ピン パター シグマ 2。 ピン(PING) シグマ2パター タイン

ピン シグマ2 パター ~新設計「長さ調節機能付き」シャフト~

ピン パター シグマ 2

「トゥん。 」 これは、ピンゴルフジャパンが12月14日に発売する、新しいパター 『SIGMA2(シグマ2)』の打音だという。 打音をそのまま広告に使うところなど、初めて製造したパターの打音が「ピン」だったことから、そのまま社名にしたというエピソードを持つ同社らしい発想だ。 同社は10月15日、本社(埼玉県戸田市)にて新しいパター『シグマ2』の製品発表会を行った。 同社の岡田健二副社長は 「社内で新しいパターの打音がどう聞こえるかアンケートをした結果『トゥん』が一番多かったのです。 『トゥん』押しのグループは、このパターをヒットさせて社名を『トゥんゴルフジャパン』に変えてやると意気込んでいます(笑)」 とジョーク交じりに語る。 それだけ、今回のパターは「音」にこだわったという。 以下、同社のプロダクトマーケティングマネージャーの安齋伸広氏がこだわりの性能を語る。 Contents• ショートパットもロングパットも安定 ソフトな打感&しっかりした打音 「今までのテストで一般ゴルファーは柔らかいフィーリングを好む傾向にあるということが分かっています。 また、耳栓をしてパッティングをするとよく分かるのですが、ゴルファーにとって打音で感覚的に距離感を測っている部分もあります。 今回はそこに注目して『柔らかさ』と『音』を追求しました」 しかし、柔らかい打感を優先してしまうと、音を出すことは難しく、両者は相容れない特徴だったという。 「フェース面のインサートに硬さの異なる2種類の『PEBAX』という素材を使い2重構造にすることで、『ソフトな打感』と『しっかりした打音』を実現しました」 つまり、• ボールとの接触面:ソフトな打感を実現するため、柔らかいPEBAX• ボディとの接触面:音を実現するため、硬いPEBAX という形にして、ショートパットは心地良いフィーリングを。 ロングパットは心地良いフィーリングを維持しつつ、しっかりした打音と打感をそれぞれ体感できるのだとか。 また、ボールの接触面には「TR溝」を設けることで、多少芯を外しても転がりが安定する構造になっており、パッティングの安定感につながるという。 そこで、シャフトの長さを調整できるようにしました」 従来の長さ調整機能付きパターはグリップ先端にリングがついており、一目で長さ調整機能付きだということが分かってしまった。 「今回のパターは見た目は通常のパターと変わらずグリップエンドの穴に専用レンチを入れて回すだけで、長さを調整できるようにしました」 32~36インチの幅で調整可能で、シャフトの裏側には調整しやすいように目盛りを入れている。 また同社契約プロも単純に1インチ刻みで調整していないことが多いということから、目盛りも4分の1インチ刻みで刻印している。 さらに、グリップが正面に向いたままシャフトだけを伸び縮みさせることができるのも改良点だという。 ヘッド形状は10種類をラインアップ ヘッドはプラチナム仕上げ5種類、ステルス仕上げ5種類の計10種類のモデルをラインアップ。 特に、プラチナム仕上げの新モデル 「FETCH(フェッチ)」は、ヘッドに空いたボールと同じサイズの穴で、カップインしたボールをそのまま拾えるというユニークな機能を搭載している。 塚田好宣プロの『シグマ2』試打インプレッション 発表会には同社契約の塚田好宣プロも登場。 『シグマ2』の試打インプレッションも語った。 「音は『トンとコン』の中間に聞こえましたね。 今まで、樹脂性のインサート素材は音が出ないので敬遠してきたのですが、今回のパターはしっかり打った音も出るので使ってみようと思います。 また、打感が柔らかく食いつきが良いというか球離れが遅いので、ボールのスピードをコントロールしやすいと思いますね」 試打インプレッション動画 『シグマ2』の発売は12月14日!キャンペーンも実施中 発売は12月14日を予定。 また、2019年1月6日まで『シグマ2』を打って聞こえた音をSNSか専用サイトから投稿すると抽選で200名に同社オリジナルパターキャッチャーがプレゼントされるキャンペーンを実施中。 詳しくはまで。

次の

渋野日向子のパターPING「シグマ2アンサー」の値段や購入方法は?

ピン パター シグマ 2

こんにちは、ゴルフショップオカムラ管理人です。 先月の話ですが、ピンが12月に発売する新パターをたっぷり試打してきました〜! 日本で最も早く公開するべく、ブログ記事の公開日時を0時0分に設定しましたよ 笑。 ご覧の通り今作はフェース面にも特徴があるんですが、それよりも驚いたのはこちら。 なんとシャフト本体に「ネジ」が組み込まれており… 付属ハンドルを使うことで 自由に長さ調節可能になりました。 ちなみに以前から長さ調整機能付きのシャフトは選べましたが、長さを示す目盛りが無かったため「今どの程度の長さなのか」を感覚で把握するしかないというデメリットがあったんですよね。 シグマ2パターではシャフト側にきちんと目盛りが刻まれているため、自分に適した長さは何インチなのか明確にわかるようになりました。 ちょっと下世話な話ですが、自分に合う長さが一度正確にわかってしまえば次からは長さ調節機能付きシャフトのモデルを買う必要はありませんしね(長さ調節機能付きモデルは3,000円ほど高いので)。 というわけで、個々のモデルの試打インプレッションはこちらです。 ちなみに自分は打った直後iPhoneのメモに感想を入力しているのですが、これを校正せずそのまま掲載した方がライブ感が伝わるかなと思い今回は思いきって編集無しで掲載してみることにします。 シグマ2パター バロール Sigma2 Putter Valor 【打った直後の感想】 慣性モーメントでかい! 今回打ったものの中では最もオートマチック。 打感も素晴らしく柔らかい。 PP62グリップもホールド感あって良い。 【記事を書きながらの感想】 バロールを初めて見た時思ったのは「っぽい!」でしたね 笑。 見た目的に慣性モーメント大きいだろうな〜とは思ったんですが、これが予想以上に安定してました。 打感も適度に柔らかいんですが、当たった感触は意外と「カチッ」とした雰囲気があってなかなか面白かったです。 シグマ2パター アーナ Sigma2 Putter Arna 【打った直後の感想】 見た目がみたい 笑。 やさしさと適度な操作性が同居してる感じ。 グリップは昔ながらのピストルだけど、フィンガーロックくらいの太さでもいけそう。 思ったより慣性モーメントあるような。 【記事を書きながらの感想】 今思うとピストルグリップで使うにはちょっと頼りなく感じた気がします。 セミマレットをメインで使った経験は殆ど無いんですが、打った感じB60に比べて大型マレットよりの個性だなと。 適度にミスをフォローしてくれそうなデザインは女性ウケもいいのではないかなと感じました。 シグマ2パター ZB2 Sigma2 Putter ZB2 【打った直後の感想】 なんか妙にやさしくなってない? と思ったら、なんとアンサーより慣性モーメント大きくなってるとのこと。 構えた際の見た目も若干変わり、以前より幅広いユーザーに使えるようになっている気が。 【記事を書きながらの感想】 なんていうか、全体にどっしり厚みが増して安定感を感じるんですよね。 ZBは「Zing Blade」の略で、元々は引っ掛けを嫌う上級者向けのブレードタイプパターです。 トゥ側が重く設計されているため、フェースが左を向きにくいのが最大の特徴。 しかしこの「ZB2」は、ZBの特徴はそのまま維持しつつ、ストローク中の安定感が高まっている気がしました。 シグマ2パター ウルヴァリンH Sigma2 Putter Wolverine H 【打った直後の感想】 自分の使用パターということもあるけどやっぱり打ちやすい。 そしてかなり慣性モーメントは高いと感じる。 フェースバランスじゃないからか、自分のテイクバックに沿わない動きをしようとしてるのは感じる。 やはりパターのフィッティング大事。 【記事を書きながらの感想】 こちらは既存のウルヴァリンHと大きく違いは感じませんでした。 相変わらず構えやすく、そしてテイクバックでもフェース面があちこち向かない安定感があります。 今回はZB2も安定してるなーと思いましたが、やはりこのような大型マレットと打ち比べると明らかにこちらの方が初心者向けですね。 シグマ2パター タイン Sigma2 Putter Tyne 【打った直後の感想】 なんかやたら構えやすいと思ったら、アライメント部分のみに線があって集中できるようになってる。 テイクバックもしやすく、一番気に入った。 PP60グリップはフィンガーロックのように、やたら太すぎずで実に扱いやすい。 【記事を書きながらの感想】 タインは割と新しいモデルで、からの引継ぎです。 当時 シグマGパターの頃 はそれほどお気に入りというわけではなかったんですが、アライメントの微妙な変更でこうも印象が変わるとは思いませんでした。 実に構えやすく、デザイナーに拍手喝采ですね。 管理人のストロークタイプが「ストレート」というのもありますが、テストの結果も実に良かったです。 ちなみにアライメントの幅はボールとほぼ同じになっているようですね。 シグマ2パター フェッチ Sigma2 Putter Fetch 【打った直後の感想】 まず見た目が特徴的。 慣性モーメントはそこまで大きくないかな? この穴をボールに重ねて、持ち上げられるとのこと(腰を痛めないで済む)。 ブレードがかなり短く、この辺がちょっと不安要素ともいえる。 穴もアライメントの一部と意識するとかなり構えやすい。 ピンらしい攻めたモデルといえるのでは。 【記事を書きながらの感想】 名前がまずおかしい 笑。 由来は「フェチズム(足フェチとかの)」の「Fetch」だそうで。 見た目もかなりとんでもないことになってますが、実はこのパター、 カップにそのまま差し込むことができるようになってます。 そして、「穴」の部分をボールに押し付けるとボールをしっかりホールドしてくれます。 つまり、 カップに入ったボールを回収する際、一切腰を曲げる必要が無いんだそうです。 初めて試打した時にブレードが短く感じたのは、こういった機能を持たせるためだったんですね。 ちなみに「穴」はアライメントの一部になっていて、この穴と黒いラインの組み合わせはなかなかの構えやすさ。 利便性と性能を両面から追求した、確かにピンらしい攻めのパターだと思います。 シグマ2パター タイン 4 Sigma2 Putter Tyne4 【打った直後の感想】 引っかからない! 慣性モーメントのでかさもあるのか?とにかく閉じない。 カップの左に外す人は試し打ち必須のパター。 テイクバック中の融通は利きにくいが、形を考えれば当然。 融通・操作性重視ならZB2で。 【記事を書きながらの感想】 大型マレットでありながらトゥ側が重いという、これまた特徴的なパター。 このヘッドデザインにスワンネックという組み合わせも意外と美しいですね。 前述したとおり、とにかく引っかからないです。 トゥ側が相当重いのか、フェースを左に向けるのがえらい苦労します。 これはハマる人はどハマりするはず。 シグマ2パター クッシン C Sigma2 Putter Kushin C 【打った直後の感想】 構えた際の印象が妙に通常のクッシンとは違う気がする。 アライメントのデザインが違うからか。 テイクバックで思ったより安定感を感じる。 ありそうでない感じなのでさりげにマニアックな人気が出るのでは。 正面から見たときの滑らかな形状のソールが印象的。 このタイプのアライメントに共通するのかもしれないけど、非常に構えやすく感じる。 【記事を書きながらの感想】 に意外と人気が出たのか、アンサー以前のハイパーオールドモデルである「Kushin」がセンターシャフトになってまたも登場。 これもアライメントがボール幅と同じに設計されているらしいですね。 構えやすさの原因はこれでしょう。 そしてソールが緩やかに弧を描いていて、管理人は構えた時に「すわりがいいな」と感じました。 ソールが平らなタイプは長さとライ角がフィットしていればすわりが良く感じますが、これは弧を描いているので背が高めな管理人でもすわりがよく感じたのかもしれません。 打っていた時も思いましたが、かなり完成度の高いモデルだと思います。 アライメント、構えた時の印象、打感、重さ。 どれも地味ですが実によくまとまっていました。 シグマ2パター アンサー Sigma2 Putter Anser 【打った直後の感想】 打感が特徴的。 を髣髴させるくらい柔らかいんだけど、その中に「芯」があるような硬質な感じ。 これは今までのピンパターの中でもトップクラスに打感が良いと感じた。 構えた際の印象は最近のどっしりしたアンサーといった感じ。 直線すぎず、曲線すぎずの絶妙なデザインで、違和感無く移行できるはず。 【記事を書きながらの感想】 既に完成されたデザインなのであえて言及すべきことは少ないんですが、やはり打感の良さと転がりの良さは魅力。 ヴォルト2. 0に比べると、同じアンサーでもこちらの方がなんとなく柔らかい雰囲気をまとっているように感じます。 打感はヴォルトとシグマ2でかなり変わってくるので、どちらのアンサーにするか迷っている方は試打推奨。 その上でウェイト挿入による慣性モーメント増加を取るか、特殊インサートの打感の良さ・転がりの良さを取るかといった選択になってきますね。 というわけで、シグマ2パターの紹介は以上となります! 商品紹介ページも製作中ですので、完成次第公開していく予定です。 フェース面の構造についてはそちらで詳しく説明していきますのでお楽しみに!.

次の

音は「トゥん。」? ピンが打音こだわった新パター『SIGMA(シグマ)2』を発表

ピン パター シグマ 2

こんにちは、ゴルフショップオカムラ管理人です。 先月の話ですが、ピンが12月に発売する新パターをたっぷり試打してきました〜! 日本で最も早く公開するべく、ブログ記事の公開日時を0時0分に設定しましたよ 笑。 ご覧の通り今作はフェース面にも特徴があるんですが、それよりも驚いたのはこちら。 なんとシャフト本体に「ネジ」が組み込まれており… 付属ハンドルを使うことで 自由に長さ調節可能になりました。 ちなみに以前から長さ調整機能付きのシャフトは選べましたが、長さを示す目盛りが無かったため「今どの程度の長さなのか」を感覚で把握するしかないというデメリットがあったんですよね。 シグマ2パターではシャフト側にきちんと目盛りが刻まれているため、自分に適した長さは何インチなのか明確にわかるようになりました。 ちょっと下世話な話ですが、自分に合う長さが一度正確にわかってしまえば次からは長さ調節機能付きシャフトのモデルを買う必要はありませんしね(長さ調節機能付きモデルは3,000円ほど高いので)。 というわけで、個々のモデルの試打インプレッションはこちらです。 ちなみに自分は打った直後iPhoneのメモに感想を入力しているのですが、これを校正せずそのまま掲載した方がライブ感が伝わるかなと思い今回は思いきって編集無しで掲載してみることにします。 シグマ2パター バロール Sigma2 Putter Valor 【打った直後の感想】 慣性モーメントでかい! 今回打ったものの中では最もオートマチック。 打感も素晴らしく柔らかい。 PP62グリップもホールド感あって良い。 【記事を書きながらの感想】 バロールを初めて見た時思ったのは「っぽい!」でしたね 笑。 見た目的に慣性モーメント大きいだろうな〜とは思ったんですが、これが予想以上に安定してました。 打感も適度に柔らかいんですが、当たった感触は意外と「カチッ」とした雰囲気があってなかなか面白かったです。 シグマ2パター アーナ Sigma2 Putter Arna 【打った直後の感想】 見た目がみたい 笑。 やさしさと適度な操作性が同居してる感じ。 グリップは昔ながらのピストルだけど、フィンガーロックくらいの太さでもいけそう。 思ったより慣性モーメントあるような。 【記事を書きながらの感想】 今思うとピストルグリップで使うにはちょっと頼りなく感じた気がします。 セミマレットをメインで使った経験は殆ど無いんですが、打った感じB60に比べて大型マレットよりの個性だなと。 適度にミスをフォローしてくれそうなデザインは女性ウケもいいのではないかなと感じました。 シグマ2パター ZB2 Sigma2 Putter ZB2 【打った直後の感想】 なんか妙にやさしくなってない? と思ったら、なんとアンサーより慣性モーメント大きくなってるとのこと。 構えた際の見た目も若干変わり、以前より幅広いユーザーに使えるようになっている気が。 【記事を書きながらの感想】 なんていうか、全体にどっしり厚みが増して安定感を感じるんですよね。 ZBは「Zing Blade」の略で、元々は引っ掛けを嫌う上級者向けのブレードタイプパターです。 トゥ側が重く設計されているため、フェースが左を向きにくいのが最大の特徴。 しかしこの「ZB2」は、ZBの特徴はそのまま維持しつつ、ストローク中の安定感が高まっている気がしました。 シグマ2パター ウルヴァリンH Sigma2 Putter Wolverine H 【打った直後の感想】 自分の使用パターということもあるけどやっぱり打ちやすい。 そしてかなり慣性モーメントは高いと感じる。 フェースバランスじゃないからか、自分のテイクバックに沿わない動きをしようとしてるのは感じる。 やはりパターのフィッティング大事。 【記事を書きながらの感想】 こちらは既存のウルヴァリンHと大きく違いは感じませんでした。 相変わらず構えやすく、そしてテイクバックでもフェース面があちこち向かない安定感があります。 今回はZB2も安定してるなーと思いましたが、やはりこのような大型マレットと打ち比べると明らかにこちらの方が初心者向けですね。 シグマ2パター タイン Sigma2 Putter Tyne 【打った直後の感想】 なんかやたら構えやすいと思ったら、アライメント部分のみに線があって集中できるようになってる。 テイクバックもしやすく、一番気に入った。 PP60グリップはフィンガーロックのように、やたら太すぎずで実に扱いやすい。 【記事を書きながらの感想】 タインは割と新しいモデルで、からの引継ぎです。 当時 シグマGパターの頃 はそれほどお気に入りというわけではなかったんですが、アライメントの微妙な変更でこうも印象が変わるとは思いませんでした。 実に構えやすく、デザイナーに拍手喝采ですね。 管理人のストロークタイプが「ストレート」というのもありますが、テストの結果も実に良かったです。 ちなみにアライメントの幅はボールとほぼ同じになっているようですね。 シグマ2パター フェッチ Sigma2 Putter Fetch 【打った直後の感想】 まず見た目が特徴的。 慣性モーメントはそこまで大きくないかな? この穴をボールに重ねて、持ち上げられるとのこと(腰を痛めないで済む)。 ブレードがかなり短く、この辺がちょっと不安要素ともいえる。 穴もアライメントの一部と意識するとかなり構えやすい。 ピンらしい攻めたモデルといえるのでは。 【記事を書きながらの感想】 名前がまずおかしい 笑。 由来は「フェチズム(足フェチとかの)」の「Fetch」だそうで。 見た目もかなりとんでもないことになってますが、実はこのパター、 カップにそのまま差し込むことができるようになってます。 そして、「穴」の部分をボールに押し付けるとボールをしっかりホールドしてくれます。 つまり、 カップに入ったボールを回収する際、一切腰を曲げる必要が無いんだそうです。 初めて試打した時にブレードが短く感じたのは、こういった機能を持たせるためだったんですね。 ちなみに「穴」はアライメントの一部になっていて、この穴と黒いラインの組み合わせはなかなかの構えやすさ。 利便性と性能を両面から追求した、確かにピンらしい攻めのパターだと思います。 シグマ2パター タイン 4 Sigma2 Putter Tyne4 【打った直後の感想】 引っかからない! 慣性モーメントのでかさもあるのか?とにかく閉じない。 カップの左に外す人は試し打ち必須のパター。 テイクバック中の融通は利きにくいが、形を考えれば当然。 融通・操作性重視ならZB2で。 【記事を書きながらの感想】 大型マレットでありながらトゥ側が重いという、これまた特徴的なパター。 このヘッドデザインにスワンネックという組み合わせも意外と美しいですね。 前述したとおり、とにかく引っかからないです。 トゥ側が相当重いのか、フェースを左に向けるのがえらい苦労します。 これはハマる人はどハマりするはず。 シグマ2パター クッシン C Sigma2 Putter Kushin C 【打った直後の感想】 構えた際の印象が妙に通常のクッシンとは違う気がする。 アライメントのデザインが違うからか。 テイクバックで思ったより安定感を感じる。 ありそうでない感じなのでさりげにマニアックな人気が出るのでは。 正面から見たときの滑らかな形状のソールが印象的。 このタイプのアライメントに共通するのかもしれないけど、非常に構えやすく感じる。 【記事を書きながらの感想】 に意外と人気が出たのか、アンサー以前のハイパーオールドモデルである「Kushin」がセンターシャフトになってまたも登場。 これもアライメントがボール幅と同じに設計されているらしいですね。 構えやすさの原因はこれでしょう。 そしてソールが緩やかに弧を描いていて、管理人は構えた時に「すわりがいいな」と感じました。 ソールが平らなタイプは長さとライ角がフィットしていればすわりが良く感じますが、これは弧を描いているので背が高めな管理人でもすわりがよく感じたのかもしれません。 打っていた時も思いましたが、かなり完成度の高いモデルだと思います。 アライメント、構えた時の印象、打感、重さ。 どれも地味ですが実によくまとまっていました。 シグマ2パター アンサー Sigma2 Putter Anser 【打った直後の感想】 打感が特徴的。 を髣髴させるくらい柔らかいんだけど、その中に「芯」があるような硬質な感じ。 これは今までのピンパターの中でもトップクラスに打感が良いと感じた。 構えた際の印象は最近のどっしりしたアンサーといった感じ。 直線すぎず、曲線すぎずの絶妙なデザインで、違和感無く移行できるはず。 【記事を書きながらの感想】 既に完成されたデザインなのであえて言及すべきことは少ないんですが、やはり打感の良さと転がりの良さは魅力。 ヴォルト2. 0に比べると、同じアンサーでもこちらの方がなんとなく柔らかい雰囲気をまとっているように感じます。 打感はヴォルトとシグマ2でかなり変わってくるので、どちらのアンサーにするか迷っている方は試打推奨。 その上でウェイト挿入による慣性モーメント増加を取るか、特殊インサートの打感の良さ・転がりの良さを取るかといった選択になってきますね。 というわけで、シグマ2パターの紹介は以上となります! 商品紹介ページも製作中ですので、完成次第公開していく予定です。 フェース面の構造についてはそちらで詳しく説明していきますのでお楽しみに!.

次の