ベスト プラクティス 意味。 ビジネス用語「ベストプラクティス」の意味とは?正しい使い方を例文で解説!

ベストプラクティス

ベスト プラクティス 意味

タグ 10進数 ネットワーク ベストプラクティス プログラミング ブログ運営 フレームワーク ビジネス ハードウェア ティム・クックCEO ポケモンGO ソフトウェア スマートフォン ストレージ ザッカーバーグ サービスレベル サーバー サーバ ホワイトペーパー メール クラウド 基本情報 進数 速報 資格対策 補数 有料化 手帳 基数変換 モチベーション 基数 国家試験 収益化 勉強 仮想通貨 仮想化 リージョン サルでも キャリアアップ 16進数 Facebook IAM HKmap. live Googleアシスタント Google AdSence Google Gmail AZ IT AWS認定 AWS Apple App Store Amazon 8進数 2進数 IPアドレス IT基礎知識 キャリア アクセス制御 オンプレ エンジニア インフラ アベイラビリティーゾーン アプリケーション アプリ アドセンス おすすめ IT用語 Well-Architected SNS Pixel4 OS Libra L3 IT資格 香港デモ 目次• ベストプラクティスの存在意義について ここで一度、AWSの特性についておさらいをしましょう。 AWSはクラウドサービスであり、ネットワークやサーバといったインフラストラクチャから アプリケーションまで、 様々なITリソースを使用者が自由に利用できることが最大の特徴 でしたね。 そもそもクラウドの特徴として、必要な時に使いたい分だけITリソースを使えることが挙げられますが AWSではそれに加えて システムの負荷など使用状況に応じて、サーバ台数やストレージ容量を リアルタイムで増減することができるのです。 (手動設定はもちろん、自動でも可能) 「7つのベストプラクティス」が存在しているのは オンプレミスの考え方を捨てて、AWSだからこそ実現できることを考えよう! というAmazonからのメッセージともいえます。 7つのベストプラクティスについて解説 ベストプラクティスの意味を理解したところで、中身をみていきましょう。 AWSが提唱するベストプラクティスは以下の7つです。 今後出てくる技術のほとんどはこれら7つのベストプラクティスに基づいていますので ふんわりでもよいので把握しておきましょう。 実際に試験問題でも出てきますからね!! 故障に備えた設計で障害を回避 これは見たまま理解できますね。 AWSではリージョンとAZという概念があり それらにシステムの機能を分散させることで、障害時でもシステムが停止しないようにします。 単語の意味から解説します。 メールと一言で表しても、 様々な機能が重なってメールシステムを作っていますよね。 伸縮自在性を実装 こちらも難しい言葉です。 言葉の意味を調べてみましょう。 伸縮自在性=思いのままに伸ばしたり縮めたりするさま わりと見たまんまでしたね。 実は、この 伸縮自在性の実装こそがAWSのポイントだったりします。 いまはメールを送るのに3台のサーバを利用しているけど 明日の15:00に1万通のメルマガを一斉送信したいんだよね~。 というI太郎くんがいます。 1万通ものメールを一斉送信するには3台のサーバでは足りません。 どうすればよいのでしょうか。 通常のオンプレ環境ならば 新しくサーバを購入して設定して設置して検証して……. となり とても明日の15:00には間に合いません。 しかし、AWSなら!! じゃあ、明日の14:30~15:30までサーバ3台追加しよ。 ということができてしまうのです。 当然、目的が達成できれば、追加のサーバは解放します。 使いたい分だけ、自由に追加したり、減らしたりできる。 これが「伸縮自在性」です! オンプレでは絶対にできない対応ですね。 すべての層でセキュリティを強化 これは文章で理解できますね。 AWSは クラウドサービスという特性上、セキュリティを非常に重要視しています。 例えば、柔軟な対応を可能にするため疎結合したシステムを構築した場合 考慮すべきセキュリティポイントはどれくらいあるでしょうか すごくいっぱいあります。 ネットワークからアプリケーションまで OSI参照モデルの全ての層でセキュリティを意識することが大切です。 セキュリティについての問題は結構出るので コンポーネントごとのセキュリティを理解していきましょう。 制約を恐れない 制約とはなんでしょうか。 これは、 オンプレミスでは気にしないといけなかったハードリソースの制限など クラウドサービスでは気にする必要がないポイントを押さえましょうね! という意味です。 7つのベストプラクティス全てに言える事ですが オンプレとは考え方がまるで違いますので注意しましょう。 クラウドの利点をフル活用してシステム構築および運用することがAWSの理想です。 処理の並列化を考慮 メールシステムで例題をだします。 宛先確認とかに読み替えてください。。 並列化していない場合は、もちろん処理をひとつずつ進めていくわけですが 並列化すると以下のイメージになります。 これにより、効率的な処理ができるわけですね! ハードリソースの制限がないからこそ実現しやすい構成です。 さまざまなストレージの選択肢を活用 AWSにはストレージサービスの種類が色々あります。 使用用途(容量)によって、料金体制も異なりますし、システムの構成にも影響がでます。 ストレージの種類や適切なシステム構成については あとで嫌というほど出てくるので今は解説しません。 ストレージにはいろんな種類があって、システムによって適切なタイプを選択するんだな。 くらいで覚えておいてください。 まとめ 今回解説した「7つのベストプラクティス」は試験でも頻出する重要な考え方です。 今後の試験対策記事で専門的な用語を覚えていくうちに ベストプラクティスも自然と理解できるようになるので、ひとまずはふんわり覚えておいてください! それでは皆さん、よいITライフを!•

次の

ビジネス用語「ベストプラクティス」の意味とは?正しい使い方を例文で解説!

ベスト プラクティス 意味

書き出しは圧縮に関するものであり、可能な限り、画像のディテイルを維持します。 デフォルトでは、Premiere Pro は書き出しの品質を優先しますが、書き出しを遅くする必要があるという意味ではありません。 このベストプラクティスガイドでは、Premiere Pro (および Adobe Media Encoder)の機能について説明します。 これにより、ワークフロー全体が合理化され、プレビューとキーコーデックのスマートレンダリングによる書き出しが高速化されます。 システムがサポートしている場合、H. 264 と HEVC (H. 265)のハードウェアアクセラレーションを使用することもできます。 264 と 2 つのプロセッサを集中的に使用する形式です。 書き出しでプレビューを使用する場合は、プレビューが堅牢で十分な品質であることを確認することが重要です。 デフォルトでは、プレビューは迅速に生成するように設計された使い捨てのレンダリングです。 高品質のプレビューを作成するには、シーケンス設定を開き、「編集をカスタム」に変更します。 次に、適切なメザニンコーデックに切り替えます。 これにより、プレビューファイルが高品質になり、書き出しに使用できるようになりました。 例として、には、プレビュー用に ProRes 422 に設定された一連のシーケンスが含まれています。 これは、取り込み時にトランスコードすることを選択することと概念的には似ています。 インジェストワークフローの設定の詳細な手順については、を参照してください。 プレビューコーデックが出力コーデックと一致する場合、書き出し時間は数分から数秒に短縮できます。 通常、プレビューの有無にかかわらず、メディアを書き出すとと、メディアが再圧縮されます。 Premiere Pro と Adobe Media Encoder は、画質を維持するという素晴らしい仕事をしています。 デフォルトでは、出力元映像とエフェクトは最終出力コーデックに圧縮され、メディアの変換はできるだけ少なくなります。 書き出しに高品質のプレビューを使用すると、品質にほとんど影響を与えずに、エンコーディングを再計算する必要がなくなります。 これは、迅速なターンアラウンドのワークフローの鍵です。 出力コーデックと同じコーデックで高品質のプレビューを作成すると、Adobe Premiere Pro はワークフローをインテリジェントに高速化します。 Premiere Pro は、メディアを 再圧縮する代わりに、すでに計算されたプレビューを出力ファイルに コピーします。 技術的には、Premiere には、出力元に手を加えず、単に編集(短縮)して同じコーデックに出力する場合に、このタイプのファイルコピーを実行する機能があります。 例としては、XDCam オリジナルを編集し(エフェクトはありません)、XDCam に出力します。 しかし、今日では、この作業はほとんどありません。 少なくとも、すべてのクリップは少し色補正されます。 すべてのクリップが効果を得るため、 プレビューファイルと出力コーデックが一致する限り、ソースコーデックは重要ではなくなります。 264 や HEVC(H. 265)などの互換性の高い配布形式は、非常に広範なデバイスとプラットフォームで動作します。 ファイルサイズに関連して高速のアップロード時間を提供するため、YouTube、Facebook、Instagram、Vimeo などで優先されるコーデックです。 ただし、汎用性には、 時間という費用が含まれます。 264 および HEVC は処理集約型の形式であり、システムに高い要求があります。 Premiere Pro は、H. 264 および HEVC ファイルのハードウェアベースのデコードおよびエンコード用に Core i5 および Core i7 CPU で利用可能な Intel クイックシンクビデオテクノロジーをサポートしています。 デコードとは、スムーズな再生を意味します。 エンコードはエクスポートの高速化を意味しますをご覧ください(をご覧ください。 ) 書き出し中に H. 264 および HEVC ファイルにハードウェアエンコーディングを使用する場合、「書き出し」ダイアログで、オプションを選択します。 ハードウェアをサポートしていない場合は、ソフトウェアエンコーディングのみが表示されます。 Joe Newcombe 氏は、放送局およびポストプロダクション施設のシステムインテグレーターである、のセールスおよびマーケティングの責任者です。 彼は英国を拠点にしています。 Jeff Greenberg 氏は、、マスタートレーナーであり、『Adobe Premiere Pro Studio Techniques』の著者です。 Maxim Jago 氏はパリに拠点を置く、、マスタートレーナーであり、『Premiere Pro Classroom in a Book』の著者です。 Alex Macleod 氏は、制作の専門家で、放送コンサルタントであり、英国にある の所有者です。 Jarle Leirpoll 氏は、ノルウェーに拠点を置く、映画製作者、編集者、およびマスタートレーナーです。 また、彼は、『』の著者です。 Ian Robinson 氏は、であり、通常の Adobe MAX トレーナーです。 Ian はコロラド州シルバーソーンに拠点を置いています。

次の

ベストプラクティス:高速に書き出す

ベスト プラクティス 意味

概要 [ ] ベストプラクティスという概念はそれほど新しいものではない。 (1911 は、「それぞれの商売の各要素に使われる様々な方法や実装に対して、常にさらに迅速で良い方法や実装が存在する」としている。 この観点から "one best way" Kanigel, 1997 という考え方が生まれた。 しかし、歴史を見れば、最良の方法としてを受け入れなかった人々の例が多数存在している。 イギリスとアメリカ合衆国での以来の様々な大きな技術革新がこの事実を例証している。 例えば長らくの手段としてが用いられてきたのだが、ある時、馬を使わないが発明された後も、「馬が最良の交通手段」と見なしていた時期があった。 今日では、様々なが普通に使われており、馬を交通手段とする人はほとんどいない。 もっと最近の例として、1968年ので、はの革新的な技法を生み出した。 後にと呼ばれるようになった技法で、彼は金メダルを獲得した。 彼がライバルと同じく当時の「ベストプラクティス」に従っていたら、金メダルは獲得できなかっただろう。 つまり、彼は「ベストプラクティス」を無視することで、ライバル達よりも良い成績を達成したのである。 また同時に彼は、新たな「ベストプラクティス」を生み出したとも言える。 標準の目的は一種の鉛直線を提供することであり、従って標準は「他の人たちはどうしているか? 」ではなく、「何が可能か? 」でなければならない。 情報技術とベストプラクティス [ ] ベストプラクティスは、 ERP システムなどによく使われている。 一般にいくつかの相反する選択肢からベストプラクティスを選択しコンピュータシステム内に定義することができるとされている。 従って、同業種の企業は同じ手続きを利用することで、理論上はその経営を改善できる。 もベストプラクティスを実装した例である。 企業の人材を管理する様々な標準的手続きが定義されている。 ベストプラクティスや標準を企業運営の手法として選択することで、そのようなシステムは様々な企業で利用できるものとなる。 そのようなシステムは元来制限的であるため、そのようなソフトウェアを使ってベストプラクティスを実装することで、企業に1つの標準に準拠することを強いることになる。 その標準から逸脱しようとすると、ソフトウェアの改造を必要とする可能性があり、そのような費用を避けようとすると、標準に準拠することを選ばざるを得なくなる。 新たなベストプラクティスやの変化は、そのようなシステムの設計に重大な影響を与える。 最近ではそのような変化が加速しており、いかに迅速にベストプラクティスを定義し実装するかが多くのベンダーの課題となっている。 常に進化するベストプラクティス [ ] ベストプラクティスは、変化のない固定的なものではない。 ベストプラクティスは、常に学習し改善し続ける精神であるとも言える。 例えば、American Productivity and Quality Centre APQC は、「成功したベンチマーキングとベストプラクティス移転に共通する3つのテーマ」として次の事柄を挙げている。 移転は人間同士のプロセスである。 共有と移転の前に意味のある関係構築がある。 学習と移転は対話的で同時進行的で動的なプロセスであり、静的な知識に留まらない。 従業員は、日々何か新しいものを発明し、即席に作り、学んでいる。 ベンチマーキングは個人と組織の学習意欲に基づいている。 好奇心と学習意欲が成功の鍵となる。 ベストプラクティスは、各人が従うべき型にはまった形式を持たない。 経営の観点では、ベストプラクティスはよいプロセスと計画の概念であり、それを経営に生かすプロジェクトが必要とされる。 に関する計画と管理• ベストプラクティスは新たなソフトウェアの開発など技術開発でも使われており、他にも建築、交通、経営管理、持続可能性開発、でも様々な観点で使われている。 ベストプラクティスは、、、、、建設、、、など様々な業種で使われている。 ベストプラクティスを文書化したり図式化するのは、時間のかかる複雑な作業であり、そのような作業を行わない企業も多い。 業者の中には、ベストプラクティスに特化したものもある。 そのような業者は、ビジネスプロセス文書を標準化するを予め用意している。 コンサルティングによって企業にベストプラクティスをもたらすには、その企業の特殊性と一般性のバランスをとる特殊な才能が必要である。 関連項目 [ ]• - Good x Practiceの略。 各種産業分野で要求される公的規範の総称。 ()(武道の型、形。 ベストだと考えられている一連の動作。 (お互いが最善と考えられる手を行った場合の一連の手) 脚注 [ ]• Taylor, F 1911. The Principles of Scientific Management. Kanigel, R 1997. The One Best Way: Frederick Winslow Taylor and the Enigma of Efficiency. New York: Penguin Books. Hoag, B and Cooper, C L 2006. Managing Value-Based Organizations: It's Not What You Think. Northampton, MA and Cheltenham, UK: Edward Elgar Publishing. 外部リンク [ ]• 経済産業省• ダイバーシティ推進表彰企業と個社別の事例(ベストプラクティス)(平成24年度から29年度)• 国土交通省• (鉄道関連)• 総務省• (ユビキタス技術促進)• (報道資料) [ ]• 地方自治情報センター [ ].

次の