豆腐ステーキ カロリー。 木綿豆腐

ダイエット向き食材?豆腐のカロリーや糖質と炭水化物

豆腐ステーキ カロリー

豆腐の3つのダイエット効果 まず初めに、豆腐がもつ3つのダイエット効果についてお伝えしていきます。 豆腐はカロリーと糖質が低くてヘルシーな食べ物です。 しかし、それだけではなく食べると代謝が良くなることから、脂肪が燃焼されやすくもなります。 ヘルシーだから食べれば痩せると思っているだけでは、正しいやり方でダイエットが行えません。 そこで、ここからはその豆腐がもつダイエット効果について、詳しくお伝えしていきます。 豆腐のダイエット効果がわかれば、食べるタイミングや量などがわかってくるはずです。 脂肪の吸収を抑える 豆腐は脂肪の吸収を抑える成分が含まれているので、太りにくくなります。 白米やパンのように糖質が含まれている食べ物は、たべると血糖値が上がります。 血糖値が上がるとインスリンというホルモンが分泌されますが、同時に脂肪も作り出してしまうのです。 しかし、豆腐に含まれる大豆サポニンという成分は、インスリンが脂肪をつくる働きを抑えてくれます。 そうすると脂肪が増えなくなるので、痩せやすい体になります。 代謝が良くなる 豆腐をたべると代謝が良くなるので、脂肪が燃焼されやすくなります。 特に唐揚げなどの油ものを食べたときの代謝が上がります。 豆腐は大豆レシチンという成分が含まれていて、油ものに含まれている脂質の代謝をあげてくれるのです。 そのため、カロリーの高い油が脂肪になりづらくなります。 生理前の食欲が抑えられる 女性は生理前に食欲が増して、ダイエット中なのに食べすぎてしまうことがあります。 これは女性ホルモンのバランスが崩れてしまうことが原因です。 豆腐は大豆イソフラボンという女性ホルモンに似た働きをする成分があります。 大豆イソフラボンは女性ホルモンのバランスを整えてくれるので、生理前に食欲が増すことを防いでくれるのです。 豆腐ダイエットで痩せる人・痩せない人の特徴と口コミ 豆腐はヘルシーなだけではなく、ダイエットに効果的な成分が含まれています。 しかし、これだけのダイエット効果を持ちながら、豆腐をたべても痩せない人がいるのも事実です。 ここでは、豆腐ダイエットで痩せる人、痩せない人のそれぞれの特徴を口コミをお伝えしていきます。 それぞれの人がなぜ成功したのか、失敗したのかをパーソナルトレーナーという専門的な立場から解説もしていくので、どういった人が豆腐ダイエットに成功するのかみていきましょう。 豆腐ダイエットで痩せる人の特徴 豆腐ダイエットで痩せる人は、1日に1食分だけを豆腐にしている特徴があります。 それ以外の2食は食べすぎず、いつもよりもカロリーを抑えた食事をしているようです。 痩せている理由は、全体的なカロリーが抑えられて適度に食事もとれているからです。 つまり、健康的な食生活を送れているのです。 それでは、実際に豆腐ダイエットに成功した人の口コミを見てみましょう。 もともと朝と夜はあまり食べないとのことで、一番たべる量が多いお昼を豆腐に置き換えたのではないかと考えられます。 そうすることで1日のカロリーが抑えられ、痩せられたのです。 豆腐ダイエットで痩せない人の特徴 豆腐ダイエットで痩せない人は3食を豆腐だけにする、夜ご飯を豆腐にして他は好きなものをたべる、など極端な食事をしている特徴があります。 3食全てを豆腐にすると、カロリーが抑えられるので一見すると痩せるような気がします。 しかし、あまりにも極端な食事は代謝を下げて、痩せにくい体になってしまうのです。 では、実際に豆腐ダイエットに失敗してしまった人の口コミを見てみましょう。 — くらやみ少女 sapporosnowy223 この方は1日2食という極端なダイエットで失敗してしまったと考えられます。 極端なダイエットは代謝が下がって痩せなくなることに加えて、ストレスがたまってしまいます。 その証拠として、この方はスターバックスに行ってリバウンドしてしまったそうです。 このことから豆腐ダイエットは、豆腐だけを食べたり食事を極端に減らしたりすると痩せないことがわかります。 豆腐ダイエットのやり方のポイント ここからは豆腐ダイエットのやり方をご紹介していきますが、その前にいくつかのポイントを確認しておきましょう。 ポイントを確認することで、豆腐ダイエットのやり方がわかりやすくなるからです。 ここでは次の2つのポイントをお伝えしていきます。 ポイント• 豆腐の種類は木綿豆腐にする• 豆腐を1日に300g食べる 豆腐はカロリーが低くてダイエット効果もあるたべものですが、食べる種類と量に気をつけなければ太りやすくなってしまいます。 それでは、詳しく見ていきましょう。 豆腐の種類は木綿豆腐にする 豆腐は木綿豆腐を選ぶようにしましょう 豆腐の栄養 100g 木綿豆腐 絹豆腐 カロリー 72Kcal カロリー 56Kcal 糖質 0. 7g 糖質 0. 9g 脂質 4. 2g 脂質 3. 0g タンパク質 6. 6g タンパク質 4. 9g 他にも絹ごし豆腐や高野豆腐などがありますが、栄養やカロリー面でみると木綿豆腐がもっとも痩せやすいからです。 絹ごし豆腐はほとんどが水分で、せっかくの豆腐のダイエット効果が薄れてしまいます。 高野豆腐はカロリーが高いので、食べすぎると太る原因になります。 そこで、木綿豆腐であれば栄養が凝縮されていてカロリーも100gあたり72Kcalしかないので、安心してたべることができます。 豆腐を1日に300g食べる 豆腐は1日に300g 1パック 食べるようにしましょう。 木綿豆腐は1パック食べても約200Kcalしかないので、太る心配がありません。 むしろ、カロリーを抑えたいからといって、300gよりも量を減らすのはかえって痩せにくくなります。 以上の2つが、豆腐ダイエットのやり方で気をつけると良いポイントです。 次の章で実際のやり方を見ていきましょう。 絶対に痩せる豆腐ダイエットの正しいやり方 豆腐をたべても痩せない人は、3食を豆腐にするなど極端な食事をしていました。 もし豆腐ダイエットを成功させたいなら、夜ご飯を豆腐に置き換えるだけで簡単に体重が減ります。 なぜなら、夜ご飯が1日の中でもっとも太りやすい時間だからです。 だからといって、ただ夜ご飯を豆腐にするだけでは痩せることはできません。 そこで、ここからは豆腐ダイエットの正しいやり方をご紹介していきます。 正しいやり方• 朝ごはんは白米とサラダにおかず1品を食べる• お昼ご飯のカロリーは500Kcalまでにする• 間食はタンパク質が多いたべものを食べる• 夜ご飯を豆腐に置き換える 1日を通してどんな食事をするとよいのかがわかるので、まずは1週間行ってみましょう! 朝ごはんは白米とサラダにおかず1品を食べる 豆腐ダイエットを行うときは、朝ごはんを必ず食べるようにしましょう。 朝ごはんを食べないとお昼以降に食べた物が脂肪になりやすいからです。 朝ごはんでは白米とおかずを食べる前に、サラダを先に食べることをおすすめします。 サラダを先にたべておくと血糖値が上がりにくくなるので、脂肪の吸収を抑えることができるからです。 そして、白米は茶碗一杯あたり150gなので、少し減らして100gにしてください。 おかずは特に気にせず1品までにしてカロリーを抑えましょう。 お昼ご飯のカロリーは500Kcalまでにする 昼食はたべるものを制限せずに、500Kcalを上限にして食べるようにしましょう。 豆腐ダイエットでは朝と夜の食事はカロリーを抑えるので、昼食でカロリーを低くしすぎるとかえって痩せづらくなるからです。 食べるものを制限すると、ストレスが溜まって豆腐ダイエットが続けられなくなる可能性もあります。 500Kcalの中で収まるように好きなものを食べて、豆腐ダイエットを続けられるようにしましょう。 500Kcal以下の食べ物 そば パスタ 牛丼ミニ 海鮮丼 オムライス 間食はタンパク質が多いたべものを食べる お腹が空いて夜までに我慢ができない人は間食をしましょう。 間食ではタンパク質の多いたべものがおすすめです。 タンパク質は栄養の中でもっとも太りにくいからです。 下記の表におすすめの食べ物をまとめましたので、間食をするときの参考にしてください。 おすすめの間食 サラダチキン 1つまで ゆで卵 2つまで ナッツ 30gまで プロテインバー 1本まで ヨーグルト 1つまで 夜ご飯を豆腐に置き換える 朝と昼ごはんは豆腐をたべずに、夜の食事を豆腐に置き換えましょう。 夜は食事のあと寝るだけなので、食べたものが脂肪になりやすい時間帯です。 豆腐に置き換えてカロリーを抑えれば、脂肪が増えません。 ここまでのやり方を守ると1日のカロリーが1200〜1400Kcalに収まるはずです。 そうすれば1ヶ月で-5Kgも決して難しくないはずです! 作り方• 豆腐の水切りをして、食べやすい大きさに切れ目を入れる。 大きめの器に移し、ラップをかけます。 重石を乗せて20分ほど置く。 もやしと小ねぎを洗い、水気を切る。 小ねぎは5mm~1cmの幅に刻んでおく。 小ねぎともやしを入れて中火で炒める。 豆腐の水気を捨てる。 フライパンに豆腐・醤油・顆粒だし・料理酒を加える。 火を強めて、全体を混ぜ合わせながら煮詰めるように炒める。 汁気が3分の1くらいまで減ったら火を止める。 かつおぶしを加え、混ぜ合わせたら完成。 豆腐を使ったデザート 豆腐ヨーグルトアイス 材料 用量 プレーンヨーグルト 400g 絹ごし豆腐 300g ブルーベリージャム お好みのジャムで可 70g 出典: 作り方• 豆腐と砂糖をミキサーなどで、滑らかになるまで混ぜる。 豆腐ダイエットにおすすめの商品 ここでは豆腐ダイエットをする際に、おすすめの商品をご紹介します。 特に豆腐は同じ食べ方だと飽きやすく、継続できないことが考えられます。 レシピ本があれば色々な食べ方ができるので、豆腐ダイエットがさらに成功しやすくなります。 ダイエット向きの豆腐などもご紹介するので見ていきましょう。 太子食品 北の大豆 箱入り娘 こちらのメーカーの豆腐は大豆イソフラボンが多く含まれている大豆を使用しています。 そのため、生理中の食欲を抑えることが期待できます。 Amazon価格:300円.

次の

豆腐ステーキ|ヘルシオレシピ|ウォーターオーブンヘルシオ:シャープ

豆腐ステーキ カロリー

その他の栄養素 165. 2g 3. 2g 0. 2g 1. 1mg 7. 3mg 2. 4mg 2. 0mg 0. 5mg 11. 1g アミノ酸 12779mg 分岐鎖アミノ酸 2117mg イソロイシン 561mg ロイシン 968mg リシン 800mg メチオニン 161mg シスチン 168mg フェニルアラニン 658mg チロシン 463mg トレオニン 499mg トリプトファン 162mg バリン 587mg ヒスチジン 331mg アルギニン 1045mg アラニン 540mg アスパラギン酸 1491mg グルタミン酸 2450mg グリシン 535mg プロリン 680mg 調理油 2. 2g 12. 8g 4. 35g 6. 15g 0. 91g 5. 24g 中鎖脂肪酸 0. 00g オクタン酸 0mg デカン酸 0mg ラウリン酸 3mg 1. 9g 0. 9g 利用可能炭水化物(単糖当量) 4. 1g でん粉 0. 5g ぶどう糖 1. 2g 果糖 1. 0g ガラクトース 0. 0g 麦芽糖 0. 0g 乳糖 0. 0g 有機酸 0. 4g 酢酸 10mg リンゴ酸 0mg クエン酸 310mg 硝酸イオン 0. 0g 関連料理.

次の

豆腐ステーキ|ヘルシオレシピ|ウォーターオーブンヘルシオ:シャープ

豆腐ステーキ カロリー

種類別:豆腐のカロリー比較 早速ですが豆腐の カロリーや糖質、炭水化物の含有量を見ていきましょう。 こちらでは一般的に売られている4種類の豆腐についてご紹介していきます。 栄養成分名 単位 木綿豆腐 絹ごし豆腐 ソフト豆腐 充填豆腐 カロリー kcal 216 168 177 177 kj 907. 2 705. 6 743. 4 743. 4 タンパク質 g 19. 8 14. 7 15. 3 15 脂質 12. 6 9 9. 9 9. 3 炭水化物 4. 8 9 6 7. 5 食物繊維 1. 2 0. 9 1. 2 0. 9 糖質 3. 6 8. 1 4. 8 6. 6 全て1丁 300g でのカロリーと含有量を表示しています。 食物繊維も項目に入れさせていただきましたが、 糖質は炭水化物から食物繊維を除いた質量となるため参考に載せさせていただきました。 カロリーとしては多いような気がするかもしれませんが、最も多い木綿豆腐1丁分でも ご飯1杯分が250kcal程度であることを考えると少なくなっています。 また 炭水化物が55. 65g、糖質も55. 2gのご飯からしてみれば圧倒的に少なくなっています。 つまりご飯の代わりに豆腐を置き換えて食べる豆腐ダイエットは効果が期待できると言うことになります。 詳しい ダイエット方法が気になった方はこちらの関連ページに方法など載っていますのでそちらで確認してみてください。 その特徴などは後述の各豆腐の説明で 簡単に解説させていただきますが、詳しく知りたい方は各豆腐の関連ページをご覧ください。 そのため固いしっかりとした食感の豆腐となっています。 圧縮されているため豆腐の 栄養分が凝縮されおり、他の豆腐より1丁分の栄養素が多くなっているのが特徴です。 その分だけカロリーも高めになっていますが、濃厚な大豆の味を楽しめます。 カロリーが高いので一見ダイエットには向かないような気がしますが、 必要なタンパク質や脂質を効率よく取れるため、少ない量で多くの栄養素を摂れるとしてダイエットに使える豆腐となっています。 木綿豆腐と違い圧搾成型していないので、水分が多くカロリー4種類の中で最も少なくなっています。 その分 栄養素としても4種の中では一番少なくなっていますが、糖質は多めなのでほのかな甘みが楽しめる豆腐となっています。 カロリーは少ないものの、豆腐の中では同じ量で最も栄養素が少ない豆腐となるので効率は悪いかもしれません。 ただ量を食べて 満腹感を得たいと言う方は、絹ごし豆腐を食べるとたくさん食べても栄養の過剰摂取ということにはならないのでいいかもしれません。 ダイエットに向いているかと言われれば難しいところですが、量を食べたい方、あるいは 他の料理も一緒に食べたい方はカロリー少なめの絹ごし豆腐をおすすめします。 圧搾していないため、 水分は木綿豆腐より多く、カロリーは少なめとなっています。 ただ炭水化物や糖質はそのまま残っており、木綿豆腐よりやや甘みを感じるのが特徴です。 ダイエットにはやや向かない印象がありますが、 木綿豆腐に次ぐタンパク質と脂質を含む豆腐になります。 木綿豆腐の濃厚な味や固い食感が苦手という方はソフト豆腐をダイエットの食事に取りいれてもいいでしょう。 その代り 食べる量が木綿豆腐より増えるので調理の仕方など工夫する必要があります。 凝固剤を入れた豆乳を枠に入れて成型せず、 保存する容器に直接充填し、密閉加熱を行うと言う特徴があります。 そのため生菌がほとんどおらず、封さえ開けなければ 10カ月はもつと言う保存に優れた豆腐になります。 カロリーなどはソフト豆腐とほとんど変わりません。 ただ水分も一緒に密閉しているので製造時に ビタミン類が流れ出ることがなく、他の豆腐より多く含んでいるのが特徴でもあります。 ビタミン類の不足は体のいたるところに不調を及ぼします。 ダイエットをする際、これを気にされる方は充填豆腐を食事に取りいれるといいかもしれません。 そこで 豆腐の取り入れ方として一般的な豆腐料理に注目してみましょう。 各料理をベースにおおよそのカロリーをご紹介して行きますので、ダイエットに取りいれるときの参考にしてみてください。 冷奴のカロリー 冷奴は豆腐をそのままいただいているので、カロリーは 使った豆腐のカロリーそのままと考えていただいてもいいです。 一般的にはほのかな甘みで味が主張しない絹ごし豆腐を使うことが多いので、調味料のカロリーを加味しても 1丁使って177kcal程度になります。 絹ごし豆腐はその味わいから冷奴に様々なアレンジが加えられるので、ある程度は飽きずに食べられます。 大豆の濃厚な味わいが好きな方は木綿豆腐で作っていただいてもいいのですが、主張が強いのでシンプルな味付けしかできないのが玉に瑕です。 想定カロリーは230kcal程度となっているので、 ややカロリーが上がるのも気になるところです。 湯豆腐のカロリー 湯豆腐は1食あたり 1人分で112kcal程度となっています。 こちらも様々な味付けでいただきやすい絹ごし豆腐を使うことが多く、湯豆腐自体は昆布などで出汁をとるためカロリーが少なめになっています。 また熱しているので型崩れすることもあまりありません。 木綿豆腐で行うこともできますが、やはり 味が濃いのとカロリーが136kcal程度と高めになってしまうので、絹ごし豆腐で作ることをおすすめします。 木綿豆腐で作ったとして カロリーは61kcalとなっています。 木綿豆腐は水分が少ないため揚げるという調理にあっており、味も染みやすいため美味しくいただけるためおすすめです。 絹ごし豆腐も水切りさえすれば多少は水分を抑えられますが、やはり木綿豆腐には敵わず、 型崩れもしやすいので注意が必要です。 焼き豆腐のカロリー 焼き豆腐もやはり固さがあり、水分が少ない木綿豆腐がおすすめです。 1丁分作ったとすれば264kcalと高めになりますが、味噌など同じ大豆製品の味付けが良く合います。 こちらも絹ごし豆腐では水分が多くやわらかいため調理に向きません。 ただ木綿豆腐でもカロリーが高めなので美味しいからと言って 食べすぎには注意が必要です。 麻婆豆腐のカロリー 豆腐が使われる中華料理の代表格とも言える麻婆豆腐ですが、やはり油を多用するだけあり、また 味付けが濃いこともあってカロリーは高めです。 絹ごし豆腐で作ったとしても373kcalとそれほど変わりません。 これは調味料やその他の食材のカロリーが高いためです。 また絹ごし豆腐だと水切りをしても水分が多いため、全体的に水っぽくなってしまうので調理の時には注意が必要です。 味が染みて美味しくいただくのであれば木綿豆腐をおすすめします。 豆腐ハンバーグのカロリー ダイエット料理としてよく名が挙がる豆腐ハンバーグですが、こちらも意外と曲者です。 ただ普通のハンバーグなら489kcalとなるため半分程度には抑えられています。 こちらも水分が多い絹ごし豆腐ではハンバーグに成型した際、あるいは焼く過程で崩れてしまう可能性があるので注意です。 しっかりとした歯ごたえを得るためにも木綿豆腐で作った方がいいでしょう。 がんもどきのカロリー 最後に豆腐から作られるがんもどきです。 これ単体でいけば 100gで228kcalとなります。 こちらも水分が少なく固めの木綿豆腐が原料として使われています。 そのためカロリーもやや高めです。 がんもどきはそのまま食べることは少なく、煮物などになることが多いと思います。 その他の材料を加えて 245g分作った場合、カロリーは284kcalになります。 多いと思われがちですが、245gも野菜などと一緒に食べられる煮物は、おかずとしては かなりのボリュームでヘルシーな料理と言えます。

次の