小田原 厚木 道路 渋滞 情報。 小田原厚木道路

小田原厚木道路で3か月間、対面通行規制へ 平日の朝夕や土休日は渋滞の可能性も

小田原 厚木 道路 渋滞 情報

スポンサーリンク 御殿場~厚木を一般道で。 これはまさに御殿場のアウトレットからの帰り道で撮影したもので、アウトレット~秦野中井IC手前までのものとなっています。 厚木まで向かう際の地図はこちら。 補足 動画は御殿場アウトレットからスタートしているので、山中湖・須走方面や、御殿場市街からこの抜け道を使う場合について、少し補足します。 御殿場市街~生土までの約10km、国道246号線は片側2車線のバイパスなのでスムーズなことが多いです。 (生土が、動画で裏道からR246に合流する信号のところです) 須走方面から帰る時は、わざわざアウトレット近くまで行かずに、R246に出てしまいましょう。 ただ、国道138号線は高速に向かう車で渋滞するので、このようなルートがオススメです。 生土からは片側1車線になります。 そのような時は、清水橋~山北駅の先の区間を結ぶ旧道(県道76号線)も活用しましょう。 すれ違う時は少しスピードを落とす必要がありますが、元・国道なのでそれほど走りにくい道ではありません。 大井松田から先の解説 山北~松田庶子の区間はR246をひたすら走ります。 庶子の交差点で、秦野中井・厚木方面に向かう場合は左折し、県道77号線に入ります。 (大井松田IC・小田原方面に向かう場合は直進し、2km先で国道255号線に入ります) 県道77号線に入ると、松田の市街地をしばらく走ることになり、踏切もあるので少し渋滞することもありますが、大渋滞になることは少ないです。 この先、動画では新雑色橋の交差点を左折し、広域農道から県道71号線に向かいます。 県道71号線を左折すると2km先が秦野中井IC、右折すると3km先が小田原厚木道路の二宮IC、さらに進むと西湘バイパス二宮ICがあります。 動画はここでおしまいですが、以下、厚木まで向かう場合のお話。 厚木方面に向かう場合はここで曲がらずに、県道77号線をさらに直進します。 4kmほど進むと土屋橋交差点で県道62号線とのT字路になるので、右折します。 東名が混雑していて、この抜け道を利用している車が多いと、土屋橋交差点の手前から渋滞します。 これを回避する路地はありそうですが、残念ながら自信を持って紹介できる道を知りません。 土屋橋から県道62号線を3kmほど進むと、小田原厚木道路の平塚ICに着きます。 小田原厚木道路の横を走る県道63号線へ ここから小田原厚木道路に乗っても良いですし、高速の側道のような形で県道63号線が走っているので、こちらを走るのもアリです。 東名が混雑している場合、小田原厚木道路も伊勢原ICあたりから渋滞していることが多いので、県道63号線を使って厚木西ICまで行き、そこから高速の渋滞に合流するのが最速ルートだと思います。 御殿場から厚木西ICまで、スムーズに行けば1時間半、混んだら2時間といったところでしょうか。 時間は同じぐらい。 でも流れていて、安い。 時間的には渋滞にハマっているのと劇的には変わりませんが、流れている道を走っている方が気分は良いですし、高速代も740円浮くので、僕は積極的に使う道です。 なお、この抜け道が効果を発揮するのは国道246号線がそれほど混んでいない時だけです。 Uターンラッシュの時期など、R246も大渋滞しているような時は、道志みち(国道413号線)や足柄峠(県道78号線)の利用を考えましょう。 どちらも結構な回り道ですが、R246まで詰まっているような時には便利です。 厚木~横浜町田の渋滞は回避不能…。 なお、今回の抜け道より先、大和トンネルを先頭にした厚木~横浜町田の渋滞については、渋滞にハマっていた方が早いと思います。 R246も海老名周辺で渋滞しますし、市街地なので裏道もノロノロで、横浜町田ICに辿り着いても、高速入口が渋滞していることがほとんどだからです。 高速の渋滞にハマっても、よほどの事故渋滞でも無い限りは1時間程度で抜けられるので、一般道で行くよりも早いです。 強いて言えば、海老名サービスエリアの出口からは合流車線が3kmほどあり、実質片側4車線となります。 この合流車線は本線より流れていることが多いので、多少は時間の短縮になるかもしれません。 また、Uターンラッシュの時のように、御殿場より手前から渋滞が始まるパターンの場合、御殿場で下りようとする車が当然多くなります。 その場合、御殿場ICの出口渋滞も激しいので、さらに手前の裾野ICで下りましょう。

次の

小田原厚木道路下りの迂回

小田原 厚木 道路 渋滞 情報

スポンサーリンク 御殿場~厚木を一般道で。 これはまさに御殿場のアウトレットからの帰り道で撮影したもので、アウトレット~秦野中井IC手前までのものとなっています。 厚木まで向かう際の地図はこちら。 補足 動画は御殿場アウトレットからスタートしているので、山中湖・須走方面や、御殿場市街からこの抜け道を使う場合について、少し補足します。 御殿場市街~生土までの約10km、国道246号線は片側2車線のバイパスなのでスムーズなことが多いです。 (生土が、動画で裏道からR246に合流する信号のところです) 須走方面から帰る時は、わざわざアウトレット近くまで行かずに、R246に出てしまいましょう。 ただ、国道138号線は高速に向かう車で渋滞するので、このようなルートがオススメです。 生土からは片側1車線になります。 そのような時は、清水橋~山北駅の先の区間を結ぶ旧道(県道76号線)も活用しましょう。 すれ違う時は少しスピードを落とす必要がありますが、元・国道なのでそれほど走りにくい道ではありません。 大井松田から先の解説 山北~松田庶子の区間はR246をひたすら走ります。 庶子の交差点で、秦野中井・厚木方面に向かう場合は左折し、県道77号線に入ります。 (大井松田IC・小田原方面に向かう場合は直進し、2km先で国道255号線に入ります) 県道77号線に入ると、松田の市街地をしばらく走ることになり、踏切もあるので少し渋滞することもありますが、大渋滞になることは少ないです。 この先、動画では新雑色橋の交差点を左折し、広域農道から県道71号線に向かいます。 県道71号線を左折すると2km先が秦野中井IC、右折すると3km先が小田原厚木道路の二宮IC、さらに進むと西湘バイパス二宮ICがあります。 動画はここでおしまいですが、以下、厚木まで向かう場合のお話。 厚木方面に向かう場合はここで曲がらずに、県道77号線をさらに直進します。 4kmほど進むと土屋橋交差点で県道62号線とのT字路になるので、右折します。 東名が混雑していて、この抜け道を利用している車が多いと、土屋橋交差点の手前から渋滞します。 これを回避する路地はありそうですが、残念ながら自信を持って紹介できる道を知りません。 土屋橋から県道62号線を3kmほど進むと、小田原厚木道路の平塚ICに着きます。 小田原厚木道路の横を走る県道63号線へ ここから小田原厚木道路に乗っても良いですし、高速の側道のような形で県道63号線が走っているので、こちらを走るのもアリです。 東名が混雑している場合、小田原厚木道路も伊勢原ICあたりから渋滞していることが多いので、県道63号線を使って厚木西ICまで行き、そこから高速の渋滞に合流するのが最速ルートだと思います。 御殿場から厚木西ICまで、スムーズに行けば1時間半、混んだら2時間といったところでしょうか。 時間は同じぐらい。 でも流れていて、安い。 時間的には渋滞にハマっているのと劇的には変わりませんが、流れている道を走っている方が気分は良いですし、高速代も740円浮くので、僕は積極的に使う道です。 なお、この抜け道が効果を発揮するのは国道246号線がそれほど混んでいない時だけです。 Uターンラッシュの時期など、R246も大渋滞しているような時は、道志みち(国道413号線)や足柄峠(県道78号線)の利用を考えましょう。 どちらも結構な回り道ですが、R246まで詰まっているような時には便利です。 厚木~横浜町田の渋滞は回避不能…。 なお、今回の抜け道より先、大和トンネルを先頭にした厚木~横浜町田の渋滞については、渋滞にハマっていた方が早いと思います。 R246も海老名周辺で渋滞しますし、市街地なので裏道もノロノロで、横浜町田ICに辿り着いても、高速入口が渋滞していることがほとんどだからです。 高速の渋滞にハマっても、よほどの事故渋滞でも無い限りは1時間程度で抜けられるので、一般道で行くよりも早いです。 強いて言えば、海老名サービスエリアの出口からは合流車線が3kmほどあり、実質片側4車線となります。 この合流車線は本線より流れていることが多いので、多少は時間の短縮になるかもしれません。 また、Uターンラッシュの時のように、御殿場より手前から渋滞が始まるパターンの場合、御殿場で下りようとする車が当然多くなります。 その場合、御殿場ICの出口渋滞も激しいので、さらに手前の裾野ICで下りましょう。

次の

「白バイ追跡のバイク事故 小田原厚木道路」zen.4のブログ | 晴れ・・・ときどき早起き。

小田原 厚木 道路 渋滞 情報

~E1 東名高速道路、E84 西湘バイパス(上り線)などへの迂回のご検討をお願いいたします~ NEXCO中日本 東京支社は、2019年5月7日(火)から7月19日(金)まで、E85 小田原厚木道路(E85 小田厚)(1)平塚本線料金所(TB)~大磯インターチェンジ(IC)間の観音寺高架橋(下り線)の老朽化したコンクリート床版を新しい床版に取替える工事のため、昼夜連続・対面通行規制を実施させていただきます。 2019年5月7日(火)から7月5日(金)まで、(2)小田原西ICの箱根方面から厚木方面へ向かう風祭高架橋Aランプウェイ(ランプ)の老朽化したコンクリート床版を新しい床版に取替える工事のため、ランプ閉鎖を実施させていただきます。 また、E84 西湘バイパス(E84 西湘)箱根口IC 国道1号から小田原方面へ向かうBランプ、Cランプの舗装を補修する工事のため、ランプ閉鎖を実施させていただきます。 なお、2019年6月中旬から6月下旬までの間(うち平日3昼夜連続)で、床版取替に伴う舗装段差修正工事のためE84 西湘 箱根口IC~石橋IC間のランプ閉鎖を合わせて実施させていただきます。 2019年5月7日(火)から7月5日(金)まで、(3)小田原東ICから荻窪IC間の川端高架橋(上り線)を耐震性・車両の走行性向上および振動・騒音の対策として、隣り合う鋼製桁およびコンクリート床版の連結工事のため、昼夜連続・車線規制を実施させていただきます。 昼夜連続・対面通行規制期間中は、走行可能な車線数が、2車線から1車線に減少することから、 平日の朝夕、土日祝日を中心にE85 小田厚で、最大20km程度の渋滞が予想されます。 走行経路を選択していただけるように所要時間や渋滞が予測される時間帯の情報提供などに取り組んでまいりますので、E1 東名高速道路(E1 東名)やE84 西湘(上り線)などへの迂回やお出かけ時間の変更をお願いいたします。 なお、「2019 E85 小田原厚木道路リニューアル工事」の実施に合わせ、お客さまに渋滞を避けて通過していただくことでE85 小田厚の渋滞緩和を図る「小田原厚木道路リニューアル工事渋滞減らし隊キャンペーン」を実施いたします。 このキャンペーンは、専用アプリをスマートフォン、タブレット端末などに事前にダウンロード・登録していただき、対象期間に対象の路線区間や時間帯に利用していただいた方すべてを対象にサービスエリア(SA)でご利用いただける電子クーポン券を進呈するものです。 詳細は、小田原厚木道路リニューアル工事専用WEBサイトなどで別途お知らせいたします。 小田原厚木道路リニューアル工事は、これからもお客さまに高速道路を安全にご利用いただき、高速道路ネットワーク機能の長期健全性を保つために必要な工事となりますが、お客さまへの影響を最小限とするよう取り組んでまいりますので、ご理解とご協力をお願いいたします。 工事内容• 耐震性・車両の走行性の向上および振動・騒音の対策として、川端高架橋(上り線)の隣り合う鋼製桁およびコンクリート床版を連結する工事 情報提供 本工事に関する詳細な情報は、弊社公式WEBサイトの工事規制予定、小田原厚木道路リニューアル工事専用WEBサイトおよびリニューアル工事専用ダイヤル(工事期間中)で、随時お知らせします。 なお、道路交通情報は、同WEBサイトやアイハイウェイ中日本などでもご確認いただけます。 インターネット での検索方法 インターネットでの検索キーワードとして、下記例のように検索することで、小田厚のリニューアル工事の概要、渋滞情報・予測を確認できます。

次の