今週 の 運勢。 今週のあなたの運勢は?ジョニー楓の「12星座占い」をチェック!【2020/5/25~5/31】

今週の予報

今週 の 運勢

未来からの風が吹いている 今週のおうし座は、「中年や遠くみのれる夜の桃」(西東三鬼)という句のごとし。 あるいは、 自分が今後うけ取っていけるだろう愛について直感していくような星回り。 掲句について作者は自句自解で次のように書いています。 「中年というのは凡そ何歳から何歳までを言ふのか知らないが、一日の時間でいへば午後四時頃だ。 さういふ男の夜の感情に豊かな桃が現れた。 遠いところの木の枝に。 生毛のはえた桃色の桃の実が。 」 暗がりの向こうに、うっすらと白く浮かび上がる桃の実は、手に入りそうで入らなったり、また意外なところで満たされたりする「女色」の象徴でしょう。 作者は数々の浮名でも知られた人物でしたが、彼ほどではなくても、人生も半ばを過ぎてくれば、残された人生の中で一体どれほど豊かな愛を感受できるのか、それともそれは減衰していくばかりなのかと、ふと考えてしまう瞬間もあるのではないでしょうか。 6月13日におうし座から数えて「展望と希望」を意味する11番目のうお座で、下弦の月を迎えていく今週のあなたもまた、 自分が受け取りたい愛というものがどんなものなのか、そしてそれを得るために具体的にどんな努力をしていかねばらないのかが、改めて浮き彫りになっていきそうです。 必然性への直観 今週は 「自信」ということについて考えさせられるような流れにもなっていくかも知れません。 つまり今あなたは、自分がどんな自分で在ると確信しているのか。 その際、「(自分には無理かも知れないけど)ああなりたいな」とか、「(〇〇に好かれるために)自分をこう見せたい」といった願望にもとづいた自意識や、セルフイメージというのは、「自分がどんな自分で在るか」を覆い隠せはすれど、決して「自信」ということとは関係ではないのだということはよくよく自覚しておくべきでしょう。 願望は願望でしかなく、魂の自覚(=本来の自信)とは別の回路なのですから。 人間関係で思わず足を掬われるような思いをしたり、さっさと何かを否定することで切り抜けたくなる困難に出くわしてしまうと、つい自分という存在そのものまでかき消されたような気がしてボーっとしてしまうこともあるはずです。 しかし一方で人間というのは、まったくもって不完全な存在であるがゆえに、「あるべくしてこうなっている」という必然性への直観を抱いていけるのではないでしょうか。 今週のキーワード 夜の桃.

次の

今週のあなたの運勢【無料12星座占い】|プロ占い師の無料占い

今週 の 運勢

今週の占い、毎週・隔週更新の記事をまとめました。 月曜更新• 火曜更新• 水曜更新• 木曜更新• 金曜更新• 土曜更新• 日曜更新• カテゴリー• 138• 242• 141• 340• 41 アーカイブ• 152• 21 メタ情報•

次の

今週の運勢・週間占い

今週 の 運勢

今週の予報 本能的直感 本能的直感というものは言葉では説明しにくいものです。 どう考えても選択肢は一つしかないのに、どういうわけかその選択肢に違和感がつきまとって離れないので、別の道を選択する...... そんな状況になることがあります。 また、「誰か」または「何か」を過信することによって、悪いできごとが起きることもあります。 今週、火星と海王星が、自分の夢を実現すべく行動を起こすよう私たちに奨励するでしょう。 その一方で、水星が逆行し、過去の過ちに直面することを私たちに求めるでしょう。 「天使が踏み込むのを恐れる場所に愚者は飛び込む」という格言があります。 この格言は真実を突いてはいるのですが、今週、信念に基づいて大胆な行動を起こしたら、後で悔やむような事態にはならないでしょう。 あなたの未来はこれ以上、変えることができないのでしょうか? それともまるで、粘土細工をつくるかのように、あなたが望む世界に作り変えられるのでしょうか? 古代の人々は、ホロスコープが「閉じられた運命」を解き放ち、秘められた可能性を明らかにするための鍵だと信じていました。 あなたと、あなたの理想とする未来との間に立ちはだかる壁を取り払ってみましょう。 無限のひらめきを得てください...... それは日々、緻密な選択と決断を迫られるあなたを支えるでしょう。 私に誕生日を教えてくだされば、を作成いたします。 そこには、これから近い将来、あなたの未来をより理想に近づけていくためのヒントやタイミングが具体的な日付とともに記されているのです。

次の