こんにゃく 残り 保存。 ちらし寿司の残りの冷凍方法!ご飯と具の保存と解凍の3つの注意点!|ココシレル

余ったこんにゃくの保存方法は?

こんにゃく 残り 保存

こんにゃくのルーツは? 原料の原産はインドシナ半島 こんにゃくは「こんにゃく芋」(こんにゃく玉とも呼ばれる)というサトイモ科の植物の球茎から作られる加工食品です。 こんにゃく芋の原産はインドシナ半島といわれ、現地では芋の形状から「象の足」という異名があります。 今でも東南アジアには数多くのこんにゃく芋の仲間が自生し、その種類は約130種といわれていますが、その多くは日本のこんにゃく芋と品種が違い、こんにゃくマンナンという食物繊維の含まれないこんにゃく芋で、加工しても固まらず、こんにゃく作りには適しませんでしたが、最近では中国をはじめ東南アジアの各国においても日本向けに食用として栽培している状況です。 こんにゃくは6世紀頃仏教とともに中国より伝わったとされていますが、はっきりとしたことはわかりません。 こんにゃく芋とはどんな芋? 一人前になるまでには3年かかる こんにゃく芋は、じゃが芋と同様にタネイモから増やしますが、じゃが芋と違って成長するのに2~3年必要です。 この生子を一度収穫し、次の春に再植付けをしたものを1年生、これを秋に収穫したものを2年生、さらに次の春に植えて秋に収穫したものを3年生と呼びます。 生子から1年生では5~10倍に、2年生から3年生ではさらに5~8倍に成長し、3年生になると大きいもので直径30cmほどに成長します。 こんにゃく作りに適しているのはこの3年生ですが、こんにゃく芋は低温に弱く、腐りやすいため、収穫してから次に植えるまでの保管がとても難しい作物なのです。 こんにゃく芋の畑の様子 ワラを敷くことで土の乾きを防ぎ、温度の急激な変化を防ぐ。 また、雑草がはえにくくなるので虫や病気を防ぐこともできる。 古くから栽培されていたこんにゃく芋ですが、意外にも安定した栽培法が確立されたのは昭和30年頃。 こんにゃく芋は葉に傷がつくだけでも病気になってしまうほどデリケートな植物のため、強い日光や風、干ばつ、水はけのわるい場所ではうまく育ちません。 それまでは長年の経験と運まかせだったため、「運玉」とも呼ばれるほど栽培者泣かせの作物だったのです。 こんにゃく芋は年平均13度ほどの気温が必要なため、寒冷地では栽培はできるものの、大きく育つことが難しく、露地栽培は宮城、山形あたりが北限となります。 昔はごく一般の農家で家庭用に栽培されていましたが、生産重視の栽培になってからは群馬をはじめ、栃木、埼玉などの北関東地方で多く作られるようになりました。 収穫したこんにゃく芋もデリケート.

次の

節約食材「こんにゃく」のおいしさの決め手は下ごしらえにあるんです!

こんにゃく 残り 保存

おでんを一度にたくさん作って食べ切れないことはありませんか? でも余ったおでんを冷凍したいと思わないのは、「冷凍すると美味しくなさそうだから」ですよね。 そこで編集部が「おでんを冷凍したらどうなるの?」を検証。 冷凍から2週間後に食べて、味や食感をレポートします! 人気のおでんの具10種類を冷凍してみた! 冷凍する具はWebで公開されている人気おでんランキングなどを参考にセレクト。 厳正に検討した結果、大根、卵、こんにゃく、厚揚げ、はんぺん、さつまあげ、餅入り巾着、つみれ、牛すじ、昆布の10種類に決定しました。 おでんは料理研究家の吉田瑞子先生に作っていただきます。 具は汁と一緒に冷凍保存容器に入れ、ふたをして冷凍庫で2週間保存しました。 *冷凍おでんの評価方法 冷凍したおでんは電子レンジで約10分加熱して解凍。 解凍後のおでんと、作りたてのおでんを食べ比べます。 吉田先生とスタッフ4名が5段階で評価し、その平均点を計算します。 【評価】 5…冷凍後の方が美味しい! 4…冷凍前後で変わらない 3…わずかに質は落ちるけど、OK 2…明らかに質は落ちるが食べられる 1…絶対NG!冷凍しちゃダメ! 冷凍しても美味しいおでんランキング発表! 平均3点以上を「冷凍OK」とし、点数の高い順に発表します。 【1位】牛すじ…4. 6点 「冷凍後の方がプリプリ?」「味がさらにしみた?」など「気のせいかもしれないけど、美味しくなった!」という意見が多数。 劣化は感じず、冷凍はまったく問題なし! 【2位】はんぺん…4. 2点 若干の変化ではあるものの、「少しもっちり感が出て美味しくなったかも」「食感がほろっとなって、口溶け感が好き」などのプラス評価が。 【同率3位】さつまあげ、つみれ、昆布…4. 0点 この3種は、なんと全員が「4=冷凍前後で変わらない」と評価。 あまりの変わらなさに驚き! 【6位】餅入り巾着…3. 6点 中の餅が少し柔らかくなり、「美味しくなった」と「柔らかくなってイヤ」で評価が分かれましたが、巾着(油揚げ)には変化がないので、冷凍前とほぼ同じと考えてOK。 【判定不能】こんにゃく 評価に困ったのがこんにゃく。 プルプル感がなくなり、水分が抜けてまるでスポンジ。 「これはまずそう!」と口に入れると……「あれ?」。 だしをたっぷり含み、噛みごたえもあって、こんにゃく特有のにおいも減少。 8点 味は冷凍前よりしみていたのですが、豆腐部分の食感がモロモロになり、賛否両論。 2点 繊維を強く感じるようになり、食感はやや悪くなりました。 大根のジューシーさが好きな人にはイヤな変化。 2点 黄身はほぼ変化がありませんが、白身は不思議なことに2層に分かれ、一部がスポンジ状に。 「白身がとにかく固い。 卵好きには許せない!」という意見が、劣化具合を物語っています。 また、電子レンジでの解凍加熱時に爆発することもあるので、その点からも「絶対NG」とします。 卵は「絶対NG」なので、残ったときは冷蔵庫で保存して早めに食べきりましょう。 意外に多くの具が冷凍できることがわかった今回の実験。

次の

こんにゃくは冷凍保存できる?冷蔵で長持ちの方法、賞味期限切れは?

こんにゃく 残り 保存

記事の内容• 常温保存をするときは? 常温での保存方法と賞味期限 常温での保存は、 季節にもよりますが、あまりオススメできません。 おでんは、ついつい多めに作ってしまいがちですが、冷蔵庫に入れようと思っても鍋のままでは入らなかったりすることもあります。 冬の時期は気温も低いので、そのまま台所に置いておいても大丈夫だと思っている人もいるのではないでしょうか。 しかし、冬場はエアコンや暖房器具などで室内を暖かくしてる人も多いので、常温保存する場合には気をつけたいところですよね。 常温保存で長持ちさせるコツ 常温保存で長持ちさせるコツは、殺菌のために1分以上火にかける作業を1日に数回行うことです。 ただ、火にかける度に水分が蒸発してしまったり、煮詰まることで味が濃くなっていくので、薄める作業として水やダシをつぎ足して濃度を調整しましょう。 冷蔵保存をするときは? 冷蔵での保存方法と賞味期限 冷蔵での保存は、 鍋の粗熱をなるべく早くとり、鍋ごと冷蔵庫へ入れることで常温よりは日持ちします。 冷めていない熱い鍋をそのまま冷蔵庫へ入れてしまうと、冷蔵庫内の温度が上がり余計な電気代がかかるだけでなく、他の食品に熱が伝わったり鍋自体もなかなか冷えない状態になるので、あらかじめ粗熱をとっておきましょう。 粗熱をとる方法は色々ありますが、手間がかからないオススメ法は、鍋のフタを開けておくと熱がこもらないので、鍋のフタを開けたまましばらく放置しておくのも良いですが、流しなどで鍋を水に浸すと短い時間で粗熱がとれ冷ますことができます。 また、冷蔵庫内のスペースがなく鍋ごと入れられない場合は、 粗熱がとれたおでん具材とつゆをジップロックやタッパーなどの密封容器へ別々に分けて、冷蔵庫で保存すると良いです。 具材とつゆを別々にすることで、具材につゆが染みこみ過ぎて、味が濃くなるのを未然に防げます。 冷蔵保存の賞味期限は、火をかけない場合だと3日間くらいで、毎日1回火をかけた場合は7日間くらいはもちます。 SPONSOR LINK 冷蔵保存で長持ちさせるコツ 冷蔵保存で長持ちさせるコツは、最低でも毎日1回は冷蔵庫から鍋をだして、火にかけることです。 かなりめんどくさい作業ですが、長持ちさせるためには火をかけることで、殺菌されるため日持ちします。 また、鍋を冷蔵庫へ戻す際は、粗熱をとることを忘れずに入れましょう。 冷凍保存をするときは? 冷凍での保存方法と賞味期限 冷凍での保存は、 冷凍することで品質が落ちてしまい具材の繊維が壊れ、食感が変わってしまいますが冷蔵よりも日持ちします。 冷凍することで、食感が変わってしまう具材の中に、ゆで卵や大根、こんにゃくなどがあります。 ゆで卵は白身部分がスカスカになったり、大根はかなり柔らかくなり、こんにゃくはゴムのような食感に変わってしまいます。 ですので、なるべく可能でしたら、ゆで卵や大根、こんにゃくは食べきってしまうか冷蔵保存に切り替えるなどして、美味しいおでんの状態を保ちたいですね。 冷凍保存の賞味期限は30日間くらいもちます。 冷凍保存方法のコツ 冷凍保存方法のコツは、おでん具材同士が重ならないようにジップロックのフリーザーバッグなどに入れ、しっかりと空気を抜き冷凍庫へ入れます。 フリーザーバッグに具材を入れる際に、後々のことを考えて小分けや1人前などにしておくと解凍するときも楽です。 つゆは冷凍する前に一度、こしておくことでキレイなつゆになり、タッパーなどの密封容器に入れて冷凍庫で保存します。 可能であれば、 つゆも小さいタッパーに小分けしておくと、あとで食べる時に便利です。 また、解凍をするときのコツですが、食べる前日くらいに冷蔵庫へ移しておくことで、自然解凍できます。 もし、お急ぎでしたら電子レンジか鍋で、先につゆを温めて液状にしてから、具材をつゆに入れて一緒に加熱していくと良いです。

次の