のぞみ 車内 販売 メニュー。 【新幹線】車内販売で絶対買いたい「おつまみ&お酒」おすすめ逸品メニューまとめ

のぞみ号の車内販売をたのしむ

のぞみ 車内 販売 メニュー

スポンサーリンク 新幹線の車内販売とは 車内販売とは、 列車の車内でワゴンなどに積まれた商品を売るサービスのことです。 売り物は飲み物や食品がメインですが、雑貨類を取り扱っている列車もあります。 近年数を減らしている貴重なサービスなので、機会があればぜひ利用してみましょう。 ただ、実は基本的に 車内販売を利用できるのは、「のぞみ」「ひかり」の東海道新幹線区間だけです。 他には、下記の新幹線区間でのみ利用できます。 新幹線 列車 東北新幹線 上越新幹線 山形新幹線 はやぶさ・はやて こまち・とき つばさ 東海道新幹線 のぞみ・ひかり 北陸新幹線 かがやき・はくたか 山陽新幹線 のぞみ・ひかり みずほ・さくら ただ、上記の列車では車内販売は利用できますが、 メニューがそれぞれ異なるので注意してください。 東海道・山陽新幹線の「こだま」と、九州新幹線・秋田新幹線・北海道新幹線には車内販売がないので、こちらも注意が必要です。 続いて、車内販売が移動する場所を見ていきましょう。 スポンサーリンク 車内販売が移動する場所 車内販売は、 車内販売準備室を起点として、列車の端から端まで回ってくるのが基本です。 例えば、東海道新幹線の16両編成には複数の準備室があります。 ですが、実際に使用されているのは11号車の部屋のみ。 そこから2台のワゴンが、始発駅を出ると同時に、1号車方面と16号車方面に向かうのが原則です。 引用: このため、8~10号車のグリーン車には比較的早く車内販売が回ってきます。 しかし、普通車の場合は号車によってかなりの差がつきます。 普通車の自由席は「のぞみ」が1~3号車、「ひかり」が1~5号車です。 ワゴンは 1時間から1時間半程度で1往復するので、そのように心づもりをしておいたほうが良いでしょう。 普通車の指定席を予約する場合は、自由席から離れた11~16号車がおすすめです。 混雑時には自由席車が定員を超え、近接する指定席車の通路までが人で埋まる場合があり、 ワゴンが引き返してしまうおそれがあるからです。 一方、「のぞみ」「ひかり」の場合は、東海道新幹線と山陽新幹線の境界である新大阪で車内販売が必ず交替するのでご注意ください。 続いて、車内販売の時間帯について説明しますね。 スポンサーリンク 車内販売の時間帯 「のぞみ」の全区間と、「ひかり」の東海道新幹線区間、「みずほ」の山陽新幹線区間では、 始発から最終まで車内販売が行われています。 また、「さくら」「ひかり」の山陽新幹線区間では、下記を除く全列車で車内販売が行われます。 「さくら」(下り) ・新下関始発10:33「407号」 「ひかり」(下り) ・姫路始発13:14「577号」(臨時) ・新大阪始発20:30「443号」 「ひかり」(上り) ・広島始発6:28「448号」(臨時) ・博多始発6:00「440号」 ・博多始発6:20「442号」 ・博多始発7:39「580号」(臨時) ・博多始発11:53「576号」(臨時) 「はやぶさ」「はやて」「とき」「つばさ」「こまち」「かがやき」「はくたか」については、複雑すぎるのでここでは書き尽くせません。 交通新聞社発行のを参考にしてください。 「到着番線」の下にある 「車内販売」の欄に〇がついているのが、車内販売のある列車です。 なお、 小型版の時刻表や「JTB時刻表」には、車内販売の記載がないので気をつけましょう。 ちなみに、東海道・山陽新幹線では、「こだま」と前述の一部「ひかり」を除いて、臨時列車にも車内販売があります。 時刻表で、「列車名」の下の「運転日注意」の欄にひし形(🔶)のマークがついているのが臨時列車です。 特定の日にしか運転されない代わりに、365日運転される通常の列車にくらべると空いている傾向があります。 車内販売をゆっくり楽しみたいなら、臨時列車をねらうのも良いかもしれません。 次は、車内販売のメニューについて見ていきましょう。 お弁当• サンドイッチ• アルコール類• コーヒー• ソフトドリンク• スイーツ類• お土産• スマートフォンの電池交換式充器• iPhoneの電池交換式チャージャー スイーツ類の中でも特に有名なのがアイスクリーム。 同様に、ホットコーヒーはポットスタンドで温められた状態で出されます。 その他の飲み物はよく冷えています。 冷たいものは冷たく、温かいものは温かく提供しようとする姿勢が伝わってきます。 また、アルコール類は対面販売が原則なので、車内の自販機では手に入りません。 その点、車内販売なら各種アルコール類が適温で手に入ります。 東海道新幹線に次いでメニューが充実しているのは、山陽新幹線と北陸新幹線。 スポンサーリンク 山陽新幹線と北陸新幹線のメニュー 山陽新幹線と北陸新幹線でも、基本は飲み物、おつまみ、お菓子類が販売されています。 ただ、お弁当類やビジネスマン向けの商品がありません。 その代わりに、 子供が喜ぶチョロQなどの新幹線グッズを販売しています。 また、子供だけでなく新幹線マニアにはたまらない限定グッズもあるようです。 アイスクリームも東海道新幹線と同じ製法のものを扱っています。 さらに、 ご当地色の強いお土産などを揃えることで、豊富な商品を提供しています。 新幹線の車内販売のメニューが載っているサイトのリンクを紹介しましょう。 新幹線 リンク先 東海道新幹線 山陽新幹線 北陸新幹線 JR東日本管内の新幹線 以上が車内販売のメニューについてです。 次に、車内販売が来た時の呼び方を紹介していきます。 スポンサーリンク 車内販売が来た時の呼び方 ワゴンが前方から近付いてきたら、 「すいません!」と声を掛けたり、手を挙げたりして合図を送りましょう。 そうすれば、ワゴンを押したパーサー(乗務員)が気付いて、近くに来てくれるはずです。 問題は、 ワゴンが後方からやってくるケースです。 気付いた時にはワゴンが前に進んでおり、せっかくのチャンスを逃してしまうかもしれません。 とは言え、他のお客の目もあるので、大声で呼び止めるのは勇気がいるものです。 それならば、立ち上がってパンパンと手をたたいてみてはどうでしょうか。 きっと笑顔で振り返り、戻ってきてくれるはずです。 ところで、車内販売を利用したことがある人の中には、なかなか 車内販売が来なくて困ったという人もいるでしょう。 続いて、車内販売が来ない場合の対処法をお伝えしたいと思います。 スポンサーリンク 車内販売が来ない場合の対処法 始発駅から乗車した場合には、 自分から車内販売の準備室に出向いてみるのも一つの方法です。 車内販売の準備室は、下記になります。 通常、ワゴンは1時間から1時間半程度で1往復します。 ですから、始発駅から自分の乗車駅までの所要時間と、自分が乗車している号車の位置関係からワゴンの位置をある程度予測することはできます。 ただ、車内の混み具合や売れ具合によって変動するものなので、あくまでも目安と考えてください。 あまり歩き回ると他のお客さんの迷惑なので、 自分の席で辛抱強く待つのが無難かもしれません。 グリーン車やグランクラスの場合は、乗務しているパーサーに問い合わせてみるのも良いでしょう。 なお、年末年始やお盆休みの帰省ラッシュ時やゴールデンウィークなどには、自由席の座席定員を超えて通路やデッキに立ち客があふれる場合もあります。 上記のような 新幹線の繁忙期では、車内販売が中止されてしまうこともあるので、車内放送にご注意ください。 こういう状況では、車内販売での買い物はあきらめざるを得ません。 必要なものを駅で買ってから乗り込む方が賢明でしょう。

次の

東海道山陽新幹線の車内販売について教えて下さい。 グリーン車と普通車によ...

のぞみ 車内 販売 メニュー

東海道山陽新幹線の車内販売について教えて下さい。 グリーン車と普通車によって違いは、ありますか? 新幹線の中でお弁当を 買う時 普通車とグリーン車 違いがあれば 教えて下さい。 他の書き込みを読むと弁当等を席まで持って来てくれるとかありました。 これは グリーン車限定でしょうか? グリーン車は 1~2回しか乗ったことが無いので知ってる方 宜しくお願いします。 のぞみ号、ガラガラのグリーン車に乗ったことは ありますが 満席になることは あるのでしょうか? ゴールデンウィーク お盆等は 多いと思いますが 普段は どうなんでしょうか? 席も広くて 静かで快適でしたが 普通車は 結構 座ってましたが グリーン車は、ガラガラだったので 少し寂しい気分でした。 グリーン車にお姉さんが 切符拝見に来た時とおしぼり配布やお弁当とビールを買った時 やっと人に会えたと思ったものです。 大袈裟ですが 照明なんかも落ち着いた感じで優越感を 感じました。 皆さんは、どうでしたか? 宜しくお願いします。 1.車内販売について 東海道新幹線と山陽新幹線とで、若干異なります。 1 東海道新幹線の場合 グリーン車で、乗務員が飲食物を(ワゴンでなく)1人分ずつ個別に 座席まで届けてくれるサービス(シートサービス)や おしぼりのサービスがあるのは、「のぞみ」だけです。 「ひかり」と「こだま」では、これらのサービスはありません。 また、シートサービスで注文できる飲食物のメニューは、 普通車のワゴンサービスのものと同じです。 グリーン車限定メニューがあるという話は、聞いたことがありません。 2 山陽新幹線の場合 おしぼりのサービスは、 「のぞみ」のグリーン車だけでなく 「ひかりレールスター」の普通車指定席でもあります。 (以前レールスターを利用したとき、おしぼりを渡され驚きました) 「のぞみ」グリーン車でのシートサービスは無かったように記憶しています。 (それとも私が居眠りしていたか何かで気づかなかっただけ?) レールスターでは間違いなく、ワゴンサービスだけです。 乗車前に調達し持ち込む習慣が定着したことで、 採算に乗りにくくなってきたからなのでしょう。 昔のように、途中の停車駅から駅弁を積み込む or沿線の駅弁業者が乗り込んでくるということは、 東海道・山陽新幹線では無くなってしまったようです。 (JR東日本の各新幹線では数例残っています) 2.グリーン車の雰囲気や乗車率について 座席の幅や前後の間隔(シートピッチ)がゆったりしていたり、 インテリアや照明などで高級感を醸し出したりして、 普通車との差別化を図っているのは、どの新幹線でも同じです。 床にじゅうたんを敷き詰めているのは、インテリア上だけでなく、 音を吸収する=静粛性を保つ効果もあるからです。 グリーン車の乗車率は、東海道区間の「のぞみ」であっても、 時間帯や曜日などによる変動が普通車より大きいのが特徴です。 ただ「ひかり」はまだしも「こだま」にグリーン車3両は、明らかに供給過剰です。 東海道・山陽新幹線では、数年前から飛行機に対抗して、 「エクスプレス予約」サービスの会員(要するに常連ビジネスマン)を対象に、 利用回数(貯まったポイント)に応じて グリーン車を利用できる制度を導入しました。 この結果、グリーン車の大衆化が進み、 グリーン車の「品格」が問われる時代になってきたような気がします。 この問題は新幹線以外の在来線特急列車でも同じで、 普通車のグレードアップが進んだ結果グリーン車との格差が縮まり、 グリーン料金に見合ったサービスが提供されているのか 疑わしいケースも散見されます。 グリーン車というものを今後どう位置づけ、 どのような(料金に見合った)付加価値を提供していくべきか、 JR各社が問い直すべき時期が来ているように、私は感じています。 東海道新幹線と山陽新幹線との直通列車では、 車内販売乗務員=営業会社も、新大阪で交代します。 (下の各サイトで、車内販売の主なメニューを見られます) 東海道区間(東京~新大阪間) ジェイアール東海パッセンジャーズ(JRCP) 山陽区間(新大阪~博多間) ジェイアール西日本フードサービスネット(FSN) 東北・山形・秋田・上越・長野の各新幹線(JR東日本エリア) 日本レストランエンタプライズ(NRE) 蛇足 この回答は私にとって通算200件目の回答であることに気づきました。 これでグレード1を卒業です。 (ちょっぴり寂しい).

次の

新幹線の車内販売とは?基本情報や利用時の注意点を分かりやすく解説

のぞみ 車内 販売 メニュー

のぞみ号・ひかり号で車内販売の終了の確率は低い 車内販売が継続される背景 主な理由 詳細な内容 乗車時間が長い のぞみ・ひかりともに乗車時間が長い。 長距離利用者が多く、その分車内販売を利用する意欲が高い。 全区間を通して乗車率が高い のぞみ号は特に全線を通して乗車率が高い。 東海道区間、山陽区間のいずれも乗客が多いため、潜在的な需要が残る。 ビジネス客が多い 東海道山陽新幹線は大都市圏を結ぶ性質からビジネス客が多い。 価格の安さよりも利便性を求める需要がある。 多くの新幹線や在来線特急で車内販売が廃止または縮小している背景の1つには人手不足があり、これだけは東海道山陽新幹線ののぞみ号やひかり号でも避けられない事情ではある。 それでもまとまった需要があるため、供給をやめるほどにまでは至らりにくいのも確か。 乗車時間が長い のぞみ号もひかり号も乗車時間が長い種別の列車である。 特にのぞみ号は長距離輸送を担う種別のため、近距離しか乗らない人はかなり少ない。 乗車時間が長い列車であるほど車内販売を利用する人は多い。 途中で食べ物や飲み物をほしくなる確率が上がるため、それに伴って車内販売で商品を購入する事例が増え、売上高が伸びる。 のぞみ号の中での所要時間が片道あたり2時間以上になる区間は次になる。 東京~新大阪:約2時間30分• 東京~広島:約4時間• 新大阪~博多:約2時間30分• 名古屋~広島:約2時間15分 いずれも大量の乗客が利用する区間である。 車内販売の売上高が低迷するには至らない構造が出来ている。 ひかり号はのぞみ号よりも運転区間が短いところが多いことから、距離にするとそれほど長くはない人も一定数いる。 東京~静岡の利用が目立つが、この場合だと乗車時間は1時間程度にとどまる。 車内販売の売上が伸びる要素にはなりにくい。 それでも停車駅が若干多めのひかり号でも、東京~新大阪の利用者はかなり多い。 (価格差は『』にて解説) 価格の面でものぞみ号より安いため、あえてのぞみを避けてひかりを選ぶ人もいる。 この場合は車内販売の利用率が増え、廃止にするほど売上高が低迷するには至りにくい。 全区間を通して乗車率が高い のぞみ号・ひかり号ともに全区間を通して乗車率が高い。 のぞみ号は東京~博多間の全線、ひかり号も東京~新大阪間では1日を通してガラガラ状態と時がほとんどない。 のぞみ号/ひかり号/こだま号の座席ごとの混雑状況 のぞみ:// ひかり:/ こだま: 他の新幹線だと利用客が集中するのは大都市圏の一部の区間に限られるケースもある。 例えば、東北・上越・北陸新幹線は首都圏エリアに集中する。 九州新幹線も福岡エリアに集中する。 反対側の端部は空いていて乗車率が1日を通して低い。 一方の東海道新幹線と山陽新幹線は下り側の端部の乗車率も比較的高い。 広島~博多間も本数こそは少ないが、空席が多いかというと少ない。 乗車率が高ければその分車内販売を利用する潜在的な需要も高まる。 売上高が低くて縮小や廃止を検討するところよりも実績が好調なのは間違いない。 ひかり号も山陽新幹線内の新大阪~博多間は本数がかなり少ないものの、車内販売を実施している通過駅の多い便では乗車率が高い。 車内販売が廃止されたのは、あくまでもこだま号と同じ性質を持つ各駅停車に近い便に過ぎない。 ビジネス客が多い 全国的にみても東海道新幹線の東京~新大阪、山陽新幹線の新大阪~博多はビジネス客が多い。 旅行などで利用する個人客よりも仕事の外回りや出張で利用する法人客が多い印象だ。 のぞみ号も長距離輸送という性質がある一方、ここでもビジネス客が多い。 平日の車内や駅ホームを見てもスーツ姿のビジネスマンが目立つ。 価格の安さを重視して事前にコンビニなどで食べ物・飲み物を購入するするという手段をとる人が多いのは否定できないが、ビジネス客は車内で簡単に購入できるという便利さも重視する人が少なくない。 仕事の都合から時間的に余裕がない人も多く、駅構内でコンビニでじっくり飲食物を購入するのは難しい事例もある。 車内販売は乗車中に買える仕組みから、そのように時間がない人でも手軽に利用できるというメリットがあり、車内販売を維持できるほどの売上へとつながっている。 こだま号だけ車内販売が廃止になった背景• 近距離輸送が中心• 乗車率が低い(空いている) 参照: こだま号は各駅停車のため、利用者層を見てもほとんどは近距離利用者である。 乗車時間は30~60分程度の人がほとんど。 東京~小田原、浜松~名古屋のように、乗車区間が短い人が目立つ。 東京~名古屋・新大阪のようにまとまった距離のある大都市間を移動する人はこだまには乗らない。 車内販売があっても利用する人がかなり少ない状態であった。 現在では終了済の理由ではまず、このような乗客の乗車区間が短いのが1つ目になる。 乗車率そのものも低い。 空席が最も少ない区間は新横浜~小田原間であるが、それでも自由席でさえ通路側の座席は空席となっていることがよくある。 静岡駅以西の区間となれば、こだま号は空席ばかりとなっている。 のぞみ・ひかりが満席の状態でもこだまではガラガラという事例も結構見られる。 乗車率が低ければ、車内販売を利用する潜在的な需要が下がる。 のぞみ号・ひかり号よりも赤字に陥る構造ができているのが理解できるだろう。 これこそが、こだま号で車内販売が終了した理由の2つ目である。 おすすめ記事•

次の