伊之助 母 童磨。 嘴平伊之助

嘴平伊之助

伊之助 母 童磨

CV: 「」に登場する主要人物の一人、の母親。 黒髪に緑色の瞳の見目良い女性で、美少女と見紛う伊之助の顔立ちは彼女譲りである。 フルネームよりも『琴葉』と表記されることが多い。 那田蜘蛛山の戦いで、に殺されかけた伊之助の脳裏に浮かんだ走馬灯の中で初めて登場。 当時の伊之助は彼女が誰なのか思い出せなかったものの、後にと対峙した時には記憶が蘇っている。 琴葉は夫や姑からのに苦しんでいた。 伊之助がまだ赤ん坊で琴葉が17、8歳の頃、夫が泣いている伊之助をうるさいと揺さぶり、琴葉はそれを止めようとして夫の手に噛み付いた。 そして雪の降る中、伊之助を抱え裸足で家を飛び出し、救いを求めて新興宗教「 万世極楽教」の門を叩く。 もちろん教祖である童磨が人を喰う鬼などとは知る由もなかった。 童磨は琴葉を治療し、寺院に乗り込んできた夫と姑を殺して山に捨てた後も、寿命が尽きるまで手元に置こうと思っていた。 しかし、琴葉は童磨の人喰いの現場を見てしまい、伊之助を連れて寺院から逃げ出す。 断崖にまで追い詰められた彼女は最後の希望を託して伊之助を崖下に投げ落とし、自分はそのまま殺害された。 童磨も「赤ん坊がこんなところから落ちれば生きてはいないだろう」と探そうとせず、結果として伊之助は生き延びたのであった。 伊之助への愛情は深いもので、彼を包んでいたおくるみには名前をしたため、童磨の前でも伊之助を抱いて指切りの歌を歌っていた(毎回歌詞が違っていて、途中から狸の歌になったりしていたらしい)。 その指切りの歌は伊之助の記憶の底に残っていたらしく、以前と指切りを交わした際に彼女に琴葉の面影が無意識の内に重なり、昔どこかで会った様な既視感を覚えていた。

次の

嘴平琴葉 (はしびらことは)とは【ピクシブ百科事典】

伊之助 母 童磨

以下內容含有 劇透成分,可能影響觀賞作品興趣,請酌情閱讀 幼年時期 先天在情感上就有所缺失,此外生下來就有七彩的眼睛和白橡般髮絲,也因此導致父母鬼迷心竅,創立了萬世極樂教。 從小就被當成了教會的吉祥物,聆聽了許多教徒的人間疾苦,隨著時間推進,剛開始還會為對方煩惱,但後來則認為大人對小孩訴苦是件很奇怪的事。 父親是個色鬼,時常對女信徒出手,某日母親因受不了而將父親殺害,而自身的母親也因精神失常服毒自盡。 在父母死亡時目睹了全程,但沒用感情的童磨內心卻沒有任何波動,只是認為父母死去的味道很難聞,應該趕緊打掃一下。 青年時期 20歲時遇到了,被對方相中後成為了鬼。 萬世極樂教主 成為鬼後持續擔任著萬世極樂教的教主。 將人吃下讓對方得到救贖,認為吞食的所有人無一例外,都會被自己拯救,既不會痛苦也不會難過,化為自己身體的一部分是很幸福的。 上弦之陸 成為鬼後的一段時間,成為了上弦之陸。 某次來到在吉原進食時,遇到了當時還是人類的和被燒成重傷的,於是便用自身的血分給了對方,使妓夫太郎兄妹倆變成了鬼。 後來自己成為上弦之貳後,和接替了上弦之陸的位置。 內心善良的女子 於無限城之戰的前十五年,曾經收留了受到遭到丈夫和婆婆虐待的,並將對方收為了教徒。 後來琴葉的丈夫和婆婆也追到了寺院,因嫌其煩於是將他們倆殺掉並棄屍于山。 在與琴葉相處時不知為何會感到心情平緩舒暢,所以在琴葉和其兒子壽終正寢都不打算將兩人吃掉,並且將自己是鬼的事瞞著對方。 也時常聽著琴葉對兒子唱搖籃曲。 但某日在吃人時被琴葉撞見,即便如此也沒馬上將對方殺死,而是向對方解釋,最終無奈將逃到懸崖邊的琴葉殺死並吸收。 羽織女子 曾與花柱交戰,將對方弄成了重傷,但因太陽要升起而沒時間將對方吸收。 遊廓潛入作戰篇 在上弦之陸與被消滅後,收到無慘的召集,集合在無限城中,與眾上弦聚首。 被上弦之叄的兩次削掉腦袋,但其實不是很在意。 與忍戰鬥的過程中可得知,鬼的情報是互通的,並且知道忍用的毒比那田蜘蛛山時用的還要強。 適應了毒之後,對忍進行了一連串的猛攻,忍遭到重傷並且肺也被冰晶凍傷,忍即使受了重傷也一直對自己進行攻擊,被忍的精神感動到,欲將對方抱住後吸收進體內。 但被香奈乎發現其實是偽裝的情感。 在與香奈乎戰鬥時,馬上認定了香奈乎實力超過了蟲柱,於是立馬提高了自身的認真程度。 不久後加入戰場,對於對方的豬頭面罩很在意,趁機將對方的頭套拿下,發現自己曾經好像在哪見過伊之助,在回憶起眼前的伊之助就是琴葉的兒子後作出了將手指插入大腦的動作 ,並將琴葉之事輕描淡寫告訴了對方。 在與香奈乎和伊之助交戰期間,由於發現很輕易就能將兩人的招式接下,不想繼續消磨時間,便製造了多個結晶之御子與兩人戰鬥,自己則慢慢往門的地方離開。 在快要到門之時,因為剛剛吞下的忍體內含有700倍 的紫藤劇毒,自身的身體開始融化,御子也因本體受重傷而消失。 查覺到異樣之時出現了憤怒的情緒,為童磨首次出現了喜怒哀樂的情感。 在臨死之際也沒有什麼心情起伏和執念,因此也無法像那樣突破鬼的限界,最終身體崩壞而亡。 和我一起下地獄吧 死後與忍的靈魂相見,對於忍有了心動的感覺,並邀請對方一起去地獄,但被對方以 「你還是獨自一個人下地獄去吧,下三濫」回絕。 與此同時人間正在消散的頭被伊之助猛踩並消失。 能力 血液中含有劇毒,可將其凍結並製成冰晶粉末。 若吸入肺部,會造成肺部的細胞壞死。

次の

鬼灭之刃:野兽的温柔,嘴平伊之助_腾讯新闻

伊之助 母 童磨

スポンサーリンク 【鬼滅の刃】母に捨てられ猪に育てられる 今まで伊之助は 母に崖から落とされたと思われていました。 しかしそれにはきちんとした訳がありました。 伊之助の母琴葉は、DVに苦しみ苦労していたようです。 でも明るい性格で歌が好きだったようです。 常に歌っていたので、赤子であった伊之助の脳裏にその歌声は深く刻まれていたようです。 上弦の弐・童磨は表向きの顔として、 宗教の教祖をしており伊之助の母はその宗教の信者の一人でした。 伊之助の母は宗教に入会しても童磨については、なにも疑う事もなく宗教活動を行っていました。 しかしある日、童磨が人間を食べているところを見かけてしまい、そこから逃げ出します。 童磨に気づかれてしまい、すぐ伊之助の母を追いかけてきました。 そしてついに、崖まで逃げ込んでしまいます。 このままでは追い付かれてしまうし、伊之助も自分と一緒に殺されてしまうと考えた母は、 わずかな希望にすべてを託して崖から落とし、童磨から逃がしたのです。 伊之助の母は、 追いついた童磨に殺され、食べられてしまいました。 崖から落ちた伊之助は、 川に落ちたことで一命をとりとめその後はイノシシに育てられたのです。 スポンサーリンク 【鬼滅の刃】たかはる家との出会い ある日たかはるはおじいさんが伊之助にえさをあげているところを目撃します。 その時伊之助はもうイノシシの被り物をしています。 化け物だと思ったたかはるは伊之助を追い払います。 そしておじいさんにもうえさはあげないように注意しました。 しかしその後も伊之助を膝にのせて百人一首を読み聞かせたりしていました。 たかはるがさらに追い払ってもおじいさんの所にやってきます。 おじいさんは ふんどしに書いてある伊之助の名前を呼んで教えてあげました。 そのことにより、 伊之助は自分の名前を知ったようです。 たかはるはまた追い払おうとしますが、伊之助が突然話し始めました。 口の悪いたかはるとおじいさんのおかげで伊之助は言葉を覚えたのです。 スポンサーリンク 【鬼滅の刃】童磨から教えられた真実 童磨は、伊之助の素顔を見ると、その顔に見覚えがあると言いました。 しかし伊之助は童磨のような蛆虫にはあったことはないと叫びます。 童磨は自分の記憶を蘇らせるために、自分の頭に指を突っ込みました。 15年前、暴力をふるう旦那から逃げて、 極楽教を尋ねてきた女の子がいました。 その時は原型もとどめないくらい顔がはれ上がっていましたが、片目は失明したけれど手当をしたらきれいな顔に戻ったのです。 それが 伊之助の母でした。 童磨は伊之助の母を喰らうつもりはなかったようです。 頭は賢くなかったけれど美人で歌がうまかった。 よく伊之助を抱っこして指切りの歌を聞かせていました。 童磨も伊之助の母を食べることなく、寿命まで傍に置いておきたかったけれど、信者を食べているところを見られてしまいました。 そして逃げ出し、伊之助だけは助けようと崖から伊之助を放り出しました。 母は童磨に殺され、食べられてしまいました。 伊之助は全て思い出しました。 スポンサーリンク まとめ 炭治郎の同期でイノシシの皮をかぶった二刀流の剣士、嘴平伊之助。 母に捨てられ、イノシシに育てられたと思われていましたが、捨てられたのではありませんでした。 母は自分の命も顧みずに、上弦の弐・童磨の魔の手から逃がすために崖から伊之助を落としたのでした。 その後子供を亡くしたばかりのイノシシに育てられましたが、たかはるのおじいさんにえさをもらったり百人一首を読み聞かせてもらったり・・・口の悪いたかはると優しいおじいさんのおかげで言葉も話せるようになりました。 口癖は猪突猛進で、それは彼の戦いや彼の生きざまそのものに現れています。 イノシシを脱ぐと顔立ちは整っていて女の子みたいです。 その顔は母琴葉に生き写しのようです。 炭治郎や、いろいろな人とのやさしさと触れ合ううちに伊之助はだんだん変わっていきました。 そして自分よりはるかに強い炎柱の生きざまを見たことによって、真の強さとは何かを心に描き始めたようです。 でもこれからも猪突猛進で何事にも突撃してほしいと思います。

次の