ステラ かぐや様。 かぐや様は告らせたい(映画)の興行収入や観客動員数は?評判も!

かぐや様は告らせたい(映画)の興行収入や観客動員数は?評判も!

ステラ かぐや様

今週のかぐや様は、何はともあれ 伊井野の カラー扉絵です! 伊井野の扉絵って初めてじゃないでしょうかね!? 週刊ヤングジャンプ 赤坂アカ かぐや様は告らせたい129話 「伊井野ミコは語りたい」 カラー扉絵はそもそも かぐや以外のキャラが単独で出たこと自体が初めてな気がしますが、どうだったっけ? とにかく素晴らしい快挙です! 祝!伊井野の扉絵! 伊井野!伊井野! そして情報量の多い絵です。 伊井野! 伊井野の昼休みの絵ですが、弁当箱がアルミの巨大な ドカベン、デザートも「超どでかプリン」と大食い属性アピール。 読んでる本は BLっぽい。 これが秀知院の校内だったらBL本は校則違反なので、伊井野のキャラ的にこれは彼女の私物ではなく押収物なのかもしれません。 しかし挟んである 栞は例の伊井野の心の支え ステラの押し花。 この漫画の超重要アイテムです。 あとテーブルには文化祭でかぐやが落とした ハート。 これも今後重要になる? いろいろと見どころのある素晴らしい絵です。 伊井野! 何よりいいと思ったのは、今は アニメ放送中そして 実写映画化と世間は盛り上がっているのですが、それらは伊井野のイの字も全く存在しない世界の話です。 映画もどうせそうでしょう。 でも今の時期にあえてここで扉絵に伊井野をチョイスした作者 赤坂アカの心意気に万雷の感謝の拍手です。 私は本当にこの扉絵すごく嬉しいです。 さて今週の本編は、 石上と 子安の クリスマスパーティー、実写映画化のダイマ、そして伊井野の三者がうまく絡み合った話でした。 まずはミドジャンの連載漫画「 モモちゃんは考えない 通称桃缶」が今度は実写映画化するというニュースが生徒会に飛び込んできます。 以前100話(単行本11巻では110話)では桃缶がアニメ化する初報があったのですが、作中ではまだそこから3週間も経ってないと思います。 桃缶はかなりの短期間に初アニメ化と初映画化が立て続けに発表されたことになります。 すごいな桃缶。 伊井野が大好きな男性アイドルです。 ここからが今週私が「 凄まじい力技だなあー」と思ったシーンでした。 なのによりによってこの度その平野紫耀が白銀役に決まっちゃったので、今週ここでそのことについての フォローが入ったというわけです。 (かぐや役は橋本環奈) 改めて石上が伊井野に問います。 じゃあ白銀を平野紫耀が演じても安心の太鼓判です。 ……って、いやマジで強引な力技です。 ただ私は今回のこれを「おかしいだろ!」「ジャニに媚びすぎ!」とは言いません。 例えば ジョジョ3部で アヴドゥルが眉間に弾丸をド命中で食らって死んだように見えたのに、実は弾丸は頭をかすめただけで済んだので生きてた、みたいなものです。 漫画の根底を狂わせるような 捻じ曲げだとさすがに許容できませんが、弾丸の角度とか伊井野の主観とかそんな程度のものならその作品の元来の面白さを落とすようなことはないと思います。 ま、そう思うかどうかは結局人それぞれの基準次第ですが。 それよりちょっと気になるのは、今回のこれは 伊井野にとって白銀は見た目も性格もかなりアリな男となったことです。 そうなると、伊井野はこれから軽い失恋をすることになるのかもしれません。 それはそれでドラマになるかな? そんな、この先どんなドラマが待っているかも分からない 裏ヒロイン伊井野ですが、生徒会室を後にしてから、 裏主人公石上とまた揉め出します。 そして珍しく伊井野のほうから譲歩しようとしても平行線で、ケンカしてるところで子安と遭遇。 子安はなんと石上をクリスマスイブに自宅に誘います! それを聞いた伊井野がいかがわしいことかと誤解するのですが、ここ、伊井野が、自分+石上+子安の3人なのに 「よんぴぃ!?」と叫ぶのは、先週の話の冒頭の「4P」がページ数のことなのに人数と誤解されたことがネタになっていて、私もそう誤解した一人なので苦笑いです。 子安宅で石上と伊井野の他体育祭文化祭の実行委員みんなでクリパしたいと。 これは不安もあります。 石上は 小野寺など体育祭の実委とは多少打ち解けていますが、文化祭の実委には 石上を嫌悪してる一年モブ女子がいます。 なんか石上にとって辛いことが起きる不安が。 そのとき子安や伊井野はどうするでしょう。 場面は生徒会室に戻って(かぐやはずっと眠ったまま?)、今後は 藤原が生徒会メンバーをクリパに誘います。 石上は「先約がある」と華麗に辞退。 ここは、アニメの藤原役の声優 小原好美がプリキュアも演じてることのネタです。 今週はメタいネタ多いなあー。 にしても藤原宅でクリパ…… 社交ダンスでもやるんでしょうかね? さて伊井野は子安宅か藤原宅かどっちのクリパに出るのか? 「どうせ石上は私がいると鬱陶しいとか思ってるんでしょ」 「思ってねぇよ」 「そう……なの?」 で、伊井野は石上と一緒に子安宅クリパに。 石上と伊井野のこの会話は、もう、本当に、この二人でしかできない会話です。 石上が子安に(意図せず)告白した返事の猶予は3ヶ月。 伊井野が石上から受け取ったハートの拾得物の失効期間も3ヶ月。 という話でした。 ところで、先日なぜか、 乃木坂46の 松村沙友理が チカダンスを踊った動画(コメント不可)を公開しました。 うーむ。 そもそも漫画の実写映画化って、 基本的に作品ファンからは歓迎されない展開です。 本来めんどくさいオタクな筈の石上が今週桃缶の実写映画化でそのへんの指摘をしてないのはちょっと甘いと思いました。 ただ実は映画化はそんなにひどいものばかりではなく、良作、ヒット、好影響が発生することも少なくないです。 ひどいときがあまりにも悲惨だから、悲観的な印象を持たれやすいんですよね。 かぐや様だって 爆死する可能性ももちろんあるから不安も理解できますが。 私自身はどうでもよくて、 来場特典がすごくよかったら行くと思います。 重要なのは特典です。 ジョジョ4部の実写映画のときは特典がただのクリアファイルで魅力ないから行きませんでした。

次の

『かぐや様は告らせたい』で今後描かれるであろう事柄まとめ

ステラ かぐや様

赤坂アカ(著)『かぐや様は告らせたい』 第5巻 天才たちの恋愛頭脳バトルを描いたヤングジャンプの人気ラブコメ『』(AA)第5巻が本日発売されました。 コミックスは5巻累計で80万部を突破しているとのこと。 2016年10月に発売されたコミックス3巻時点で20万部でしたから、わずか半年で4倍というまさに大人気の作品となっております。 同じ掲載誌に連載されている『干物妹!うまるちゃん』が たしか 30~40万部ぐらいでアニメ化していたハズですから、人気的にはいつアニメ化してもおかしくなさそうな勢いです。 5巻では夏休み編と新学期の話として、第41話~50話までを収録。 表紙は四宮かぐやと白銀御行の二人。 こうやってみると、恋人同士の自撮りシーンに見えます。 引用: 同上 男を見せる白銀 夏休みに突入した白銀たち。 さぞかしイベント盛りだくさんのキャッキャウフフな夏休みを送るのかと思いきや、プライドの高い白銀とかぐやはお互いがお互いを誘うのを待つだけでそもそも会うことすらしていませんでした。 開始2ページですでに夏休みも半月が過ぎており、その間かぐやは白銀が誘ってきた時の予定表を作り、白銀はかぐやにメールを送ろうとしては消すを繰り返すだけという、まったくもって無駄な夏休みを過ごしていたのでした もちろん勉強やバイトなどやるべきことはキッチリやっている二人ですが。 普通の男女なら夏休みのほうが距離が縮まったりするのですが、プライドが高いだけでなく誘ったら負け、という思考の二人にとっては、顔を合わせる口実が無くなってしまう夏休みは逆に距離が離れてしまうようです。 このまま夏休みが終わってしまうのかと思われましたが、最初で最後のビッグイベント・花火大会が開催されることになり生徒会一同が集まる事になりました。 それを本当に楽しみにしていたかぐやでしたが、家の都合であっさりキャンセルさせられてしまうハメに・・・ さすがにふさぎ込んでしまうかぐや。 しかし、みんなと一緒に花火を見たかったという彼女のほんの些細なシグナルを密かに受け取った人物がいました。 それがこの男・白銀御行。 引用: 赤坂アカ(著)『かぐや様は告らせたい』 第3巻 集英社 2016年10月 表紙 アイルランド人のクオーターである早坂愛は名家・早坂家の娘であり、父は四宮かぐやの名付け親にして四宮グループの幹部・母は四宮かぐやの乳母とのこと。 早坂自身は生まれたばかりの頃はかぐやとともに育てられ、7歳で正式な主従関係となりましたが、かぐやとは何でも話すことの出来る姉妹のような間柄です。 元々優秀なかぐやの侍女だけあって早坂自身もあらゆる面で優秀なのですが、わがままだったり面倒くさい事も多いかぐやを陰ながらサポートする彼女の気苦労は計り知れません。 そんな彼女の苦労の一端が今回もまた明らかになるのですが、そんな中でも白銀のことで一喜一憂するかぐやのことを内心うらやましく思っているような描写がありました。 引用: 同書 167ページ 感想 結構ひっぱるかと思っていた夏休み編がわりとあっさり終わってしまって、本誌を読んでいる時は少々肩すかしを食らったのですが、コミックスで読んでみると逆にクドクドしていなくて丁度良いあんばいでした。 無駄な引き延ばしがなかったのと「花火の音は聞こえない」の話しが素晴らしかったので、少ない話数でも満足度が高かったのかなと思います。 また、若干シリアス寄りだった「花火の音は聞こえない」の後の新学期編は作風が変わってしまうかもと少し心配だったのですが、完全にいつもの『かぐや様は告らせたい』だったので安心しました。 人気も安定しているようですので、このままアニメ化まで一気にいってほしいですね。

次の

『かぐや様は告らせたい』、ミコちんと石上くんがお似合いすぎる件

ステラ かぐや様

今回はかぐや様は告らせたいの2期から登場する、 伊井野ミコのかわいいところについてご紹介します! 新たな生徒会長になろうとする生真面目な女の子。 ……ですが、対人関係に飢えていて、徐々に めちゃくちゃチョロい、ザコいことが判明。 見てていたたまれなくなるかわいさがありますので、 伊井野ミコの魅力について語っていきます。 また、 伊井野ミコの恋愛事情についてもご紹介します。 彼女が中学時代にもらった 「手紙」は誰が送ったものなのか? そして、嫌い合っている 石上との関係はどうなるのか?ということについてまとめていきます。 一部ネタバレを含むのでご注意ください。 ネタバレが苦手な方はヤングジャンプの公式無料アプリ、をどうぞ。 もらえるゴールドでかぐや様を全話読むことができるので、こちらから読むことをおすすめします。 【かぐや様は告らせたい】伊井野ミコとはどんなキャラクター? (C)赤坂アカ 誕生日:5月5日 血液型:O型 家族構成:父・母 身体的特徴:低身長 所属:私立秀知院学園高等部1年B組 委員会活動:風紀委員会 生徒会:第68期生徒会 会計監査 CV(声優):富田美憂 真面目すぎる優等生 伊井野ミコは秀知院学園の1年生。 アニメでは2期、原作ではから登場。 1年生の中で、 入学以来成績1位を維持し続ける優等生です。 第67期生徒会が解散した後、 次期生徒会長になるための選挙に立候補。 白銀と対立します。 性格はとにかく真面目。 堅物といってもいい。 父は高等裁判所の裁判官、母は国際人道支援団体員と多忙な二人。 どちらも家にいないことがほとんどで、ミコは 孤独な幼少時代を過ごしました。 (C)赤坂アカ が、立派な仕事をしている両親に、わがままを言うわけにはいかない。 ミコは両親とのつながりを「正義」に見出した。 とにかく真面目に、誠実にいよう。 そう決意して、学校生活を真面目に過ごしてきました。 しかし、そんな彼女は他の生徒からは鬱陶しがられてしまいます。 なので、 小学生の頃から選挙などでは落選続き。 折れずに頑張り続けるけれど、負ける度に笑い者にされ、自信を失ってしまう……。 (C)赤坂アカ 今度こそ。 そう思って立候補した秀知院学園高等部での生徒会選挙。 彼女が掲げた公約は…… (C)赤坂アカ 1. 男子は坊主頭。 女子はおさげか三つ編み。 (スカート丈は膝下10cm厳守。 いたずらな装飾の禁止) 2.携帯電話の持ち込みを禁止します。 週に一度持ち物検査をします。 男女は50cm以上の接近を禁止します。 ……そりゃ、誰も賛同しない。 真面目に過ぎて加減を知らない女の子。 それが伊井野ミコである。 生徒会選挙でみんなから嘲笑われるが…… そんな中で迎えた生徒会選挙。 (C)赤坂アカ 「いいの みこです」 これまで、嘲笑われ続けてきたことから演説でもあがってしまう。 融通が効かず、常に偉そうに指図してくる。 学年1位で風紀委員という、目の上のたんこぶ。 そんなミコが無様な姿を晒しているのが愉快で、一年生はみんな彼女を笑い者にする。 (C)赤坂アカ しかし、そんなミコの緊張をほぐすために、彼女の公約を否定した白銀によって、彼女は自信を取り戻す! 「この公約はアホらしくなんてありません!」 (C)赤坂アカ 厳しすぎる公約はきちんと生徒のことを思ってのものであるという根拠を、詳らかに主張していきます。 (C)赤坂アカ 一年生のみんなに囲まれて、 彼女は嬉しそうな笑顔を見せるのでした。 第68期生徒会 会計監査に就任 (C)赤坂アカ そして、選挙には負けたものの、白銀から生徒会へ勧誘されます。 (C)赤坂アカ ……はずでしたが、徐々に藤原に懐柔されたり、ちょっと優しくされると簡単に靡くなど、チョロいところが明らかになっていって、ザコ化が進んでいきます。 (まあ、選挙で性癖晒しているあたりから、既にズレてるのが分かるんですけどね。 こっからよりひどくなっていきます。 ) というわけで、ここからは 伊井野ミコのかわいいシーンについてまとめていきます。 【かぐや様は告らせたい】伊井野ミコのザコすぎてかわいいシーンまとめ! それではいよいよ、 伊井野ミコのかわいいシーンをご紹介します。 単純な萌えというより、 不憫さ、いたたまれなさがある隠れオタク女子って感じの、 こじらせたかわいさです。 だらしない石上や、生徒会室で淫行 (もちろんミコの誤解・早とちり)をする白銀とかぐやに、ミコはキレていた! が、ミコが尊敬する藤原書記によって、「優しさを学ぶ」ことを強要されます。 一時間、ミコは何があっても怒らないこと。 それを約束させられます。 遊び倒す石上たちに怒っては、藤原書記にたしなめられる。 そんなやり取りが続きます。 そして、悪魔(藤原書記)は言いました。 「ミコちゃんが校則を破る側をしてみたら良いのかも!」 携帯のアプリで写真をデコってインスタにアップしよう!と藤原書記は言います。 最初は校則違反だから、と拒否していたものの…… (C)赤坂アカ 「きゃ~~~かわいいよ~~~~!上目遣いでこっち見て! きゃっわーー!」 藤原書記に褒め倒され、 徐々に満更でもない表情に。 押しに弱い。 果ては「かわいいから」とおだてられ、変顔までしちゃいます。 (C)赤坂アカ 最終的に撮った写真を藤原書記におねだり。 (C)赤坂アカ しっかり校則違反を楽しんだことを指摘され、顔真っ赤。 こういう楽しいイベントに不慣れなんだろうなぁって。 伊井野ミコのザコすぎてかわいいシーン:イケメンが励ますCDを愛聴 (C)赤坂アカ ・95話より。 ミコと石上、二人きりの生徒会室。 彼女はイヤホンをして、石上との会話を拒絶します。 ……が、イヤホンジャックが抜けかけていて、 聞いている音楽がダダ漏れ。 しかし、彼女は気づかない。 環境音で癒やされるBGMを聞いていたかと思うと…… (C)赤坂アカ 響き渡るラクダの鳴き声! 癒やされるミコ! 彼女のズレにズレた感性が明らかになっていく。 そしてついに、彼女は 聞かれてはならない秘密を知らぬ間に晒してしまう……。 「ああ……君は偉いよ。 とても頑張ってる。 そのままの君で良いんだ。 君はいい子だ。 大丈夫……大丈夫だから……。 辛いよね。 泣きたい時には泣いていいんだよ。 大丈夫。 僕は君の味方だよ」 (C)赤坂アカ 「君は優しい。 誠実な子だ……。 すごくかわいいよ……。 今すぐ抱きしめたいよ……」 イケメンに励まされるCD!!! (こういうの) めちゃめちゃ肯定され、癒やされた表情を見せるミコ。 ……そして。 ちなみに・125話では バイノーラル有識者としてホラー音源を録音させられることに。 (C)赤坂アカ (ちょっとは隠せよ。 ) (C)赤坂アカ 録音風景は 大変やらしいのでぜひ読んでみてほしい。 急遽始まった生徒会内におけるチャーハン論争。 審査員としてチャーハンを食すミコ。 ここで彼女が非常に食欲旺盛であることが判明します。 かぐやが白銀のために丹精込めて作ったチャーハンを…… (C)赤坂アカ 「よく判らないのでとりあえずお代わりください」とのたまい…… 白銀の分も食い切って、 (C)赤坂アカ 「なんていうか……これじゃないなーと思いました」と言い切る面の皮の厚さ。 また、石上のチャーハンには、迷った様子を見せて1点という低評価。 (C)赤坂アカ 「美味しいというのが恥ずかしかった」と藤原に話しますが暴露され顔真っ赤。 ツンデレである。 食いすぎやろ。 伊井野ミコのザコすぎてかわいいシーン:ナンパにホイホイついてく (C)赤坂アカ ・130話より。 文化祭中、ナンパに遭遇するミコ。 「いい加減にしないと、教師を呼び点」 「ていうか君、マジ可愛くね!?」 ……沈黙。 どんだけ褒められるのに弱いんだ。 「いやマジ!マジのところ可愛くね?」 「それ! 化粧なしでその可愛さはヤバくね!? ぶっちゃけ自覚あるでしょ自分の可愛さ!」 「リアルな所休憩いつ? 君のためなら何時間でも待つけど!」 「まああと1時間くらいで休憩ですが」 なびいてんじゃねーよ!! 「じゃあちょっとだけ一緒に遊ぼうよ!」 (C)赤坂アカ 「ちょっとだけなら」 間一髪石上が止めましたが、そうじゃなかったら見ず知らずの男に一瞬でお持ち帰りされるほどのガードの緩さ。 褒めれば釣れる、あまりにチョロい。 また、・154話でも酒入りチョコを食べて、簡単にお持ち帰りされる素養を見せます。 (C)赤坂アカ (良い人ばっかでよかった) こんな感じで生真面目すぎるせいで、 完全に愛に飢えている。 少し優しくするだけでホイホイ乗ってくる女です。 伊井野ミコのザコすぎてかわいいシーン:夢小説クラスタ (C)赤坂アカ また、大仏いわく、ミコは 夢女子。 主人公の名前を自分の名前にできる小説で、要するに、ハリポタのキャラや声優、歌い手に愛されまくる小説にハマりまくっているということ。 怒られても「私が悪い子だからいけないの」と自罰的だったり、 かぐやへのドッキリのときも、「私が会長からビンタされると、四宮先輩も相当驚くと思うんです」とこともなげに言い放ちます。 (C)赤坂アカ ナチュラルにこういう発想がでてくるあたり、虐げられたいという願望が隠しきれてない。 また、寝るときはぬいぐるみと一緒、タオルケット症候群を患っている(愛された実感がないことが主な要因)など、 いちいち闇が深い。 (C)赤坂アカ なお、 「イタいのが好き」「何か安心する」とも言っています。 (C)赤坂アカ あの藤原ですらガチで引いてる、 真性である。 伊井野ミコのかわいいシーン:自作の詩集 (C)赤坂アカ ・165話より。 白銀と二人きりになったミコ。 「詩が好き」という白銀にミコが激しく食いつきます。 少し照れながらも、自作の詩を披露したがるミコ。 絶対笑わないでくださいよ~と前置きして、ついに。 (C)赤坂アカ うわきっつ…… そして曖昧な感想で返す白銀に、 より具体的な感想を求めます。 鬼畜か。 そして、更に 闇の深い詩まで披露してしまう……。 ガチで恐怖感を禁じえないポエムはぜひ17巻でご確認ください。 【かぐや様は告らせたい】伊井野ミコの好きな人・恋愛は?手紙を出したのは石上? 最後に、 伊井野ミコの恋愛事情についてご紹介します。 特定の好きな人は、現時点では明言されず。 上に書いたように非常にチョロいため、 攻略難易度はめちゃめちゃ低そうである(付き合った後ひどい目にあいそうだが)。 理想の恋愛・憧れは中学時代の「花と手紙をくれた、ステラ人」 (C)赤坂アカ 彼女が一番ときめいたのは、中学生のときに手紙と花をくれた人。 周りから疎まれ、一番つらかった時に 「君の努力はいつか報われる」と名前も告げずに励ましの手紙をくれたのだ。 (C)赤坂アカ 彼女はこの手紙から 「ピュアな想い」を感じ、これこそが 「本当の愛の形」と語ります。 (C)赤坂アカ メルヘンである。 柏木さんのように 「本物の愛とか言い出しちゃった……」って気分になる。 この手紙とステラを送った人が誰なのか、作中ではまだ明言されていません。 彼女のことを中学時代から知っていて、努力を認めていて、花の知識があって、黙って相手を思いやる。 (C)赤坂アカ さて、一体誰なのやら……。 伊井野ミコと石上の関係・恋愛 唯一特別視している男子は石上。 「生理的に無理」と彼のことを嫌っています。 規則を守ろうとしない石上と、規則を強制するミコ。 相反する二人である。 (C)赤坂アカ 白銀が二人の仲を取り持とうと耳かきやお姫様抱っこをさせますが……。 (C)赤坂アカ そんなに嫌か、ってくらい変則的な行動で回避していきます。 が、しかし。 ミコはかつて石上が反省文を出さず、高等部に進学できなくなりそうになったとき、彼をかばっていた。 石上は石上で、選挙のときにミコが笑われないように白銀を焚き付けた。 中学のときも、彼女のいじめを人知れずかばっていた。 お互いに認め合っている部分はしっかりあります。 そして、文化祭にて…… 伊井野ミコと石上の恋愛:文化祭にて (C)赤坂アカ ・137話より。 ミコが尽力し、実現した文化祭でのキャンプファイヤー。 しかし、 彼女は皆が楽しめればそれでいい、と見回りに徹します。 そんな彼女のもとに、石上がやってきます。 「これ、撮っといたから。 キャンプファイヤー、みんなすげえ喜んでるから。 お前は見ておくべきだと思って」 彼が渡したタブレットには、 キャンプファイヤーで楽しむ生徒たちの姿が撮影されていた。 伊井野ミコが見たかったもの。 それを彼が手渡した。 「……ありがと、石上」 (C)赤坂アカ 「皆笑顔だ、嬉しいね石上!」 と、初めて石上に屈託のない笑顔を見せます。 普段が普段なだけに、破壊力高い。 また、石上が落とし物として渡したハート型のキーホルダーを見て……頬を赤らめていた。 二人の関係が少しずつ変化していく……。 (C)赤坂アカ 伊井野ミコと石上の恋愛:クリスマスパーティにて (C)赤坂アカ より。 つばめ先輩宅でのクリスマスパーティに参加したミコと石上。 先輩にデレデレする石上を見て、ミコはモヤモヤとしたものを感じ、あてつけのようにつばめ先輩に難しいカクテルを要求。 しっかり嫉妬してます。 そして、パーティのあとつばめ先輩に迫られ、ヘタレて逃げてきた石上。 骨折した責任を取らせるため、石上をこき使うミコ。 (C)赤坂アカ 続きは是非単行本で。 白銀たち2年生が修学旅行の打ち合わせをしている中、生徒会室で二人きりになるミコと石上。 いつもどおりいがみ合う二人ですが、石上が話の流れで放った一言で流れが変わります。 しかし、嫌われている石上は褒めようと態度が変わるはずがない。 彼自身はそう思っていたため、何気なく出た、純粋な本音でした。 石上が彼女を褒めてから、ミコは表面上の態度は変わらないものの…… いつも怒るところでは怒らなかったり、彼女のノートに水をこぼしても、優しく拭いてくれたりと、 明らかに優しくなります。 (C)赤坂アカ 彼女の髪を褒めてみると、後でジュースを奢ってくれたり…… (C)赤坂アカ ノートを取ったお礼に、といつもは許してくれないゲームを許してくれたり…… (C)赤坂アカ 文化祭のときのような、笑顔を見せたり。 (C)赤坂アカ 突っかからなければ、実は居心地いいんじゃね?というのを二人とも感じて、 ドキドキしてる姿がマジ可愛い。 他にも、では2年生が修学旅行で、 ミコと石上が二人きりでしゃべる回が多くて、石ミコ派には最高の巻なので、ぜひ読んでみてください。 そして、19巻ではついに……!? 以下、19巻以降のネタバレ。 タップで表示 以下コミックス未収録のエピソードです。 先に読みたければでどうぞ。 無料で読めます。 伊井野ミコと石上の恋愛:ついにミコが石上への想いを自覚する……! 180話より。 デートを終え、いい雰囲気の石上とつばめ先輩を窓から見ていたミコ。 白銀は、彼女に聞く。 ミコは答える。 「嫌いですよ。 あんなヤツ。 真面目じゃないし、これっぽっちもルール守らないし。 頭悪いし全然タイプじゃない。 それでも……つばめ先輩とデートした話聞いてたら……」 (C)赤坂アカ 「鼻の奥がツンてなって……苦しくなる。 会長、私どうしたらいいんでしょう」 ああーー!!! ついにミコが石上への想いを自覚します。 恋する乙女の表情です。 嫌いなところもたくさんあるけれど、それでも、好きなことをもう我慢できなくなっている。 マジで最高に可愛いので、ぜひで読んでみてください! かぐや様は告らせたいをお得に読むなら かぐや様は告らせたいをお得に読む方法を、いくつか紹介していきますね。 【公式アプリ】ヤンジャン!で読む ヤングジャンプの公式アプリ、ヤンジャン!なら 最新話までかぐや様は告らせたいが読めます。 アニメでは放送されないエピソードなどもあるので、とりあえずダウンロードがおすすめです! 単行本を揃えるなら かぐや様は告らせたいの単行本揃えるなら、ebookjapanというサイトがオススメ。 今すぐ読めて、かなり安く読めるので今から単行本を買うならここがいいですよ。 今なら 会員登録で50%オフクーポンがもらえます。 半額でかぐや様は告らせたいが読めるので、ぜひどうぞ。 かわいいです。 また、ヤフープレミアム会員かソフトバンクスマホユーザーなら、たくさんポイントがつくキャンペーンもやっています。 たくさん買うほどポイントがつくので、かぐや様は告らせたいを揃えるならぜひどうぞ。 親に愛されずに育ち、 愛に飢えた獣と化してしまった女の子。 正義を振るうことが親とのつながりであると誤認したり、 ちょっと褒められるだけで一瞬でなびいたり、イケメンに褒められるバイノーラル音声にハマったり、殴られて安心するようになったりと、 闇の深い方向へとぶっちぎってしまった憐れな犠牲者であります。 が、そんな チョロいところがかわいいですし、石上への想いも複雑ですが、 恋心に気付き始めてるところは最高です。 ぜひ原作で読んでみてください。 こちらもぜひ。

次の