センシング サイネージ。 サーモセンサーサイネージ

【PR】デジタルサイネージにつながるセンサー大集合!

センシング サイネージ

サイネージリブーター(RPC-M4HSi) サイネージでは、プレイヤーとなるセットトップボックス(STB)はOSまでは正常だが、アプリケーションレベルでフリーズしている場合があり、この場合はPINGによる死活監視ではフリーズを検出することができない。 サイネージリブーターでは、ハートビート監視機能と独自のソフトウェア「MRC HB Ver2. 0」を連携させることで、サイネージのアプリケーションレベルまで対応したフリーズ自動検出&自動復旧が可能になる。 MRC HB Ver2. 0は、独自CPU解析アルゴリズムによってメディア再生ソフトを監視、動画再生の停止を検知し、ハートビートパケット送信を停止させることで、一連の復旧動作を行わせることができる。 復旧動作については、STBを安全にシャットダウンさせてからの電源リブート、電源オンのタイミングでWake on LANを実行でき、自動的にSTBを再起動できる。 ディスプレイ側は、ディスプレイの電源をオフにし、STBの起動、動画再生が始まった後にオンにすることができる。 このようにして、フリーズによる不具合画面を見せないようにしつつ、動画再生可能な状態へ復旧できる。 また、STBの起動段階でフリーズした場合も同様に、自動的にリブートを行うことで復旧できる。 このほか、サイネージの運用時やメンテナンス時に活用できる機能として、指定時間に電源のオン/オフなどが行えるスケジュール制御や、汎用スイッチを取り付けられる接点入力も装備する。

次の

デジタルサイネージで映画を上映できますか?

センシング サイネージ

2019年12月12日 OOH領域におけるオーディエンス・メジャメント手法およびデータ仕様の標準化を目指して活動するための「OOHオーディエンス・メジャメント標準化検討WG(仮称)」の設置します。 背景:• 広告主やOOH設置事業者の双方よりOOHのアカウンタビリティ(メディア価値や費用対効果、など)の向上がますます求められるようになってきている• 既に海外の主要国においては標準化されたOOHオーディエンスデータが提供されており、メジャメント手法やデータ提供方法が確立されている• 近年、様々な手法を活用したOOHオーディエンスデータが個別に提供されるようになってきているため、マーケットの混乱を避けるためにデータの客観性や信頼性を担保する標準化ニーズが高まっている 「OOHオーディエンス・メジャメント標準化検討WG(仮称)」の目的:• OOHオーディエンス・メジャメント手法およびデータ仕様の標準化を推進することにより、OOHメディア価値の透明性・客観性・信頼性を高め、マーケットの拡大に寄与する• 検討範囲は、デジタル・アナログ、広告・販促などを問わず、広くOOHメディア全体を対象とする。 ただし、これらは異なる評価要素も予想されるので、ガイドラインは必ずしも一つではないことが考えられる 「OOHオーディエンス・メジャメント標準化検討WG(仮称)」の活動内容:• 国内外の事例研究・技術研究• PoCの実施• ガイドラインの策定• 啓蒙活動 「OOHオーディエンス・メジャメント標準化検討WG(仮称)」の運営方法:• WGメンバーはDSC正会員より任意参加の形をとる• DSC正会員以外もオブザーバとして陪席可能とする• 参加申込は別途DSC会員向けのメーリングリストをご確認ください。 2019年6月14日 一般社団法人デジタルサイネージコンソーシアム(東京都港区)は、近年利活用が増えてきたデジタルサイネージにおける各種センサー利用と、 それに伴う生活者のプライバシー保護の観点から、デジタルサイネージでセンサーを用いるにあたって遵守すべき事項をまとめた を制定しました。 本ガイドラインの策定にあたっては、経済産業省、総務省およびIoT推進コンソーシアムによる「カメラ画像利活用ガイドブックver2. 0」(平成30年3月30日公表)を参考として、当ガイドブックで対象としているカメラ画像に加え、 その他のセンシングデータ(音声・静脈データ等)をデジタルサイネージで利活用するシーンを想定し、配慮事項や適用ケースをまとめています。 また、センサーを利活用することで生活者にとって価値の高い情報を提供するセンシングサイネージであることを示すとともに、センシングデータの適切な運用を行っていることを示すシンボルマークを策定しました。 本ガイドラインに準拠したセンシングサイネージを設置運用する際には使用することができます。 使用は届出制となっておりますので、をご確認下さい。 本ガイドラインは、センシングサイネージ導入・運用時に際する推奨であり、デジタルサイネージ事業者に強制するものではありません。

次の

一般社団法人デジタルサイネージコンソーシアム

センシング サイネージ

場所はJR新宿駅の西口の地下1階で、JRの新宿西口改札口の真上である。 どう見てもこの場所だとJRの媒体にしか見えないが、小田急の媒体である。 その理由を聞いたところで何のメリットもないし、媒体価値的な視点でもこの場所はご覧のように非常に強力な、インパクトのある場所なのであって、それがJRの媒体なのか小田急の媒体なのかは広告主の立場でも意味を持たないし、生活者、通行人目線でもやはり意味はない。 媒体価値が高いという事実があるのみである。 真横から見るとこんな感じ。 そしてもう一つ気になるのはこれである。 前述したように、「IPカメラによりお客さまの属性や流動等の計測機能」を実装しているようである。 上の写真の下部に写っているカメラはおそらく既存の防犯カメラではないかと思う。 どこかにカメラがあって、 小田急のプレスリリースには以下のように記載されている。 従来の単純な広告映像の露出に加え、新たに「天気や気温などの環境情報、広告主の商品販売状況など在庫情報データに基づいた最適な広告表現を可能とする機能」等を搭載しているほか、順次「IPカメラによるお客様の属性や流動等を計測する機能」も備える予定です。 これによりお客さまへ提供すべき情報をリアルタイムに発信することや、広告の内容がどのような方々に届いているかを分析することが可能となります。 さらに媒体を説明している小田急のWEBにはこう書かれている。 本媒体は動画・静止画の再生だけでなく「その時その場所に則した動的な広告」の放映(天気、気温、販売・空席状況等の刻々と変化する外部情報に基づいたコンテンツ再生)を行い、「その時その場所に則した動的な広告の放映」が可能となります。 また、TVでは視聴率、インターネットではインプレッション等媒体を購入する上での指標があるのに比べ、当社の交通広告では目に見えるデータを示すことができませんでした。 その状況を解決すべく本媒体にはサーキュレーション計測システムを組込み、日・時間毎の通行人数、性別、移動する方向等の情報を精査することで、将来的には「実際にこの広告はこのような人々に届いている」という目に見えるデータの提供を目指します。 媒体社として何が出来るかを考え、広告主様が実施したい事を可能な限りストレスなく叶えることを念頭に検討して参りました。 素晴らしいではないか。 これが従来型のOOHにおける大きな課題であり、それらを解決に導くまさにセンシングサイネージそのものである。 こうした媒体が今度どんどん増えることで、的確な情報を伝えること、的確な媒体効果を示すことの両方を実現することができる。 そのためにデジタルサイネージコンソーシアムはしたのである。 このガイドラインでは、センシングサイネージのシンボルマーク(黎デザイン総合計画研究所がデザイン)も策定しているので、ぜひともそちらも活用してもらいたい。 【関連記事】.

次の