パソコン フリーズ。 System stürzt ab, friert ein oder ein Fehler tritt auf.

Windows10が重い固まるフリーズ!安全に再起動する4つの方法

パソコン フリーズ

状況別の対処法 まずは、どんな時でも対応できるフリーズの対処法をご紹介しました。 ここからは、以下の状況別の解消法を解説していきます。 特定のアプリ・ソフトが動かない まずは、特定のアプリやソフトだけフリーズした場合です。 他の動作はできるのに、特定のものだけ反応がない場合はこの可能性が高いでしょう。 特定のアプリのフリーズを解消する方法は以下の通りです。 タスク終了後、再度開けば動くようになっているでしょう。 画面の反応はないがマウスとキーボードが使える 原因はわからない、だけどマウスとキーボードが使える場合は安全にフリーズを解消できます。 この状況でフリーズを解消する方法は2つです。 CPUの数値が高いアプリを終了するとフリーズが直る場合があります。 再起動するそれでもフリーズが直らない、そもそもタスクマネージャーを動かせないという方は、次の方法をお試しください。 再起動すれば完全にフリーズが直るでしょう。 マウスもキーボードも使えない 画面の反応もない、マウスもキーボードも使えない場合は、残念ながら強制シャットダウンをするしかありません。 強制シャットダウンをすると、開いているデータが破損する恐れがありますが、何も動かない場合はあきらめて強制シャットダウンをしましょう。 頻繁に起こるという方は、あらかじめデータをコピーして利用するなど、対策しておくことをおすすめします。 フリーズの原因はなに? なぜフリーズするのか疑問をお持ちの方もいるでしょう。 フリーズの原因としては、主に以下の4つが挙げられます。 特にアプリによっては、バージョンが古いと最新のものに比べて不具合が起きやすくなるので注意しましょう。 メモリ不足 メモリ不足もフリーズの原因の1つです。 たくさんのアプリを同時に使ったりすることで、メモリに負荷がかかります。 特に、スペックが低いパソコンでは起きやすいので注意しましょう。 また、少しでも重いと感じたら、使っていないアプリを閉じるのも対策となります。 HDDの不具合 HDDの不具合には、システムの不具合とハードウェアの不具合の2つがあります。 システムの不具合とは、データの断片化によって読み取りが遅くなりパソコンが重くなることです。 この場合の対策としては、デフラグが有効になります。 後で詳しく解説 一方、ハードウェアの不具合とは、破損などによってデータが読み取りにくくなっている状態です。 この場合はHDDを交換する必要があります。 パソコン内部に熱がこもる パソコンの内部にほこりなどが溜まることで、パソコンが熱を帯びやすくなります。 その状態が続いているとフリーズの原因となるので、ご注意ください。 この場合、パソコンの内部をクリーニングすることで原因を解消できます。 クリーニングをする際は、電源を抜いてからするようにしましょう。 フリーズしないための対策 「普段からフリーズを起こらないようにしたい」とお思いの方もいるでしょう。 フリーズの対策としては、以下の4つがあります。 試しやすいものからお試しください。 アップデートをすることで、アプリの不具合が解消される可能性があります。 ウイルスの確認をする ウイルス感染でフリーズが起こるということがあります・ そのため、フリーズが頻繁に起こるようなら、ウイルスに感染していないかを確認してみましょう。 デフラグを行う 原因の1つでHDDの不具合をあげました。 このデフラグで断片化されたデータを整理することで、パソコンが軽くなります。 デフラグの方法は以下の通りです。 後は、頻度にしたがってデフラグが行われます。 バックグラウンドアプリを停止する バックグラウンドアプリとは、パソコンを使っていると後ろで勝手に動くアプリのことです。 メモリへの負荷を減らすために、不要なものは停止しましょう。 バックグラウンドアプリの停止方法は以下の通りです。 どれを停止していいか分からない場合は、普段使わないものからオフにしていきましょう。

次の

PCの画面が突然乱れ、フリーズする現象について

パソコン フリーズ

次の項目を順番に確認してください。 1番目の確認項目ハードディスクの動作を確認する ハードディスクから読み書きするデータが多い場合は、処理に時間がかかり、一時的にWindowsやアプリケーションが反応しない場合があります。 まず、ハードディスクが動作しているかどうかを確認します。 ハードディスクアクセスランプ( 、または )が点灯、または点滅している場合は、ハードディスクのデータを読み書きしている可能性があります。 この場合は、ハードディスクアクセスランプが消灯し、ハードディスクが停止するまでしばらく待ちます。 ハードディスクが停止したことを確認した後で、Windowsやアプリケーションの操作ができるかどうかを確認します。 2番目の確認項目アプリケーションやWindowsを強制終了する ハードディスクの状態を確認し、しばらく待ってもパソコンの操作ができない場合は、アプリケーションやWindowsを強制終了します。 強制終了した後に、パソコンをもう一度起動し、操作ができるかどうかを確認します。 3番目の確認項目パソコンが停止しないようにする 頻繁にパソコンの動作が停止する場合は、ハードディスクの空き容量を増やしたり、Windowsの設定を変更したりして、状況が改善するかどうかを確認します。 パソコンの動作が不安定になったときの対処方法は、Windowsによって異なります。

次の

パソコンが頻繁にフリーズする原因と対処方法

パソコン フリーズ

パソコンがフリーズして操作不能になり、イライラした経験が一度はあると思います。 特に大事な作業のときに止まると、なおさらです。 でも、そこで焦ってまちがった対処をしないでください。 落ち着いて、つぎの項目をチェックしてみましょう。 ここでは、Windows 7版の対処方法を解説いたします。 電源ボタンを切る前に、ここをチェック! フリーズしてしまうと、とりあえず電源を切ってしまう方が多くおられます。 電源ボタンで電源を切ってしまうと不具合が起きてしまう可能性があります。 まずは、以下の対応を行ってください。 これは、大きなファイルやページを開いたとき、プログラムが大きな処理をしているときは、フリーズしたときのように動作が重くなってしまうためです。 パソコンは荒く扱わずに、1つ1つ丁寧に対処する必要があります。 スリープモードにする スリープにして待つこともできます。 大きな処理をしているときは、このように待つことで再開できることがあります。 ノートパソコンの場合:本体の画面を閉じ、しばらく待ってから開く デスクトップの場合:マウスやキーボードを動かすことができれば、電源オプションからスリーブを選ぶ マウス、キーボードが動く場合 マウス、キーボードが動く場合の対処法を解説します。 タスクマネージャーを起動 フリーズしているソフトウェアや、他のソフトウェアを強制終了させる方法です。 マウスから起動する方法 1. 「タスクバー」の何もないところを「右クリック」 2. しかし、いきなり強制シャットダウンするのではなく、以下の項目を事前にチェックしてください。 強制シャットダウン前のチェックポイント 1. DVDやCDなどがパソコンに入っているときは、かならず取り出す(DVDが入ったまま電源を入れると、重い処理が入り正しく起動できないことを防ぐため) 強制シャットダウンのやり方 1. 電源ボタンを5秒ほど長押し、電源を切る 2. 10秒待ってから、再び電源を入れる 再び電源を入れると、このようなエラー回復処理の画面が出ることがあります。 「Windowsを通常起動する」を選びEnterを押すことで、通常起動できることがほとんどです。 電源ボタンを押しても切れないときは? パソコン本体とディスプレイの電源コードをコンセントから外し、放電します。 長時間PCを使うと内部に電気がたまり、電源がつかない・または動きが遅くなることがあります。 放電することで、不具合が良くなることがあります。 ノートパソコンの場合 1. 電源を切ってから、コンセントから電源コードを抜く 2. バッテリーを外し、90秒放置 3. 再び電源を入れる デスクトップパソコンの場合 1. 電源を切ってから、コンセントから電源コードを抜く 2. 90秒放置 3. ただワードやエクセルなどOfficeの一部アプリでは、自動保存でデータが復元できることもあります。 自動保存できるように設定しておきましょう。 文書の作成中などは、「Ctrl+S」キーを押すなどしてこまめに保存するクセをつけておくと便利です。 動作の不具合が起きる可能性 まれに、強制終了したときハードディスクに悪影響を与えてしまい、不具合が起きることがあります。 しかしパソコンがまったく動かないと何もできないので、まずは強制終了することになります。 このような強制終了は、ひんぱんに行わないようにします。 フリーズがひんぱんに起きるときは、修理に出すようにしましょう。 フリーズから復旧したら、ここをチェック! フリーズや動作不良には、原因があります。 さまざまな原因の可能性をかんがえ、確認すべきポイントの一覧です。 セーフモードで起動してみる 「セーフモード」とは、最低限のファイルのみでPCを使うモードです。 セーフモードでの使用で症状が治った場合は、「パソコンを購入してからインストールしたデバイスやプログラム」が影響している可能性があります。 セーフモードで起動する方法 1. 強制終了後、電源ボタンを押したらすぐに「F8」キーを何度か押す 2. その場合、該当するようなプログラム等をすべて無効にし、再起動して使用してみてください。 それでもフリーズする場合は、ハードディスク異常やアプリケーション競合、ウイルス感染など他の原因が考えられます。 ウイルス感染していないか?チェック パソコンが操作できない、動作がおかしいなどは、ウィルスに感染しているとよくある症状です。 ウイルス対策ソフトをかならず入れ、ウイルススキャンをしてみてください。 怪しいサイトへのアクセス、ネットやメールからファイルをダウンロードするのは特に注意してください。 ハードディスクの空き容量を増やす メモリ不足になると、動きが遅くなることがあります。 空き容量を増やしてみて、しばらく様子をみてみましょう。 空き容量を増やす方法 1. 不要なファイル、フォルダを削除 (ごみ箱に移してから削除すると、元には戻せないので注意) 2. ファイルを外部メディアに移す (USBメモリや外付けハードディスク、DVDなどにあまり使わないファイルを移動してから、本体ハードディスクのファイルを削除) 3. 不要なアプリケーションをアンインストール 4. フォルダを圧縮 (圧縮属性の設定により、ファイル展開せずに使える) 5. ディスククリーンアップをする (ハードディスクへ一時的に作られたファイルを安全に削除する機能) 6. 復元ポイントを削除 (復元機能でバックアップされたデータを削除) 最新のドライバーをインストールする デバイスドライバーを最新バージョンに更新すると、動作が改善される場合があります。 デバイスドライバーは、パソコン内部や周辺機器を正常に動作させるためのソフトウェアです。 ファンや熱排気口をチェック パソコンの内部温度を下げるためのファンが壊れていたり、ホコリがつまっていたりすると、熱暴走により温度が上昇しフリーズすることがあります。 ファンの交換や熱排気口の掃除で改善することがあります。 周辺機器を外してみる USBメモリや外付けハードディスク、無線マウスやキーボードなどをすべて外してみて、症状を確認します。 ハードディスクのエラーをチェックする ハードディスクにエラーがないか調べます。 エラーが見つかった場合は修復できる可能性があります。 OSの再インストール いちどパソコンを初期状態に戻す方法なので、これは最終手段になります。 修理に出す 家電量販店やパソコン修理専門店など、プロに見てもらいましょう。 修理に出すときのポイント 修理のとき、すべてのデータを消されてしまうことがあります。 そのため、消去されたら困る写真や文書ファイルなどのデータをUSBメモリや外付けハードディスク、オンラインストレージやクラウドなどに保存しておきます。 ただ、何年も使っているパソコンはパフォーマンスが低下することがほとんどです。 PCは購入直後にもっとも快適に動きますが、長年使っていると徐々に動作が遅くなり、フリーズすることがあります。 その場合、修理するよりも新品を買ったほうが安いこともあります。 パソコントラブル解決のドクターホームネット 自分で処置をすることで、取り返しのつかないことになる可能性があります。 そのような事態になる前に、プロにトラブル解決をお願いしてみるのも手です。 であれば、問題解決に向けてすぐ動いてくれます。 「パソコンが起動しない」「インターネットにつながらない」「ウイルスに感染したかも」などで悩んでいるなら相談してみてください。

次の