さけ しゃけ 違い。 「さけ」と「シャケ」と「サーモン」の違いと使い分け方を紹介

鮭(さけ)としゃけ、違いはあるの? 読み方は語源や方言に関係している?!

さけ しゃけ 違い

よくその辺の川を上っているのがこの白鮭ですね!うちの近くに鮭が上る川がありますが、力尽きて打ち上げられている様はなんとも涙ぐましいです・・・。 スーパーで一年中見ることができる白鮭、見分け方は「ほかの種類の鮭より薄いピンク色」であることです! 味は脂が少なくあっさりしていて、切り身を焼き魚にしてもさっぱり!よく使われている、一番一般的な種類の鮭ですね~。 ふつうに塩焼きで食べるならこの白鮭がいちっばん美味しい!!!(わたし談) でもこの「白鮭」、日本でなじみ深いだけあって、季節などに応じて様々な呼び名があるのを知っていましたか? 「秋鮭」、「時鮭」、「新巻鮭」、「鮭児」は全部、(ほぼ)白鮭のことなんですよ! 秋鮭 秋鮭(アキザケ)も、種類としては白鮭です! 「秋に獲られた白鮭」ですね。 鮭といえば秋の時期っていうイメージがありますよね?^^ 秋の時期には、海で回遊していた鮭が産卵するために川へ戻ってくるからなんです! そしてその時に獲られるのが秋鮭なんですが、この時にはもう産卵間際すぎて栄養が卵に行ってしまっていて・・・ 味は薄いというか、あっさり目です。 秋のイメージは味が美味しいというより、秋に川で捕れるからだったんでしょうね~。 では、本当に美味しい鮭の旬の時期とは?? 時鮭 さきほど話したように、秋に白鮭が日本の川へ戻ってくるのですが、なんとその前、 春~夏の時期に戻ってくるうっかり鮭さんがいるのです!(゜゜) 間違えたのか寄り道してきたのか、とにかく 「時知らず」とも呼ばれているこのうっかり鮭さん。 実は この鮭が一番脂が乗って美味しいと、 食通の間では大人気なんです!!! 良いものはかな~り値段が張る鮭なのでわたしは食べたことなぞありませんが、鮭の味のクリーミーさは知っていますよ。。 種類はやはり、白鮭がほとんどですね! 荒縄で巻いたり藁で巻いたりしていたので、新巻鮭になったんですって~。 日本では天然の銀鮭はほぼ捕れないに等しいので、宮城県で多く養殖されています。 養殖のチリ産もありますね! 3種類の中で値段が高い鮭【紅鮭】 この 紅鮭(ベニザケ)も、日本にはあまりいない種類の鮭です。 ただなんとなく呼び分けてるだけ・・・。 このトラウトサーモンは「海で育てられたニジマス」なんですよ^^ニジマスも他の鮭と同じく、海で生きることもできるんですね。 「大西洋」ですからね、日本にはいません~。 スーパーなどで見た記憶がないのですが、あなたの地域ではありますでしょうか?? と、いうのも、トラウトサーモンの方が日本でよく流通しているんですよね! 見分け方はというと、比べるとはっきり分かるくらいに色が違います! 赤色が強く、美味しそうなトラウトサーモンの方が、日本では売れるみたいですよ。 (出回りが少ないせいか、アトランティックサーモンの方が値段が高め) 日本人は赤色が好きなんですねー、かまぼこや魚肉ソーセージもピンク色だし! 世界ではアトランティックサーモンの方が逆に好まれているみたいですが、脂がやや抑えめのトラウトサーモンの味の方がわたしは好みだなぁ。 サーモンの王様!値段が張れば本物の【キングサーモン】 出典:Wikipedia 大きさも味もキングサイズ!! キングサーモンなんて鮭がいること、知ってましたか?? このキングサーモンも日本ではほぼ手に入らず、分布はアラスカなどが中心です。 日本人には脂が多いのが好まれますからねっ。 でも注意なのが、スーパーなどでは「キングサーモン」という名前で「アトランティックサーモン」という名前が使われている場合があること!やめてほしいですねぇ。 大型のアトランティックサーモンを使っているので、食べる分には味などそう変わらないのですが・・・やはりキングサーモンの方が値段は高い場合が多いです。 そのほかの鮭の種類~鱒も鮭の仲間~ 鮭、サーモン、鱒(マス)、日本では鮭の種類は、この3種類に呼び分けられていますね。 ただ呼び分けがされているだけで、実は同じ種類のことだったり・・・? 川ではヤマメでおなじみ【桜鱒】 本鱒とも呼ばれる 桜鱒(サクラマス)は 高級魚で、味も超絶品! わたしも食べてみたいのですが、食べた人は 「ふつうの鮭よりも味が濃い感じですごく美味しい!」そうです>< サクラマスは、海に出ずに一生を川で過ごすとヤマメなんですよ。 その辺の川でヤマメが泳いでるような、山で食べるヤマメの味はさっぱりして超絶品なんですが、 海に出ると体も大きく、味も旨味が増すんですねぇ。 海に下ると紅鮭になる【姫鱒】 今度は一生川にいる鱒、 姫鱒(ヒメマス)のお話です。 でもぎりぎり秋だったとしても、 白鮭とか 紅鮭をサーモンとして出す・・・のか? わたしの推測できるのはここまでです、教訓、 「魚の種類まで聞こう」。 わたし、そんなに鮭の味が好きじゃなかったんです。 さっぱりした味が好きで、さっぱりとはほど遠いクリーミーな味の鮭は、なんとも合わないと思っていました。 でも、さすが鮭が多く取れる北海道です! せっかく行ったんだから食べてみようと、鮭というかサーモンの親子丼を 「小樽三角市場」というところで頂きました。 値段が高ければ高いほど美味しいと感じるわけでもありません。

次の

「銀鮭」の読み方についての質問です。「ぎんさけ」と「ぎんしゃ...

さけ しゃけ 違い

もくじ• 鮭の呼び方は「さけ」なのか「しゃけ」なのか?寿司のサーモンは美味しいけど、実は・・・ みなさんいつも有り難う御座います。 ASAPアニマルニュースです! 今回のテーマは鮭です。 鮭って本当に美味しいですよね。 ホイル焼きにしたり、 ムニエルにしたり、フレークになってご飯にかけられる事もあれば、 寿司ネタになってご飯を包み込む事もあります。 (寿司ネタについては後述で少し意外なお話しもします) 鮭は様々なレシピが存在しますね。 左記の様に「鮭」を漢字だけで記入してある場合には 皆さんは「さけ」と読むのでしょうか?それとも「しゃけ」と読みますか? 私はサケ派です。 読み方の話から鮭の生態についてもお話ししていきたいと思います。 サケ?シャケ?呼び方の理由には諸説あり 結論から申し上げますと、結論は出ません。 なんでだよって話ですが、鮭の呼び方については諸説あり、 結論付ける事が出来ていないからです。 サケという呼称が正しいとか、 加工された状態がシャケで生きている状態はサケとか、 地域によって呼び方が違うなど、 (江戸弁ではシャケなのだそうです)様々な事が言われていますが、 それぞれ文献などでも断言しない事が多く、 反対にそれぞれの意見で断言している文献も多くあります。 それでは結論付けられませんね。 因みに、広辞苑に記載があるのはサケでした。 分類名もサケ目サケ科です。 では、なんとなくサケの方が正しいんじゃないかと思いつつも、 実は正式呼称がどちらなのかという事は判断つかないと認識しておけば、 満点回答でしょう。 (合コンで間違った知識を披露しない様に気をつけたいですね) スマホもスマフォになっていく可能性ありますしね。 新しく生まれる言葉もあれば、言い方が変わる言葉もあるという事です。 鮭は白身魚 鮭は焼きあげると赤、ないしはオレンジ色になっているので 赤身魚だと思われるケースが多いですが、 実は白身魚です。 赤身魚は主に集団行動をしながら高速で延々と泳ぎ続けることが多く マグロなどが主な種類であると言えます。 反対に白身魚はあまり泳ぎ回らずにのんびりしている事が多いのですが、 鮭は違います。 鮭は人間でいうところの速筋 (早く動くのに適した筋肉。 人間では速筋はスプリントに、 遅筋はマラソンに向いています)タイプであり、 非常に素早い動きが出来ます。 海から川へ向かい、激しい川の流れに逆らって、 川の上流に向かい、産卵をします。 ここで余談ですが、現在海に住んでいる魚のほとんどは 昔川に住んでいた魚だそうです。 一旦は海で生存競争に負けた魚達が川へ逃れて、 川の流れに逆らって生活する事によって、力をつけて海へ帰り、 海での生存競争に勝ったと言われています。 鮭が白身魚なのに素早く強く動けるのはそんな魚の自然史を 体現していると言っても良いのではないでしょうか。

次の

【鮭】さけ・しゃけ・サーモンの違い

さけ しゃけ 違い

鮭って「しゃけ」?「さけ」? どうも、masaです。 鮭のおいしい季節ですね。 私はあまり魚は食べないのですが、秋の鮭とサンマだけは別ですよね。 でも、鮭って色んな種類があるんですよね。 スーパーに行くと表記や値段が違ったりして、「なにが違うの?」となります。 それぞれの鮭はどういう種類なのか、そして味の違いは? 見ていきましょう。 私たちの生活で見かける鮭は3種類。 とりあえず呼び方による違いは置いておいて、まずはスーパーでよく見かける3種類の鮭について覚えていきましょう。 色:薄いピンク• 値段:1番安く、一切れ何十円かで見られます。 いたって普通の鮭ですね。 9~11月にオホーツク湾から帰ってきた鮭たちです。 鮭は塩焼きで食べる事が多いでしょうか? それならこいつが1番美味しいですよ。 銀鮭(ギンザケ) よく白鮭と一緒にしている方がいますが、 銀鮭はサケ目サケ科の亜科になるので種類は違う物として扱われています。 色:白鮭よりも赤い• 値段:スーパーでは2切れ200~270円くらいで見かけます。 そもそもスーパーに行けば[銀鮭]というシールが貼られていると思うので、間違えはしないかなと思います。 1番の特徴は背中から尾にかけての黒い斑点ですね。 脂がのっているという点で見ればTOPでしょうね。 ですが、その脂っぽさ故に塩焼きにはあまりオススメできません。 日本で売られている鮭はおそらくほとんど養殖。 主な原産地はチリになり、日本で捕れるのは希でしょう。 でも、臭みがなくて美味しいですよ。 紅鮭(ベニジャケ) 鮭界のセレブこと紅鮭さんです。 3種類の中では1番値段が高いもの。 色:真っ赤• 値段:500円以上 ずっと値段をご紹介していますが、これってもしかしたら時期と地域でけっこう差があるかもしれません。 特徴はなんといってもその紅さ。 「紅鮭」という名前だから当然ですけどね(笑) 肝心の味ですが、甘さ?が全然違います。 味がしっかりしてますね~。 ちょっとお高い料亭なんかではおそらく紅鮭を使っているのではないでしょうか。 見た目の紅さが華やかですからね。 日本では捕れません。 主な原産地は北太平洋。 で、鮭の名前の違いは? と、いうことでここから鮭の名前の違いについて説明していきましょう。 銀鮭と紅鮭はさきほど説明した通りなので、残るは「秋鮭」と「時鮭」ですね。 秋鮭 実はこれ、もうすでに出てきてるんですよね。 そう、 その正体は「白鮭」。 日本の一般的な鮭ですよね。 なぜ 秋鮭かといえば、それは読んで字のごとくです。 「秋の鮭」ですね。 うーん、ここが日本語の難しいところですよね。 単純に呼び方の違いということ。 9~11月に海から帰ってきて、産卵間近の鮭のことをそう呼ぶそうです。 時鮭 では、時鮭とはなんでしょうか? はい、 白鮭です(笑) 普通の鮭は秋に川へと戻ってきますす。 ですが、まれに春~夏に帰ってきてしまう鮭がいます。 「あわてんぼうのサンタクロース」ということです。 別名「時知らず」 実は秋鮭よりもこっちのほうが美味しいんです。 秋鮭は産卵間近の鮭なので、その栄養は卵のほうにとられてしまっているため、あれです、あの~、ね、 塩焼き以外イマイチです。 それに比べて時鮭は脂もさっぱり加減もベストな時期。 私も何度かしか食べたことないのですが、同じ種類とは思えませんでしたね。 スポンサーリンク.

次の