少女レイころん。 少女レイ【ころん】

少女レイ【ころん】 (ページ2)

少女レイころん

コメント• 追加乙です。 今回もいい曲! -- 名無しさん 2018-07-19 17:14:05• -- 名無しさん 2018-07-19 21:17:53• 新曲凄く良かったよ -- 名無しさん 2018-07-28 22:57:40• 落ち着いた感じが好き -- ぜりー 2018-08-02 14:51:50• 今年の夏ボカロ曲はこれに決定な気が。 -- 名無しさん 2018-08-02 17:01:42• リズムが楽しい感じなのに、歌詞が辛い -- 名無しさん 2018-08-30 15:55:02• 最初友達から聞いた時、少女霊って思ってたっけ、その通りだった。 だけど曲調もアップテンポでいい曲。 -- 名無しさん 2018-09-03 20:03:56• この曲の元になったドラマがwikiの文字見ただけでめっちゃ鬱になる話だった -- 名無しさん 2018-10-30 15:44:52• 音楽だけでいい感じに爽やかな夏の曲だなーと思ってたら歌詞が…好きな子がいじめられて、仕掛けたのは頼られたかった男の子、ってことかな、 -- 名無しさん 2018-11-06 10:22:07• 歌詞が割と暗い感じなのに爽やかで夏らしくてすごく引き込まれる -- 名無しさん 2018-11-15 19:50:58• 女友達でも束縛しちゃう子とかいるよね… 久しぶりにいい百合曲 -- 名無しさん 2018-12-21 22:34:59• 女の子の影がないと気づいた瞬間の驚き半端ねえ・・・ -- 名無しさん 2018-12-30 14:28:03• 今年の夏はこの曲で決まりだねーって -- 名無しさん 2019-05-19 15:39:23• 爽やかなリズムで紡がれるメロディに歌詞の暗さが絶妙に隠れてて好き -- ここあ 2019-05-20 09:46:00• 何だろうねぇこの中毒性は… -- 名無しさん 2019-05-20 21:02:02• 曲調がアップテンポで爽やかなのに、歌詞がグロいから凄く切ない。 (語彙力) -- 令夏-Reika- 2019-08-15 10:48:19• ミクの囁く一人語りな感じの声がまた良い -- 名無しさん 2019-12-06 16:44:27• やばい(褒め言葉) -- 名無しさん 2020-04-08 12:31:22• 爽やかな曲調と歌詞のドロドロした関係性のアンバランスさが好き -- yuua 2020-06-22 23:32:34• この「少女レイ」の風景画、実際にあったらいってみたいなぁ... と思ってしまう、とってもいい曲ですわ -- 名無しさん 2020-06-29 02:30:40.

次の

少女レイ 歌詞「みきとP feat.初音ミク」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

少女レイころん

友達1 ページ2 ピンポーン 『朝比奈』と書かれている表札の家のチャイムを鳴らす。 何度も見てるのに今日は少し緊張してしまう。 中からドタドタと足音が聞こえ目の前のドアがガチャっと開く。 「ごめん〜!迎えに来てくれてありがところん!」 新しい制服に身を包んでにぱっと笑う彼女はとっても可愛かった。 早く行こ。 」 「うん!」 今日は入学式。 Aがこの高校に入ると言っていたから僕も頑張って勉強して入ることができた。 「こうやってまたころんと一緒に通学できるの嬉しいな〜。 2人で入れてよかった!」 「お前推薦で受かってたからまじびびったわw」 「いやいやw何気二次試験で受かる方がすごいわwってか制服似合ってるね、かっこいい〜!」 「!?... お前に褒められても嬉しくねーよw」 嘘。 まじうれしい。 「なにそれひっどw」 「Aも似合ってる ぼそっ」 少しそっぽを向く。 こんなとき素直になれればいいのに。 「なんて??」 「なんでもね〜〜〜。 」 僕が少し早足で歩くと「も〜」と言いながら小走りに着いてくるAは可愛かった。

次の

少女レイ【ころん】

少女レイころん

友達1 ページ2 ピンポーン 『朝比奈』と書かれている表札の家のチャイムを鳴らす。 何度も見てるのに今日は少し緊張してしまう。 中からドタドタと足音が聞こえ目の前のドアがガチャっと開く。 「ごめん〜!迎えに来てくれてありがところん!」 新しい制服に身を包んでにぱっと笑う彼女はとっても可愛かった。 早く行こ。 」 「うん!」 今日は入学式。 Aがこの高校に入ると言っていたから僕も頑張って勉強して入ることができた。 「こうやってまたころんと一緒に通学できるの嬉しいな〜。 2人で入れてよかった!」 「お前推薦で受かってたからまじびびったわw」 「いやいやw何気二次試験で受かる方がすごいわwってか制服似合ってるね、かっこいい〜!」 「!?... お前に褒められても嬉しくねーよw」 嘘。 まじうれしい。 「なにそれひっどw」 「Aも似合ってる ぼそっ」 少しそっぽを向く。 こんなとき素直になれればいいのに。 「なんて??」 「なんでもね〜〜〜。 」 僕が少し早足で歩くと「も〜」と言いながら小走りに着いてくるAは可愛かった。

次の