デパス 依存 性。 婚約者がうつ病で、デパス、ワイパックス依存の可能性があります。私は25歳会社...

デパスの依存性への離脱

デパス 依存 性

デパスは安易に処方されるのに、普通の抗不安薬よりも 依存性や 耐性が付きやすいと言われている薬です。 断薬を試みたり 減薬を頑張ってもつい1錠を飲んでしまうのは、既に依存してしまっているから。 私も20年以上もの期間依存し続けてきたのですから、減薬や断薬がどれだけ難しいか分かっています。 とは言っても真剣に辞めようと思うなら辞めれないという訳ではないのです。 ベンゾジアゼピン系のエチゾラムは即効性があるから依存しやすい デパスはベンゾジアゼピン系の薬なのですが、 服用して30分もすれば効き目が表れてきますよね。 なのでパニック発作などが起こった時には非常に頼りになるのですが、残念な事にこのベンゾジアゼピン系のエチゾラムは長時間効果が続かないのです。 そのため薬が切れると1錠を飲む• また薬が切れると1錠飲む これを繰り返してしまい依存してしまうと言われています。 半減期が長い薬には 12時間以上効果があるソラナックスやレキソタンがあり、それ以上に長い 20時間〜100時間効果があるのはセパゾン、コントールなど。 もっと長時間効果が続くのはメイラックスやレスタンなどがあるのですが、これは 100時間以上と言われています。 しかし残念な事にこのエチゾラムと呼ばれる薬は半減期が非常に短いため、 効果が薄れると飲む・・・を繰り返してしまうので余計に飲まなくてはならないと思ってしまうのです。 半減期が短い薬とは 半減期とは濃度が体内で薄まっている事なのですが、この半減期が短いほど素早く血中濃度がピークに達するのですが、直ぐに血中からなくなってしまうので早く効き目が消えてしまうのです。 デパスを飲んでいる状態が普通ではなく辛い状態が当たり前 もしあなたが減薬や断薬を頑張ろうと思うなら、まずは 薬を飲んでいる状態が当たり前ではないという認識をする事が大切です。 飲まなければ辛いと思う精神状態やパニックなど、こちらが実は普通の状態。 しかし長年薬を飲み続けていると、飲んでいない状態が当たり前だと脳が思いこんでいるので、不快症状が出ると 「 薬飲まなきゃ!!」 と思ってしまうのです。 ・・・で、折角辞めようと頑張ったのに断念してしまうのですが、私も何度も辞める事に失敗してきたのでその辛さは十分わかります。 一気に辞めるというのが難しかったのですが、サプリや時にはデパスを飲ん でゆっくりと減薬から始めると最終的には断薬する事が出来ました。 依存性や耐性がつきやすいデパスだから断薬は本当に難しいと思いますが、ゆっくりと焦らず時間をかけて辞めていく気持ちでいる事も大切な条件の一つなのです。 スポンサードリンク 当サイトおすすめ! 関連ページ デパス(エチゾラム)を服用すると頭が回らないという事はありませんか?これはデパスの副作用の一つと言われている症状なのですが、即効性のあるデパスを飲むと考えようとしても酔ったかのように思考が止まってしまうような感覚に襲われてしまう事があります。 デパス(エチゾラム)に依存すると副作用として覚えられないという問題が出てきました。 デパスはあまり副作用がないと言われていますが、飲み続けるうちに依存し物覚えが明らかに悪くなっていきました。 決して物覚えが悪かった訳ではないのに。 それも怖くて減薬を考えたのです。 デパス(エチゾラム)は服用期間が短期から中期であれば依存しにくい薬と言われています。 しかし私の場合は長期、それも20年もの間飲み続けていたのですからかなり依存していました。 減薬や断薬に失敗したのは薬物依存に陥っていたからなのですが、それを知らずに飲み続けていたのです。 デパス(エチゾラム)は比較的副作用が少ないと聞いて飲み始めたのですが、実際はかなり依存度が高く減薬や断薬をしようと思うと離脱症状が激しい場合があります。 処方された時にはデパスの危険性を理解した上で上手く服用する事が大切な薬なのです。 デパス(エチゾラム)の0. 5を毎日飲む副作用について考えてみたいと思います。 25年前、うつ病を患った時に処方されたデパス。 毎日0. 5を1錠飲んでいたのですが、その程度では問題になるような事はありません。 ただ問題は、そこから薬に依存してしまうという事だったのです。 デパス(エチゾラム)の効果か副作用かは難しいところですが、飲むと眠気が酷くて起きていられないなんて事はありませんか?活動するお昼に服用し転倒したり、運転中の睡魔で事故を起こしたりと、日中の服用には気を付けなければなりません。 あまりにも酷いなら量を減らす事も考慮してみて。 デパスを飲み始めてから太った人は多いのではないでしょうか。 私も実は体重が増加してしまった一人なのですが、これはデパスの副作用と言えるのかが微妙です。 精神的に安定すると食欲がわいてしまう、嫌でも太ってしまうのですがどれだけ太るか?を書いてみたいと思います。 デパス(エチゾラム)に依していても風邪は引いてしまうもの。 そんな時、デパスと風邪薬って一緒に飲んでいいの?って不安に感じた事はありませんか?基本的には市販されている風邪薬との併用は問題ないそうですが、気を付けなければならない飲み合わせもあるのです。 デパス(エチゾラム)の副作用の一つに頭のふらつきや、何となくフラフラするというのがあります。 初めてデパスを飲んだ時、頭がグルグルと回った私は飲んでも大丈夫なのかな?と不安を感じました。 しかしこれはデパスを飲むと当たり前のように生じる症状なのです。 デパス(エチゾラム)を飲むと生理不順になる?というのは女性にとって不安ですよね。 副作用が少ないと言われているデパスですが、女性の体にとって月に1度の生理が不順になるのはやっぱり心配。 20年以上服用してきた私の体で考えてみたいと思います。 デパス(エチゾラム)に依存していると断薬しようと思っても結局飲んでしまって失敗してしまう人が少なくありませんが、私もその一人でした。 依存が強くなればなる程辞めにくいこのデパス。 それでも20年以上飲んでいた薬を辞めて良かったと思う事を書いてみたいと思います。 デパス(エチゾラム)は依存しやすい薬なのですが、薬に対する依存よりも精神依存の方が強いんじゃないか?と思っています。 飲めば気持ちが落ち着く、持っているだけで心が安定する。 デパスを飲んでいる人でなかなか辞められないのは精神依存なのかもしれませんん。 デパス(エチゾラム)の0. 5をたった1錠飲み続けるだけでも実は依存してしまいます。 私が断薬を失敗したのはこの1錠が辞められなかったからなのですが、辛い時に即効性があるというのも依存する原因なのでしょう。 飲み方を間違えなければ良い薬なのですが・・・ デパス(エチゾラム)にはあまり副作用がないと言われていますが、時々下痢や便秘になる事があります。 これは腸内環境が悪化している事が原因なのですが、セロトニンが足りない鬱病やパニック障害はそれでなくても腸内環境が悪い物。 その理由を考えてみます。 デパス(エチゾラム)を飲んでいると日に日に効き目がなくなっているように感じると不安ですよね。 何カ月も飲み続けると、最初は結構効き目を感じていた0. 5mgを服用しても昔ほど辛さが減らない。 そんな不安を感じているならもう1錠増やしてみると効果を感じられるはずです。 デパス(エチゾラム)は危険な薬なのか不安になりますよね?抗不安薬や向精神薬など、精神疾患に処方される様々な薬の中でもデパスは処方されやすい薬なのですが、飲み方を間違えないようにしないと依存しやすい薬だと言えます。 デパス(エチゾラム)に依存してると知り、まさか自分が薬に依存!と自己嫌悪。 しかし断薬しようとしても簡単に辞められず自暴自棄になっていました。 簡単に辞めれると思ってたのになかなか辞められない自分の弱さにも嫌気がさしたのですが、それでも減薬すら出来ない程依存していたのです。

次の

「魔法のような薬」デパスの減薬に立ち塞がる壁

デパス 依存 性

しかし、服用患者も含め世間一般では簡単に覚えやすい「デパス」でその名が広く知られていることが多い。 このため以後はエチゾラムではなく「デパス(エチゾラム)」と表記することをあらかじめお断りしておく。 「一度、デパス(エチゾラム)依存になってしまうと離脱はかなり困難になる」 精神科医の多くが口をそろえて言う言葉だ。 もっとも、デパス(エチゾラム)を含むベンゾジアゼピン受容体作動薬の依存性については、以前と比べ医療従事者への注意喚起も盛んに行われていることもあり、最近では精神科医以外でも新規処方は避けたがる傾向が強いと関係者は口にする。 また、高齢者では数多くの薬を服用する多剤併用により副作用のリスクが高まるという研究報告も多くなり、ベンゾジアゼピン受容体作動薬も含め、漫然と投与が続いている薬は減薬・中止のターゲットになりやすい。 ただ、デパス(エチゾラム)の場合、それが一筋縄ではいかないことが多いという。 ある若手医師は次のように語る。 医師や薬剤師も苦労するデパス(エチゾラム)の減薬 「多剤併用問題がメディアで報じられることが増えたせいか、高齢の患者さんに減薬を提案すると、多くの場合、基本的には同意してくれます。 ところが減薬に同意したはずの患者さんでも、デパス(エチゾラム)を服用している場合にその減薬を提案すると、一気に険しい表情になって『いや、先生、この薬だけは……』となることが多いのが現実です。 それまでの和やかな雰囲気が一変して緊迫することすらあります。 ああ、これが常用量依存なのだ、と実感する瞬間です。 このためデパス(エチゾラム)の減薬・中止は、日常診療で十分な関係が構築されてからでないと提案すらできません」 また、高齢者が入所する介護施設に医師と同行して服薬指導に従事する薬剤師からもデパス(エチゾラム)の減薬・中止には苦労するという声を耳にする。 「デパス(エチゾラム)の減薬・中止を提案すると、ご家族の方から『この薬だけは続けさせてください』と哀願されることもあります。 よくよくお話を聞くと、そのご家族がデパス(エチゾラム)を長年服用している半ば常用量依存だったということもあります」(都内の薬局勤務の薬剤師).

次の

デパスの副作用・依存性のまとめ

デパス 依存 性

私、断薬してそろそろ3か月がたちます。 なのに、なにか不安があるとデパス、リーゼに手が伸びそうになっては、こらえてます。 実際この3か月のうちに3錠くらい服用しました。 医者は3か月も断薬してまだ欲しがるのは、あなたの精神依存は恐ろしいですよ。 麻薬クラスですといわれました。 ショックでした。 いつか欲しがらない日が来るのでしょうか?一度覚えた、不安解消の気持ちよさを知ると、あの感じはやめれないです。 また手が出そうなので1シート残してすべて捨てました。 これから先、飲めたとしても1シート10錠までです。 これからの人生で10錠で生きていく自信がありません。 リーゼって本当に麻薬の再使用と同じくらいの苦しさがあるとのこと。 服用されている皆さん、やめれますか? 私も数多くの安定剤や、睡眠薬を長期的に服用してきて、 断薬もして、苦しい思いもしましたが、今は薬を必要とすることもなく健康です。 少し精神的なお話をしますと 依存状態とは、脳のある部位に一定の衝動が長期的に与えられた場合に起こります。 これはタバコや、安定剤や、ドラッグや、日常のハマってしまうもの(ギャンブルや、ゲームや、あらゆる物事) 全てに当てはまります。 依存しているものから離れているときは、脳がその衝動をほしがってしまいます。 これは衝動の強度が強ければ強いほどそうなります。 人間が楽と思えたり楽しいと思える対象であればあるほどです。 しかし、それから離れた苦しさは人間の慣れというものが解決します。 例えば、都会暮らしの人が田舎にいってコンビニが無いと不便だと感じるのは 脳の仕組みから言えば、薬が無いと辛いと感じるのと全く同類です。 これも何ヶ月かすれば、コンビニが無いというのも忘れてしまいます。 3ヶ月たってもまだ依存から脱出できてないということは、 そのほしがる衝動の大きさは確かに大きかったのかもしれませんが、 時間がたてば自然と消える感覚です。 何年も携帯無しで暮らさなければいけないと思えばわかりやすいかもしれません。 最初の何ヶ月かはしんどいと思うかもしれませんが、必ず消えていきますのでご安心ください。 あくまで依存は脳の反応ですので、その苦しさにあまりとらわれずに(脳が勝手に感じる苦しさを無視する) 現在の日常について頭を巡らせたり工夫することを考えればいいかと思います。 そうして無視していれば、自然と消滅します。 Q 心療内科に通っています。 不安になった時に飲む用としてリーゼ錠5mgを処方されてます。 昨日自分の価値のなさ、不安感からリーゼを飲みました。 1錠でふら~っと効いてきたのですが 不安がぬぐえず、どんどん飲んで2時間で7錠飲みました。 立てなくなって自分でやばいと思い、『心の救急相談窓口』に電話して放っておいて大丈夫かだけ何とか聞きました。 『とりあえず転ばないように横になっててください』と言われたので 育児を中断して横になって、息子と寝ました。 でも今日まだ薬が抜けず、ぼーっとしてます。 そしてまた飲みたいと思ってます。 リーゼに依存性ってあるんでしょうか?? 明後日心療内科に行くのですが、それまでに答えが知りたくて。。。 つらいです。 A ベストアンサー リーゼはすぐに聞くタイプの安定剤です。 安定剤の中には 抗うつ剤、抗不安薬、抗精神病薬と多々あります。 リンク先で調べればわかるのですが、飲みすぎると眠くなります。 また、チエノジアゼピン系、ベンゾジアゼピン系 という単語が現れた場合は 依存の恐れあり と認識してください。 ODとはオーバードウズの略語で、定義は二つ、 ・医者の指示以上の量を飲む ・法律で定められた分量の最大以上を飲む の二つです。 別に飲みすぎたからといってつかまるわけではありませんが、リーゼの場合ミリグラムにして30が最大らしいので、これの2倍とか飲んでフラフラになったまま騒ぎを起こして御用になったりすると、「麻薬及び向精神薬取締法」にくわしい警官だった場合は逮捕されてしまいます。 先の回答者さんがいう効くのに2週間とかかかるのは抗うつ剤の仲間です。 ちなみに2時間で7錠は明らかにODと言えます。 しかも、あのボケボケ感をまた味わいたいという気持ちになってしまったのですね。 育児をされているとのことですが、このボケボケ感を堪能してもいいのは義務がない・・・いわば独身で人生が終わっている人だけです。 守るべきものがあるあなたはこの「人生が終わっている人だけの特権」を持っていません。 どんな手を使っても医者の処方を守るように心がけてください。 医者にもちゃんとこのことは報告しておきましょう。 jah. html リーゼはすぐに聞くタイプの安定剤です。 安定剤の中には 抗うつ剤、抗不安薬、抗精神病薬と多々あります。 リンク先で調べればわかるのですが、飲みすぎると眠くなります。 また、チエノジアゼピン系、ベンゾジアゼピン系 という単語が現れた場合は 依存の恐れあり と認識してください。 ODとはオーバードウズの略語で、定義は二つ、 ・医者の指示以上の量を飲む ・法律で定められた分量の最大以上を飲む の二つです。 別に飲みすぎたからといってつかまるわけではありませんが、リーゼの場合ミリ... Q 4月下旬頃、夜中寝ていたら急に唇が腫れてきて、どんどん大きくなり、どうしようと思って胸がドキドキしてきたからなのか、腫れてきたことと一緒にその症状が出たのかはわかりませんが、産まれて初めて過呼吸になりました(過呼吸自体は30秒程で治まりましたが、脱力感、手足のしびれが残りました)。 夜中に救急で病院に入りましたが、整形外科の先生であったため、「よくわからない」ということでした。 次の日に内科へ行ったのですが、混んでいる病院だったからか、「よくわからない。 血液検査では異常はない」と言われ、自律神経に効く?という点滴をされました。 ちなみにその日は37度5分の熱がありました。 別の日に、皮膚科に行ったら唇の腫れは「クインケ浮腫」というものでした。 「ひかりもの、からいものは避けるように」と言われました。 確かに、最初に過呼吸になった時の夜に食べたものにからあげがあり、からあげ粉に香辛料がありました。 初めの内科の対応に疑問を感じたので、別の内科へ行って心電図をとりましたが、異常なしと言われ、パニック障害かも?と言われ、心療内科を勧められました。 心療内科では「パニックではない」「ただびっくりしただけで、もうあなたは出ないと思うよ」と言われ、リーゼという薬を一日二回飲むように言われ、飲んでいます。 「症状が出てしまった時のために」と、ソラナックスという薬もいただきました。 「これは、あなたのような人は割って半錠でもいい」と言われました。 そして、その1週間くらい後に、友達と食事に行き、ピザを食べていて、タバスコがついていたのですが「あ、皮膚科でからいものダメって言われたのに、食べてしまった」と思ったとたん、急に胸がギュッとなり、呼吸が苦しくなり、過呼吸まではなりませんでしたが、横になりたい衝動にかられました。 ソラナックスを飲んだら(1錠)すぐ治りましたが、しばらくしてそこにいられない感じになり(胸がうずくというか)、外に出ました。 外の空気を吸ったら治りましたが。 「出ないと思う」と言われたのに、症状が出てしまったのです。 電車に乗れないとかはないですが、あれから怖くて、からいものがあまり食べられません(カラシやソースやドレッシングは大丈夫でした)。 皆さんそうだと思うのですが、リーゼ(薬)をやめたいと思っています。 でも、4月5月頃に比べれば、胸の不快感、過呼吸はなくなりましたが、たまに不安に襲われて動悸がする、呼吸が変になるという感覚は減りましたが、あることはあります。 また、健康診断で、肝臓の数値が悪いと言われ、お酒はあまり飲まないので、薬?とも思います。 やめたい旨を、この間診療内科の先生に言ったのですが、ちょっとムッとしたような感じで「では頓服にして」と言われました。 でも、リーゼ系の薬は、いきなりやめたり少なくしたりすると、離脱症状が出るとネットで見たので、こわいので1日2回は守っています。 心療内科が初めてで、お聞きしたいのですが、飲み続けて大丈夫なのでしょうか?(別に鵜呑みにするわけではありません。 心療内科の先生を信じたいとは思っているのですが) 4月下旬頃、夜中寝ていたら急に唇が腫れてきて、どんどん大きくなり、どうしようと思って胸がドキドキしてきたからなのか、腫れてきたことと一緒にその症状が出たのかはわかりませんが、産まれて初めて過呼吸になりました(過呼吸自体は30秒程で治まりましたが、脱力感、手足のしびれが残りました)。 夜中に救急で病院に入りましたが、整形外科の先生であったため、「よくわからない」ということでした。 次の日に内科へ行ったのですが、混んでいる病院だったからか、「よくわからない。 血液検査では異常... Q そういわれたのは、あなたは依存が激しすぎるからです。 と先生に言われました。 一週間で服用した薬はデパス0.5を一錠とリーゼ5ミリを二錠の計3錠です。 しかも2日だけですが、これでかなりの緊張を伴う場面を乗り切れました。 これを話しても、先生は週に3錠飲んでるんだから、治ってないんだよ!だから完全禁止!寝る前のパキシルCR25一錠以外飲むなといわれました。 私は素人です。 しかし、これくらいの量で、抗不安薬に支配されているとは思いませんし依存もしてないと思うのですが、先生の言うようにこの量だと依存なのでしょうか。 特に私は先生からデパス、リーゼの精神的依存と言われています。 デパス、リーゼのOD量も把握しており、自分なりにコントロールできているので、とても納得いきません。 やはり先生を信用できないと思ったら心療内科は転院するべきでしょうか? A ベストアンサー 本音で話します。 7・8錠までは心配いりません。 医師は、4・5錠までと言うでしょうが、肝臓・腎臓などの内臓に病気が無い限り、私のような飲兵衛で無い限り、10錠飲んでも気にすることはありません。 注意することは、半年以上デパスを大量に飲むことは、お勧めできません。 高齢者で無い限り、直接的な問題は生じないでしょうが、長期的に考えれば、将来何らかの脳障害が起きる可能性が否定できないからです。 リーゼ限らず、医師から処方された薬の2倍程度飲んでも、心配いりません。 前述の通り、内臓疾患や他の疾患の場合は、医師の指示通りに薬を服用してください。 あくまでも、安定剤に関しての裏情報ですから。 A ベストアンサー リーゼはベンゾジアゼピン系の抗不安薬です。 ベンゾジアゼピン系の精神薬は、依存性や離脱症状が起きることがあることで知られています。 また耐性がついてしまうこともあります。 日本の精神科や内科では安全な薬として安易に処方される傾向があります。 大量服用しても死なないという意味では安全ですが、依存性や薬をやめるときに生じる離脱症状については問題になっています。 薬にはどんな薬にも作用と副作用があります。 薬を飲むかどうかはリスクとベネフィットについてよく考えなければいけません。 リーゼのような抗不安薬は漫然と長期にわたって飲まれることはお勧めしません。 今効果があれば処方どおりに飲むようにしてください。 突然やめると離脱症状が出ることがありますので注意が必要です。 ベンゾジアゼピン系の薬のやめ方は、医学的に確立された方法はありません。 体質に合わせた減らし方を普通はします。 徐々に服薬量を減らしていくやり方が一般的なようです。 ミオナールは私はあまり詳しくは知りませんが、特に副作用が出ていなければ、継続的に飲んでも大丈夫だと思います。 依存性も処方量を守っていれば心配はないと思います。 ただ効果がないのなら飲んでもリスクだけが残りますので(肝臓への負担など)飲まないほうがよろしいかと思います。 質問者さんのお医者様がリーゼに関して、あまりはっきりとした回答をされなかったのは長期服用のリスクについて心配されているからだと思います。 良心的なお医者様かもしれませんね。 症状の緩和も大切でしょうから、今後の長期的な治療方針について今のお医者様とご相談されてみてはいかがでしょうか。 リーゼは抗不安薬の中でも比較的弱い薬とされているので、処方量を守って飲んでいる分には当面は問題はないかと思いますが、継続的に飲まれるかどうかは主治医とよくご相談されてください。 またご自分でも薬について勉強されるのがよいと思います。 医者は病気を治したり、症状を緩和してくれるのを手伝ってくれる存在と考えるのがよいと思います。 自分でも病気や症状についてよく勉強し、最適な解を医者の手伝いをかりながら探すというのが医療とのかかわりでは大切なことだと思います。 ご参考までに。 リーゼはベンゾジアゼピン系の抗不安薬です。 ベンゾジアゼピン系の精神薬は、依存性や離脱症状が起きることがあることで知られています。 また耐性がついてしまうこともあります。 日本の精神科や内科では安全な薬として安易に処方される傾向があります。 大量服用しても死なないという意味では安全ですが、依存性や薬をやめるときに生じる離脱症状については問題になっています。 薬にはどんな薬にも作用と副作用があります。 薬を飲むかどうかはリスクとベネフィットについてよく考えなければいけません。 Q 半年前から、過呼吸、動悸、めまい、胸の不快感等で心療内科にかかっており、リーゼ5ミリグラムを処方されていて、朝晩1錠ずつ飲んでいます。 最近調子がいいので減薬をしていこうと思い、先生に相談したら「まだ飲み続けないと」と言われ、減薬の方法も教えてくれません。 (ちなみにゲップしか今のところ症状はありません。 たまに動悸がします)子どもを産みたいから、将来的には断薬もしたいです。 徐々に減らしていって、断薬できる方法を教えてください。 それか、減薬の仕方を教えてくれる心療内科を探した方がいいでしょうか?(でも、心療内科の患者が減るので、そういう病院はなかなかないのですかね) (実は先生に内緒で、朝だけにしています。 今のところ調子が悪くなるとかはありません。 症状が出てしまったら飲むようにはするつもりです) A ベストアンサー 日本の医師は世界標準の医療から脱落して、 リーゼのような極めて危険な薬を大量に処方するような 情けないでたらめな「治療」行為が蔓延しています。 ちなみに、リーゼのような睡眠薬は 過呼吸の原因を改善するわけではなく、 単に目先の不安状態を眠気でごまかすだけですので 今の担当医のような不勉強なところにかかっている限りは 一生に渡って飲み続けさせられることになります。 質問者がご自身でなされているような 徐々に減量する方法が当然の対応ですので、 今のまま、錠剤を半分に割るなどなされて 1週間程度の間隔を置いて最終的に薬をすべて停止するように 専門医としてお勧めいたします。 この程度の知識も持ち合わせていないような 現在の担当医にこれ以上受診なされることは ご自身の将来の妊娠にも多大な影響を及ぼしますので 決して再診をなされないことが重要な判断でしょう。 どうしても不眠でお悩みの場合には ツムラの漢方を安全のために処方してもらうよう ツムラの無料電話相談窓口に、専門医の紹介を求められることが 代わりの手段となります。 今のうちから早めに安心してかかれる専門医を探しておかれることが 大切と思われます。 日本の医師は世界標準の医療から脱落して、 リーゼのような極めて危険な薬を大量に処方するような 情けないでたらめな「治療」行為が蔓延しています。 ちなみに、リーゼのような睡眠薬は 過呼吸の原因を改善するわけではなく、 単に目先の不安状態を眠気でごまかすだけですので 今の担当医のような不勉強なところにかかっている限りは 一生に渡って飲み続けさせられることになります。 質問者がご自身でなされているような 徐々に減量する方法が当然の対応ですので、 今のまま、錠剤を半分に割るなどなされて... Q 不眠のために、2年近く就寝前に安定剤のリーゼ1錠を毎日飲んでいます(それ以外の薬は飲んでいません)。 不眠といっても、ただ眠れないのではなく、入眠しそうな際に頭がフラーとなるようなイヤな感覚に襲われて目が覚め、それを何度も繰り返すため、症状としてもかなり不快です。 ただ、安定剤への依存をなんとか断ち切りたいので、ここ1週間ほど、リーゼを眠剤のマイスリーに変えています。 マイスリーでも眠れるので、そうしているのですが、やはり安定剤を抜いているためか、自律神経が原因と思われるその他の症状(胃腸の動きが悪いなど)が悪化している気がします。 それでも、マイスリーにすることで、事実上安定剤を抜いているので、薬に頼らずに眠れるようになるための過程として、いいのではないかと思い、1週間続けています。 お聞きしたいのですが、薬なしで眠れるように習慣をつけるために、リーゼ(精神や自律神経に作用する薬は依存性が強い?)の代わりにマイスリーにすることは効果的な方法でしょうか。 それとも、体調が悪くなるくらいならリーゼ1錠を続けているほうがよほどマシでしょうか。 どうぞよろしくお願いします。 不眠のために、2年近く就寝前に安定剤のリーゼ1錠を毎日飲んでいます(それ以外の薬は飲んでいません)。 不眠といっても、ただ眠れないのではなく、入眠しそうな際に頭がフラーとなるようなイヤな感覚に襲われて目が覚め、それを何度も繰り返すため、症状としてもかなり不快です。 ただ、安定剤への依存をなんとか断ち切りたいので、ここ1週間ほど、リーゼを眠剤のマイスリーに変えています。 マイスリーでも眠れるので、そうしているのですが、やはり安定剤を抜いているためか、自律神経が原因と思われるその他... A ベストアンサー 精神科医です。 リーゼもマイスリーも作用機序が同じなので、リーゼをマイスリーに置換できたとしても、今度はマイスリーの依存症になるだけです(ややこしい理屈があって、マイスリーの方が若干依存性は少ないのですが)。 質問のご記載からは原病を治すのにどのような治療が行われているのかがわかりませんが、リーゼを処方しているだけなら、単なる「臭い物にフタ」です。 睡眠薬の依存性ややめ方について意識が高い医療者は残念ながら少数派で、御心配のとおり、依存症になってしまうリスクは高いですね。 睡眠薬や安定剤の依存性については詳しく扱っているサイトがありましたので参考までに紹介しておきます。 mental-clinic. mental-clinic. しかし、最初に行っていた病院ではあんまり話を聞いてくれなかったため、病院を変えました。 そこで、リーゼと漢方を処方されています。 それで1年ほどで症状がでなくなり、完治していたのですが、新たな不安要素がでてきたので、再度通院するようになり3ヶ月が経ちました。 今も、リーゼ5mgを寝る前に飲むのと、漢方は2週間ごとに種類が変更されていますが1日3回飲んでいます。 一番大きな症状としては、喉のつまり感・耳のつまり感・首の重さ・頭がざわぁとするというものです。 あとは、たまにふらつき・不眠などがあります。 何に対して不安を感じているのかわからないのですが、買い物中に急にあつくなって汗が止まらなくなったり・ふらつきがあったりで喉のつまりが出てきて、だんだんこのままでは倒れるんじゃないかと不安を感じてきてしまいます。 リーゼを飲んでも喉のつまり感や首の重さは改善されずで、勝手にもう1錠増やしていいものか悩んでしまっています。 この間2週間ほどだけ、ソラナックスに変わった事があったのですが、効き目がでるのが遅くて、リーゼに戻してもらったのです。 しかし、そのリーゼに戻してからはリーゼもあまり効き目を感じなくなってしまいました。 リーゼでは足りていないという事なのでしょうか? それとも、他の病気なのでしょうか? それも、不安の原因かもしれませんが、次に病院に行くのが11日後なのでそれまで我慢するべきか。 何でも良いのでご意見ください。 よろしくお願いします。 3年ほど前に不安神経症と診断され、1年ほど漢方とメイラックスで治療していました。 しかし、最初に行っていた病院ではあんまり話を聞いてくれなかったため、病院を変えました。 そこで、リーゼと漢方を処方されています。 それで1年ほどで症状がでなくなり、完治していたのですが、新たな不安要素がでてきたので、再度通院するようになり3ヶ月が経ちました。 今も、リーゼ5mgを寝る前に飲むのと、漢方は2週間ごとに種類が変更されていますが1日3回飲んでいます。 一番大きな症状としては、喉の...

次の