吉川 佳佑。 高校教師なのに家が無い⁉今話題のミニマリストをきわめた26歳に話を聴いてきた

吉川 佳佑 プロフィール

吉川 佳佑

自分の持ち物を、ほとんど持たない!無駄を究極に省く、英語教師。 ミニマリストの生活とは? 吉川佳佑さん(26)「ここが僕のベッドですね」 持ち物はバッグひとつ。 シンプルな生き方を追求しています。 吉川さんの持ち物はパソコンや折り畳み傘など、必要最小限のものだけ。 荷物は、バッグ1つに収まります。 外国人旅行者などが寝泊まりするゲストハウスを転々とする生活を送っています。 吉川さん「(生活できるんですか?)よく聞かれるんですけれど、逆にあと何が必要かなって」 徐々に物を捨てていった結果、10か月ほど前、ついに家まで手放しました。 ゲストハウスに泊まる、外国人観光客との会話もお手の物。 外国人観光客「観光するのはどこがいいですか?」 吉川さん「金沢で?」「観光客が好きなのは『ひがし茶屋街』」 ゲストハウスでの生活は、英語の練習になるといいます。 ミニマリスト吉川さんの無駄を省く考え方は授業にも。 プリントは一切使わず、プロジェクターで授業を行います。 この日も、別のゲストハウスへ。 英語の先生になりたいという外国人男性の相談に乗ります。 吉川さん「実は自分は高校の英語教師なんです」 外国人「あなたが?金沢で?」 吉川さん「だから多分、あなたの助けになれるよ」 ミニマリストとして、人と出会う生活が、教育にも生きているといいます。 吉川さん「色んな職業の方とか、色んな国の方としゃべって、色んな生き方や働き方知って、それを生徒たちに伝えるみたいな」「僕は答えを教えるというよりかは、一緒に考えたりとか、ヒントをたくさん与えられる人になりたいなと思っています」 【the SOCIAL lifeより】.

次の

ミレニアル世代の高校教師が語る、「家を持たない」という人生の選択

吉川 佳佑

必要最低限の物しか持たない暮らし。 大量消費の時代は終わりを迎え、これからは「ミニマリズム」な暮らしが当たり前になってきます。 春は心機一転、断捨離をして新しい暮らしに備えたい!でも、すぐに断捨離したりするのは難しいですよね。 また、物をなくしてシンプルに暮らすメリットって何なのでしょう? 〈今回のスペシャルゲスト〉 ・吉川 佳佑 さん あの有名な金沢の「家を持たないミニマリスト高校教師」吉川佳佑さんをお招きし、ミニマリズムの授業をしていただきます!元々は、物をたくさん買っていたという吉川さんに、ミニマリストになって変わってきた暮らしについて伺っていきたいと思います!家賃が高いから家を売ったという衝撃エピソードも。 宿泊施設全体が可動式になっており、車で牽引することが可能。 タイニーハウスを使ったミニマルな暮らしが体験できる空間を提供しつつ、イベントを通して人が繋がる機会を提供しています。 普段は高校で英語教師として働きながら、2年ほど前からモノを持たないミニマリスト的な生活を始め、車やテレビ、500冊の蔵書、洗濯機、冷蔵庫など、少しずつモノを断捨離。 半年前には「旅するように日常を過ごしたい」という思いから、とうとう家まで手放すことに。 現在はゲストハウスで生活しながら自身の経験を生かし、高校や大学、企業での講演活動やイベントを行ったり、数多くのメディアに出演したりしている。 Tinys コミュニティビルダー。 駒澤大学グローバルメディアスタディーズ学部に在学中。 日本からアフリカの人類発祥の地まで「人類起源の旅」をする。 キリマンジャロ山登頂。 自然や異文化、何かをつくることが好き。 旅をしたのち、人間が現代で楽しく生きるためには「冒険」と「創造」が必要不可欠なのでは、という考えに行き着き、現在は「冒険と創造のきっかけ作りの場」としてゲストハウスをつくるために活動中。 先日、実家を出ることになり、バッグ2つのみで生活できるまでに断捨離し、現在は全国のゲストハウスやホステルに泊まり放題になる「ホステルパス」を使った多拠点生活を始め、物を持たない暮らしを実践中。

次の

英語教師のミニマリスト、究極の生活とは?(日本テレビ系(NNN))

吉川 佳佑

自分の持ち物を、ほとんど持たない!無駄を究極に省く、英語教師。 ミニマリストの生活とは? 吉川佳佑さん(26)「ここが僕のベッドですね」 持ち物はバッグひとつ。 シンプルな生き方を追求しています。 吉川さんの持ち物はパソコンや折り畳み傘など、必要最小限のものだけ。 荷物は、バッグ1つに収まります。 外国人旅行者などが寝泊まりするゲストハウスを転々とする生活を送っています。 吉川さん「(生活できるんですか?)よく聞かれるんですけれど、逆にあと何が必要かなって」 徐々に物を捨てていった結果、10か月ほど前、ついに家まで手放しました。 ゲストハウスに泊まる、外国人観光客との会話もお手の物。 外国人観光客「観光するのはどこがいいですか?」 吉川さん「金沢で?」「観光客が好きなのは『ひがし茶屋街』」 ゲストハウスでの生活は、英語の練習になるといいます。 ミニマリスト吉川さんの無駄を省く考え方は授業にも。 プリントは一切使わず、プロジェクターで授業を行います。 この日も、別のゲストハウスへ。 英語の先生になりたいという外国人男性の相談に乗ります。 吉川さん「実は自分は高校の英語教師なんです」 外国人「あなたが?金沢で?」 吉川さん「だから多分、あなたの助けになれるよ」 ミニマリストとして、人と出会う生活が、教育にも生きているといいます。 吉川さん「色んな職業の方とか、色んな国の方としゃべって、色んな生き方や働き方知って、それを生徒たちに伝えるみたいな」「僕は答えを教えるというよりかは、一緒に考えたりとか、ヒントをたくさん与えられる人になりたいなと思っています」 【the SOCIAL lifeより】.

次の