ライン ポケット マネー。 LINEPay(ラインペイ)でお金が借りれる「LINE Pocket Money」がリリース

LINEPay(ラインペイ)でお金が借りれる「LINE Pocket Money」がリリース

ライン ポケット マネー

増額できない理由 増額できない理由ですが、ヘルプの「借入できなくなった理由」が参考になります。 支払いの遅延が発生している場合 支払いが遅れている場合には、増額が承認されません。 利用限度額の上限まで借入している場合 利用限度額の上限いっぱいまで借り入れしている場合。 増額を希望する気持ちは分かりますが、引き上げは難しいでしょう。 銀行もそうですが、余裕のある人に対しては、返してくれる確率が高いので、低い金利で多くの金額を貸してくれます。 既に限度額まで借り入れている人は、その先もさらに借入が必要とするでしょう。 そんな人に対して増額しても、返せる見込みが低くなるので、増枠は難しいという審査結果になります。 総量規制による制限がかかっている場合 収入に対し、借入できる金額が法律で定められています。 法律で決められているので、それを越えての貸し付けはできません。 違法な闇金ではないので、法律を守り貸し付けには限度額があります。 そのため、一定金額までしか借りられないことになっています。 LINEポケットマネー 増枠できない理由 「増枠」も「増額」とほぼ同じです。 LINEポケットマネーでは、 借入の総額は100万円までと決められていますので、それ以上の増枠はできません。 まとめ 増枠を希望するのは、足らないから希望するのが普通です。 しかし、貸す側からすると、お金が足らない人に貸すと、返せなくなるリスクが高くなるので、それ以上は貸したくありません。 お金がない人は増枠を希望しますが、そういう人ほど増枠できない、という現実になります。 そのような場合には、お金を何とか借りてつなぐより、債務整理などで借金を無くすことをオススメします。 最近では、 家族にも知られず、家やクルマもそのまま、借金を無くす債務整理も可能です。 スマホからカンタンに相談できるところもありますので、おススメです。

次の

LINEポケットマネーでお金を借りる方法!審査は厳しいのか?借入までの流れと審査落ちを徹底解説!

ライン ポケット マネー

2018年11月27日、LINEが 個人向け無担保ローンサービスであるLINEポケットマネーを開始すると発表しました。 2019年9月2日にはAndroidとiOSの両方で利用可能になり、利用顧客数をどんどん伸ばし続けています。 LINEポケットマネーは金融機関のカードローンとは異なり、 審査にLINEスコアというAI(人工知能)の信用スコアを使うのが特徴です。 従来のような数字だけの審査ではなく LINEアプリを通じた行動も基準のひとつになるため、今まで審査に通らなかった人もお金を借りられます。 とはいえ信用スコアを導入したLINEポケットマネーの審査は、厳しいのか気になっている人は多いのではないでしょうか。 この記事では、 LINEポケットマネーの概要や 審査について紹介していきます。 LINEポケットマネーとは LINEポケットマネーは、 AIスコアを使って審査をする個人向けローンサービスです。 企画・運営は、LINEのグループ会社であるLINE Credit株式会社がおこなっています。 LINE Credit株式会社は、 みずほ銀行とオリエントコーポレーション、LINE Financial株式会社の3社が共同出資をし、2018年5月に設立された新しい会社です。 出資比率に関しては、LINE Financial株式会社の公式ホームページにも詳細が記載されています。 引用元: 2019年上半期に開始される予定ですが、どのようなサービスなのか今から注目を浴びています。 LINEスコアの説明と共に、下記で詳しく解説していきます。 LINEポケットマネーの審査は厳しい? LINEポケットマネーは、 みずほ銀行のノウハウをベースとして審査をおこなう予定です。 あくまで銀行の基準で判断するため、誰でも審査にとおるわけではありません。 参考までに、みずほ銀行の主な審査要項を以下にまとめました。 みずほ銀行カードローンの審査要項• 満20歳以上満66歳未満の人• 安定した収入の見込める人• 保証会社の保証を受けられる人 引用元: 実際にみずほ銀行の審査をおこなうのは、保証会社として設定されているオリエントコーポレーションです。 オリエントコーポレーションは、 在籍確認が必須ではないことから、大手銀行の審査よりも比較的通りやすいと言われています。 LINEポケットマネーの保証会社もオリエントコーポレーションになるため、それほど厳しい審査基準ではないでしょう。 LINEポケットマネーは、上記のみずほ銀行とオリエントコーポレーションの審査方法に加えて、 独自のスコアリングデータを使って審査をしていきます。 審査に使われる「LINEスコア」とは、一体どのような仕組みなのでしょうか。 審査にはAI(人工知能)スコアのLINEスコアが使われる LINEポケットマネーは、 LINEスコアのデータを使ってAI(人工知能)が審査をしていきます。 LINEスコアとは、 LINEの利用頻度などLINEアプリを通じた個人の行動に基づいて、信用スコアを算出するサービスです。 どのような関係性の知人とコミュニケーションをとっているか、読んでいるネット記事から何に興味をもっているのかなどを、AI(人工知能)が分析。 その分析結果から、ひとりひとりの行動データをスコア化します。 AIが判断をするため、 ブレがなく、より正確な審査がおこなわれると言われています。 普段、自分が無意識で行動していることでもスコアアップのチャンスなのです。 AIスコアと言えば、みずほ銀行が手がけるJ. Scoreも注目されています。 ScoreはAIスコアリングを活用した個人向け融資サービス J. Scoreは、みずほ銀行とソフトバンクの共同出資によって設立した融資会社です。 日本で初めて、AIスコアリングを導入しました。 自分の性格やライフスタイル、趣味などのさまざまな情報を入力すればするほど分析精度が高まってスコアアップに繋がります。 AIスコアが上がると、好条件でお金を借りられ、提携企業から特典も受けられます。 Scoreの設立後、ドコモやYahoo! も参入を始めており、AIスコアリングはこれからますます広がっていくでしょう。 LINEスコアが高いと審査に有利になる LINEスコアが高いと、審査優遇されます。 また算出されるLINEスコアに応じて、ひとりひとりに適した金利や限度額が決まります。 スコアが高いと審査に通りやすくなるだけでなく、 低金利での借り入れや限度額を大きくしてもらうことが可能ということです。 今までのカードローンは収入状況や勤続年数といった情報のみを重要視しているため、審査に落ちてしまった人も多いでしょう。 会社員に比べてフリーランスの仕事をしている人は、審査に通りにくいのも事実です。 しかしLINEスコアでしたら、 入力した個人情報に合わせてユーザーの行動傾向などを総合的に判断するため、今まで審査に落ちていた人も融資を受けられる可能性があります。 この審査方法を使うLINEポケットマネーが普及すれば、お金を借りられる人の幅がぐっと広がるかもしれません。 step 4審査通過後、借り入れ開始 以上のような、流れになるのではないでしょうか。 これから随時、詳しいことは発表されていくでしょう。 審査時間は1〜3日!年収や年齢などによって日数が異なる LINEポケットマネーの審査時間は1〜3日程度となっており、大手の銀行カードローンよりも手早いのが特徴です。 審査にかかる日数は年収や年齢などといった利用者の属性によって異なりますが、遅くても3日以内には結果が通知されます。 審査に一週間以上かかるカードローンも多い中でスピーディーな対応をしてもらえますので、急いでいる人にもぴったりです。 LINE株式会社の出澤社長は、2018年11月27日の事業戦略発表会で以下のように発言しています。 「急な飲み会などの交際費、出張の立て替えや医療費など、突発的な資金需要へ対応していきたい」 急にお金が必要になった人が利用しやすいローンサービスとなっているため、まさに有言実行といえますね。 とはいえ、今すぐスピーディーに借りたいという人もいますよね。 LINEポケットマネーのスマホで手早く今日中に借りたいのであれば、金融機関が展開するアプリを利用してみてはいかがでしょうか。 最短60分で振込融資はもちろんコンビニATMで借入金を引き出すことも可能ですので、急いでいる人におすすめです。 アプリでお金を借りる方法については、下記で詳しく解説していますのでぜひ参考にしてください。 LINEポケットマネーの利用方法は?LINEを使っていれば誰でもOK LINEポケットマネーとLINEスコアは、 LINEを使っていれば誰でも利用できます。 いまやLINEの国内月間利用者数は、7800万人を超えています。 スマートフォンを持っている人で、LINEをインストールしていない人はゼロと言っても過言ではないはず。 消費者金融の店舗に行くのにためらいがあった人も、いつも使っているLINEから利用できればお金を借りるというハードルが下がるのではないでしょうか。 LINEポケットマネーは契約から返済までアプリで完結できる LINEポケットマネーは 申し込みや審査、借り入れから返済までの流れをすべてアプリで完結できるそうです。 店舗で契約したり、返済のためにATMへ走る必要はありません。 24時間いつでもどこでも、アプリから利用できます。 現状のLINEアプリから使えるのか、LINEポケットマネー専用のアプリが作られるのかはまだ不明ですが、アプリをダウンロードすれば、簡単に利用できること間違いなしです。 限度額や金利はまだ未発表 審査情報と同じく、 借入限度額や金利などの詳細は、まだ発表されていません。 おそらくJ. Scoreに近い条件になると、予測されます。 Scoreの融資条件 貸付利率 0.

次の

LINE(ライン)ポケットマネー 増額・増枠の仕方.できない理由【これでスッキリ】

ライン ポケット マネー

スポンサーリンク はろー!雑草ブロガーの けーけー です。 2019年8月29日にリリースされたLINEの新サービス、 LINE Pocket Money。 ひとことでいうとLINEの操作だけでお金を借りることができるローンサービスです。 LINE Pocket Moneyならではの特徴として・・・• 借りたお金がLINE Payに直接チャージされる• 返済もLINE Payからリアルタイムにできる 以上の点が挙げられます。 さらに借り入れできる限度額や利率はLINEの信用スコアサービスである「LINE Score」の情報も活用して決定されるので、これまでの銀行系カードローンとは少し異なる新しいローンサービスと言えますね。 LINE Payを駆使したキャッシュレス生活を送っている私けーけーが、さっそく申し込んだ LINE Pocket Moneyで実際にお金を借りてみました。 LINE Pocket Moneyのメニュー画面に入ったところ。 「借入」ボタンを押す。 LINE Pocket Moneyの借入画面。 銀行口座からLINE Payにチャージするときと同じ感覚で操作できます。 借り入れる金額は1円から設定可能。 今回は1,000円を借りてみる。 簡単すぎる・・・ これで1,000円の借入が完了です! 借入が完了すると、すぐにLINEでメッセージが来ますよ。 LINE Pocket Moneyで借りたお金を返してみる 借りたお金を返済するときも、借入と同じくらいシンプルです。 「返済する」ボタンを押して• 返済する金額を設定して• 返済金額の出金元を設定して• 完了するとすぐに反映される さきほど借り入れた1,000円が「借入残高」のところに反映されているのがわかりますか? 臨時返済はメニュー下のほうにある「返済する」ボタンから。 臨時返済する金額を設定します。 返済元はLINE Payの残高か銀行口座から選択。 返済もめちゃくちゃシンプル。 これで返済が完了しました。 借入のときと同じようにLINEでメッセージを送ってくれます。 このように、LINE Pocket Moneyの一連のUIはLINEらしいわかり易さで、操作に迷うということはないと思います。 ちなみにLINE Pocket Moneyの「返済」の定義には2種類あって・・・• 約定返済・・・毎月決まった日 16日か26日か自分で選ぶ に借入残高の一定額を返すこと• 随時返済・・・約定返済に追加して、自分の好きなタイミングで好きな金額を返すこと 上の画像で紹介しているのは 「随時返済」の方法ですね。 もしも引き落とし日にLINE Pay残高が不足している場合は、登録してある銀行口座から引き落としされます。 なお 「随時返済」 はあくまでも借入残高の繰り上げ返済なので、随時返済をしてもしなくても「約定返済」の額は変わりません。 LINE Payの残高にチャージする感覚で借入できてしまうので、方向性を間違うと「気がついたら借入が膨らんでた」という事態にもなりかねず、利用にあたっては自己管理の能力が必須。 ただこの点については既存のカードローンやクレジットカードの利用も根本は同じ。 むしろ LINE Pocket MoneyはLINEの機能を活かして「残高」や「返済日」の通知、可視化をしてくれるため、自己管理の手助けをしてくれるように感じました。 LINE SCOREと連動している点も含めて、新しい時代の資金調達の選択肢になるか・・・今後の動きにも注目していきたいと思います。

次の