株式 会社 フェズ。 大学1・2年生歓迎|人事×データ分析で採用マーケティングを極めよう!

大学1・2年生歓迎|人事×データ分析で採用マーケティングを極めよう!

株式 会社 フェズ

Facebook Facebook、Inc. 初版 2004年2月4日 (16年前) ( 2004-02-04) 多言語 に登録されている文字に依存 サポート状況 開発中 種別 公式サイト 現在 運営中 Facebook, Inc. 194 billion 2016 従業員数 23,165人 2017年6月 子会社 Oculus VR ウェブサイト 3位 種類 登録 任意 全公開されている投稿は登録無しで閲覧可能。 公開範囲を決められた投稿の閲覧、記事の投稿、評価、シェア、コメント、メッセージのやりとりなどソーシャル・ネットワーキング・サービスとして利用する為には登録が必要。 ユーザー数 20億7000万月間アクティブユーザー Facebook(フェイスブック、略称:FB)は、に本社を置くFacebook, Inc. が運営する世界最大の(SNS)である。 Facebook, Inc. はアメリカ合衆国の主要な企業であり、 、 の一つで、Facebookのほかや、を提供している。 Facebookという名前は、の一部のが学生間の交流を促すために入学した年に提供している本の通称である「 ()」に由来している。 概説 [ ] 2004年にと、ザッカーバーグののルームメイトまたは同級生だったが創業。 その後、、などが加わった。 当初は、会員はハーバード大学のドメインのメールアドレスを持つ学生に限定されていたが、地域の大学、の大学、へと対象が拡大されていった。 徐々にさまざまな大学の学生も対象に加わり、やがて高校生にも開放され、最終的には13歳以上のすべての人に開放された。 現在のFacebookでは、ユーザー登録時に13歳以上であることを宣言すれば誰でも会員になれる。 サイトの利用前に必要なユーザー登録を行うと、個人プロファイルの作成、ほかのユーザーをフレンドに追加、メッセージの交換、プロファイル更新時の自動通知の受信を行うことができる。 加えて、ユーザーは共通の関心を持つユーザーグループへ参加することができるようになる。 ユーザーグループは、会社、学校・大学、ほかの属性で分類されている。 また、フレンドを「職場の同僚」「親しい友人」といったリストに入れて分類することができる。 2005年5月に、は1,270万ドルをFacebookに投資し、は個人資金から100万ドルをAccel Partnersの投資資金に追加した。 2009年1月のによる調査は、ワールドワイドな月間アクティブユーザー数によるランキングで、Facebookをもっとも利用されているソーシャル・ネットワーキング・サービスにランクした。 は、過去10年間の"ベスト"リストにFacebookを選び、「Facebookが存在する前の世界は、どうやって元カノにこっそりつきまとったり、会社の同僚の誕生日を忘れないようにしたり、友人をむかつかせたり、みたいな熱狂的なゲームをプレイしていたんだろう?」と述べている。 当初は学生のみに限定していたが、以降は一般にも開放された。 日本語版は2008年に公開。 登録制となっており、の登録も必要となっている。 公開後、急速にユーザー数を増やし、2010年にサイトのアクセス数がを抜き話題になる。 2011年9月、世界中に8億人のユーザーを持つ世界最大のSNSになった。 2012年10月、10億人を突破。 2012年9月、Facebookのアクティブユーザー数は10億人を超えた。 そのうち8. 2011年5月のの調査によると、サービスの利用規約に違反する13歳未満の子供のユーザーが750万人、10歳未満の子供のユーザーが501万人いる。 2012年において、Facebookは180バイトのデータを持ち、24時間毎に0. 5ペタバイトのデータが増加している。 2012年2月1日にFacebookは最初の株式公開を行い、に本部を移転した。 Facebookは、2012年5月18日から市場で株式の売却を開始した。 2012年の売り上げ51億ドルによって、Facebookは2013年5月に発行されたで462位にランクされ、初めてフォーチュン500に選ばれた。 2012年、を受賞。 月間利用17億1,200万人(同社子会社インスタグラムは月間5億人)を数える。 アイコン カスタマイズ性の点においては、基本的にのみに対応しているが、に対応していたり、自分の好きな(アプリ)を選択して追加できたりするなど、最新の技術に対応している。 これらアプリケーションは、Facebookが開発したものよりも、一般のユーザーが開発したものが多い。 一般ユーザがさまざまなアプリケーションを開発し、Facebookのツールとして公開できることで、Facebookはそれ自身が持ち備えている性能を超えてを提供することができる。 また、端末にも対応しており、やなどでは専用が用意され、やに搭載されたでアクセスすると、専用画面でサービスを提供している。 iPhone、iPadなどのiOS搭載端末や、Android用のアプリも別途用意されている。 Facebook社は、インスタグラムが象徴的なように、短期の利益よりも投資を優先し、利益計上を今のところはしない。 けれどもグーグルと並んで「世界最大の広告企業」であることは間違いない。 トラフィックの点で、月間約250億(2019年5月)の訪問を有するFacebookは、同770億のグーグルと世界全体のトラフィックの2大巨人である。 当然この莫大なトラフィックは広告収入に直結している。 売却や・などさまざまな募集を出せる「Facebook Marketplace」、ほかのユーザーに直接メッセージを送ることのできる機能もある。 また、やのアップロード(Facebook Video)にも対応している。 容量はない。 604ピクセルを超える写真に関しては、長辺が604ピクセルになるよう縮小される。 Facebook内の専用ページや外部サイトでの購買活動と連動して、自分の友人が何を買ったか、どのやを高評価したかなどの形で広告が出る「Social Ads」もある。 歴史 [ ] 創業者の の学生だったはハッキングをして得た女子学生の身分証明写真をインターネット上に公開し、公開した女子学生の顔を比べて勝ち抜き投票させる「フェイスマッシュ」というゲームを考案した。 これは大学内で問題になり、ザッカーバーグはハーバード大学の半年間の保護観察処分を受けるに至った。 2004年、ザッカーバーグはハーバード大学の学生が交流を図るための「Thefacebook」というサービスを開始した(本人の登録制)。 その数日後、や、などの学生からの「同じようなサイトが欲しい」との要望に応え、いわゆるの学生にも開放した。 その後、徐々に全米の学生に開放され、学生生活に欠かせないツールとなった。 大学のメールアドレス(. eduドメイン)を所有する大学生のみに参加が限られていたが、2006年初頭には全米のに開放し、2006年9月までには一般に開放され、有効なメールアドレスさえあれば世界中の誰もが利用できるようになった。 2004年4月、正式にフロリダ州に として登録。 パートナーは、ザッカーバーグ、モスコヴィッツ、サベリンの3人。 顧問のにより、最初に採用されたエンジニアとしてが働く。 しかし、数週間で時代の友達と「ビデオサイトを作る」と言って辞めようとする。 マット・コーラーには、「一生、後悔するぞ。 フェイスブックはすぐに大きい会社になるんだ。 ビデオサイトなんて掃いて捨てる程あるじゃないか」と説得されるも聞かず、ビデオサイト()を作るために去る。 ケビン・エフルシーがザッカーバーグに、運営に関する知識が極めて豊富な者が必要と、を推薦する。 彼はをに売却し悠々自適な身で、何週間かはコンサルティングに応じるつもりだったが、ザッカーバーグとFacebookの虜になり、フルタイムの社員となることで会社の信用が上がった。 ジェフ・ロスチャイルド曰く「私は、連中がデートサイトを作っていると思った。 しかし、彼らのビジョンを理解すると、今までのサイトとはまったく別物だった。 大学内限定で友達との情報を交換するもっとも効果的なチャンネルを作ろうとしている」としている。 2006年9月5日、「News Feed」と「Mini Feed」機能を開始。 2007年10月24日、が広告に関する独占的契約、およびとのシステム統合を含み、Facebookに2億4,000万(約264億円)ドルを出資し、同社の株式1. 6%を取得した。 MicrosoftはFacebookの時価総額を150億ドル(約1兆6,500億円)と評価している。 ちなみにGoogleは、米とともに米と広告を契約中(3年契約、9億ドル約990億円)。 MicrosoftがYahoo! 買収にあたって提示した金額は446億ドル(約4兆9,060億円)であり、FacebookはYahoo! の3分の1の市場価値があると見られている(2008年4月)。 2007年10月31日、GoogleがAPIを公開。 、、、、、、、、らが参加。 2008年1月25日、Facebook" Client Library"を公開したことにより、SNS業界にとどまらず、IT業界全体にSNSのオープン化に拍車をかける。 アプリケーションの総数は約1万7,000。 毎日、約140のアプリケーションが追加されている。 2008年5月9日、MySpaceがパートナーとして、Yahoo! 、、、と提携。 2008年5月10日、を発表。 2008年5月12日、Googleがを発表。 2008年5月15日、Facebookが、GoogleのFriend Connectに対し、Facebookのプライバシー標準を満たさないものとして接続を拒否する。 2008年5月19日、マーク・ザッカーバーグが来日し講演。 その場で日本語版が一般公開された。 2009年、先行していたを追い抜き、世界最大規模のSNSサイトとなった。 2009年9月3日、およびとのシステム統合に際し、を採用したと発表。 2009年11月9日、「Microsoft SDK for Facebook Platform」をリリースした。 2010年7月22日、アクティブユーザが、全世界で5億ユーザを突破と発表。 2010年9月24日、Facebook創設への経緯を描いた映画「」が公開される。 日本では2011年1月15日公開。 2011年9月9日、を用いた機械翻訳機能が搭載された。 2011年12月19日、本社をのスタンフォード研究公園からの跡地に移した。 2012年5月18日、市場にて。 2020年5月6日、の初期メンバー(委員)20人が発表された。 機能 [ ] ソーシャル・ネットワーキングを行う基本的な機能のほかに、以下のような特徴的な機能を持っている。 この節のが望まれています。 Facebook Connect [ ] Facebook Connectは外部サイトの希望するページにFacebookとのリンク情報を加えることで、Facebookでの認証を実行してFacebookのソーシャルネットワークと関連づけることが可能になる機能である。 また、こういった外部サイトでFacebookユーザーが行うことも、Facebookへはアクティビティ情報として反映される。 Facebookページ [ ] Facebook内には著名人や企業が作成できる「Facebookページ」があり、広告したりファンを集めたりすることができる。 元は「ファンページ」という名称だった。 スマートリスト [ ] 登録した人を自動的に分類する。 歴史 [ ] 2010年2月、アメリカ以外では初となる海外法人「Facebook Japan株式会社」を日本(東京都)に設立。 代表には出身の児玉太郎が就任(役職はカントリー・グロース・マネージャー)。 設立当初はにオフィスを置いていたが、2013年2月、に移転している。 日本国内の利用者数は2010年12月で約308万人。 2011年9月末に1,000万人を超えた。 2012年に大きく報道され、日本発のSNSよりも人気が高くなったことが多くのメディアで報道され始めた。 時点で2,500万人と、決して低調ではない。 フェイスブック・インコーポレイテッドは日本国内で「Facebook」(称呼はフェースブック)をに、「フェースブック」と「顔本」(呼称はカオホン、ガンホン、ガンポン)をに商標出願した。 日本がFacebook後進地域であったのは当初日本語のサービスが極端に少なかったこと、英語版のレイアウトを日本語版がリアルタイムで反映しなかったことなどの問題点が、即急には直らないことが挙げられた。 こうした点から、世界の潮流とはまったくかけ離れたところでFacebookへのネガティブな記事の投稿が 日本だけ目立っている。 末時点で、日本のアクティブユーザーは2,600万人。 買収したも3,300万人のアクティブユーザーがいる。 国際的展開 [ ] 初頭の時点で全世界のユーザー数は18億人を超えている。 日本 [ ] 5月、日本語化されたを公開。 これは運営側が翻訳を行ったわけではなく、ボランティア利用者がの翻訳アプリケーションを使っての無償作業の成果であった。 5月19日、のがで記者会見を開き、翻訳に関わったすべての利用者に感謝を示した。 同日夜にはFacebookの開発者向けイベント「Facebook Developer Garage Tokyo」が東京で開催された。 Facebookが進出した当時の日本は、、などの既存SNSやに押されて普及が進まず、 「Facebook後進国」とも呼ばれていた。 (創業者、経営学部非常勤講師、大学院情報学環客員研究員)は、これらの要因として、「日本人と海外との人間関係の数」がそもそも少ないこと、既存がユーザーを押さえていること、「グローバルなネットワークというメリットがにとって弱い」ことを挙げている。 前田はさらに、Facebookのアカウントは実名と本人の顔写真、実社会でのプロフィールの登録が義務づけられているが、「それらを誇れる人にとっては有効なのですが、コンプレックスを感じる人にとっては見えない壁を感じる」と指摘している。 さらに「英語でのコミュニケーションができなければ、メインとなるネットワークの中にまったく入っていけません」とも指摘していた。 中華人民共和国 [ ] (香港特別行政区、マカオ特別行政区を除く)では、によってFacebookへの接続規制がされており 、類似サービスのが多くのユーザを集めている。 2011年2月時点のFacebook利用者は70万人となっている。 2018年にFacebookは中華人民共和国に子会社を設立したものの、政府は承認を撤回した。 中華民国(台湾) [ ] アジア圏では中華人民共和国や日本ではなく、台湾がほとんどのユーザーを獲得するなど勢いが非常に強い。 インド [ ] 6月現在のユーザー数が約1億2,500万人で、ユーザー数はアメリカに次ぐ世界2位である。 チュニジア [ ] Facebookと「 jan25」のの使用を呼びかけるプラカードを掲げるエジプトのデモ参加者。 (2011年2月1日撮影) 2010年から2011年にかけてで発生したでは、情報交換のためにFacebookが大きな役割を果たしている。 また、ではと呼ばれるグループが大規模やを呼びかけた。 は辞任に追い込まれたことから、「フェイスブック革命」と評価した者もいた。 一方では、Facebookは実名(より、広く通用している、などであればも可能にはなったものの、これは連絡先が容易に特定できる有名人に限定されている )登録制なので、政府の追及から逃れるためで登録した活動家に実名を要求し 、あるいは実名公開を余儀なくされた活動家が当局に逮捕されるなど、活動に水を差す事態も起こった。 こうした制約から、実際の運動では従来のやが主力であり、Facebookやだけが「デモを組織したわけではない」という指摘もされている。 セキュリティやプライバシーの問題 [ ] 詳細は「」を参照 Facebookのセキュリティの脆弱性はたびたび指摘されている。 2011年になって常時接続を導入した が、依然としてなどのモバイル端末にとってはもっとも深刻な脅威を招くサイトと考えられている。 タイムラインは2011年9月23日に発表された機能である。 当初は、2011年10月から開始する予定だった。 しかし9月29日、プライバシー保護団体の米電子プライバシー情報センター(EPIC)が、タイムラインにはプライバシー上の問題があるとして、米連邦取引委員会(FTC)に対して調査要請を提出した。 また、2009年12月にはFacebookがプライバシーポリシーを変更した。 これにより、個人情報が利用者に無断でサードパーティーに提供されたことに対して、EPICほかのプライバシー擁護団体や個人が、FTCにFacebookを提訴した。 この結果、2011年11月29日、「セキュリティやプライバシーに関して誤解を招く表現を使わないこと」「プライバシー設定の変更は、利用者が明示的に承諾するオプトイン方式を採用すること」で両者は和解した。 タイムラインがはらむリスクを回避するには、 プライバシー設定を見直す必要がある。 そのほか、の一つである「誕生日」(旧「マイカレンダー」)について、ひとたび入会してしまうと(設定を書き換えない限り)知らず知らずに友達に「誕生日に入りませんか」という勧誘を送り続けてしまう点 や、におけるFacebookアプリが、iPhoneに登録されている連絡先をFacebookへ勝手に登録し、Facebookはその登録先に対して、2週間ごとに勝手に「招待メール」を送付してしまう などの問題も存在する。 2013年6月、加入者の個人情報が等により運用されている大量監視プログラムにより、アメリカのに提供されていたことがやよって報道される。 2013年6月27日、Android用の公式アプリが無断で端末の電話番号を送信していたことがの解析により判明する。 これに対して、Facebookは事実を認め、電話番号を収集・送信したのはプログラムのであると弁明した。 収集した電話番号は削除したとされるが、第三者による確認は取れていない。 2013年12月からの新機能として、他ユーザーの画面で、アドレスや住所などを「リクエスト」するボタンを押下すると、当該ユーザー側にはその可否を問う小画面が表示されるという「情報授受」の仕組みが採用された。 しかしその小画面内には、「開示先(=情報を欲しがっているリクエスト元の人)」の名前ボタンの横に「友達」というボタンも表示される。 リクエストを求められた当該ユーザーが、誤ってこの「友達」を押してしまうと、リクエストした元のユーザーのみならず、すべての「友達」に対して、当該個人情報が公開されてしまう。 、社に勤める男性が、漫画家・がFacebookで公開したイラストに「いいね」をしたとされるユーザーを人種差別主義者として糾弾。 氏名や居住地、出身校、勤務先を、Facebook上の情報からリスト化して公開した。 それらの住所に嫌がらせをほのめかす書き込みがネット上に相次ぎ、問題となった。 、利用者の携帯電話から音声を収集・分析しのために使用しているとの疑惑に否定的な公式コメントを発表。 2018年3月の流出 [ ] 2018年3月に個人情報の流出が報道され、2018年4月4日にそれが約8,700万人であったと発表した。 Facebookの約8,700万人に及ぶユーザー情報流出問題が議会から問題視され、ザッカーバーグが司法委員会 および米連邦政府下院エネルギーおよび商業対策委員会のに召喚された。 2018年6月の広告主への個人情報の特別提供 [ ] 2018年付の電子版が、Facebookが広告主であるなど数社に対し、利用者の友人やおよび関係の親密度の分析結果などの個人情報を、特別に提供していたと報じた。 これについて日産は、Facebookと連携している同社のシステム変更を実施した際、変更が完了するまで閲覧可能になっていたと説明した。 2018年9月の流出 [ ] 2018年9月28日に個人情報が流出していたことを発表。 2018年9月28日の流出 流出内容 対象人数• 連絡先情報(電話番号、メールアドレス、あるいはその両方など、プロフィールに登録されているもの)• ユニークURLのためのユーザーネーム• 言語設定• 交際ステータス• 出身地• 自己申告による居住地• 誕生日• Facebookにアクセスする際に使用したデバイスの種類• チェックインもしくはタグ付けされた直近の10のロケーション• ウェブサイト• フォローしている人やページ• 15の直近の検索情報 約1400万人• 連絡先情報(電話番号、メールアドレス、あるいはその両方など、プロフィールに登録されているもの) 約1500万人 アクセストークは盗まれたが、個人情報にはアクセスされなかった 約100万人 2018年10月の流出 [ ] 2018年10月6日に、25万人の個人情報が流出していると報道された。 パスワード平文保存問題 [ ] 2019年3月21日に、2019年1月の社内調査で発見した利用者数億人分のパスワードが暗号化処理を経ずに社内に保存されていた問題を発表。 適切な暗号化処理が行われずに保存されていたのは、Facebook利用者数千万人、Fecebook Lite利用者数億人、Instagram利用者数万人分のパスワードである。 Facebookによると、通常はパスワードを判読不可能にする技術を用いてパスワードを自社システム内に保存しているが、一部の利用者のパスワードは判読可能な形式のまま保存されていた。 これらのパスワードは社外に閲覧される状態ではなかったとし、社内でも不正使用・不正アクセスが行われたことは確認できていないとしている。 この問題は発覚から発表までに修正された。 2019年4月18日、3月に公開したFacebook、Instagram、Facebook Liteの数億人分のパスワードを可読な状態(平文)で社内に保存していたという発表文を更新し、当初は「数万人分」としていたInstagramのパスワードの数を「数百万人分」に修正した。 アクセスログでは約2,000人がプレーンテキストのパスワードを含むデータに、約900万回のクエリを実行していた。 150万人分のメールパスワードを収集 [ ] 2019年4月、2016年5月からユーザー150万人分の連絡先情報、メールパスワードを収集していたことを認めた。 人権・検閲問題 [ ] 検閲措置 [ ] 2016年9月9日、ベトナム戦争(Vietnam War)での写真( 作「戦争の恐怖」)に対して自社サイト上で行っていた検閲措置を撤回した。 検閲措置に対しては多数の人々から批判が集まっていた。 ノルウェー人作家のトム・エーゲラン(Tom Egeland)氏が戦争写真に関する投稿で、この写真を使用したことで始まった。 Facebookは同氏の投稿をただちに削除。 これに反発した人々が次々と同じ写真を投稿したが、Facebook側はその度に投稿を削除し続けた。 ノルウェーの(Erna Solberg)首相もこの写真を投稿したが、その数時間後に削除された。 その後の声明で、「児童ポルノに該当するものだ」としたうえで、今回の写真については重要性を認め検閲の撤回を決めたと説明したが謝罪には至らなかった。 花嫁オークション問題 [ ] 南スーダンで暮らす少女がFacebook上で花嫁としてオークションにかけられ、その後、11月3日に結婚させられていたと報道され問題となった。 オークションが行われた投稿は10月25日に投稿され、その後Facebookは2週間以上経過した11月9日に投稿を削除したが、その時点ですでに少女は結婚させられていた。 関連項目 [ ]• SEC Filings. Facebook 2017年1月28日. 2017年2月3日閲覧。 Facebook. 2017年11月18日閲覧。 2016年12月22日閲覧。 Facebook 2017年6月30日. 2017年11月18日閲覧。 2018年12月27日閲覧。 2018年12月27日閲覧。 2018年12月27日閲覧。 2018年12月27日閲覧。 2018年12月27日閲覧。 2018年12月21日, 15:21 2018年12月27日閲覧。 Eldon, Eric 2008年12月18日. VentureBeat San Francisco. 2008年12月19日閲覧。 Carlson, Nicholas 2010年3月5日. Business Insider. Facebook. 2011年11月22日閲覧。 CNBC. 2012年5月22日. Kazeniac, Andy 2009年2月9日. Compete Pulse blog. 2009年2月17日閲覧。 Geier, Thom; Jensen, Jeff; Jordan, Tina; Lyons, Margaret; Markovitz, Adam; et al. 2009年12月11日. Facebook• ITmedia news 2011年9月26日. 2011年9月26日閲覧。 ITmedia news 2012年10月4日. 2012年10月4日閲覧。 The Wall Street Journal New York. 2012年10月4日. 2012年10月4日閲覧。 2012年8月4日閲覧。 ConsumerReports. org. 2011年5月10日. 2011年5月15日閲覧。 Sharwood, Simon 2012年11月9日. The Register. 2013年8月8日閲覧。 Securities and Exchange Commission 2013年2月1日. 2013年2月1日閲覧。 The Times of India. Associated Press. 2012年5月14日. の2012年5月14日時点におけるアーカイブ。 USA Today. 2013年5月6日. 2013年5月19日閲覧。 The Webby Awards. 2017年11月15日閲覧。 著書:The Accidental Billionaires• blogos. com 2011年1月22日. 2019年12月9日閲覧。 Schubarth, Cromwell. American City Business Journals. 2011年12月20日. 「」『』、2020年5月13日。 2020年5月26日閲覧。 奥平和行「」『』、2020年5月7日。 2020年5月26日閲覧。 佐藤由紀子「」『 NEWS』、2020年5月7日。 2020年5月26日閲覧。 - CNET News. com 日本語版• 2013年3月28日. 2018年2月25日閲覧。 「AERA」2011年2月7日号、朝日新聞社、22ページ• 、2011年9月29日発表• ローンチ戦略プロデューサー 田邊佑介の日記. 2016年1月4日. 2016年12月12日閲覧。 2016年6月22日. 2016年12月12日閲覧。 ミライFAN. 2016年12月12日閲覧。 blog. comnico. 2019年12月8日閲覧。 、webcache. googleusercontent. comからのアーカイブ、2017年2月15日 09:10:04 UTC閲覧。 CNET JAPAN 2008年5月19日 2010-8-16閲覧• TechWave 2010年4月27日(2010-8-16閲覧)• TechCrunch (2010-8-16閲覧)• : p. 2011年2月2日. 2016年12月12日閲覧。 : p. 2011年2月2日. 2016年12月12日閲覧。 オンライン編集部• TechCrunch Josh Constine• チョ・ドンウォン 2011年 レイバーネット日本• 2011年• www. afpbb. com 2013年6月7日. 2019年9月10日時点のよりアーカイブ。 2019年9月10日閲覧。 「」『Reuters』、2013年6月7日。 2019年9月10日閲覧。 の2019-09-10時点におけるアーカイブ。 「同紙によると、NSAなどがサーバーにアクセスしている企業は、グーグルやフェイスブックのほか、マイクロソフト MSFT. O 、アップル AAPL. O 、ヤフーYHOO. O、パルトーク、AOLAOL. N、スカイプ、ユーチューブの9社。 収集されているデータには、音声や動画、文書、接続ログも含まれるという。 GIGAZINE 2013年6月7日. 2019年4月16日時点のよりアーカイブ。 2019年9月10日閲覧。 Greenwald, Glenn; MacAskill, Ewen 2013年6月7日. The Guardian. 2019年9月10日閲覧。 日本語. 2015年11月5日. Keith Martin 2015年11月3日. Keith Martin. 2015年11月4日閲覧。 "" 2016年6月7日閲覧。 www. afpbb. com. 2018年12月6日閲覧。 It media 2018年4月11日. 2018年4月15日閲覧。 It media 2018年4月12日. 2018年4月15日閲覧。 産経新聞 2018年6月9日• 産経新聞 2018年6月12日• WIRED. 2018年12月6日閲覧。 Inc, mediagene 2018年10月16日. www. gizmodo. 2018年12月6日閲覧。 日本経済新聞. 2019年3月22日. 2019年3月30日閲覧。 毎日新聞. 2019年3月22日. 2019年3月30日閲覧。 2019年3月30日閲覧。 2019年4月19日閲覧。 2019年4月19日閲覧。 GIGAZINE. 2018年12月6日閲覧。 Ehrenkranz, Melanie. Gizmodo. 2018年12月6日閲覧。 Lomas, Natasha. TechCrunch Japan. 2018年12月6日閲覧。 Russell, Jon. TechCrunch Japan. 2018年12月6日閲覧。 GIGAZINE. 2018年12月6日閲覧。 ITmedia NEWS. 2018年12月6日閲覧。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 にはFacebookのプロパティである , , があります。 ( )• 公式サイト:• facebookjapan -• (英語)• (英語)• 100• 101• 銘柄入替日時点でのウェイト順• 緑字は2020年5月12日入替銘柄• 27 ()• 28 ()• 32 ()• 34 ()• 35 ()• 41 ()• 44 ()• 47 ()• 51 ()• 52 ()• 55 ()• 60 ()• 61 ()• 62 ()• 63 ()• 64 ()• 66 ()• 67 ()• 69 ()• 70 ()• 71 ()• 72 ()• 73 ()• 74 ()• 80 ()• 82 ()• 84 ()• 85 ()• 86 ()• 87 ()• 88 ()• 89 ()• 93 ()• 100• 101 ()• 102• 103• 銘柄入替日時点でのウェイト順• 緑字は2020年6月22日入替銘柄• 100. 万科企業.

次の

Facebook

株式 会社 フェズ

入社のきっかけは、フェズの設立登記に関わったことでした。 まだ事務所がない状態の頃から会議に参加するなど、少しずつお手伝いみたいな感じで業務に関わっていたんです。 その後「本格的に会社を運営させていこう」となったとき、バックオフィス担当がいないという問題に直面。 そこでもともとやっていた司法書士業務の傍らお手伝いすることになりました。 そんな二足のわらじを履きながら感じたのは、司法書士と企業との距離をもっと詰められないかということ。 実は司法書士の仕事自体は決定事項の最終手続きが中心。 私としてはもっと会社に入り込みたかったんですね。 もちろん法人のお客様からは「先生」と頼られる。 だから、この距離を詰めたら新しいサービスが生まれるんじゃないかと。 ちょうどフェズはIPOを目指して高速で成長しようとしています。 立ち上げから株式公開まで最速で経験できる会社はここしかないだろうなと思いました。 つまりそれだけ学びも多く、かつ頼られることも多い。 それは私にとって得がたい経験になると思い、思い切って本格的にジョインすることを決めました。 採用から一歩踏み込んだ領域へ 私は、ゴチャゴチャしているものをキレイに整えていくのが好きなんです。 フェズでは、人事、広報、労務など複数の業務をかけもちしています。 その中でもメインとなるのは人事の仕事。 採用情報の掲出から応募管理、面接・選考、入社後の手続きまで一連の流れ全てに携わっています。 一番手応えを感じるのは、自分が採用した人たちの成長をそばで見続けられること。 そして人事とはいえ採用だけでなく、個の教育や事業創りにまで踏み込んだ取り組みができていること。 逆に大変だなと思うところは「1人1人の強い個性をどれだけ理解できるか」ということ。 社員全員の強みや弱みを理解して、どこの組織に配属したらより相乗効果を生むだろうか。 また組織も人も成長していけるだろうかと考えなければいけません。 人事を経験するまでは、そのような目線を持っていなかったので、今後特に注力していきたいポイントですね。 あとは、スタートアップあるあるですが(笑)細かく煩雑な業務も多いので、効率よく仕事をするためにHRテックツールを使いこなしていきたいです。 面接では「把握、行動、改善」のサイクルをいかに速いスピードで回せるかをチェックしています。 学生でも社会人でもそういった経験をお持ちの人は積極的に採用していますね。 たくさんの個性が集結したときに、それをどうまとめて強い組織にしていくのか考えることも人事の仕事。 向いていく方向性を社員全員で統一して、行動に落とし込む。 それをどこまで拡大できるのかというのが私のビジョンでありミッションですね。 それがとても楽しいです。 大変ですけどね(笑)。 でも仕事もプライベートも完璧にこなすって無理じゃないですか。 何の仕事をどの程度のクオリティで求められているのか考えて仕事に取り組む。 近い将来、今の仕事にプラスして子育てが入ってきたらますます時間が足りなくなります。 家族との時間をしっかり作るためにも、線引きは必要かなと。 3年後にはフェズもきっとIPO直前。 その頃までには人事労務含めてバックオフィスにどこまでテックを導入できるかということを実践・検証しておきたいです。 ツールで解決できる所と、リアルじゃないとダメな所があると思うので。 それを踏まえた上で新しいサービスやプロダクトをつくるのか、はたまたそういう働き方ができる人をマッチングさせるのか…何らかの新しい価値提供ができる人間になっていたい、という思いがありますね。

次の

「サラリーマンは会社・投資家から搾取されている」という真実を証明しよう。

株式 会社 フェズ

デジタルな手法と現場の知見を融合し、人と商品の新たな出会いを作る。 株式会社フェズが展開する「リテイルテック」は、他社にない発想で小売業界の可能性を広げています。 高校時代までは野球に打ち込み、地元の強豪校に所属して春の甲子園センバツ大会に出場した異色の経歴の持ち主でもあります。 そのキャリアから生まれた事業と会社、そして小売業界の未来へ向けた熱い思いについて、お話をうかがいました。 店内を素通りしようとするお客さんの「感情」を変える 貴社が展開する「リテイルテック」とは、どのような技術を指すのでしょうか。 店内のサイネージやウェブ広告などを活用し、消費者が持つ情緒的な部分にクリエイティブの力で訴えかけていく方法を「リテイルテック」と呼んでいます。 商品を手にしたお客さんがどのような感情で物を買うのかということを突き詰めて考え、購買に結びつけることで小売業に貢献していくという考え方です。 消費者が持つ情緒的な部分? はい。 例えば、ドラッグストアに行ったときのことをイメージしてみてください。 日頃から「ダイエットしたいな」と思っていても、店に入った目的が「洗剤を買うこと」だったら、ダイエットにまつわる商品には目が行きませんよね。 店舗側からすると、そうした機会損失は非常にもったいない。 しかしサイネージを使えば、素通りしようとするお客さんに「目の前にある商品がダイエットに役立つ」ことを伝えることができます。 「売れ筋ランキング」など店内に表示する情報を工夫して何を買えばいいのかを示唆し、お客さんの感情を変えるということにも取り組んでいます。 さらにその前段階では、ウェブ広告などによる集客とも連動させています。 確かにドラッグストアへ行くときには、「何を買うか」という目的が明確になっていることが多いですね。 店内にはさまざまな商品があるので、ふと別の目的を思い出しても、何を買えばいいのかすぐには分からないこともあります。 とは言え、「面白い」と感じるだけでは購買までつながりません。 「痩せたい」「肌をきれいにしたい」といった潜在的に持っている悩みを結び付けなければいけない。 単純にシャンプーの CM映像を店内で見ただけで「買いたい」とはなりませんよね。 「消費者の潜在的な悩みに訴えかけるメッセージをクリエイティブによって表現する」ことが重要です。 地域経済の活性化から世界展開までをサポート こうした新しい手法を展開する必要があると考えるようになった背景は? 率直に言って日本の小売業は弱体化し続けています。 人口が減少し競争過多になっていく中で、新しい投資もできずに苦しんでいる企業が多い。 海外ではメジャーになってきた無人店舗などの開発も日本は遅れていますよね。 こうした状況を、従来の広告やクリエイティブだけで解決するのは難しいと思っています。 無人店舗でも、消費者の感情を動かして購買行動に変えるような技術が必要だということですか? いえ、実は僕はそこまで考えていなくて。 日本の小売業の役割として、最も重要なのは「地域の活性化」だと思うんです。 お客さんと店員さんが話をしてコミュニケーションを図る。 そうした地域密着型のビジネスであることに小売業の意味があります。 日本の小売業にある程度、無人店舗が広がっていったとしても、主力となるのはやはり、人を雇ってビジネスを展開していくスタイルでしょう。 特に地方は、小売業から人が消えると経済が成り立ちません。 雇用を創出して、より多くの商品を買ってもらえる状態にし、地域経済を回してコミュニケーションを活性化する。 そうした世界を、デジタルを軸にして実現したいと考えています。 独自開発されているアプリ「SCAPPY」も印象的ですね。 バーコードをスキャンするだけで、日本語で書かれた商品説明を翻訳できるとうかがいました。 日本の商品は、インバウンドを含め海外の方に非常に興味を持たれています。 しかし商品説明が日本語のみであることが多く、「どんな商品で、どんな用途に使えるのか」がなかなか伝わりません。 SCAPPYを使えば、アプリをダウンロードしバーコードを読み取るだけで、その人の言語に合わせて商品説明が表示されます。 この機能によって日本の商品をさらに広め、リピート購入にもつなげていきたいと考えています。 小売業が海外展開を図る上でも心強い武器となりそうです。 海外の店舗では、商品説明をするスタッフが現地の人であるケースも多いです。 お客さんだけでなくスタッフにも、SCAPPYを使うことで商品理解を深めてもらえると思います。 現在はタイ語のみに対応していますが、将来的にはより幅広くアップデートしていけるでしょう。 遡ると、高校時代は甲子園に出場した経験もあるそうですね。 小学校4年生のときに、後の母校が春のセンバツでベスト4になったんです。 それを見て感動し、「自分もこのチームに入って甲子園へ行きたい」と思うようになったのですが、その高校は県内でも有数の進学校。 「野球をするため」に必死で勉強しました。 入学後は1学年で約40人の部員がいるという環境の中で、レギュラーになるために猛練習。 そうした「努力をして結果を得る」という過程を経験したことは、今のビジネスにも大いに生かされています。 自社商品の販促企画を考えたり、ときには店員さんと一緒に売り場へ出たりと、泥臭い営業をしていましたね。 そうこうするうちに、入社4年目でGoogleからヘッドハンティングされて。 ちなみに当時、すでにITの知見もお持ちだったのですか? いえ、まったくありませんでした。 GoogleでITの未来や可能性を知ったんです。 「自分も新しい世界を作れるかもしれない」と感じて、起業への思いを持つきっかけとなりましたね。 世界的大手の2社で、リアルな現場とITによる課題解決を経験してきた強みは大きいですよね。 そうですね。 ITに詳しくても、小売業の「各論」まで分かっている人はそんなにはいないと思います。 マーケティングや広告のやり方を探るために、例えば大手コンビニのトップだって、たまには自分でレジ打ちをするわけですよ。 でも「オムニチャネルがどうだ」とか言っている IT系の経営者で、小売りの現場に入ったことがある人はほとんどいない。 フェズでは僕も含めて、とにかくみんな現場に行くし、売り場で起きていることをしっかり観察しています。 これは自分たちの強みだと思っています。 「エンジニアリング」や「マーケティング」も語れるクリエイターに 組織作りにおいては、どのようなことを工夫していますか? メンバーそれぞれに、「5年後、10年後に自分が何をしたいか」を語ってもらい、そこに対して会社がどんなポジションを提供できるかを考えています。 今はやりたいことが見つからないという人にも、ふわっとでもいいから、夢や目標を掲げてもらう。 例えば「将来は中国で居酒屋を経営したい」と話すメンバーもいます。 思いを明確にして走ったほうが良い結果を出せるし、そこに向けた軌道修正もしやすくなりますから。 そのためにはコミュニケーションを密にして会話を続けていく必要がありますよね。 マネジメント上の負担は決して小さくはないと思いますが。 フェズという会社を形作るためには必要なことですし、この規模ならまだまだできます。 さらに組織が大きくなっていたときにも続けていけるかどうかは、これからの課題ですね。 ちなみに、こうした風土を大切にしてきた結果、うちは創業からこれまで離職者ゼロなんです。 せっかくリスクを取ってベンチャーに入社しているんだから、みんなには遠い将来の理想を常にイメージしてもらいたいし、それを一緒に実現していけるような会社であり続けたいと思っています。 今後の事業拡大に向けては、どんな人材が欲しいと考えていますか? 「ディレクションができる人」ですね。 クリエイティブの面でも、マネジメントの面でも。 「お客さんの感情を動かすために新しいフォーマットを作ろう」とか、「マーケティングの考え方をもとにして新たな提案を形にしよう」といったことを考え、人を巻き込んで実践できる人材が欲しいです。 ただ、最初からすべての要素を求める必要はないと思っています。 例えばデザイナーの知見があれば、マーケティングの知識は後からいくらでも身につけることができる。 デザインの知識が6だとすれば、エンジニアリングを1くらいかじって、さらにマーケティングの考え方を3身につけて、10にしていくイメージです。 「技術やマーケティングのことも語れるクリエイター」になれれば強いですよね。 そうですね。 エンジニアリングとマーケティングはうちで鍛えられるので、ぜひ興味を持って向かってきてほしいです。 現在活躍しているインターン生も、半年間マーケティングを勉強し、それをベースにエンジニアとしての技術を身につけています。 「学べる環境」であることには自信を持っています。 ありがとうございます。 最後に、ぜひ今後の展望を教えてください。 今はいろいろなテストを繰り返しているフェーズです。 今期中には実証実験をすべて終わらせて、来期から一気にスケール(拡大)させていきたいと思っています。 事業展開はさまざまな方向へ進化していくかもしれませんが、すべてリテイルテックの考え方に紐付いたものになるはずです。 2019年にはいろいろな場面でフェズの名前を轟かられるよう、頑張っていきたいと思います。 取材日:2018年3月28日 ライター:多田慎介.

次の