イカ の 塩辛 冷凍。 塩辛を冷凍保存する方法|保存期間や解凍のコツも教えます!

イカの塩辛に寄生虫アニサキスの危険は?

イカ の 塩辛 冷凍

イカの塩辛の保存について 市販のイカの塩辛や自宅で作った塩辛は、どちらも冷蔵庫で保存する方が多いでしょう。 イカの塩辛を一週間程度で食べきるのなら、冷蔵保存で大丈夫です。 しかしそれ以上の期間保存する場合は、冷蔵保存でも熟成が進みます。 酸っぱい味がしたり水っぽくなったりすると、イカの塩辛は傷み始めている状態です。 また他の雑菌が塩辛に入って増殖すると、腐ってしまうこともあります。 塩辛は冷凍保存できますか? 生のイカは冷凍保存が可能です。 イカの塩辛もそのまま冷凍することができます。 自宅でたくさん作った時や市販品を2~3日で食べきれないなと感じたら、早めに冷凍すると便利です。 冷凍することで長期間の保存が可能になります。 小分けにして冷凍すると、好きな時に必要な分だけ利用できます。 冷凍保存したイカの塩辛は、解凍して利用することができます。 <スポンサーリンク>.

次の

イカの塩辛 作り方

イカ の 塩辛 冷凍

冷凍のイカでもワタに十分な塩をふって自然解凍をすれば生臭くはありませんよ。 ミミを取ると自然に体の皮も一直線に取れるのでそこから体全体の皮をめくって取ります。 皮を取ったら包丁を入れて1枚にし横にして3枚に切って、細長く切っていきます。 身とワタを合わせるのはワタが完全に解凍してからです。 ワタに最初塩をふってあるので味付けは、酒少々・醤油・塩少々、砂糖、一味や七味唐辛子は好みで加減して下さい。 塩辛がダメなら 何も捌かずにイカ丸ごと1杯で作る、沖漬けはどうでしょう? 醤油・砂糖・酒の合わせた調味料とイカ丸ごと浸るくらいにしてビニ-ル袋に一緒に入れて 一度冷凍します。 1晩置いて冷凍したまま薄く輪切りにして食べます。 これは、猟師が船の上で作る料理だそうで、我が家でもよく食べます。 因みに刺身用の生のイカでも寄生虫には十分気をつけてくださいね。 先ず、烏賊から引き抜くようにしてワタと下足を取出します。 下足の真ん中に口があり、邪魔になりますから取り除いてください。 ワタから余分な水分と臭みを抜くには、小鉢などに多めの塩を盛って、ワタに傷が入らないように下足の少し下のあたり(烏賊の目のあたり)で切断し、器に取った後は再度盛り塩して一昼夜冷蔵庫で保管します。 下足には吸盤のところに邪魔なかたい部分があるので、流水で良くしごいて洗ってください。 身の方は、縦に包丁を入れて開きます。 塩辛を作る際で支障となるのは、水分です。 下足・身と共に、竹串を刺してタコ糸でぶら下げるか笊などにとって、乾燥させます。 この場合も室内で構いません。 翌日、烏賊はカラカラな状態になるので、身は縦に四等分した後、細かい小口切り、下足は細かいざく切りにしてください。 刻んだ烏賊を密封容器に入れた後、ワタを取り出して包丁で切り目を入れ、ティスプーンなどで中身をそぎ出します。 これを刻んだ烏賊とよく混ぜて、塩を入れて調味します。 冷蔵保管で馴染ませるのに、約1週間程度かかります。 この時も一日に一回必ず塩味を確認しながら、足りなければ足しながら、密封容器の底から充分撹拌してください。 これをしないと表層面から腐敗が始まります。 自分の場合は塩だけが一番好きですが、味噌であったり麹を入れたりと、味付けのレシピは様々あるようです。

次の

イカの塩辛作り

イカ の 塩辛 冷凍

10月以降に旬を迎えるスルメイカは、イカの種類のなかでも特に巨大なわたが特徴です。 このわたを捨てるのは忍びない……と思ったら、ぜひ試してみてほしいのが自家製のイカの塩辛。 なんと、塩辛に使えるわたはスルメイカだけなんだそう。 しかも、「わたを冷蔵庫で1日程度置いて脂を落とす」という裏技で、市販のものとは全然違う、臭みのないうまみたっぷりの塩辛に仕上がるんだとか。 教えてくれるのは、伊勢丹新宿店の魚のプロ、<東信水産>の石戸宏さん。 イカの身の簡単なさばき方も解説しているので、初心者でも安心です! 新鮮なイカの選び方 塩辛は加熱しないだけに、なによりも素材の鮮度が命。 新鮮なイカは見た目で簡単にわかるそう。 「上は店に入荷して数日たったイカ、下が入荷して1日目のイカです。 全然違いますよね。 ピンと全体にハリがあり、色鮮やか、黒目が澄んでいるのが新鮮な証拠です。 ただし、どんなに新鮮なイカでも、生のものはアニサキスという寄生虫がいる恐れがあるため、一度冷凍してから使うとよいでしょう。 スルメイカ…1杯• 塩…適量• 酒…適量• 「胴とわたがくっついている部分に指を入れて、ゆっくりと足を引っ張りながらはがします。 わたの上部についているスミも引っ張って取り除きましょう。 最後に、くちばしの根元に包丁を入れて、胴部分と足部分を切り離します。 足は硬いので塩辛には向きません。 「胴とえんぺらの接続部分に指を入れて、えんぺらを引っ張りながら皮を外していきます。 えんぺらの皮はむきにくいので、むかなくてもOKです。 軟骨がまな板と並行になるようにイカを置き、横に包丁を入れ、胴を開きます。 縦半分に切り、細切りにする。 ザルに入れ、全体に塩をふりかけ(焼き魚程度の塩加減が目安)、冷蔵庫に20分程度入れて水分を抜く。 20分経ったら取り出して胴を酒で洗い、再び冷蔵庫で1日半程度置き、水分を抜く。 胴と混ぜ合わせ、お好みで味噌、みりんを少々入れて味をととのえる。 冷蔵庫で1晩寝かせて、完成。 臭みなし、プリプリで美味! 市販のものとはまったく違う、臭みがなく、プリプリ新鮮で美味しい塩辛は、ご飯にもお酒のお供にもぴったり。 箸が止まらないので、あっという間になくなってしまいそうですが、「毎日しっかりかき混ぜながら保存すれば、冷蔵庫で1週間程度日持ちします」とのこと。 寝かせる時間はかかりますが、市販のものとは全然違う、手作り塩辛。 スルメイカの旬の時期に、ぜひ一度は試してみてほしいレシピです。

次の