スクランブル 放送 と は。 スクランブル化ができない理由?NHKと民放の二元体制とは?

スクランブル放送とは 一般の人気・最新記事を集めました

スクランブル 放送 と は

wikipedia. 実はこのN国党が掲げる公約こそが、NHKのスクランブル化なのです。 そもそもスクランブルという単語には、「(電話・無線通信の)波長を混乱させる、周波を変える」という意味合いがあります。 これが転じて映像や音声の信号を暗号化(スクランブル)して送り出す放送のことを、「スクランブル放送」というんですね! スクランブル放送の技術を利用すると、元のデータを取り出す受信装置を持たなければ、映像を視聴すること自体が不可能という状態が生まれます。 N国党はこの点に着目し「NHKの放送をスクランブル化して、見たい人だけが受信料を支払い視聴するシステムを構築しろ」と訴えているわけですね。 「NHKを見たければ受信料を支払う・見ないならば受信料を払う必要もない」ことにすれば、不公平感が解消され、国民も納得のうえ受信料に向き合えるというのが彼らの主張です。 スポンサーリンク? スクランブル化に立ちはだかる壁は!? 確かにN国党の主張は一理あり、実際に少なからぬ国民がスクランブル化を支持する状況が生まれています。 そして技術的な面でいえば、NHKのスクランブル放送化は不可能な話でもないんですよ! 民間の放送事業者をみると、WOWOWやスターチャンネル、スカパー!等が既にB-CASカードを利用したスクランブル放送を実施していますので、現在の技術水準でも運用はできるというわけです。 ただ現実的にNHKをスクランブル化し、受信料も実際的な視聴状況に合わせて徴収可能になるかといえば、現状では難しいと言わざるを得ないでしょうね。 というもの、さっそく総務相が「公共放送と民放の二元体制を崩しかねない」「NHKは災害報道や政見放送など公共放送の社会的使命を果たすことが求められる」として、国民が公平に財源を負担することの重要性を強調しているんですよ! 加えて当のNHK・石原進経営委員長も会見において「スクランブル化は一見合理的にみえるが、公共放送の理念と矛盾する」と語り、問題があるとの認識を示しています。 このあたりの勢力を説き伏せるというのは、容易なことではないでしょうからね; 国民の意見はともかくとして、直ちにN国党の主張が通りスクランブル化が実現される可能性は、限りなく低いと考えます。 ただ今回の件がNHKや受信料の在り方に一石を投じたことは確かでしょうし、今後の経過も注視したいです! スポンサーリンク?

次の

NHK、なぜスクランブル放送にできないか 最高裁判決3日前の「新聞投書」: J

スクランブル 放送 と は

安倍政権擁護?ワイド! スクランブルでの炎上発言 2020年4月8日放送の「ワイド! スクランブル」では「死者数が抑えられている」との観点から、経済を止めてしまう緊急事態宣言は必要ないとの考えを示し、さらに検査数を絞っている国の方針を支持し、出演者の杉村太蔵や柳澤秀夫とバトルになりました。 いま、日本はとても上手くこの感染症に対処している。 経済を殺してしまうような対策は必要なし。 みんな、このウイルスにかかれば収束するよ。 高齢者にはこの際死んでもらいましょう。 と聞こえてしまう。 — ぴのこ ZOYvVOhTLJFTVuK この場面を要約すると、木村もりよは「感染者数が増えても死者が増えなければいい」という意味のことを言っています。 しかし、今の死者数は検査数を絞った上での数字なので、信頼性がないという反論を受け、論破されたような形になってしまいました。 次にこの場面では、日本は医療崩壊を防ぎつつ、経済崩壊を防いでいる政府のやり方は日本に合っていると言っています。 つまり、「検査数を絞らないと医療崩壊するし、経済を止めるとマズいからある程度感染者が出るのは仕方がない」と言いたいのでしょう。 ワイドスクランブルに出ていた 木村もりよ医師 医師の枠を越えた発言 スタジオの人が凍り付いてる アナウンサーがその空気をフォローしてる😔 何でこんな人を呼んだんだ? — ペット大家族 petdaikazoku 次の場面では、木村もりよが緊急事態宣言は必要ないと主張しています。 木村もりよさん休業補償の話をしている 杉村太蔵さんと弁護士の話が ヒートアップしてる時に ちょっといいですかって割り込み 控えてた方がいいと思う 凄く喋り方嫌い 大下さんを困らせるのやめてあげて〜さすがなフォローの仕方でした😅 — ペット大家族 petdaikazoku 法的に拘束力がない緊急事態宣言をすると、経済までも死んでしまい、自殺者が増えるので経済は止めないほうがいいという意味のことを言っています。 しかし、司会の大下容子アナに「コロナが収束をしないと経済活動ができないから、財界の要望で緊急事態宣言を出したのでは?」と反論され、またしても論破されてしまっています。 司会のアナウンサーがコメンテーターに反論すること自体が異常なことなので、いかに番組の雰囲気が不穏だったかがわかりますね。

次の

スクランブル放送とは、BCASカードを番組ごとに操作(ON

スクランブル 放送 と は

wikipedia. 実はこのN国党が掲げる公約こそが、NHKのスクランブル化なのです。 そもそもスクランブルという単語には、「(電話・無線通信の)波長を混乱させる、周波を変える」という意味合いがあります。 これが転じて映像や音声の信号を暗号化(スクランブル)して送り出す放送のことを、「スクランブル放送」というんですね! スクランブル放送の技術を利用すると、元のデータを取り出す受信装置を持たなければ、映像を視聴すること自体が不可能という状態が生まれます。 N国党はこの点に着目し「NHKの放送をスクランブル化して、見たい人だけが受信料を支払い視聴するシステムを構築しろ」と訴えているわけですね。 「NHKを見たければ受信料を支払う・見ないならば受信料を払う必要もない」ことにすれば、不公平感が解消され、国民も納得のうえ受信料に向き合えるというのが彼らの主張です。 スポンサーリンク? スクランブル化に立ちはだかる壁は!? 確かにN国党の主張は一理あり、実際に少なからぬ国民がスクランブル化を支持する状況が生まれています。 そして技術的な面でいえば、NHKのスクランブル放送化は不可能な話でもないんですよ! 民間の放送事業者をみると、WOWOWやスターチャンネル、スカパー!等が既にB-CASカードを利用したスクランブル放送を実施していますので、現在の技術水準でも運用はできるというわけです。 ただ現実的にNHKをスクランブル化し、受信料も実際的な視聴状況に合わせて徴収可能になるかといえば、現状では難しいと言わざるを得ないでしょうね。 というもの、さっそく総務相が「公共放送と民放の二元体制を崩しかねない」「NHKは災害報道や政見放送など公共放送の社会的使命を果たすことが求められる」として、国民が公平に財源を負担することの重要性を強調しているんですよ! 加えて当のNHK・石原進経営委員長も会見において「スクランブル化は一見合理的にみえるが、公共放送の理念と矛盾する」と語り、問題があるとの認識を示しています。 このあたりの勢力を説き伏せるというのは、容易なことではないでしょうからね; 国民の意見はともかくとして、直ちにN国党の主張が通りスクランブル化が実現される可能性は、限りなく低いと考えます。 ただ今回の件がNHKや受信料の在り方に一石を投じたことは確かでしょうし、今後の経過も注視したいです! スポンサーリンク?

次の