醸成 を 図る。 現地大学と連携した調べ学習を軸に国際理解、国際感覚の醸成を図る

風化防ぎ防災意識醸成 震災復興伝承館、資料の収集と情報発信図る

醸成 を 図る

スポンサーリンク 醸成の意味 醸成には2つの意味があります。 1つ目は 「原材料を発酵させて酒などを造ること」という意味です。 「酒や味噌を醸成する」という場合はこの意味です。 2つ目は 「ある状態を徐々に作り出すこと」という意味です。 「雰囲気を醸成する」や「一体感を醸成する」という場合はこの意味です。 これは1つ目の意味から転じて生まれた意味で、酒を醸成するように「徐々に」状態を作り出すという意味です。 わかりやすく言えば 「かもしだす」という意味ですね。 「かもしだす」は漢字で書くと「醸し出す」です。 漢字で見ると「醸」は「時間をかけて作り出す」、「成」は「できあがる」という意味を持つ言葉です。 漢字の意味から「醸成」は「ゆっくりと時間をかけて出来上がる」というニュアンスの言葉だと理解しておけば良いでしょう。 醸成の使い方 <ある状態を徐々に作り出すことという意味>• 国民の危機感が 醸成された。 不穏な雰囲気を 醸成する。 信頼を 醸成することが重要である。 というように使います。

次の

「醸成される」に関連した英語例文の一覧と使い方

醸成 を 図る

強い企業づくりに不可欠な「組織風土」 企業の体質や従業員の行動、価値観などのことを「組織風土」と言います。 抽象的で曖昧になりがちな概念ではありますが、良くない組織風土が形成されてしまうと、組織内でのトラブルや業績悪化にも繋がってしまうことのあるものです。 組織風土が醸成されるには、いくつもの要素が関わっています。 強い企業づくりをするために、不可欠な組織風土が醸成される要素についてわかりやすく解説したいと思います。 組織風土を醸成する要素は2種類ある 組織風土を醸成する要素として「ハード要素」と「ソフト要素」の2種類があります。 「ハード要素」とは目に見える要素のこと、「ソフト要素」とは目に見えない要素のことです。 それぞれの要素について、具体的にどのようなものがあるのかを説明します。 組織風土のハード要素とは ハード要素とは、規則やルール、制度などの目に見える要素のことです。 例えば、下記のようなものが挙げられます。 これらは明文化されていることで、従業員がそれに従って動くようなものです。 経営理念• 就業規則• 人事制度• 業務のプロセス• コンプライアンス規約• 業務マニュアル 例えば株式会社サイバーエージェントの経営理念「21世紀を代表する会社を創る」(参考URL:)であれば、どのような事業展開をするのか具体的なイメージがわきにくいものの、インターネット産業の中で、積極的に挑戦していく姿勢や環境があることが、外部からでもイメージできます。 従業員の方であれば、なおさらのことでしょう。 就業規則や人事制度も、会社が何を良しとしているのかが明文化されているものです。 法律の上で成り立つ社内でのルールが、組織内の従業員の行動や価値観に影響を与えています。 組織風土のソフト要素とは ソフト要素とは、個人の行動様式や暗黙のルール、従業員の価値観などの目には見えない要素のことです。 ソフト要素には下記のようなものがあります。 部署内でのローカルルール• 暗黙のルール• 信頼関係• チームワーク力• 責任の所在• 判断基準• コミュニケーション 例えば「会議の際、一般社員は時間の10分前に着席、経営者や管理者は15分後に来るのが暗黙のルール」「全員が会議開始時刻に集合時、提示から進行するのが当たり前のルール」、 「業務報告は行うが、困ったときの相談をしたり悩みを打ち明けたりできる雰囲気ではない」「仕事上の報告だけではなく、仕事の進め方など困ったときには気軽に相談できる」 「顧客情報や進捗が一括管理されておらず、個々で管理している」 「個々に習得した顧客情報を一括管理し、みんなで共有している」 「問題をみつけて指摘しると仕事が増えたり、責任を取らされたりするため、もし問題をみつけても余計なことを言わないようになった」 「問題を発見して指摘することで、褒められたり評価してもらえたりするので、積極的に問題点を指摘したり改善案を提案したりしている」 「指示されたことだけをこなしていけばよい」 「自ら考えて行動する」 組織内には暗黙のルールが多くあります。 一つの会社内で統一されているルールもありますが、部署やチームごとのルールなどもあります。 現場社員も「この場面ではどう行動するか」を理解していても、勤続年数が長い社員ほど「常識」であると考えているため、全てを「明文化」することが難しいです。 このような目に見えないルールや考え方、価値観などは、創立時の価値観や習慣などで固着化しているもので、顧客満足や生産性の向上につながるものもあれば、逆に非生産的で組織の停滞を招くようなもの、あってもなくてもどちらでもよいもの、などが含まれています。 ハード要素とソフト要素の関係性 ハード要素は戦略や仕組み、規約などの目に見えるもので、ソフト要素は従業員の意識や価値観など目に見えないものという風に分けられます。 ハード要素は規約・制度の変更、新しいシステムの導入などで容易に変更できますが、実際に従業員に浸透し、組織の価値観や従業員の考え方が変えることができなければ本当の組織改革とは言えません。 新しいシステムを使おうとしない、新しい規則に従おうとしない、言われたこと以上の事をしない、やらされている感が強くなり従業員がやりがいを失ってしまう、などといったことになる可能性もあります。 ソフト要素の改革はとても重要でありますが、ソフト要素だけを改革していては業績の向上につながるまでに多くの時間が必要となります。 改革がだらだらとマンネリ化していまい、結局改善できなかった、ということがおこってしまうこともあります。 組織風土を変えようとする際には、「ハード要素を変えることで、ソフト要素を変えるきっかけにする方法」と「ソフト要素にアプローチしながら少しずつ意識を変えていく方法」があります。 どちらかの方法だけで変えようとするのではなく、二つのアプローチ方法を併用しながら同時に変えていくことが大切です。 よりよい組織風土へ変革するために 自社の組織風土について理解を深め、よりよい組織風土へと変革していくためには、組織風土を構成している各要素についても理解することが重要です。 それらの各要素が「企業にどのような影響を与えているのか」ということも知る必要があるでしょう。 今後は組織風土の各要素が与える影響について詳しくご説明したいと思います。

次の

文大統領率いる韓国政府、対日本予算を増額し、日本の対韓世論の醸成を図る?!

醸成 を 図る

隣国にして、最も日本に対して、敵対的な姿勢を露わにする政権がある。 それが韓国の文在寅政権だ。 G S O M I Aを破棄しようとするなど、文政権のやっていることは、日本を仮想敵国として捉えているのかと考えないと辻褄が合わないことが多々ある。 そんな対日本に対して、強硬な姿勢を強めている文政権は、日本に使う外交予算を増額している。 日本国内で悪化する対韓感情 文政権になって日本人の韓国に対する感情が悪化している。 昨年、内閣府が調査した結果を見てみよう。 内閣府は20日、「外交に関する世論調査」を発表した。 韓国に「親しみを感じる」「どちらかというと親しみを感じる」と回答した人は前回2018年10月の調査に比べ12. 7ポイント減り、26. 調査を開始した 1978 年度以来、最低の数字 だった。 元徴用工訴訟問題などで日韓関係が悪化したことが影響した。 日韓関係は「あまり良好だと思わない」「良好だと思わない」との回答は87. 2ポイント上昇し、調査開始以来、最高となった。 韓国に「どちらかというと親しみを感じない」「親しみを感じない」と回答した人も71. (略) 引用元 文政権になってから頻発する日本への強硬姿勢を反映してか、調査を開始して以来の最低の数字を記録した。 あれだけ嫌がらせをされれば、これは当たり前のことで、驚くようなことでもない。 G S O M I Aを筆頭に、従軍慰安婦問題、レーダー照射事件と、日本人の対韓感情を悪化させる出来事は、枚挙にいとまがない。 これだけの出来事があれば、日本人の対韓感情が悪化するのも無理がない。 そんな状況を作り出してしまった文政権。 いや意図的に作り出した文政権は、日本人の対韓感情の悪化を受けて、対日本に使える外交予算を増額した。 対韓感情を改善するために増額された対日本外交予算 日本人の対韓感情を自らの手で悪化させた文在寅大統領。 自らの手で悪化させておきながら、その対応のために予算を組むとは呆れてものが言えない。 文政権が確保した、対日本外交予算は、大幅な増額だった。 韓国外交部は2020年度(1~12月)予算案で、 対日本外交に必要な財源を用意することに重点を置いた。 (略) 外交部が編成した20年度予算案は2兆7328億ウォン(約2394億円)で、前年比11.5%増加した。 注目されるのは 「韓日新時代複合ネットワーク構築事業」の51億ウォン。 前年度(12億ウォン)より4倍以上増えた。 (略) 米国、中国、日本、ロシアの朝鮮半島周辺の主要4カ国を中心に公共外交(公報文化外交)を積極的に進めるために必要な予算も前年度(27億ウォン)より2.5倍近く多い72億ウォンを配分した。 これらの国で主な外交懸案と関連した韓国政府の立場を説明するのに使われる予定だ。 (略) 引用元 もちろん、ここで明らかになっている予算とは別に、韓国の情報機関、国家情報院等の予算を加えれば、対日本の予算は大きく確保されていると見ることができる。 日本も含まれているが、公共外交予算も倍増以上の伸びを記録している。 文政権は、自らの政策によって、悪化した日本人の対韓感情を今度は、さらにコントロールしようと試みているのだ。 しかし、対韓感情を変えるために、求められることは、日本国内の世論工作ではなく、文政権が、日本に対する強硬姿勢を改めることが最重要課題である。 そのことも認識せず、世論工作等に予算を費やすなど、笑止千万だ。 文政権が、自ら悪化させた、日本人の対韓感情。 その原因が文在寅大統領自らにあることを気づかない限り、いくら予算を注ぎ込んだとしても、日本人の対韓感情が改善することは決してない。

次の