ああ この 映画 面白かっ たよ。 ANNA アナ : 作品情報

俺「この映画面白かったな、ネットの評価見るか」: クマさん速報2ちゃんねるまとめサイト クマさん速報

ああ この 映画 面白かっ たよ

解説 ジャン・バルジャンの波乱万丈の人生を描いた大河ロマン。 ビクトル・ユーゴーの名作『ああ無情』の映画化。 監督は「ペレ」「愛と精霊の家」の名匠ビレ・アウグスト。 脚本は「死と乙女」のラファエル・イグレシアス。 製作は「マイ・ビューティフル・ランドレット」のサラ・ラドクリフと、「山猫は眠らない」のジェームズ・ゴーマン。 撮影のイェルゲン・ぺーション、編集のヤヌス・ビレスコフ=ヤンセン、美術のアンナ・アスプはアウグスト作品の常連。 衣裳は「エイジ・オブ・イノセンス 汚れなき情事」のガブリエラ・ペスクッチ。 出演は「マイケル・コリンズ」のリーアム・ニーソン、「シャイン」のジョフリー・ラッシュ、「ガタカ」のユマ・サーマン、「レインメーカー」のクレア・デーンズほか。 1997年製作/133分/アメリカ 原題:Les Miserables 配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント ストーリー 1812年のフランス。 仮出獄したジャン・バルジャン(リーアム・ニーソン)は老司教(ピーター・ボーン)のところから銀食器を盗み警察に捕まるが、この出来事でバルジャンの心は変化する。 9年後。 バルジャンは市長になっていた。 そこへかつて彼に鞭をふるったジャベール警部(ジェフリー・ラッシュ)が赴任してきた。 その頃、職を追われたファンテーヌ(ユマ・サーマン)は娼婦となったが、いさかいで逮捕されてしまう。 事情を知ったバルジャンは病身の彼女を手厚く看護する。 同じ頃、バルジャン逮捕の知らせを耳にした彼は、自分が本物のバルジャンだと名乗り出る。 再び追われる身となった彼は死の淵のファンテーヌに娘を引き取ることを誓う。 彼女の娘コゼットを連れ出しパリへ潜入し、修道院の庭師として働くことになった。 10年後、二人は俗世界に居を構える。 そこでコゼット(クレア・デーンズ)は青年革命家のリーダー、マリユス(ハンス・マセソン)と愛し合うようになる。 市街戦が起こり、マリユスらに囚われたジャベールをバルジャンは解放する。 だが今度は負傷したマリユスを背負ったバルジャンをジャベールが逮捕する。 死を決意したバルジャンが目にしたものは、自ら川に身を投げるジャベールであった。 映画評価:70点 レ・ミゼラブルといえばミュージカル そのイメージだったので字幕で観たのですが、全く歌がなかった 汗 だけど面白かったです。 レ・ミゼラブル自体は有名でしたが、私自身はストーリーも知らず、初めて観ました。 パンを盗んだだけで20年の懲役とか、脱走して何十年も経っていても時効がないとか、色々と現代の日本とのギャップがあって少し違和感を感じましたが、そういう時代だったのでしょうね ジャン・バルジャンという名前は覚えやすく好感が持てましたし、強い生き方をしていて憧れます ジャン・バルジャンの様な強い生き方は自分には出来ないでしょうが、凄く前向きにさせてもらえました あまり深くは考えず皆さんにも見ていただきたいです 【2016. 3鑑賞】.

次の

この映画はすごくおもしろかった!を英語にお願いします。

ああ この 映画 面白かっ たよ

面白かった。 この先、本当に大丈夫? を発した場面では巨神兵を思い出した、「ああ、こいつが火の七日間になるんだな」と。 しかし、大して重要な事は喋っていない事が判明。 早口なのは作品にスピード感を与える為で、重要なセリフはゆっくり喋っている。 ウルトラマンが今回は矢口 長谷川博己 に変わっただけ。 米国に大陸弾道弾による核攻撃をさせない為に奮闘する物語。 『現実対虚構』って、そういう意味だったのか。 劇中、米国の事をかなり悪く言っているけど大丈夫だろうか。 ロシアや中国ではウケるかもしれないが。 もっと演技を見せてほしい。 こういうゴジラも有るんだぁ。。。 Re: 面白かった。 劇中、米国の事をかなり悪く言っているけど大丈夫だろうか。 ロシアや中国ではウケるかもしれないが。 私はハリウッド版よりかなり評価高くて、少ない予算でも知恵を出しきり対等かそれ以上の作品を作り上げた庵野監督に敬意を表すると同時に、日本人の本音の部分で、アメリカに対しての不満が要所で出てきますがそれらを含めて、アメリカで公開して作品の評価を仰ぎたい気持ちでいっぱいです。 本当に気になりますね。 もっと演技を見せてほしい。 今回は政治家を多くの方が演じられていますが、政治家はつまらない・・・ですから、つまらない人を上手に演じていて、私としてはすごくリアリティーを感じました。 無表情でよそ向きながら専門用語で意見を言い合う様、ちょっとやそっとでは動じないないようなふてぶてしさ・・本当にみなさん上手に演じられていました。 ある意味政治作品であったので石破さんはもちろんですが与党野党を問わずに様々な立場でのコメント興味有りますね。 8マンはYouTubeで「それでも夜は明ける」の感想など述べていましたので、十分可能性はありそうですね。 大変興味ありますね。 返信を投稿• この先、本当に大丈夫? を発した場面では巨神兵を思い出した、「ああ、こいつが火の七日間になるんだな」と。 しかし、大して重要な事は喋っていない事が判明。 早口なのは作品にスピード感を与える為で、重要なセリフはゆっくり喋っている。 ウルトラマンが今回は矢口 長谷川博己 に変わっただけ。 米国に大陸弾道弾による核攻撃をさせない為に奮闘する物語。 『現実対虚構』って、そういう意味だったのか。 劇中、米国の事をかなり悪く言っているけど大丈夫だろうか。 ロシアや中国ではウケるかもしれないが。 もっと演技を見せてほしい。 こういうゴジラも有るんだぁ。。。

次の

レ・ミゼラブル(1997) : 作品情報

ああ この 映画 面白かっ たよ

ああ、この映画が観たい! 封切前が待ち遠しい……という作品はあまりない。 直近では、「マッドマックス 怒りのデス・ロード」(2015年)だった。 ポスターが映画館に貼られ始めると、「マックス! はやく会いたい」と思って周り言うも、反応はイマイチで悲しかったのを覚えている。 まあ、その後、怒りのデス・ロードは大ヒット上映になったわけだが。 そして、封切り前が楽しみにしていたのが、「」だった。 監督はロシア人のイリヤ・ナイシュラー。 そうこの人はネット界ではミュージックビデオで有名な人だ。 ナイシュラー監督が手掛けたMV。 ・(2011年) ・(2013年) ナイシュラー監督は音楽バンド「バイティング・エルボーズ」のメンバーで、上記のミュージックビデオは自分で撮影したもの。 ・(2016年) そんなナイシュラー監督が手掛けた「ハードコア」が、4月1日に日本で公開。 公開初日に転げるように映画館に行きましたよ。 映画館以外で観た人は負け組だ。 期待して映画を見に行くと、たいてい裏切られるものだけど、「ハードコア」は見事にこたえてくれた。 いや~ 面白い! 本当に良かった。 ストーリー的な部分はどうでもよくて(最初のシーンからオチはわかったし)、96分にわたって、ほどんどずーーーーとドンパチドンパチやっている。 最高だ! ドンパチ映画は大好きなんだけど、多くの作品は一瞬で終わってしまう。 そんな銃撃戦消化不良を抱えて長年生きてきた。 そこに「ハードコア」が登場したわけだ。 これはオールスイートホテルならぬ、オール銃撃戦映画だ(最初のシーンはあんまりないけど)。 ドンパチドンパチ、ズガンズガン、ドガンドガン、とありとあらゆる武器が、とてもリアルに使われ、敵に命中していく。 もちろん、ど頭がスナイパーライフルで吹っ飛んだり、火炎放射器で火だるまになったりと、痛い痛いシーンも多数出てきます。 だが、それがいい! そうだよ、オレたちボンクラどもは、こんな映画を望んでいたんだ! 確かにPOV(Point of View Shot 視点ショット)もカッコよいし、大きな特徴だ。 だけど、POVも「カッコよい撃ちあい」を高める要素が第一であって、メインではない。 そして、POVは鑑賞者が「酔ってしまう」という危険性がある。 映画のレビューサイトを見ても、「酔っちゃった」という声が多数上がっていた。 私も、「クローバーフィールド」で酔ってしまい、FPSゲームをやると、これまた酔ってしまう人間だったのだが、「ハードコア」はやや酔ったで耐えた。 おそらく座る位置が後ろの方だったのでよかったのかも。 ただ、この映画は「吐きながらでも見る価値」はある。 個人的には笑えるシーンも何か所かあり、ぜひもう一度スクリーンで観たいと思った。 日本ではすぐに終わりそうだから、三度の飯より銃撃戦が好きな人は、今すぐ劇場に行こう! 銃撃戦に興味がない人、人が殺されるシーンが楽しめない人は、止めておきましょう。 hagex.

次の