決まり手 極め倒し。 大相撲の決まり手で一番多いのは?

【大相撲】決まり手「極め出し」とは?

決まり手 極め倒し

崩し技• 棒引き崩し• 巻き込み引き崩し• おいかぶせ引き崩し• 指ほどき引き崩し• 直線引きつぶし 【引く寸前に相手の手首を・・で強くしめ、相手の手首を折るように台面に引き潰す】• 指攻め引きつぶし 【引きつぶしに似ているが、特に親指と人差指で相手の親指の根元を強くしめながら引き崩すのが特徴】• 手首吊り崩し 【一気に寄れば相手の肘が瞬間にあがる。 そこを狙って、極め手に移る】• 寄りかぶせ吊り 【一気の相手の腕に自分の肘をぶつけるように寄りながら四本の指で相手を包み、自由を奪う】• 寄り身指吊り崩し 【相手の親指の根元を固く握り寄り身に相手を吊上げ力を弱める】• 寄り身平手吊り崩し 【指ほどき引き崩しに似ているが、寄り身の時にを上に向け、相手を吊り上げ相手の力を弱める】• 肩抑さえ崩し• 支え吊り込み返し 2. 誘い技• すくい倒し• 捨て身煽り崩し• 抑さえ込み技• 平抑さえ• 押し手抑さえ• 逆手抑さえ• 不動固め• 十字固め 4. 起こし技• かつぎ起こし• 突き引き起こし• 突き出し小手返し 5. 極め手技• 平極め• ねじりほどき極め• 引き落し極め• 巻きほどき極め• 引きつぶし極め• 引きひねり極め• もみ極め• 九十度回転極め• 瞬発たたき極め• かかえ伸ばし極め• 体引きほどき極め• 瞬発出鼻極め• 三所(みところ)攻め 6. 出し技• 突き出し• 逆手突き出し 7. 中間技• 人の字受け 8. 特殊技• 一丁半• 初期成立の軍記物である『』や成立の『』巻第五に表記例がみられる。 『広辞苑 第六版』にも「腕押し」の記載がある。 は、かその父、を下界の平定に派遣したいと所望したが、建御雷神がとともに降臨する運びとなる。 出雲の伊耶佐小浜(いざさのおはま)に降り立った建御雷神は、(とつかのつるぎ)を波の上に逆さに突き立てて、なんとその切っ先の上にをかいて、に対しての談判をおこなった。 大国主神は、国をに譲るか否かを子らに託した。 子のひとりは、すんなり服従した。 もう一人、(の上社の祭神)は、建御雷神に力比べをもちかけるも、手づかみの試合で手をやに変身させ、怯んだ建御名方神はその隙に一捻りにされたため、恐懼して遁走し、ので降伏した。 これによって国譲りがなった• がの手をつかんだ時に、「を取るが如く、搤(つか)み批(ひし)ぎて投げ離ちたまへば、(が)即ち逃げ去(い)にき」とあるが、建御雷神が建御名方神の手(腕)をちぎり取って、それを投げ捨てたという。 『』が書かれた時代には既にないし力比べのルールが確立しており、それを反映しているという説もある。 『曾我物語巻第一』〔同(おな)じく相撲(すまふ)の事(こと)〕 滝口、堪たまらぬ男をとこにて、「首を捕るか、捕らるるか、力は、外にもあらばこそ。 いざや、老いの御肴さかなに、力比べの腕相撲うでずまふ一番」と言ふままに、座敷を立ち、直垂ひたたれを脱ぎ、「何ほどの事の候さうらふべき。 しや肋骨あばらぼね二三枚、掴み破りて、捨つべきものを」とて、つつと出でけり。 弥五朗やごらうも、「心得たり。 物々し。 力拳ちからこぶしの堪こらへんほどは、命こそ限りよ」と言ひ、座敷を立つ。 一座の人々、これを見て、あはや、事こそ出で来ぬと見るほどに、近くにありける合沢あひざは、申まうす様やう、「余り囃し、滝口殿。 相撲すまふは、小童こわらんべ、冠者くわんじやばらに、先づ取らせて、取り上げたるこそ、面白けれ。 大人げなし、滝口殿。 止まり給へ」と引き据ゑたり。 『義経記 巻第三』〔弁慶生まるる事〕学問に心をだにも入いれなば、さてよかるべきに、力も強く骨太なり。 児ちご、法師ほふしばらを語らひて、人も行かぬ御堂の後ろ、山の奥などへ篭り居ゐて、腕取り、腕押し、相撲すまふなどぞ好みける。 PHYSIQUE ONLINE• 『腕相撲』 183頁• フジテレビトリビア普及委員会『トリビアの泉〜へぇの本〜 5』講談社、2004年。 PHYSIQUE ONLINE.

次の

【大相撲のルール】特殊技

決まり手 極め倒し

SPOSHIRUおすすめ情報! こちらではSPOSHIRU編集部がおすすめする お得な情報をご紹介します! ストレスフリーの超快適マスク! すぐ乾くからムレにくい スポーツメーカーの高い基準を合格した速乾性マスク。 ムレを防ぎ、通勤・移動の道のりを快適にします。 何度も洗えるから臭わない 毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます。 2ヶ月使えば1日33円。 もう使い捨てマスクを買う必要はありません。 整骨院院長も推奨のインソール!足元から日々の疲労を軽減 崩れた足型を整え、悩みZEROの体ヘ TENTIAL INSOLEは、従来の『土踏まずを持ち上げる』インソールとは異なり、足の外側にある 『立方骨』に着目! 立方骨を支えることで、足の骨格を修正。 直立姿勢での身体のバランスを整え、歩行時の推進力や俊敏性を実現したインソールです。 また、全面に『ポロン素材』を使用。 衝撃吸収性と反発性の両方を兼ね備ているので、疲労を軽減することができます。 足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!.

次の

大相撲見物便覧・決まり手

決まり手 極め倒し

大相撲の決まり手 【基本技】 突き出し、突き倒し、押し出し、押し倒し、寄り切り、寄り倒し、浴(あび)せ倒し 【投げ手】 上手投げ、下手投げ、小手投げ、掬(すく)い投げ、上手出し投げ、下手出し投げ、腰投げ、首投げ、一本背負い、二丁投げ、櫓(やぐら)投げ、掛け投げ、つかみ投げ 【掛け手】 内掛け、外掛け、ちょん掛け、切り返し、河津掛け、蹴返し蹴手繰(けたぐ)り、三所攻め、渡し込み、二枚蹴り、小股掬い、外小股、大股、褄(つま)取り、小褄取り、足取り、裾(すそ)取り、裾払い 【反り手】 居反り、撞木(しゅもく)反り、掛け反り、たすき反り、外たすき反り、伝え反り 【捻り手】 突き落とし、巻き落とし、とったり、逆とったり、肩透かし、外無双、内無双、ずぶねり、上手捻(ひね)り、下手捻り、網打ち、鯖折り、波離間(はりま)投げ、大逆手 おおさかて 、腕(かいな)捻り、合掌捻り がっしょうひねり 、徳利投げ、首捻り、小手捻り 【特殊技】 引き落とし、引っ掛け、叩(はた)き込み、素首落とし、吊り出し、送り吊り出し、吊り落とし、送り吊り落とし、送り出し、送り倒し、送り投げ、送り掛け、送り引き落とし、割り出し、うっちゃり、極め出し、極め倒し、後ろもたれ、・呼び戻し この中でよく耳にするのは寄り切りや上手投げあたりですかね。 中には10年に一度ぐらいしか観ることができないレアな決まり手もあります。 また柔道で有名な一本背負いなんかあるのですね。 そしてこの82手の中で一番多い決まり手はどれなのでしょうか。 実際に2013年の幕内の決まり手を調べてみました。 スポンサードリンク 大相撲幕内の決まり手ベスト10 10位からお伝えします。 第10位 突き出し 第9位 寄り倒し 第8位 掬い投げ 第7位 押し倒し 第6位 引き落とし 突き出しや寄り倒し、押し倒しなど基本技がやはり多いですね。 ではここからベスト5です。 5位 上手投げ ここで出てきましたね。 投技ではやはり上手投げが一番有名ですね。 4位 突き落とし こちらはパワー系の関取が増えたからですかねぇ。 3位 叩き込み これが入ってきたのがちょっとショックです。 第6位の引き落としもそうですが、引き技が上位にあるのはおもしろくないですね。 2位 押し出し これも代表的な技ですね。 1位 寄り切り やはり寄り切りが王道技ですね。 いかがでしょうか。 最近の傾向としては力士の大型化が進み、力任せの決まり手が増えています。 それにともない引き落としや突き落としなどの引き技も増えています。 逆に内掛けや外掛け、小股掬いなどの掛け技はどんどん減っていて、小柄な力士がみせる華麗な技が減ってます。

次の