うつ伏せ 腰 が 痛い。 うつ伏せになると腰が痛いあなたへ。実は・・・

【保存版】うつ伏せになると腰が痛い!腰に負担をかけないようにする方法

うつ伏せ 腰 が 痛い

椎間板ヘルニアの概要 椎間板ヘルニアの患者数は、日本国内に約100万人と言われています。 整形外科の担当する病気の中でも比較的一般的に知られている病気かと思います。 椎間板ヘルニアには、頸椎(脊椎の首の部分)、胸椎(脊椎の胸の部分)、腰椎(脊椎の腰の部分)に起こるものがあります。 その中でも一番ヘルニアを起こしやすい部分は腰椎になります。 頸椎、胸椎についての症状を述べ、腰椎に関しては、少し細かく記載していきます。 椎間板ヘルニアの症状 上述の通り、椎間板ヘルニアにも発生部位によって少しずつ違いがありますので、それぞれについて記載していきます。 頸椎椎間板ヘルニアの症状 頸椎椎間板ヘルニアは、30~50歳代の男性に多く、20歳代以下での発症は少ないです。 症状としては、手元の細かい作業が出来なくなったり、歩くことが出来なくなったりします。 また、首から腕にかけて痺れや痛みが出ます。 胸椎椎間板ヘルニアの症状 胸椎椎間板ヘルニアは、40歳以降に発症することが多いですが、頸椎、腰椎に比べ発症はまれです。 症状としては、背部痛、胸やお腹の感覚が鈍くなることがあります。 腰部椎間板ヘルニアの症状 腰椎椎間板ヘルニアは、20-40歳代の男性に多く、椎間板ヘルニアでは一番起こりやすい部分です。 症状としては、腰痛、足の痛み、足の筋力低下があります。 腰が痛いくらい仕方がないことだと症状が出てから治療もせずにそれまでの生活を続けていると、腰痛や足の痛みなどの症状が強くなるばかりでなく、足に力が入らなくなり、歩くことも困難な状態になることもあります。 また、排便や排尿の感覚がなくなり、自分で排泄することができなくなります。 治療せずに長い間ほっておくことで、こういった日常生活に大きな影響が出てくるようになります。 また、長い間圧迫を受けていた神経は、手術などで治療を行っても症状改善することに長い時間を要したり、完全に症状が治らなかったりすることもあります。 椎間板ヘルニアの原因 椎間板とは? 皆さんが「背骨」と呼んでいる脊椎は頸椎、胸椎、腰椎などは、骨がいくつも繋がって作られています。 その骨を繋いでいるものが椎間板と呼ばれるもので、骨と骨の間でクッションの役割を果たし、背骨がしなやかに動くための関節としての働きも担っています。 ヘルニアを起こす原因 腰などを酷使したり、激しく身体を使う運動をしたりした時に起きやすい病気ですが、老化により椎間板が弱くなることも原因となります。 この椎間板は、10歳代後半から老化が始まっていきます。 老化によって、椎間板の弾力性が失われることで、腰や首に負担のかかるの力が加わっていくことで髄核を囲んでいる繊維輪に亀裂ができ、中の髄核が外へ押し出されてきます。 その状態がヘルニアと呼ばれるものです。 押し出されたヘルニア塊が神経組織を圧迫したり、周辺を圧迫したりすることにより炎症を起こすことで、概要で述べたような症状が出ます。 圧迫が強くなると出てくる症状も強くなります。 椎間板ヘルニアの治療法 治療方法としては、大きく「保存治療」と「手術療法」に分けられます。 こちらも発生部位によって治療法が異なります。 頸椎椎間板ヘルニアの治療方法 頸椎椎間板ヘルニアでは、軽症の場合は、頸椎カラー固定や持続牽引を行ったり、痛み止めや痺れに対する薬を内服したり、神経ブロックの注射を打ったりするなどの保存治療で治癒することが多いです。 こういった保存治療で効果が得られない場合は手術療法の適応となります。 通常は、前方よりヘルニアのある椎間板と上下の骨を削って、神経の圧迫を解除して、とった部分に移植骨を挿入する「前方除圧固定術」が行われます。 前方除圧固定術のメリットとしては、前方からのアプローチになるので、筋肉を多く切る必要がないこと、切る範囲が少なくて済むことで出血量が少なくなることです。 デメリットとしては、首の前面に触るため、ほとんど場合は一時的ではありますが、術後飲み込みに違和感を覚えたり、声のかすれを自覚したりすることがあります。 また、息の通り道である気管や食べ物の通り道である食道を傷つけてしまうことがあります。 胸椎椎間板ヘルニアの治療方法 胸椎椎間板ヘルニアでは、症状がみられる場合には保存治療はほとんど無効なケースが多く、手術治療が選択されます。 手術は、前方または前側方から除圧固定術や後方からのヘルニア摘出術になります。 一般的には、前方、前側方からの「椎間板摘出」と「椎体間固定術」が施行されます。 症状が進行していく胸椎椎間板ヘルニアを治療する方法としては、現段階では手術を選択することが一般的です。 歩くことができないなど症状が進んだ場合は、手術しか選択肢はないといえます。 しかし、この手術というものはとても難しい手術になります。 手術をしても神経を傷つけてしまい、症状が改善しなかったり、逆に悪くなったりすることもありえますので、執刀をお願いする場合にはぜひ名医に担当をしてもらうべきでしょう。 この手術が難しい理由は、胸椎と神経の通り道である脊髄との空間が極めて狭いことが原因に挙げられます。 リスクはあるが、治療もせずにほっておくことで症状は進行しますので、後遺症のリスクをふまえた上でも手術に踏み切るということが日本整形外科学会の見解だそうです。 腰椎椎間板ヘルニアの治療方法 腰椎椎間板ヘルニアでは、安静にすることで神経の炎症が緩和されることが期待されます。 また、コルセットを着けることで腰部の安静と負荷を軽減することで痛みを和らげる効果が得られます。 ヘルニア自体を治療するものではないですが、痛みをとるために消炎鎮痛剤や筋弛緩薬を内服することも多く、内服しても効果がない場合は、神経根ブロック注射を行うこともあります。 保存治療で効果がない場合は、手術が選択されます。 腰椎椎間板ヘルニアで広く行われている代表的な方法は「LOVE法」というものです。 LOVE法とは、椎弓と呼ばれる脊椎の一部の間から硬膜、神経根、ヘルニア塊へとアプローチしていき、ヘルニア塊を取り除く手術です。 最近では、従来のLOVE法よりも小さな傷で、神経をより丁寧に扱うことを目指して「顕微鏡視下椎間板ヘルニア切除術(Micro LOVE法)」も行われるようになってきています。 LOVE法を行うメリットは、骨を削る範囲が小さければ、腰椎の安定性を保つことができ、さらに、皮膚や筋肉を切る部分も少なくて済み、術後の痛みが軽減できるところです。 しかし、骨を削らないことを重視しすぎると、肝心なヘルニアを取り残したり、重要な神経を傷つけてしまったりすることにもなりかねませんので注意が必要となります。 椎間板ヘルニアの最新治療 enSpire 経皮的椎間板粉砕・切除術 椎間板ヘルニアに対する治療であるenSpireは、アメリカ、イタリア、ベルギー、イギリス、スイスなどの海外で行われています。 方法としては、まず、対象にうつ伏せに寝てもらいます。 その状態で、ヘルニア塊のある椎間板に向かって、X線透視下で針を刺していきます。 椎間板の中心(髄核)まで針が届くと、先端からワイヤーを出し、回転させることで髄核を削り、それを吸引します。 そうすることで、神経の圧迫をとることができるのです。 また、針を刺す程度なので傷跡はほとんどないといえます。 また、局所麻酔下で行うので、1泊2日程度の短期入院ですみますし、術後の回復も早く、日常生活や仕事への復帰が早く行えるようになるというメリットがあります。 しかし、一方で健康保険が非適応となっているために治療費が高くなるというデメリットがあります。 今後、日本国内でもこの治療が一般的になり、保険適応となれば、従来の椎間板ヘルニアの治療もより簡単で、身体に負担をかけない手術方法として定着すると思われます。 PED法 腰椎椎間板ヘルニアに対しての手術としては、傷口が1cm以下と小さく、1泊2日の入院ですむ「PED法」(経皮的内視鏡下椎間板ヘルニア摘出術)というものがあり、今、注目が集まっています。 背中から直径6~8mmの管を挿入し、超小型の内視鏡を挿入し、髄核を摘出するという手術です。 神経を避けて腰椎の骨と骨の間に管を通していくため、骨を削ることはほとんどないのが特徴です。 ただし、この手術方法は、かなり高度な技術と経験が求められるために正確な手術ができる医師がまだ多くないというデメリットがあります。 日本整形外科学会は、PED法を行う医師の技術認定制度を設けることで、安全な手技の普及に力を入れています。 医師の努力が、より安全で正確な手術を生み出していくことになります。 名医検索サイトクリンタル 名医検索サイトクリンタルでは日本全国の約30万人の医師から厳選された名医だけを掲載しております。 手術数や外来の待ち時間など、受診する名医を決めるために必要な詳細情報を掲載しておりますので、受診先を検討される際の参考にしてください。 「どの名医に治療をお願いすればよいのかわからない!」とお悩みの方には、クリンタルの 名医紹介サービスをお勧めしています。

次の

【保存版】うつ伏せになると腰が痛い!腰に負担をかけないようにする方法

うつ伏せ 腰 が 痛い

寝姿勢と腰の痛みの関係 寝ている間は全身リラックスしているように見えて、実は腰に体重の負担が掛かっています。 寝ている間に腰に負担が掛かり、起きてみると痛みが発生していたという経験がある人も多いのではないでしょうか?今回は仰向け寝、うつぶせ寝、横向き寝それぞれの腰の痛みとの関係を解説します。 1-1. 仰向け寝 仰向け寝は腰への負担が一番少ない寝姿勢だと考えられています。 しかし腰の周囲には内臓が多く、仰向けで寝ると体重が腰周囲の筋肉や骨などに掛かります。 仰向けで寝ているときはなんと、体重の40%から50%弱の重さが腰への負担になるとも言われています。 このように腰に負担が掛かることで、腰周囲の血管が圧迫されます。 そうなると痛みを伝える神経伝達物質が生じ、睡眠中の腰の痛みを発生させます。 通常ならば寝返りなどを打てば、体重の負担は分散されるため寝ていても腰の痛みはそこまで大きくなりません。 しかし筋力不足などで寝返りが十分に打てないと体重の負担が腰ばかりに集中し、睡眠時の腰の痛みの原因となります。 また 女性に多い反り腰も睡眠時の腰の痛みの原因となります。 反り腰だと腰とマットレスの間に隙間が生じ、腰を支えるものがなくなります。 腰の負担がさらに大きくなるため、睡眠時の痛みも強くなります。 1-2. 横向き寝 横向きの姿勢で眠ると、マットレスに接している面積が仰向けで寝たときよりも少ないのでその分、掛かってくる負担も大きくなります。 また横向きで眠ると、腰部の支えがありません。 そのため腰椎に負担が掛かり睡眠時の腰の痛みを強くします。 仰向け寝で眠るときと同じく、適切に寝返りを打てば腰への負担を軽減させることが可能です。 しかし筋力やマットレスの問題で適切な回数の寝返りを打てないと、寝ている時に腰が痛くなっていきます。 1-3. うつぶせ寝 うつ伏せで眠るときは、腰椎が反りかえった状態となります。 腰椎が反ると寝ている時の腰への負担が大きくなるため、睡眠時の 痛みが強くなる傾向にあります。 ただし睡眠時の腰の痛みがもともとない人の場合、特に問題が起きないことが多いようです。 睡眠時の腰の痛みのない人は仰向け、横向き、うつ伏せの中から好きな寝姿勢を選んでも大丈夫です。 1-3-1. まとめ 仰向け寝、横向き寝、うつぶせ寝、それぞれ腰に負担が掛からないということはありません。 どんな寝姿勢でもある程度、寝ている時の腰に負担は掛かってしまいます。 睡眠時に腰の痛みがない人ならばどのような寝姿勢でも特に問題はありませんが、腰が反りかえっていたり何らかの寝ている時の腰に不安を持っていたりすると対策をしないと睡眠時の腰の痛みが強くなってしまいます。 腰への負担を軽減させる方法 睡眠時に腰の痛みがあるとき、それぞれの寝姿勢で腰への負担を軽減させるにはどのような点に気を付ければよいのでしょうか? 2-1. 仰向け寝 仰向け寝は腰への負担が少ない寝姿勢と考えられています。 もし仰向けの状態で睡眠時の痛みが少ないのであれば、お勧めできる寝姿勢です。 仰向けで寝ている時に腰が痛くなってしまう人は腰が反っている人です。 腰とマットレスの間に隙間ができて、支えがなくなってしまうからです。 仰向け寝で腰への負担を軽減するにはこの隙間をどうにかする必要があります。 フィット感のある寝具を選ぶようにしましょう。 また、簡単な方法で驚かれるかもしれませんが、腰が反って負担が掛かり睡眠時に痛むとき、 仰向け寝の場合は膝を立てることが有効です。 膝を立てると腰が丸まり反りが柔らかくなります。 その分、腰部への負担は少なくなり睡眠時の痛みを生じることが少なくなります。 自分で膝を立てて眠っても大丈夫ですが、お勧めはクッションのようなものを膝下に入れることです。 自然と膝を立てた状態になるため、楽に腰部への負担を軽減することができます。 ただし仰向けでの場合、寝ている間に舌が喉のほうに落ちることで気道が狭くなりやすいです。 いびきをかきやすくなりますし、睡眠時無呼吸症候群の場合、気道が閉塞してしまうこともあります。 いびきに悩んでいる人は横向き寝のほうが適していることもあります。 関連: 2-2. 横向き寝 横向き寝の姿勢が楽だという人もいると思います。 横向き寝で眠りたいときは腰椎部分に支えを作る必要があります。 支えを作ることで体重の負担が地面へ逃げるようになり、寝ている時の腰部への負担も軽減されます。 横向きで眠る際にはタオルなどを折り曲げて、腰のウエスト部に敷くとよいでしょう。 仰向け寝とは異なり、横向き寝は気道が十分に確保されやすいためいびきが少なくなります。 睡眠時無呼吸症候群に悩んでいる人も状態が軽くなることがあります。 ただし腰だけではなく肩や腕に負担が掛かりやすいため、そちらに睡眠時痛みやしびれが生じることもあります。 2-3. うつぶせ寝 うつぶせ寝は腰が反ってしまうため、睡眠時の腰に不安がある人には適さない寝姿勢と言われています。 仰向け寝や横向き寝と異なり、支えを作ることもできないため、対策のしようもありません。 ただし うつぶせ寝で睡眠時に腰の痛みがない人にとっては問題ない寝姿勢ですし、 人によってはむしろ睡眠時の腰の痛みが楽になることがあります。 うつ伏せで眠ると胸が圧迫されるため、寝ている最中に大きく呼吸するのが難しくなります。 しかし痰などをすぐに吐き出せるため誤嚥(気道内に飲み込んでしまうこと)を防ぐことができるのはメリットです。 2-3-1. まとめ 仰向け寝、横向き寝、うつぶせ寝、それぞれの寝姿勢には一長一短があります。 基本的には自分が一番寝やすい姿勢を選んで、睡眠時に腰の痛みが生じているときは腰部への負担を軽減する対策を取るとよいでしょう。 よい寝具を選ぶことも重要 睡眠時の腰への負担を軽減し、痛みを軽減するにはよい寝具を選ぶことも重要です。 中でもマットレスと枕が重要になります。 硬すぎるマットレスは体にフィットしないため腰が浮いて隙間ができてしまい、腰に負担が集中しやすくなります。 一方で、柔らかすぎるマットレスや枕は腰や首が必要以上に沈み込むこともあります。 腰や首が反った状態になるため、腰椎や頸椎への負担が大きくなり、寝ている時の痛みを生じやすくする場合も。 また、柔らかすぎるマットレスを使用すると寝返りを打つのに筋力が必要になり、高齢者や女性は寝返りを打ちづらくなります。 マットレスも枕もフィット感のあるものを選ぶのが重要です。 関連: 4.

次の

【保存版】うつ伏せになると腰が痛い!腰に負担をかけないようにする方法

うつ伏せ 腰 が 痛い

Sponsored Link なぜ起床時に腰が痛くなるの? 起床時に腰痛が起きる要因には、就寝中の身体機能の低下にあります。 人間の身体機能は、自律神経によって無意識にコントロールされています。 自律神経は活動に係わる「交感神経」と休息に係わる「副交感神経」があり、 この2つのモードを切り替えることで体内機能を円滑にコントロールしています。 就寝時は副交感神経の働きによって血圧や体温が低下します。 特に明け方の4時から6時の間は最も血行がゆるやかになり、体内の循環が乱れやすい状態になる時間帯です。 この時間帯に何らかの障害が起こることで、起床時に腰が痛くなる現象が生じるのです。 次章では、具体的な症状や病気についてみていきましょう。 長時間仰向けで寝ていると体重が腰に集中してしまい、腰回りの筋肉に痛みが発生します。 内臓や筋肉の重みを自覚することはありませんが、実は仰向けの体勢では背中や腰に大きく負担がかかっています。 特に腰は体重の4割近い重さが集中すると言われています。 日常的に仰向けで寝る人は沢山いますが、就寝中に寝返りをうつことができれば、適度に負荷が解消されるので腰痛は起こりません。 ところが、体の筋肉が固まっている人は寝返りをうまくうてず、仰向け状態で長時間寝てしまうことになります。 これによって起床時に腰痛が起こるのです。 このような腰痛の改善には、寝返りに必要な4種類の筋肉のストレッチ体操が有効な場合もあります。 毎晩寝る前に行いましょう。 <腰をねじるストレッチ>(左右それぞれで1日3セット) ・仰向けになり、片側の膝を立てて内側に倒す。 ・倒した膝を反対側の手で床におさえつける。 ・倒した脚側の手は頭の上に伸ばす。 ・その状態で6回深呼吸をする。 <ひじ立て・ひざ曲げストレッチ>(1日3セット) ・うつ伏せの状態でひじを立て、ひざを曲げて足を持ち上げる。 ・首の力を抜いて下を見ながら、6回深呼吸をする。 <ひざ抱えストレッチ>(1日3セット) ・仰向けになり、両手でそれぞれの側の膝を抱える。 ・両手を組んで両ひざを持ち、胸の方へ抱え込む。 ・その状態で力を抜き、6回深呼吸する。 <タオルを使った脚上げストレッチ>(1日3セット) ・仰向けに寝転んだ状態で、膝を立てる。 ・膝にタオルをかける。 ・フェイスタオルを両手で持ち、タオルの輪を片側の脚のつま先に引っかける。 ・膝を伸ばした状態でタオルを引っ張り、脚を真上まで持ち上げる。 (膝を伸ばすのが難しい場合はバスタオルで行って下さい) ・この状態で力を抜き、6回深呼吸する。 出典:news-postseven. 寝返りを打ちやすくするには、横向きに寝た時に体の中心線がまっすぐになる高さの枕が理想的です。 枕が低すぎる場合は寝返りがしにくくなっていますので、枕の下にタオルを敷いて高さを調節してみましょう。 その他に考えられる原因は何があるの? その他に起床時の腰痛の原因として考えられるものは次の通りです。 骨格の歪みによるもの 背骨や骨盤に歪みが生じ、神経を圧迫することで腰痛が起こることがあります。 この場合は日中も痛みが出ることが多いですが、 症状が軽度の場合、日中は筋肉がうまく骨の動きを補てんするために気が付かないことがあります。 起床時は筋肉が固まっているため骨の不具合をカバーできず、痛みが生じるというわけです。 具体的な症状としては、腰椎椎間板ヘルニアや腰椎脊椎管狭窄症などによる関節の機能障害があります。 この場合は原因となる疾患を治療しなければなりません。 症状が疑われる場合は整形外科を受診しましょう。 内臓疾患によるもの 内臓疾患による機能低下で痛みが発生することもあります。 明け方は特に体の循環が悪くなりやすく、元々内臓にトラブルを抱えていると異常が腰痛となって現れる可能性があります。 腰痛を起こしやすい内臓疾患には、腎臓や肝臓、子宮の病気などがあります。 この場合は起きる前から腰痛があり、起床後に時間が経過しても痛みが緩和しない場合が多いです。 また、 倦怠感や食欲不振、生理不順などの病気のサインにも注意し、症状が疑われる場合は病院を受診しましょう。 内臓の疲労によるもの 病気とはいかないまでも、内臓の疲労によって腰の痛みが発生することがあります。 この現象が起こりやすいのは腎臓です。 腎臓は体内の毒素を排出する役割を持っていますが、体内に疲労が蓄積すると毒素を処理しきれなくなり、うっ血して位置が下に下がってしまいます。 また、食べてすぐに就寝すると消化器に過度な負担がかかり、腰痛を起こすことがあります。 寝る3時間前には食事をしないようにしましょう。 冷えも腰痛の原因?部屋の環境も見直してみよう 就寝時に体の循環機能を保つためには、体の冷えを防ぐ環境づくりが重要です。 起きた時に体が冷たくなっているという人は、寝る環境を見直してみましょう。 特に注意すべきなのが、夏場の冷えです。 熱い季節は布団をかけずに寝ることが多くなります。 それでも寝苦しい時は冷房を強くかけたまま寝てしまったり、扇風機を体にあてたりする人もいると思いますが、これらは体にとってよくありません。 冷房をかけたまま寝ると明け方の体温が低い時間帯には過度に体が冷やされ、血流が滞ってしまいます。 先に述べたような腰痛だけでなく、心臓にも負担がかかります。 女性は血流が悪くなることで生理痛が悪化しやすくなります。 冷房をかけて寝る際は、タイマーで数時間後に切れるようにする、タオルケットをかけて寝るようにするなどの改善をしましょう。 まとめ 起床時に腰痛が起こる原因と対処法について調べましたが、いかがでしたか? 起床時の腰痛には、明け方の体内機能の低下が深く関係しています。 この時間帯に起こる腰痛には様々な原因がありますので、今回紹介した原因と対処法を参考にしてみてください。 また、体内機能の低下を防ぐ方法として、寝る環境が冷えすぎない工夫をすることも重要です。 熱い季節は冷房による冷えが起こりやすいので注意して下さいね。 Sponsored Link•

次の