プラレール 連結 改造。 おかあさんのためのプラレール講座

プラレール改造 : わが民族同士

プラレール 連結 改造

違う角度からの写真です。 裏側からです。 連結器をはめてみたところです。 きつきつで全然動かなくても特に問題ありません。 カーブもきちんと曲がります。 少々上向きに感じますが、特に外れやすいということはありません。 写真のオレンジのラインに連結器が収まるように削ります。 ちょうど連結器の幅が広くなるところが収まるように、少しずつ削ります。 裏側からの写真です。 連結器の段が付いて太くなった部分は雷鳥本体内に収まる感じです。 連結器側を加工して厚みを整えるともっとスマートに付けられそうですが、専用連結器になってしまうので、今回はやめました。 カバーをかぶせました。 連結器が上向き&短めのように見えますが、子供にとっては大きな問題ではなく、むしろ連結できるようになったこと喜びの方が大きいようです。 他の車両と連結して走らせても特に問題ありませんでした。 手軽さの割に子供のウケがよかった改造でした。 雷鳥は2018年2月現在でも継続販売されている定番商品です。 485系は現在もJR九州などで運行されており、また、急行「きたぐに」の583系などにも改造できることから、単に国鉄時代のL特急というだけでなく、幅広い需要があると思われます。 関連ページ アナログぜんまい式タイムタイマー型視覚支援キッチンタイマー「twist」のマグネットが取れてしまいました。 手持ちの接着剤で修理です。 テープディスペンサーのギザギザ刃を修理しました。 内部メカが熱で変形し悲惨な状況の乳幼児用携帯電話の修理です。 乳児用のにぎにぎ&歯固め&メロディーのおもちゃを修理しました。 単純な電池交換ですが,仕様としては電池交換を想定していないようです。 公文のスタディ将棋の将棋盤の蝶番を修理しました。 虫捕り網の柄が壊れてしまいました。 修理してグリップを作成。 予想以上に高級感たっぷりに仕上がりました。 大満足です。 サンクラフト製おたま「MA-10」の修理 NTカッターがどうもおかしい。 手に馴染んだものは少しの違いでも違和感があるものです。 防犯ブザーのストラップの修理です。 防犯ブザーを修理しました。 修理といっても紐の付け替えですが、防犯ブザーにとっては「ひも」は重要なパーツなのです。 長年連れ添ったサザビーのパスケースにお別れしました。 SAZABY'sのロゴともお別れです。 君のことは忘れないよ。 使わなくなったサザビーのパスケースを分解しました。 分解しただけで、修理したわけではありません。 財布代わりに使っていたサザビーのパスケースに別れを告げ、次に出会ったのはアブラサスの薄いマネークリップでした。

次の

【遊んでみた結果】2019年のハッピーセット プラレールの連結はどんな感じ?

プラレール 連結 改造

リンク 動力部分をはずす 底に2つのビスがありますから外しましょう。 ビスをはずしたらあとは爪で引っかかってるだけですので引っ張れば簡単に外れます。 電池からのマイナスラインはこのツメのところについております。 動力部とシャーシが外れました。 車輪も乗っかっているだけですので簡単に外れます、組み立てるときは車輪の向きに注意! 動力部分の分解 以前分解しているのでもう付いておりませんが本来は上にカバーが接着してありますのでそれをはがします。 はがすとモーター端子にはんだ付けしてあるのが見えてきます。 このはんだも溶かして外します。 横にあるプラスのネジを外します。 あとは2カ所爪で引っかかってるだけなのでパカッと外れますが慎重にやらないとギヤーとスプリングが飛んでいきます。 全部すっ飛んだ状態、そんなに複雑な構造ではないので戻すことはできます。 ピニオンギアのすり減りでギアーが滑りだしていたらピニオンギアを新品に交換しましょう。 モーターも変更しておりますので上り坂をぐいぐい力強く登るようになりました。 スピードもそこそこ速くなりなかなかオススメなモーターかと思います。 旧メカはやや改造が面倒なのでもうやりたくありません。 今後はほかの新メカ搭載の車両のモーターをいろいろな種類を試してみたいと思います。 最近セット販売のドクターイエローが高速仕様になっておりますがモーターを変更しているのかギヤ比の変更なのか分解して見てみたいです。

次の

【ハッピーセットプラレール】改造できず。。。

プラレール 連結 改造

こんにちは。 プラレールを使っている方、特に学生さんや小学生くらいの息子さんがいらっしゃるパパさんママさんなら一度は考える、 先頭車と後ろを連結したい!!!! 新幹線などの一部で製品化されているものの、そうでない車両も多く存在します。 行われる際には自己責任でお願いします。 【コンセプト】 ・なるべく安く、簡単に手に入れられるものだけで改造 ・ちょっとお子さんがやんちゃしても壊れにくい構造 ・メンテナンスを考え、付け外しがしやすい構造 ・後尾車にメス型連結器を付ける改造はどこでもあるので、先頭車にフック型連結器を付けたい 【つかったもの】 ・専用交換部品 連結部品 おもちゃ屋さんで一番簡単に手に入るもののみを使用していきます。 ・ねじとナット あえて書くならこれが一番入手面倒かも。 このメス型連結器がくっつくもの、ホームセンターで売っているねじで、サイズ合いそうだったら大丈夫です。 ・棒やすり 100均の工具コーナーでも手に入ります ・カッターorニッパー 上記の棒やすりだけでも改造は可能ですが、大体の形に切断してから加工すると楽ちんです。 【実際の改造】先頭車編 こちらが作例が乏しいので、全力で考えていきます。 まずは、中間車の高さに合わせて、削る範囲を選定します。 ポイントとしては、連結機の根本が少し太くなっているので、 細い部分の幅に合わせて車体を削り、太い部分が通り抜けない幅にすることです。 太い部分が通り抜ける幅だと、走行中に脱落のリスクが上がります。 シャーシ側は、連結機の根元が干渉してしまうので、構造に支障が出ない範囲でぶつかる箇所を切除しておきます。 あとは組み合わせれば完成! なのですが、 このままだとこいつを先頭で走らせたときに連結器がたれ下がってしまって脱線してしまいます 中間車として使うなら、この加工は不要ですが ので、 ・タミヤ 2mmプラ角棒 家電量販店のホビーコーナーとかにあります、近いサイズのプラスチック片で代用可能 ・ゴム系接着剤 瞬間接着剤だと微調整が出来ないのでおすすめできません。 こいつらで 連結機が垂れ下がらないよう、シャーシを伸ばしておきます。 組み合わせてたかさ調整したら乾燥させて 先頭車は完成!!!! 後尾車はネットでたくさん作例があるように 連結器のわっかをねじで止めるだけです。 シャーシを削って、ねじで留めるだけ!! せっかくなので、元のスカートの形状を生かすべく おおきな100均 作例はダイソー の1mmの穴をあけるドリルとやすりで拡大しています。 面倒なら、そのままカットで大丈夫です。

次の