スチュワート ソフトバンク。 カータースチュアート投手は手首が原因でソフトバンクと契約合意

ソフトバンク・スチュワート バレ&松田宣抑えて2回零封3K!最速153キロ― スポニチ Sponichi Annex 野球

スチュワート ソフトバンク

2017年はジュニアで 11勝2敗、防御率0. 81・104奪三振、翌2018年はシニアで 6勝2敗、防御率0. 91・128奪三振という成績を残し、フロリダ州のGatorade Baseball Player of the Yearに選ばれたことから、2018年MLBドラフト前には 「アマチュアNo. 1右腕」と話題になりました。 そしてアトランタ・ブレーブスから1巡目(全体の8番目)で指名を受けます。 しかしその後に行われたメディカルチェックで、 右手首に異常が発覚。 米メディアなどによると当初契約金は498万ドルと言われていましたが、これを理由にブレーブスは提示額を200万ドル程度へ変更します。 この金額とスチュワート投手側の希望とは大きな開きがあり、代理人スコット・ボラス氏をたて交渉を続けますが、ドラフト交渉期限の7月上旬までに契約合意とはなりませんでした。 当初スチュワート投手には特例で2019年ドラフトへの参加が認められていたため、再度上位指名を目指し東フロリダ州立短大へ進学しました。 しかし、先述した通りスチュワート投手は2019年MLBドラフトを目指さず、福岡ソフトバンクホークスへの入団を決めます。 この契約にはどのような意図があったのでしょうか? スチュワート投手のソフトバンク入団の経緯 スチュワート投手の選択肢は当時、2通り考えられていました。 1つはブレーブス側が提示する200万ドル(約2億1500万円)で契約を結ぶ道と、翌年のMLBドラフトを待って再度上位指名を狙う道です。 当初スチュワート投手は最短でMLB入りするため、東フロリダ州立短大へ進学を決めていました。 同大学ではNJCAAに所属する「EFSCタイタンズ」でプレーし、13試合に先発。 2勝2敗・防御率1. 70・108奪三振という成績をあげています。 一般的にアメリカ大学野球は4年制大学のNCAA(全米大学体育協会)が有名で、のちにMLBで活躍する選手の多くはNCAAのディビジョン1や2に所属するチームに在籍していることが多くみられます。 NJCAAは2年制大学の野球リーグでは最も大きな組織となりますが、やはりMLBを目指す選手の多くはNCAAディビジョン1に属していることが多く、NJCAAはやや格落ちな印象を受けます。 そのため、再度上位指名が確実と言われていたスチュワート投手ですが、大学トップリーグではない場で勝ち星をあげても、昨年より評価が上回ることは考えにくいとみられていました。 そして200万ドルで契約しブレーブスへ入団した場合、現状のMLBのルールではいかに有能な選手でもドラフト指名選手にはマイナー契約しか認めていないため、現在19歳のスチュワート投手が順調な昇格を経ても、 メジャーデビューまで3・4年程度はかかるとみられています。 さらにMLBでは新人の契約金総額も球団ごとに決められており、球団との年俸の交渉を行なえる「年俸調停権」を得るにはMLBで3年の実績が必要です。 それまでは実質、 最低保障額である55万5000ドル(約6100万円)の年俸しか得られず、もし順調に成長を遂げたとしてもスチュワート投手が6年間で得られる総額は、400万ドルほどと言われています。 一方、今回スチュワート投手とホークスが結んだ契約は、 6年700万ドル(約7億7000万円)保証で、出来高を含めると 1200万ドル(約12億9000万円)の大型契約となります。 さらにNPBで早くから一軍へ昇格できれば、メジャー在籍経験のある選手やメジャークラスの選手と対戦できる貴重な経験を積むことができます。 そしてここで良い成績を残せば、将来のMLB移籍へ大きなアピールとなることでしょう。 また、金銭面・キャリアアップ以外にも、6年間の契約終了後ポスティングシステムを利用することで、MLBで契約した場合より早く他のMLB球団との交渉を行うことが可能です。 このように スチュワート投手とホークスとの契約は金銭面だけでなく、選手としてのキャリアマネージメントにも非常に魅力的な契約だったのです。 スチュワート投手について海外の反応 今回のスチュワート投手の契約について、海外の反応は概ね「賢い・良い判断」と評価を得ています。 米メディアでは 「マイナーで下積みをするより、日本の野球で育てられる方が充実した経験になるだろう」「米中西部で次第に衰えるより遥かに優れている」との意見がみられます。 中には「ドラフト全体で8番目に指名された選手のすることではない」という意見もありますが、NPBに対する「世界でもトップクラスのナショナルチームを抱えるリーグ」という信頼もあり、海外で異なるシステムで学ぶことはスチュワート投手のような若い選手にとっては得るものが大きいのではないかという意見が多いようです。 スチュワート投手・日米野球の未来 先日スチュワート投手は来日後初のブルペン投球を行い、6・7割の力で29球を投げました。 ストレートの他にも、スチュワート投手の持ち味である大きく鋭いカーブ・チェンジアップ・スライダーを投げ、NPB使用球での変化を確かめていました。 気になる右手首も問題なく、このまま順調に調整を続け、早ければ7月上旬にも三軍デビューの可能性があるとのことです。 ちなみにスチュワート投手の投球がこれ。 そして今回の入団について大きなカギとなったMLBの契約は、今後の日米の関係に風穴を開けたようにも見えます。 今後も現状のルールが続くなら、MLBよりもNPBを選ぶ可能性はありますが、今回のようなケースが続いた場合MLB側のルール変更も当然考えられます。 そして資金力で比較すれば、やはり注目選手の争奪戦は現実的ではありません。 むしろチャンスとなるのは、MLBドラフト下位指名選手の獲得です。 これまで下位指名でメジャーデビューを狙う選手は、低い契約金と年俸を受け入れるか独立リーグで名をあげるしか選択肢がありませんでした。 ちなみにスチュワート投手はマイナーリーグを経験していないため、特例で新人王の資格が与えられます。 今までに前例のなかったアメリカアマチュア球界のトップ・プロスペクトが日本プロ野球界でどのように育ち、どのような成績を残していくのか、スチュワート投手の今後の活躍に期待しましょう。

次の

MLBドラ1蹴った男、ソフトバンク・スチュワート 2年目の決意そして…日本行き後悔全然ない!!

スチュワート ソフトバンク

同誌の取材に対して、本人は「僕はトレイルブレイザー(先駆者)になったような気分さ」と胸の内を明かし、「他の選手もこの機会にトライしてほしいと思っているよ。 これまでのところ、日本が大好きだよ。 そして、友達みんなにどんなにここが好きで、どんなにこのチャンスに感謝しているか話してるんだ」としている。 肝心の野球では、まだ3軍の試合で登板しただけ。 ただ、育成に定評のあるソフトバンクの環境には感謝している様子。 「今、最もタフなことは毎日の日課をこなすこと。 体を鍛えながら、プロ野球がどんなところか学んでいるところ」と、自身の実力を磨くことに集中しているという。 「ベストなことは、僕を指導してくれるコーチに毎日会えること。 そして、多くの選手たちも僕に良くしてくれている。 人生が仕事一色になり、それに集中できる環境だよ」.

次の

カータースチュアート投手は手首が原因でソフトバンクと契約合意

スチュワート ソフトバンク

タグ アリエル・ミランダ・ギル 能見篤史(のうみあつし) 砂川リチャードオブライエン(すながわリチャードオブライエン) 福田秀平(ふくだしゅうへい) 福留孝介(ふくどめこうすけ) 秋山幸二(あきやまこうじ) 秋山翔吾(あきやましょうご) 笠原大芽(かさはらたいが) 笠谷俊介(かさやしゅんすけ) 糸井嘉男(いといよしお) 美間優槻(みまゆうき) 若田部健一(わかたべけんいち) 矢野燿大(やのあきひろ) 茂木栄五郎(もぎえいごろう) 藤川球児(ふじかわきゅうじ) 藤浪晋太郎(ふじなみしんたろう) 西勇輝(にしゆうき) 西川愛也(にしかわまなや) 西田哲朗(にしだてつろう) 谷川原健太(たにがわらけんた) 辻発彦(つじはつひこ) 近本光司(ちかもとこうじ) 石川柊太(いしかわしゅうた) 真砂勇介(まさごゆうすけ) 金子侑司(かねこゆうじ) 渡邉陸(わたなべりく) 森唯斗(もりゆいと) 椎野新(しいのあらた) 武田翔太(たけだしょうた) 水谷瞬(みずたにしゅん) 永江恭平(ながえきょうへい) 江川智晃(えがわともあき) 泉圭輔(いずみけいすけ) 浅村栄斗(あさむらひでと) 清水陸哉(しみずりくや) 渡邊勇太朗(わたなべゆうたろう) 甲斐野央(かいのひろし) 源田壮亮(げんだそうすけ) 熊代聖人(くましろまさと) 片耳・フェイスガードヘルメット 牧原大成(まきはらたいせい) 王貞治(おうさだはる) 田中正義(たなかせいぎ) 田城飛翔(たしろつばさ) 田浦文丸(たうらふみまる) 甲斐拓也(かいたくや) 野村大樹(のむらだいじゅ) 釜元豪(かまもとごう) 梅野隆太郎(うめのりゅうたろう) 上沢直之(うわさわなおゆき) 西川遥輝(にしかわはるき) 宮西尚生(みやにしなおき) 中島卓也(なかしまたくや) 大田泰示(おおたたいし) 近藤健介(こんどうけんすけ) 有原航平(ありはらこうへい) 吉田輝星(よしだこうせい) 金子弌大(かねこちひろ) 吉川光夫(よしかわみつお) 秋吉亮(あきよしりょう) 清宮幸太郎(きよみやこうたろう) 堀瑞輝(ほりみずき) 鶴岡慎也(つるおかしんや) 渡邉諒(わたなべりょう) 平沼翔太(ひらぬましょうた) 柿木蓮(かきぎれん) 栗山英樹(くりやまひでき) プロ野球 杉浦稔大(すぎうらとしひろ) 宮台康平(みやだいこうへい) 中田翔(なかたしょう) 杉谷拳士(すぎやけんし) 長谷川勇也(はせがわゆうや) 黒瀬健太(くろせけんた) 関川浩一(せきかわこういち) 阿部慎之助(あべしんのすけ) 高橋光成(たかはしこうな) 高橋朋己(たかはしともみ) 高橋礼(たかはしれい) 高橋純平(たかはしじゅんぺい) 高田知季(たかたともき) 高谷裕亮(たかやひろあき) 鳥谷敬(とりたにたかし) 山田哲人(やまだてつと) 斎藤佑樹(さいとうゆうき) 村上宗隆(むらかみむねたか) 小川泰弘(おがわやすひろ) 奥川恭伸(おくがわやすのぶ) 石川雅規(いしかわまさのり) 高津臣吾(たかつしんご) 青木宣親(あおきのりちか) 高井雄平(たかいゆうへい) 寺島成輝(てらしまなるき) 中村悠平(なかむらゆうへい) 川端慎吾(かわばたしんご) 森友哉(もりともや) 栗山巧(くりやまたくみ) アルフレド・デスパイネ ・ロドリゲス 吉村裕基(よしむらゆうき) 内川聖一(うちかわせいいち) 内海哲也(うつみてつや) 則本昂大(のりもとたかひろ) 加治屋蓮(かじやれん) 十亀剣(とがめけん) 千賀滉大(せんがこうだい) 古澤勝吾(ふるさわしょうご) 古谷優人(ふるやゆうと) 吉住晴斗(よしずみはると) 周東佑京(しゅうとううきょう) 今井達也(いまいたつや) 和田毅(わだつよし) 嘉弥真新也(かやましんや) 坂本勇人(さかもとはやと) 城島健司(じょうじまけんじ) 城所龍磨(きどころりゅうま) 堀内汰門(ほりうちたもん) 塚田正義(つかだまさよし) 増田珠(ますだしゅう) 増田達至(ますだたつし) 今宮健太(いまみやけんた) 井口資仁(いぐちただひと) 大山悠輔(おおやまゆうすけ) リバン・モイネロ・ピタ ウラディミール・バレンティン エルネスト・アントニオ・メヒア・アルバラード オスカー・ルイス・コラス・レオン カーター・スチュワート・ジュニア ザッカリー・シェリダン・ニール ジュリスベル・グラシアル・ガルシア デニス・サファテ ランディ・メッセンジャー リック・バンデンハーク ロベルト・アレキサンダー・スアレス・スベーロ 五十嵐亮太(いがらしりょうた) 三森大貴(みもりまさき) 上林誠知(うえばやしせいじ) 中村剛也(なかむらたけや) 中村宜聖(なかむらたかまさ) 中村晃(なかむらあきら) 中村晨(なかむらしん) 中田賢一(なかたけんいち) 丸佳浩(まるよしひろ) 九鬼隆平(くきりゅうへい) 二保旭(にほあきら) 外崎修汰(とのさきしゅうた) 大本将吾(おおもとしょうご) 栗原陵矢(くりはらりょうや) 村松有人(むらまつありひと) 摂津正(せっつただし) 斉藤和巳(さいとうかずみ) 新垣渚(あらがきなぎさ) 日暮矢麻人(ひぐらしやまと) 明石健志(あかしけんじ) 木村文紀(きむらふみかず) 本多雄一(ほんだゆういち) 杉内俊哉(すぎうちとしや) 杉山一樹(すぎやまかずき) 東浜巨(ひがしはまなお) 平良海馬(たいらかいま) 松中信彦(まつなかのぶひこ) 松井裕樹(まついゆうき) 松坂大輔(まつざかだいすけ) 松本航(まつもとわたる) 松本裕樹(まつもとゆうき) 松田宣浩(まつだのぶひろ) 松田遼馬(まつだりょうま) 板東湧梧(ばんどうゆうご) 柳田悠岐(やなぎたゆうき) 張本優大(はりもとまさひろ) 平井克典(ひらいかつのり) 大竹耕太郎(おおたけこうたろう) 山川穂高(やまかわほたか) 大隣憲司(おおとなりけんじ) 奥村政稔(おくむらまさと) 奪Sh! (ダッシュ) 孫正義(そんまさよし) 寺原隼人(てらはらはやと) 小久保裕紀(こくぼひろき) 小澤怜史(こざわれいじ) 尾形崇斗(おがたしゅうと) 山口俊(やまぐちしゅん) 岡本健(おかもとけん) 市川友也(いちかわともや) 岡本和真(おかもとかずま) 岩嵜翔(いわさきしょう) 岸孝之(きしたかゆき) 島袋洋奨(しまぶくろようすけ) 嶋基宏(しまもとひろ) 川原弘之(かわはらひろゆき) 川島慶三(かわしまけいぞう) 川崎宗則(かわさきむねのり) 川瀬晃(かわせひかる) 工藤公康(くどうきみやす) 王柏融(ワン・ボーロン) 目次• スチュワート投手の驚愕の契約金! スチュワート投手は、身長198㎝・体重98kgと非常に恵まれた体格の持ち主で、160キロ近い『ストレート』と大きく縦に割れる『カーブ』が武器の本格派右腕です。  そんなアメリカで注目されている〝金の卵〟と称されるスチュワート投手が、2019年5月に福岡ソフトバンクホークスと契約合意に至ったというビッグニュースが話題となりました。 カータースチュワート投手 6年7億7000万契約合意 6月3日 福岡市内で入団会見 — 熱男2019 YCnKpS3gwLhkjWB 気になる契約金は、何と7億7000万円(多少誤差があるかもしれませんが)だそうです! 2019年から6年契約ということですが、驚愕の契約金ですね。 さすが〝世界一の球団〟を目指している福岡ソフトバンクホークス。 驚愕の契約金を出せる余裕が垣間見えましたね! もうホークス入団のカータースチュワート投手のサインがヤフオクで売られている! 選手の好意を踏みにじるこんな奴がいるから選手がサインしなくなる! お前らの金儲けの為にサインしてるんじゃねーぞ! 福岡と千葉の輩どもが! 売りやは追放すべき! 買う奴もいないだろうけどね — いわっち susumupapa ホークスファンの方々もスチュワート投手に注目が高まっている中、今後スチュワート投手がどんな活躍をしてくれるのか、私もワクワクが止まりません! 驚愕の契約金で入団したスチュワート投手に、これから注目していきたいと思います! スチュワート投手の身体検査の真相とは? ホークスに入団したスチュワート投手ですが、高校3年の時にMLB(メジャーリーグベースボール)のスカウトに注目され、去年のMLBドラフトでアトランタ・ブレーブスから1巡目(全体8位)で指名を受けていたんです。 しかし、ドラフト後の身体検査で、スチュワート投手の手首に異常が見つかってしまいました。 高校生の時から『ストレート』が速かったので、手首に負担がかかっていたのかもしれませんね。 身体検査の結果により、初めに提示された契約金が急降下したとのこと。 それが原因で、スチュワート投手とブレーブスとの入団交渉が、2018年7月上旬の期限までに合意できなかったそうなんです。 カータースチュワート様です。 プロ並み!?スチュワート投手のゴルフの腕前は? 母国アメリカを離れ、日本で野球をやっていく決断をした19歳のスチュワート投手ですが、ゴルフもプロ並みに上手いと話題になっています。 スチュワート投手の趣味はゴルフで、本人曰く「 3歳に初めてゴルフクラブを持ち、ベストスコアは65だよ」とコメントしています。 【ツアー選手権 最終日】 タイガー・ウッズが通算11アンダーで復活優勝! 👇最新スコアはこちらをクリック👇 — PGA TOUR Japan PGATOURJapan 〝世界的大スター〟のプロゴルファー・タイガーウッズ選手の平均スコアが約68だそうですから、スチュワート投手のゴルフの腕前が如何に凄いのかがわかりますね。 スチュワート投手は、ドライバーでも360ヤードを飛ばし、ゴルフ選手として大学から勧誘されたこともあるとか。 ゴルフでも〝金の卵〟として注目されていたんですね。 摂津さんがジュニアに日本野球を教える前にラウンドしとるw しかしやっぱりジュニアはデカイな! — 純真🐈 6月22日東京行🛫 DrMa21 日本に来てからも摂津正さんとゴルフに行ったらしく、楽しい時間を過ごしているようですね。 また、ゴルフは意外にも投手にとって〝リハビリ効果〟があるようなんです。 スチュワート投手は、身体検査で手首に異常が見つかっていますから、たまに気分転換にゴルフをリハビリメニューとして取り入れ、こなしていくのも良いかもしれませんね。 スチュワート投手は、野球もゴルフも〝超一流〟だということがわかりました。 気になる!スチュワート投手の彼女の存在! 注目が集まっているスチュワート投手ですが、彼女がいるのか調査してみました。 スチュワート投手は入団会見で、記者からの「(日本に来ることで)もっとも悩んだことは」という質問に対し、スチュワート投手は「 正直に言うと、家族や彼女と離れるのは大変だと思った。 だけど、電話で話せる。 文化や言葉の違いも、初めは大変だと思うけど、学んでいけばいいこと。 そういう悩みは小さくしていける。 大事なのは野球をすること」とコメントしています。 (西日本スポーツ) 米ドラ1スチュワート「6年後のことは…」一問一答1 米ドラ1スチュワート「家族や彼女と離れ」一問一答2 米ドラ1スチュワート「焼き肉、火鉢、鉄板焼」一問一答3 — 江浦正秀 euramasahide 『家族や彼女と離れるのが大変だった』というスチュワート投手のコメントから、母国アメリカに彼女がいるということがわかりますね。 残念ながら彼女の情報はなかったので、情報が入り次第追記していきたいと思います。 大事な家族や彼女の存在が近くにいないこと、そして文化や言葉の壁などありますから不安は大きいでしょう。 けれども、家族や彼女の為に福岡ソフトバンクホークスで成長して、しっかり頑張ってほしいですね! 最後に 【スチュワートJr. jp TNC8chnews 現在、スチュワート投手に多くの注目が集まっていますが、まずは身体検査で見つかった手首の異常を完治させてもらいたいですね。  スチュワート投手の投球を見てもらったらわかるように、素晴らしいボールを投げています。 近い将来、この投球をヤフオクドームで観れることを楽しみに、スチュワート投手のリハビリ状況など注目していきたいと思います。  今後も、スチュワート投手を全力で応援していき、情報が入り次第追記していきたいと思います。 最後まで読んで頂きありがとうございました。

次の