マック チキン クリスプ。 【マック】スパイシーチキンバーガーとチキンクリスプの違い【マクドナルド】

マクドナルド低カロリーランキング(バーガー編)

マック チキン クリスプ

チキンフィレオとチキンクリスプの商品情報 まずはチキンフィレオとチキンクリスプの商品情報について簡単に説明します。 チキンフィレオ チキンフィレオはボリュームたっぷりのムネ肉を使ったチキンパティを使用しているので食べ応えもばっちり。 また、オーロラソースとの相性も抜群のサンドイッチになります。 チキンクリスプ チキンクリスプはサクサクした軽やかな衣の歯ごたえと香ばしさがクセになるチキンを使っています。 誰もが楽しめるシンプルな味わいです。 チキンフィレオとチキンクリスプの違い(チキンパティ、ソースなど) チキンフィレオとチキンクリスプの商品としての違いを以下に列挙します。 チキンパティの違い チキンフィレオ、チキンクリスプ共にチキンパティを用いていますが チキンフィレオは1枚肉(ムネ肉)を用いているのに対して チキンクリスプでは成型肉(チキンクリスプパティ)を用いています。 成型肉と言っても分かりにくいかもしれませんが、ナゲットと同じような加工肉だと考えてください。 すなわち、 チキンフィレオの方がチキンクリスプよりも良い肉を使っているということです。 ソースの違い チキンフィレオとチキンクリスプはソースも異なります。 チキンフィレオはオーロラソースを使っています。 これはえびフィレオで使っているソースと同じだと思われます。 チキンとの相性もばっちり。 一方で チキンクリスプに使っているソースはマスタード風味のマヨネーズ。 比較的あっさりとした味わいが楽しめます。 どちらが良いソースなのか?というと難しいところはありますが チキンフィレオに使っているオーロラソースの方がやはり上と言えるでしょう。 バンズの違い 先の写真を見てもらえば分かりますがチキンフィレオではゴマ付きバンズを使っています。 一方でチキンクリスプは普通のバンズです。 こちらは明らかに チキンフィレオの方が良いバンズを使っていると言えるでしょう。 チキンフィレオとチキンクリスプの材料の違いについて 価格が違うこともあるのですが基本的にはチキンフィレオのほうがチキンクリスプよりも良い材料を使っているということになります。 普通に考えてこれは仕方がないところでしょう。 次項で述べますが価格は単品で3倍以上も違います。 チキンフィレオとチキンクリスプの価格 チキンフィレオは単品で350円と高いですね、一方でチキンクリスプは100円でとても安いです。 チキンクリスプ3個でもチキンフィレオよりも安いので圧倒的にチキンクリスプがお得に感じます。 いくらチキンフィレオがおいしいとは言え、チキンクリスプを選んでしまいしょう。 <チキンフィレオ> 単品:350円 セット:650円 昼マック(バリューランチ):550円 <チキンクリスプ> 単品:100円 セット:無し (参考:) ただし、上記の通り チキンクリスプにはセットがありません。 無理にセットにしようと思ったらポテトM270円+ドリンクM220円で合計590円ということでチキンフィレオセット650円ほとんど差が無くなります。 更に言えば昼マック(平日昼間のランチバリュー)のチキンフィレオセットは550円なので平日昼間ならばチキンフィレオの方がお得という逆転現象まで生まれます。 なので 単品ならばチキンクリスプ、セットならばチキンフィレオといった棲み分けをするといいかもしれませんね。 もちろん好みの問題もあるので両方同じぐらいに好きという前提での話です。 その他クーポンを使う場合なども含めるとどちらがお得か?という話が少しずつ変わってくるのでケースバイケースで考えてください。 例えばポテトLサイズ190円のクーポンとかは良く出てきます。 チキンクリスプ100円、ポテトL190円、ドリンクS100円ならば390円でセットを組むことが可能。 これならばチキンフィレオセットよりも安くすみます(ポテトは多くて、逆にドリンクの量は少ないけどね)。 その他、マクドナルドではお得に購入する方法もたくさんあります。 チキンフィレオもチキンクリスプも実質無料でもらえるよな裏技もある?その辺りは別途チキンフィレオ情報でまとめているのでそちらで確認ください。 (参考:) 夜マックのチキンフィレオとチキンクリスプについて マクドナルドでは17時以降に夜マックというサービスを実施しています。 <倍チキンフィレオ(パティ2枚)> 価格:450円 <倍チキンクリスプ(パティ2枚)> 価格:200円 チキンフィレオとチキンクリスプのカロリーの違い チキンフィレオのカロリーは単品で466kcaです。 一方でチキンクリスプのカロリーは358Kcalになります。 1個辺りのカロリーはチキンフィレオの方がかなり高い。 ただし、チキンクリスプの方が圧倒的に安いからと言ってチキンクリスプを2個食べたりすると716Kcalになります。 とんでもないカロリーになるので注意してください。 <チキンフィレオ> カロリー:466kcal <チキンクリスプ> カロリー:358kcal 他の商品を購入する場合など、その他の商品のカロリーも知りたい場合は以下のリンク先で確認ください。 (参考:) チキンフィレオとチキンクリスプのの違いまとめ <チキンフィレオ> <チキンクリスプ> 材料• ムネ肉• オーロラソース• ゴマ付きバンズ• 成型肉• マヨネーズソース(マスタード風味)• 普通のバンズ 価格• 単品350円• セット650円• 単品100円• セットなし カロリー• 466kcal• 358kcal 今回はチキンフィレオとチキンクリスプの違いなどをまとめました。 チキンフィレオとチキンクリスプは似ていますが実はいろいろなところで違うので注意してください。 個人的にはちょっと食べたい時はチキンクリスプ、セットなどでがっつり食べる時はチキンフィレオみたいな感じで棲み分けています。 この辺りは好みもあるので参考までということでお願いしますね! 以上、チキンフィレオとチキンクリスプの違いについてでした! 何か気になるところや間違っているところなどがあれば気軽にコメントください。 スポンサーリンク•

次の

チキンクリスプの値段が安い理由とは

マック チキン クリスプ

このページの目次• 【1】構成の違い チキンクリスプの構成 「チキンクリスプ」は、バンズ・チキンクリスプパティ・レタスで構成されたバーガーです。 100円マックの定番メニューとして知られていますね。 エネルギーは358カロリーです。 「クリスプ」には、食べ物が、硬く砕けやすい・ぱりぱりしている・さくさくしている、などの意味があります。 これらの要素があるサンドイッチを、一般的に「クリスプ」と言います。 マクドナルドでは、これをそのまま商品名にしています。 チキンフィレオの構成 「チキンフィレオ」は、バンズ・チキンパティ・オニオン・レタスで構成されたバーガーです。 「チキンクリスプ」と違い、「チキンフィレオ」には、オニオンが入っています。 350円で販売されており、エネルギーは445カロリーです。 【2】肉の違い 「パティ」はバンズの間に挟む肉のことで、ひき肉などを薄い円盤型にして焼いたものです。 チキンクリスプの肉 「チキンクリスプ」の肉は、鶏皮を使用した「成形肉」を油で揚げたものです。 マクドナルドホームページには、「チキンクリスプパティ」と記載されています。 鶏肉は、タイ産です。 サクサク感があり、少しパサつきがあるのが特徴です。 衣は、ブラックペッパー・ホワイトペッパーなどのスパイスで味付けされています。 チキンフィレオの肉 「チキンフィレオ」の肉は、 鶏ムネ肉の「一枚肉」を油で揚げたものです。 マクドナルドのホームページには、「チキンパティ」と記載されています。 鶏肉は、タイ産です。 ジューシーな食感が特徴です。 【3】バンズの違い チキンクリスプのバンズ 「チキンクリスプ」のバンズは、ごまが付いていない、ノーマルなタイプです。 ノーマルなバンズを、マクドナルドでは「レギュラーバンズ」と読んでいます。 この「レギュラーバンズ」は、シンプルなハンバーガーと同じバンズです。 チキンフィレオのバンズ 「チキンフィレオ」のバンズは、ごま付きのタイプです。 人気商品である、テリヤキバーガーなどと同じものです。 【4】ソースの違い チキンクリスプのソース 「チキンクリスプ」のソースは、 マスタード風味の黄色いソースです。 チキンフィレオのソース 「チキンフィレオ」のソースは、 マヨネーズ風味で酸味のあるオーロラソースを使用しています。 薄ピンク色をしています。 オーロラソースとは、一般的にはマヨネーズ・トマトケチャップ・ウスターソースで構成されるソースです。 ベーコンや蒸したチキンと合うのが特徴です。

次の

チキンフィレオとチキンクリスプの違いは?食べ比べてみた

マック チキン クリスプ

スポンサーリンク 27位~11位 名前 カロリー 27位 ビッグレックファスト デラックス 918kcal 26位 ダブルクォーターパウンダー・チーズ 828kcal 25位 メガマフィン 687kcal 24位 ビッグレックファスト 613kcal 23位 クォーターパウンダー・チーズ 552kcal 22位 マックグリドル ソーセージエッグ 550kcal 21位 ビッグマック 530kcal 20位 てりやきマックバーガー 519kcal 19位 チキンエッグマフィン 515kcal 18位 ソーセージエッグマフィン 468kcal 18位 チキチー 468kcal 16位 ダブルチーズバーガー 463kcal 15位 チキンフィレオ 458kcal 14位 バベポ 457kcal 13位 マックグリドル ソーセージ 420kcal 12位 ベーコンレタスバーガー 399kcal 11位 マックグリドル ベーコンエッグ 396kcal 10位 : えびフィレオ カロリー: 391kcal バーガー低カロリーランキングの栄えある1位であり、マクドナルドで販売されている全27種類のバーガーの中で唯一300kcalを割っているのが、この『ハンバーガー』です。 ちなみに、アメリカ版『ハンバーガー』は250kcalです。 まとめ 『フィレオフィッシュ』や『チーズバーガー』など知名度の高い商品だけでなく、『チキンクリスプマフィン』や『エッグマックマフィン』といった、マフィン系バーガーも上位に食い込んでいますね。 なかなかおもしろいランキングになっていると思います。 また、成人1食分 1日3食 のカロリー摂取基準 目安 が約750kcalと言われており、マクドナルドのバーガー商品の平均カロリーは約480kcalです。 バーガー単品だと意外にカロリーが低いように見えますが、ドリンクやポテトをつけるとあっという間にカロリーの摂取目安量を超えてしまいます。 カロリーのみを意識するというのは良くないですが、バーガーの食べ過ぎには注意しましょう。 マクドナルドのバーガー商品の中で2番目にカロリーが高いという、この『ダブルクォーターパウンダー・チーズ』。 このバーガー単品で、成人1食分の摂取目安カロリー約750kcalを上回ってしまうというモンスターバーガーです。 またアメリカ版『ダブルクォーターパウンダー・チーズ』が780kcalであることから、意外にも日本版の方がカロリーが高いことが分かりますね。 ちなみに、この『ダブルクォーターパウンダー・チーズ』はほとんど『ダブルチーズバーガー』と同じ具材を使用していますが、牛肉のボリュームや玉ねぎのカット法、ゴマの有無などが異なります。 高カロリー1位 : ビッグレックファスト デラックス カロリー: 918kcal 朝マック商品でありながらも918kcalという高カロリー誇るこの『ビッグレックファスト デラックス』が、マクドナルドのバーガー商品の中でもっともカロリーが高いバーガーです。 商品画像から分かる通り、もはやバーガーのカタチをしていません。 マクドナルドが誇るバーガーらしからぬバーガー商品が、マクドナルドでもっとも高カロリーなバーガーなんですね。 ちなみに、この『ビッグレックファスト デラックス』の中には『ハッシュポテト』も含まれています。 まとめ マクドナルドのもっとも高カロリーなバーガーといえども、1000kcalの壁を超えていないんですね。 また、単品で600kcalを超えているバーガーはわずか4種類のみであることについて、意外に感じた方も多いのではないでしょうか。 ボリュームだけでなく、カロリーも気にかけてバーガーを選びたいですね。

次の