの中でも解約金が安い 容量無制限のポケットWiFiの中でもMugen WiFiの解約金が一番安いです。 他の容量無制限のポケットWiFiに比べて、解約金が安いので、万が一短期間でキャンセルしたい、、、となった時も高い解約金を払う必要がありません。 2年以降は解約金が全くかかりませんので、更新月を気にする必要もなく利用できますね。 よくばりWiFiやNEXTmobileよりもMugenWiFiの方が良い? やの方がMugen WiFiよりも2年間の総額費用は安いです。 とはいえ、よくばりWiFiやNEXTmobileはあまりおすすめしません。 おすすめしない理由は以下の3つです。 よくばりWiFiやNEXTmobileの対応エリアはSoftbankのみ• よくばりWiFiを最安で使うには、条件が色々ある、、、• NEXTmobileは2年目以降料金が上がり解約金もかかる 順番に見ていきましょう。 よくばりWiFiやNEXTmobileの対応エリアはSoftbankのみ やは、 対応エリアがSoftbankのみでMugenWiFiよりも狭いです。 MugenWiFiのエリアは、au、docomo、Softbankのトリプルキャリアのエリアに対応しています。 3つのうち一番繋がり安い回線を拾って繋げてくれるので、通信障害などで一つの回線が繋がらないとった時にも安心です。 Softbankだけのエリアでも決して狭い訳ではありませんが、より広いエリアで使いたい人にはMugenWiFiがおすすめでしょう。 よくばりWiFiを最安で使うには、条件が色々ある、、、 容量無制限のポケットWiFiの中で一番安く利用できるのは、です。 しかし、よくばりWiFiを最安で利用するためには以下の2つの条件をクリアする必要が出てきます。 月額380円の端末保証オプションに加入すること• に申し込み、支払いをそのカードで行うこと 私もポケットWiFiを4年ほど使っていますが、 端末が壊れたことはなく、端末保証はいらないと感じています。 またNTTグループカードを申し込むのにも時間がかかるので、正直めんどくさい、、、と思われる人も多いはず。 最安でポケットWiFiを使いたいんだ!!という人であれば、がおすすめですが、色々と条件がややこしいという人にはMugen WiFiがおすすめです。 NEXTmobileは2年目以降金額が上がり解約金もかかる 容量無制限のポケットWiFiの中で2番目に安く利用できるのは、の使い放題プランです。 しかし、 2年以内の解約金が高いので、万が一のことがあった時に解約しにくいでしょう。 また更新月を逃して2年以降も利用することになると、月額料金も上がりますし、解約金も必要になります。 更新月を忘れずに、絶対に2年間で乗り換えるという人であればはおすすめです。 ただ更新月を忘れてしまうのが不安だ、、、という人であれば、更新月を気にすることなく利用できるMugen WiFiがおすすめでしょう。 7.Mugen WiFi(無限WiFi)を最もお得に申し込む5STEP Mugen WiFiが自分に合うという人は、申し込み手順も確認しておきましょう。 を最もお得に申込む手順は、5STEPあります。 エリアが対応していなければ、使うことはできませんので、必ず確認してくださいね。 STEP2.Mugen WiFiの公式ページへアクセスする 申し込みをする時には、にアクセスして申し込みしましょう。 「申込みはこちらから」を選択すれば、申し込みページに飛ぶことができます。 お得なキャンペーンを実施している場合もあるので、申し込みをする時には、公式ページからするようにしましょう。 STEP3.端末・プラン、オプションを選択する 先ほどの「申込みはこちらから」をタップすると、以下の画面が表示されるので、端末・プラン、オプションを選んでください。 全て選び終えたら、「契約約款について」「申込みにおける個人情報の取り扱いについて」にチェックを入れ、「お申し込みはこちらから」をタップ。 () 申し込み内容に間違いがないか確認する画面になりますので、金額などもう一度確認して、間違いがなければ「決済画面に進む」をタップ。 () 端末・プラン、オプションの選択は以上です。 オプションって必要?? () 機器の故障などが不安なかたは、入っておくといいと思いますが、 月額が500円高くなるので、少しでも安く使いたいという人にはおすすめしません。 Mugen WiFiの補償オプションは月額500円で利用することが可能です。 補償オプションに入っておけば、Mugen WiFiの契約期間中に水没や全損で、端末が故障してしまった場合、新品と無料でしてくれます。 補償オプションに入っていない場合、機器を新品に交換するには、1台あたり20,000円の支払いが必要です。 ただし、2年間で機器が故障することはまれです。 筆者もポケットWiFiを4年近く使っていますが、故障したことはありません。 故障が心配な人は入っておくといいかもしれませんが、当記事としてはおすすめしません。 申し込む前にしっかりと考えてから申し込みをしましょう。 STEP4.決済情報などを入力する 「決済画面に進む」をタップすると、以下の画面が表示されますので、必要な情報を入力していきましょう。 全て入力をしたら、「次へ」をタップ。 () 以上でMugen WiFiの申込は完了です。 STEP5.端末到着・利用開始 平日であれば16時までに、土日祝の場合週明け月曜に発送されます。 発送完了のメールが届くので、そちらも確認するようにしましょう。 届いたら端末の設定をすれば、端末を使うことができます。 届いたばかりの状態だと、端末の充電が少ない可能性もあるので、充電してから利用するようにしましょう。 本当に無制限なの?• WiMAXと比べてどうなの?• 海外でも利用できるの? 気になる部分だけピックアップして見てみてくださいね。 Q1.本当に無制限なの? どんなときもWiFiやMugenWiFiなど 容量無制限と言われているポケットWiFiにも実は通信制限があります。 ただどれくらい利用すると、どのぐらい通信制限にかかるのか?など細かい情報はわかりません。 著しくネットワークを占有するレベルと書かれているので、3日間に100GB以上など短期間で大量に使うことがないように注意してください。 Q2.WiMAXと比べてどうなの? エリア、データ容量を優先して考えたいなら、容量無制限のポケットWiFiがおすすめです。 ただし、 通信速度や通信の安定性ならの方がいいでしょう。 また容量無制限のポケットWiFiは通信制限の条件が明確ではなく、いつ通信制限にかかるかははっきりとわかりません。 今は通信制限にかからなくても、今後利用者が増えた時にどういう対応がされるかもわからないので、不安が残るところです。 「速度が不安だ」「通信制限の条件ははっきりしている方が安心」という人にはをおすすめします。

次の

【公式】どんなときもWiFi

どんなときもwifi クレジットカード

他の2社との違いをチェックしてみましょう。 使用量の制限なし 「どんなときもWiFi」の最大の特徴は通信量の制限がなく、完全無制限に通信ができるところです。 違法ダウンロードや不正利用、大容量通信によるネットワークの占有の場合を除きます 一般的なモバイルWiFiやWiMAXは、月間データ量が無制限となっていても実際のところは 直近の3日間で10GB以上利用すると、速度制限がかるようになっています。 その点どんなときもWiFiは完全無制限のWiFiですので、直近の通信量を気にすることなく安心して動画視聴やアプリや音楽のダウンロード、ゲームなどができます。 国内でも海外でも使える 「どんなときもWiFi」のメリットの1つが、同じWiFi端末を海外でそのまま使用できることです。 従来のモバイル型WiFiでは通信できる場所は日本国内に限定されていましたが、どんなときもWiFiはそのまま海外でも通信が可能です。 海外でどんなときもWiFiを使用するときには、事前申請などは不要です。 現地で使うときに端末の電源をONにするとそのまま利用可能となります。 しかし海外で使用する際は使った日数分の料金が別途発生しますので、注意が必要です。 海外利用料金は使用する国やエリアによって変わります。 1日あたりで1,280円~1,880円 1日1GBまで となっていますので、事前に公式ホームページで確認しておくことをおすすめします。 もし海外で利用しない場合はWiFiの電源をOFFにしておくと海外での使用料が発生しませんので、必ず電源についても確認しましょう。 3大キャリアが使える 「どんなときもWiFi」は端末本体にはSIMカードが入っていません。 同社独自のクラウドSIMを使って大手キャリアの3回線が使える仕組みです。 どんなときもWiFiで使える回線の種類はau・ドコモ・ソフトバンクの3社の回線です。 使用するときにいる場所や環境によって、自動的に最適な会社の回線に切り替えるようになっています。 このため電波が悪い場所で通信が途切れてしまう、ということがありません。 また端末にSIMカードを入れて、自分で設定するという手間もないため、より簡単にどこでもインターネットが楽しめます。 持ち運びができる通信手段として、この2つは似ているところもありますが、次のような点に違いがあります。 実際に使った人の口コミでは、平均通信速度に関しては両方にはあまり差がないというものもあります。 使用エリアについては、どんなときもWiFiの方が国内と海外の広いエリアで使用できることがわかります。 もし、海外に頻繁に出かけることがあるという人は、どんなときもWiFiの方がより便利といえるでしょう。 料金で比較 ここでは「どんなときもWiFi」「限界突破WiFi」「めっちゃWiFi」の3社の料金について解説していきます。 月額料金や支払方法、契約期間についても取り上げますので、ぜひチェックしてみましょう。 なお、金額はすべて税抜き表示です。 どんなときもWiFi 限界突破WiFi めっちゃWiFi 初月〜24カ月目の月額 税抜• クレジットカード:3,480円• 口座振替:3,980円 3,500円 利用開始月は日割り 3,480円 25カ月目以降の月額 税抜• クレジットカード:3,980円• ので、ぜひご一読ください。 2020年2月現在「どんなときもWiFi」の料金は、契約してから 2年間はずっと変わらず3,480円 税抜 で、これはクレジットカードで支払う場合です。 口座振替の場合は 2年間が3,980円 税抜 、25カ月以降で4,410円 税抜 です。 同じようなモバイルWiFiのサービスをおこなっている他社と比較してみると、契約してから2年間の料金はほぼ変わらないことがわかります。 しかし口座振替の場合、クレジットカードでの支払いと比較すると月額が2年までで500円ほど高くなってしまいます。 契約から25カ月以降はさらにアップしますのでその点を理解した上で申し込みましょう。 限界突破WiFi 出典: 2020年2月現在「限界突破WiFi」の料金は、月額3,500円 税抜 で契約開始月は3,500円の日割り計算した料金です。 限界突破WiFiでは、 2年間の最低契約期間がすぎた後でも料金が変わらず、3,500円のままです。 また、端末料金については0円ですので、気軽に始められるシステムといえるでしょう。 めっちゃWiFi 「めっちゃWiFi」の2020年2月現在の料金は月額で3,480円となっています。 契約期間は2年間で、25カ月以降も月額が3,480円でずっと変わりません。 このようにめっちゃWiFi料金体系がとてもシンプルで分かりやすい点が魅力といえます。 モバイル端末についてはレンタル品となっていますが、別途料金は発生せず無料で使えます。 速度で比較 ここでは「どんなときもWiFi」「限界突破WiFi」「めっちゃWiFi」3社のサービスの通信速度について比較・解説していきます。 なお、速度は上り・下りともにベストエフォートの速度で表示しています。 どんなときもWiFi 限界突破WiFi めっちゃWiFi• 下り最大150Mbps• 上り最大50Mbps• 下り最大150Mbps• 上り最大50Mbps• 下り最大150Mbps• 上り最大50Mbps どんなときもWiFi 「どんなときもWiFi」の速度についてみてきましょう。 公式ホームページには『下り最大150Mbps 上り最大50Mbps』と掲載されています。 下りに関しては、インターネットページや動画を見るときやデータのダウンロードには充分なスピードといえます。 しかし、これはあくまでもシステム上の最大速度 ベストエフォート で、実際に使うときに出るスピードを示しているわけではありません。 実際にインターネット通信をおこなうときには、その場所での電波状況や物理的に電波を妨害するものがあるかどうかでも変わります。 また、時間帯によっては回線の混雑もあり得ますので、かなり速度が落ちるときもあります。 なお、どんなときもWiFiで提供しているモバイルルーターは、D1というタイプです。 限界突破WiFi 「限界突破WiFi」の公式ホームページには『下り最大150Mbps 上り最大50Mbps』という速度と掲載されています。 他の2社と同じ速度が公表されていますが、実際に使ってみた人の意見としては、比較的どの場所にいても安定した高速通信ができる、という口コミが多数あるようです。 ただし上りの速度についてはかなり遅く感じられるとの意見もありますので、大量データのアップロードなどには適さないといえるでしょう。 めっちゃWiFi 「めっちゃWiFi」の通信速度についてみていきましょう。 めっちゃWiFiの公式ホームページでは『下り最大150Mbps 上り最大50Mbps』と速度が掲載されています。 使用ルーターはU2sです。 口コミなどをみると使用する場所や環境によって、実際に使用したときの速度にはかなり差があるようですが、平均して25Mbps~40Mbpsほどの速度が出ていて遅いと感じることはあまりないといえます。 めっちゃWiFiに限らず他の2社についても同じなのですが、クラウドWiFiを使っているためときどき通信が切れてしまうことがあるようです。 海外利用で比較 「どんなときもWiFi」「限界突破WiFi」「めっちゃWiFi」の3社に共通しているメリットは、海外にいてもルーターが使用できるところです。 それぞれの使用可能な国と地域・海外で使うときの速度、1日ごとの料金などについてみていきます。 どんなときもWiFi 限界突破WiFi めっちゃWiFi 海外利用 131カ国に対応 107カ国に対応 100カ国以上に対応 海外料金 非課税 1,280円~1,880円/日 380円~/日 850円~1,250円/日 海外での速度• 1日1GBまで高速通信• その後384Kbps 不明 1日1GBまでは高速通信 どんなときもWiFi 「どんなときもWiFi」では、同じモバイルルーターをそのまま海外でも使用することができるサービスをおこなっています。 利用できる国は131カ国で、LTEでの高速通信は1日で1GBまで使えます。 それ以降は低速384Kbpsで利用できます。 どんなときもWiFiの海外プランには2種類があります。 1つがアジア・オセアニア・ヨーロッパ・北米地域の利用エリア1です、もう1つが中東・南米・アフリカ地域で使える利用エリア2です。 利用エリア1の料金は1日あたり1,280円 非課税 、利用エリア2の料金は1日あたり1,880円 非課税 です。 また、海外での利用で気になるのが現地での盗難です。 どんなときもWiFiでは、別途海外保証保険には入る必要がありません。 盗難だけでなく紛失してしまったときでも、端末保証付きですので安心して使えます。 限界突破WiFi 「限界突破WiFi」は海外の107カ国で利用でき、近くはアジア諸国から遠くはアフリカ諸国や南アメリカ諸国までと多くエリアをカバーしています。 料金は1日利用で最も安いのが、中国・香港・台湾・韓国・マレーシア・ ベトナム・インドネシア・タイなどのアジア諸国での利用です。 1日300MBまでのプラン以外に、7日間で1GBのプランや30日で30GBのプランがありますので、 短期滞在から長期旅行・滞在までカバーできるところがポイントです。 また、国ごとに判別するプラン以外に、アジア周遊やヨーロッパ周遊、グローバル周遊など様々な国と地域を組み合わせて使えるお得なプランもあります。 このように、限界突破WiFiは海外で使うときの料金プランがとても豊富で、選択肢が多いところがメリットといえるでしょう。 めっちゃWiFi 「めっちゃWiFi」も普段つかっているモバイルルーターをそのまま海外でも利用できます。 めっちゃWiFiが使える国は世界100カ国以上の国と地域で、今後もどんどん増えていく予定です。 どの国で使っても、高速通信は1日で1GBまで使うことができ、これ以上を使うときには通信速度が制限されますが、データ量は無制限で利用できます。 データ量がリセットされるのは、日本時間でAM9:00です。 海外の利用料金は、東南アジアの17カ国は1日で850円 非課税 で、それ以外の国は1日で1,250円 非課税 です。 なお、東南アジアの17カ国は、バングラデシュ、カンボジア、中国、香港、インド、インドネシアマカオ、マレーシア、ミャンマー、モンゴル、フィリピン、シンガポール、韓国、台湾、タイ、ラオス、ベトナムの国々です。 契約期間と解約金で比較 ここではWiFiルーターを契約する前に知っておきたい、契約期間と期間内に解約したときの違約金について解説していきます。 なお、金額はすべて税抜きで表記しています。 3社の違いを比較し、購入するときの判断材料にしましょう。 どんなときもWiFi 限界突破WiFi めっちゃWiFi 契約期間 2年間 2年間 2年間 解約金 税抜• 0~12カ月目:19,000円• 13~24カ月目:14,000円• 25カ月目:なし• 26カ月目~:9,500円• 0~24カ月目:18,000円• 25カ月目~:5,000円• 0~24カ月目:9,800円• 25カ月目~:なし どんなときもWiFi 「どんなときもWiFi」の最低利用期間 契約期間 は、契約から2年間です。 最初の2年間のすぐ後に契約更新月が設けられていて、この時期に継続しないと意思表示して契約解除をすると違約金がかかりません。 それ以外の月に契約を解除すると解約手数料 違約金 がかかってしまいます。 詳しくは次のリストを参照ください。 利用期間が0~12カ月目:解約手数料 19,000円• 利用期間が13~24カ月目:解約手数料 4,000円• 利用期間が25カ月目:解約手数料 0円• 利用期間が26カ月目~:解約手数料 9,500円 なお、契約は最初の2年間が過ぎると、自分で解約手続きをしない限り自動更新されます。 限界突破WiFi 「限界突破WiFi」では最低利用期間が2年間で、最初の契約期間がすぎると12カ月ごとの自動更新になります。 限界突破WiFiの契約を解除するときかかる違約金は、次の通りです。 利用期間が0~24カ月目:解約手数料 18,000円• 更新月の3カ月:解約手数料 0円• 利用期間が25カ月目~:解約手数料 5,000円 このように契約期間の途中であれば更新月以外は違約金がかかります。 そして他社と比較すると最初の24カ月までに解約したときの違約金が高いという特徴があります。 契約更新の月がわからずに解約をしてしまうと損をする可能性があるので、注意が必要です。 めっちゃWiFi 「めっちゃWiFi」の最低利用期間は、他の2社と同じく2年間です。 2年間が経過する前に契約解除をすると、違約金が発生します。 利用期間が0~24カ月目:解約手数料 9,800円• 利用期間が25カ月目~:解約手数料 0円 このようにめっちゃWiFiは解約に関する決まりがとてもシンプルでわかりやすい特徴があります。 最初の2年間がすぎれば、いつ解約をしても違約金は一切かかりません。 支払い方法で比較 「どんなときもWiFi」「限界突破WiFi」「めっちゃWiFi」のそれぞれの料金の支払い方法について紹介します。 クレジットカードや口座振替など、どの方法があるのかどうかを比較し、自分が使いやすいサービスを選ぶようにしましょう。 どんなときもWiFi 限界突破WiFi めっちゃWiFi• クレジットカード• 口座振替 法人のみ請求書払いも可能• クレジットカード• 口座振替 X-mobileショップから申込みした場合 クレジットカード どんなときもWiFi 「どんなときもWiFi」の支払方法についてみていきます。 どんなときもWiFiでは、クレジットカードの他に口座振替でも毎月の支払いができます。 登録できるクレジットカードはVISA、Master、JCB、American Express、Dinersです。 また口座振替には毎月200円 税抜 の手数料がかかります。 そして法人限定で請求書払い 銀行振り込み・後払い も可能です。 これはどんなときもWiFiのみが実施していて、毎月300円 税抜 の手数料がかかります。 限界突破WiFi 「限界突破WiFi」の支払方法は、インターネットから申込む場合クレジットカードのみとなっています。 またX-mobileのショップから申し込みをする場合には、口座振替も可能です。 近くにX-mobileショップがない場合には、インターネット申し込みになりますので、自動的に支払方法がクレジットカードに限定されます。 もし、口座振替を希望する場合は他社も検討する必要があります。 めっちゃWiFi 「めっちゃWiFi」で可能な毎月の支払方法はクレジットカードのみとなっています。 登録可能なクレジットカードはAmerican Express、Diners、JCB、VISA、Masterです。 もし、クレジットカードがないという場合は他社のプランにするか、他のモバイルプランも検討してみましょう。 どんなときもWiFiはどんな人におすすめか どんなときもWiFiに興味があるけれども、他社と比較してもなかなか決められないという人もいるのではないでしょうか。 同タイプのモバイルWiFiを比較してきましたが、 どんなときもWiFiの最大のメリットは、データ容量が無制限という点です。 また大手3大キャリアの回線を場所によって自動で切り替えてくれる仕組みですので、「とにかく広い範囲でネットワークがつながるとよい」と考える人におすすめの会社です。 さらに毎月の料金も手頃ですので、2年間の最低利用期間があってもとにかく安く使いたい、という人にもピッタリといえるでしょう。 しかし、料金については端末を使用し続けると約2年以降は端末と回線の陳腐化が出てきます。 また近年の激しいネットワークの開発競争により世界的に5Gが普及する見通しですので、さらによいプランや端末が発売されることも予測できますので、購入するときには慎重に検討しましょう。 どんなときもWiFi 限界突破WiFi めっちゃWiFi 月額 税抜• クレジットカード:3,480円• 口座振替:3,980円 24カ月 、4,410円 25カ月~ 3,500円 利用開始月は日割り 3,480円 速度• 下り最大150Mbps• 上り最大50Mbps• 下り最大150Mbps• 上り最大50Mbps• 下り最大150Mbps• 上り最大50Mbps 海外利用 131カ国に対応 107カ国に対応 100カ国以上に対応 海外料金 非課税 1,280円~1,880円/日 380円~/日 850円~1,250円/日 海外での速度• 1日1GBまで高速通信• その後384Kbps 不明 1日1GBまでは高速通信 契約期間 2年間 2年間 2年間 解約金 税抜• 0~12カ月目:19,000円• 13~24カ月目:14,000円• 25カ月目:なし• 26カ月目~:9,500円• 0~24カ月目:18,000円• 25カ月目~:5,000円• 0~24カ月目:9,800円• 25カ月目~:なし 支払い方法• クレジットカード• 口座振替 法人のみ請求書払いも可能• クレジットカード• 口座振替 X-mobileショップから申込みした場合 クレジットカード 契約前にどんなときもWiFiと他社のサービスを比較しよう 今回はどんなときもWiFi・限界突破WiFi・めっちゃWiFiの3社を比較し、それぞれのプランの特徴や料金・契約期間と違約金、海外での利用プランなどについて解説してきました。 これらのクラウド型のSIM技術を使っているモバイルWiFiのインターネット通信は、2019年にスタートし大変話題になりました。 今まで海外に行くときには、別途レンタルルーターを契約して使っていたという人にとって大変画期的なプランといえます。 どんなときもWiFiは、従来のモバイルルーターとは違い、大手3社の高速通信回線をすべて使えます。 キャリアの垣根を超えて、より広い範囲で通信ができるところが魅力です。 契約する前には、どんなときもWiFiが自分の使い方に合っているかどうかをチェックしてみましょう。 この記事を見てどんなときもWiFiに興味を持った方はこちらのもご覧ください。

次の