実際にあった怖い事件 日本。 海外「日本にはこういう話も多いんだね…」日本で実際に起こった未解決事件10選を海外チャンネルが紹介

日本で本当にあった凶悪殺人事件「八つ墓村」の舞台【津山三十人殺し】

実際にあった怖い事件 日本

大西有紀さん失踪事件:森の中で突然行方不明になり、救助犬による捜査でも、突然においが消えてなくなっていたという。 与那国島の海底ピラミッドの謎• 21の顔を持つ男(かい人21面相):日本の有名なお菓子会社の社長を誘拐し、食品に青酸を入れて回ったという事件。 犯人は捕まっていない(グリコ・森永事件)• 1992年、大阪の連続自殺:7人が連続して自殺するという事件が発生。 直前に全員ストーカーされていたという話もあるが、真相はわかっていない。 カバンの中の死体:1996年に、学生がカバンの中に死体があるのを発見。 身元不明のまま。 角南さん殺人事件:夫婦が何者かに残酷な方法で殺害され、家を放火された。 漫画家殺人事件:2004年、漫画家の女性がアパートで殺害された。 妬みによる犯行、熱狂的なファンによる犯行など諸説あるが明らかになっていない。 40秒の失踪:1989年、親が40秒ほど目を話していた間に5歳の女の子が誘拐される事件が発生。 目撃情報はあるが、見つかっていない。 大強盗事件:1968年、警官に成りすました男が、銀行の車に爆発物が載っているとだまし、大金を奪い去った(3億円事件)• 宮澤一家殺人事件:2000年に、一家4人が殺害される事件が発生。 犯人は家のPCを使ったり、トイレを使ったりしたにもかかわらず捕まっていない。 (世田谷一家殺人事件) 海外の反応 ・ 名無しさん@海外の反応 日本は一番不気味な都市伝説があって未解決事件も多いように思える ・ 名無しさん@海外の反応 これは興味深かった。 アニメや漫画が好きで、日本語を学んでるんだ。 パート2も観たいな。 ・ 名無しさん@海外の反応 これが日本の話だっていうから注目しちゃった。 日本とその文化が好きだから。 ・ 名無しさん@海外の反応 うわ、今夜は間違いなく悪夢を見る ・ 名無しさん@海外の反応 わからないけど、有紀ちゃんはワニに襲われたんじゃないかな…ほとんどが深い水中に棲んでるから ・ 名無しさん@海外の反応 ピラミッドの話がよかった。 チェックしてみようかな ・ 名無しさん@海外の反応 この事件は知らなかった ・ 名無しさん@海外の反応 これはすごく奇妙だね ・ 名無しさん@海外の反応 死亡や失踪の仕方も、みんな悲しかった。 ・ 名無しさん@海外の反応 日本にはすばらしい文化もあるけど、すばらしく怖い話もあるね ・ 名無しさん@海外の反応 眠れなくなりそう ・ 名無しさん@海外の反応 有紀ちゃんは走ったらにおいがなくなったのかも ・ 名無しさん@海外の反応 正直、何といっていいのかわからない ・ 名無しさん@海外の反応 殺人事件を犯す人が何を考えるのかわからない ・ 名無しさん@海外の反応 怖いアニメも取り上げてほしい ・ 名無しさん@海外の反応 待って、あんなに名前を正しく発音できるなら日本語学習のための動画を作ってほしいよ。 それとも動画が始まる前にグーグル翻訳を使って正しい発音を練習したのかな ・ 名無しさん@海外の反応 こういう事件があるにもかかわらず、日本の犯罪率は世界最低レベルだ ・ 名無しさん@海外の反応 日本は謎だ ・ 名無しさん@海外の反応 日本にしかない!🤔🤪🤣 ・ 名無しさん@海外の反応 あの強奪事件は怖くないぞ。 泥棒だ。 名無しさん 世界の反応.

次の

本当にあった怖い事件まとめ!日本、世界、名探偵コナン編!

実際にあった怖い事件 日本

赤坂プチエンジェル事件とは、 小中学生などの売春目的のデートクラブ(赤坂プチエンジェル)を経営していた 当時29歳の男性が、自室で死亡していたという事件です。 これは練炭を使った単なる自殺としてニュースでは扱われ、その後続報も特になかったのです。 しかし、 この事件は非常に謎が多いとして、一部の人間が詳しく調べたところ、 とんでもない闇が浮かび上がってきたのです。 結論から言えば、この自殺したとされている 男性は殺された可能性が高いということです。 根拠としては、練炭自殺をする際にビニールをかぶって、七輪を使って行っていたのものの、 実際に再現するとビニールが溶けてしまい、自殺は不可能だとされています。 また、 遺書が見つかっていないということも根拠の1つになっているのです。 そして、フリーライターなどがこの事件を詳しく調べていくうちに、警察関係者からの重要な証言が浮かび上がってきます。 それは 自殺したとされている男性の自宅から、小中学生の売春目的のデートクラブの顧客リストが押収され、その中に 政界の有名人や芸能人などの名前が多くあったそうなのです。 つまり、こういった事実から推測されることとしては、 そのデートクラブを利用していた顧客が、自分の社会的な立場のことを鑑み、経営者の男性を口封じのために殺害したのではないか?という事実です。 実際、警察は突然捜査を打ち切ることにし、 マスコミもある時を境にこのニュースの報道を一切しなくなりました。 この事件の裏にはとんでもない権力者の陰謀が隠されている可能性があるのです。 本当は殺人事件なのに警察は自殺として扱い、マスコミの報道もストップしたという不可解な部分も怖いところではあります。 しかし、何よりも恐ろしいのは私たちが普通に知っているであろう有名人らが、小中学生の売春目的のデートクラブを利用していたとされている部分でしょう。 都道府県&カテゴリから探す• 386•

次の

実際におきた怪奇現象が怖すぎる!?「人間消失事件」「蛇男になった少年」|怖い都市伝説

実際にあった怖い事件 日本

車内からは四人の遺体が見つかり、 遺体は昨年6月4日から一家4人で行方が分からなくなっていた同町戸張の会社員山上政弘さん 58 、妻の会社員順子さん 51 、長女の元小学校教諭 千枝さん 26 、母三枝さん 79 と判明した。 県警では事件、事故の両面で捜査しているが、地形から交通事故の可能性は低いという。 そのため無理心中の可能性もあるとみて調べを進めている。 一家が失踪した当時、自宅は施錠され、屋内には争った形跡もなく、順子さんはこの日勤め先の社員旅行で中国へ出発する予定で、荷造りした旅行 かばんもそのまま残されており、また食卓には朝食が虫よけネットをかけて手付かずの状態で残されていた。 突然一家4人がいなくなったため、 テレビのワイドショーなどで「神隠し」と騒がれた。 その昔、この辺りを治めていた長者の家にお夏という使用人が居た。 日頃より長者はこのお夏に目を掛けていたが、ある日お夏が大将神山に 行ったきり帰ってこなくなっってしまった。 村人達が総出でお夏を探したが、いくら探してもとうとうお夏は見つからず、人々はお夏は神隠し にあったのだと言いあった。 そんな伝説のある大神将山は、かつて山上家の所有だったというのである。 偶然と言ってしまえばそれまでだが、何とも奇妙な巡り合せではないだろうか・・・ ・隣室 夜中、隣室から変な呻き声とドタンバタンする物音が聞こえてきた あまりにうるさいんで壁叩いたり「うるせー」と怒鳴ったりしたが止まず 頭に来て戸口まで行ってインターホン連打してやった 結局出て来なかったが、部屋に戻ったら静かになってたんでそのまま寝た 翌日と翌々日はとても静かだったが、3日後に帰宅すると大家と警察がいた 話を聞くと、隣室の男が3日前の夜中に首吊り自殺してたらしい あ~、あの物音は苦しくて暴れてた音だったんだなぁ…と ・三重小2女児失踪事件 1991年(平成3年)3月15日、三重県四日市市富田の富田浜海水浴場だった地域にて小学2年生(8歳)の女児が失踪したとされる事件。 失踪の経緯や捜査において謎の出来事が起きており、怪事件と呼ばれている。 そして、未だに解決していない。 最も謎とされているのは、この事件の三年後に被害者宅へ送られた 怪文書 である。 怪文書には片仮名と平仮名と漢字が入り交じりながら多くの暗喩が用いられており、更に「トミダノ股割レ」が事件の犯人であるとする内容であった。 怪文書は「ミゆキサンにツイテ ミユキ カアイソウ カアイソウ」という文章から始まり、そして更に、「コンナコとヲシタノハ トミダノ股割レ トオモイマス」(「股割レ」は売春婦の蔑称ではないかと言われている)とも書かれていた。 送り主は不明。 ・福島女性教員宅便槽内怪死事件 帰宅した女性が自宅のトイレ(汲み取り式便所)を覗き込むと、何故か靴が落ちているのに気が付きます。 女性が同僚に相談し、派出所から駆けつけた警察がトイレ内の人物を引き上げようとしましたが、その人物はすでに死亡していました。 遺体は男性で冬だというのに何故か上半身は裸、さらに上着を上半身に抱え込んだたまま固まっていました。 仕方なく重機でトイレを破壊し、遺体を取り出すことになりました。 検死の結果、死因は「凍え兼胸部循環障害(低温で狭い場所での圧迫死)」と判明し、遺体は女性の家の直ぐ近所に住む26歳の男性だということがわかりました。 警察は男性が覗き目的でトイレに潜み、そのままそこで死亡したと結論付けましたが、多くの近隣住民はこの結論に疑問を持ったといいます。 何故なら青年は近所でも有名な好青年で村の青年会の中心人物だったからです。 村長選挙では応援演説を任されるほど人望の厚い人物だったといいます。 また、トイレは侵入口が非常に狭くどのようにして侵入したかも結局謎のままでした。 ・岡山地底湖行方不明事件 岡山県新見市豊永赤馬の洞穴「日咩坂(ひめさか)鍾乳穴(かなちあな)」(奥行き約1600メートル)の奥にある地底湖(深さ約32メートル)で遊泳していた高知大学3年生の男子学生(21)が行方不明になった、と一緒に洞穴を訪れていた仲間から110番通報があった。 県警新見署員ら約30人が捜索を続けたが、学生は見つかっていないという。 同署や新見市消防本部などの調べでは、学生は大学の洞窟(どうくつ)探検サークルに入っており、学生や社会人など近県から集まった計13人で新見市を訪れていた。 不明の男子学生は、計5人で午前11時半ごろから洞穴に入り、午後2時半ごろ、着衣のまま遊泳している最中、行方がわからなくなったという。 新見市教育委員会によると、この洞穴は県の天然記念物に指定されており、洞穴に入るには同市教委への届け出が必要なのに、学生らは届け出ていなかったという。

次の