ジェット スター 機内 持ち込み サイズ。 ジェットスター国内線の手荷物検査は重さやサイズに厳しい?

機内持込手荷物

ジェット スター 機内 持ち込み サイズ

格安航空会社(LCC)とは?従来の航空会社との違いは? 格安航空会社は「LCC」(Low Cost Carrier ロー・コスト・キャリア)とも言われ、施設や機内サービスなどを簡素にして、コストを削減して、その分航空券を安く提供している航空会社のことを言います。 まずは、従来の航空会社(JAL、ANAなど)と格安航空会社(ジェットスター、バニア・エアなど)の主な違いを見てみましょう。 (航空会社によっては一部該当しない内容もあります。 ) 【従来の航空会社】 ・機内食・ドリンク・おつまみのサービスがある。 ・機内で枕・ブランケット(毛布)・イヤフォンなどを無料で貸してくれる。 ・パーソナルモニターがついている。 ・航空券代が安くない。 ・手荷物を預ける場合、規定内であれば無料。 ・座席指定は無料で、後日変更もできる。 ・搭乗ゲートからボーディング・ブリッジで機内に直接入れる。 ・路線が豊富で、同じ就航路線でも一日に何便もある。 ・様々な機種を保有している。 【格安航空会社】 ・従来の航空会社では普通に行われている無料の機内サービスが有料。 (食事・飲み物の提供、枕・ブランケット・イヤフォンの貸し出しなど) ・パーソナルモニターなどのエンターテインメント機材がない。 ・航空券代が安い。 セールも頻繁に行われていて、激安価格で購入することもできる。 ・手荷物を預けると有料。 ・シートピッチ(前後の座席の間隔)が狭いことが多い。 ・座席指定は有料。 そして、一度指定した座席を変更するのも有料。 ・予約手数料(支払手数料)が発生する。 ・搭乗ゲートから機内に入るまで遠い。 (一度外に出て、遠くに停まっている飛行機へバスで移動する、など) ・早朝便や深夜便が多い。 ・東京の場合、羽田ではなく成田発着。 大阪の場合、伊丹ではなく関空発着。 ・機種を一つに統一している。 従来の航空会社と比べると、どうしてもLCCはサービス面で劣ってしまいます。 ドリンクもブランケットも有料、手荷物を預けるのも有料…。 しかし、機内サービスなどを特に必要とせず、価格重視の旅好きの人などにとっては、航空券代が安いLCCは利用価値が高い存在です。 頻繁にセールも行われるので、従来の航空会社で購入する場合と比べて驚くほど安く航空券を予約することもできます。 ただ、一点注意しなければいけないのは、LCCのセールなどで表示されている価格はあくまで「各手数料が一切含まれていない航空券単体の価格」であることです。 予約を完了させるまでに、この航空券単体の価格に、受託手荷物代金、機内食代、座席指定料、空港使用料などあれこれ加算されていきます。 そして、支払手数料というものも加わります。 結局、航空券単体の価格に数千円が追加されてしまい、場合によっては想定していた金額よりも高くついてしまうこともあります。 予約を完了させる前に合計金額を確認して、予約する価値があるのかどうかしっかりと検討するようにしましょう! スポンサーリンク ジェットスタージャパンとは?就航路線は? 「ジェットスター」という名前をよく聞きますが、ジェットスターグループは下記の会社で構成されています。 ・ジェットスター航空:オーストラリアとニュージーランドを拠点 ・ジェットスター・アジア航空:シンガポールを拠点 ・ジェットスター・パシフィック航空:ベトナムを拠点 ・ジェットスター・ジャパン:日本を拠点 日本国内線と日本発着の国際線を運行しているのは「ジェットスター・ジャパン」。 日本国内線の路線数が一番多いLCCで(2016年11月現在)、保有している機種はエアバスA320。 就航地は以下の通りです。 現在、就航予定日は未定。 スポンサーリンク ジェットスターの評判は? 気になるジェットスターの評判です。 それに対してジェットスターの場合は、セールで予約すると片道802円で予約できたりします! これだけ安いと、近所に出掛ける感覚で気軽に日帰り旅行なども楽しめます。 接客 初利用のジェットスター、子連れLCCは正直不安がありましたが… チェックインカウンターから終始親切丁寧で機内も綺麗、絵本の貸出もあり、娘はキッチンの見学までさせて頂きました。 とっても素晴らしかった!良い旅が出来ました、ありがとう! — Choco Choco7053 良いコメント・悪いコメントどちらとも見かけます。 サービスが簡素化していますし、搭乗客によって感じ方や受け止め方が違うというのもあると思います。 僕がジェットスターを利用した時は、チェックインする時も機内にいる時も丁寧な対応をして頂いたので、いい印象を持っています。 座席 帰福。 ジェットスターA320は意外に座席もゆったり快適だった。 — harry heiheiharry 初ジェットスター搭乗。 狭いのかなーと思ってたけど、意外にも足元に余裕が。 なんなら、JALより広いんちゃうかなー。 — Remi LIVET18 もちろんJALやANAなどと比べると狭いですが、意外にそれほど狭くないという意見も見られます。 前の座席と少しだけ空間がある程度です。 浅く腰掛けると、ひざがついてしまいます。 圧迫感はありますが、国内線に乗るのであれば我慢できるレベルだと思います。 機内持ち込み手荷物の重量・サイズチェック ジェットスター機内乗る前に、重量チェックされ始めてる。。。 焦った〜なんとかスルー出来ました。 — shota yamada TJshota555 エコノミークラスの場合、機内に持ち込めるのは、【キャリーケースなどの手荷物1個】+【ハンドバッグやノートパソコンなどの手回り品1個】の計2個まで。 チェックインカウンターの前にも搭乗ゲートの前にも量りが置いてあって、その時によって、重量・サイズチェックがあったりなかったりします。 見た目で明らかにサイズ・重量オーバーだとわかる場合や微妙な場合にはチェックが入ると思います。 僕の場合は、小さめのバッグ1個だけだったこともあり(もちろん7kg未満)、チェックはありませんでした。 もし日本国内線を利用する時に、持ち込み手荷物が重量・サイズオーバーなのに事前に申告をせず、チェックを受けた時に重量・サイズオーバーだと判明した場合は、下記の追加料金(15kgまで)が掛かります。 チェックイン時に判明:2,600円 搭乗ゲートで判明: 3,000円 航空券を予約する段階で重量・サイズが超えてしまうかもしれないと心配だったら、事前にオプションで購入しておきましょう。 >>> 予約の変更や払い戻し 勢い余ってジェットスターで予約したもんだからキャンセルになって払い戻し出来ないという最悪な事態になった。 しかし、「Starter」では、予約後にどうしてもその日に行けなくなったので払い戻しをしたいと思ってもできません。 別の日の便への変更は可能ですが、有料です。 「予定はまだわからないけど、セールで安いからとりあえず予約しておこう!」という場合などは十分にご注意を! >>> コンビニで予約可能 下記のコンビニ内端末でジェットスターの航空券の予約・購入ができます。 ・ローソン・ミニストップ…Loppi(ロッピー) ・ファミリーマート…Famiポート 僕はパソコンやスマホで内容を吟味しながら予約したいので利用する機会はなかなかありませんが、手元にスマホがなくてどうしても急ぎで予約しなければならない人などにとっては便利ですね。

次の

LCCジェットスターの機内持込手荷物について重量やサイズ、バッグのタイプなど自分の体験を書きます

ジェット スター 機内 持ち込み サイズ

ジェットスター国内線・機内持ち込み手荷物ルール ジェットスターの、機内へ持ち込める手荷物ルールをまとめました。 スーツカバーは変更なし。 Amazonや楽天で「機内持ち込み スーツケース」と調べると、簡単に見つけられますよ。 機内持ち込み手荷物まとめ 機内に持ち込める無料手荷物について、表でまとめました。 注意)ジェットスターでは刀剣類・鉄砲(鉄砲類の部品)の預け入れも不可。 機内持ち込み条件のあるもの 飲み物・お酒類 アルコール度数によって違います。 条件があります。 ・1容器あたり 0. 5kgまたは0. 5リットル以下 ・お一人様あたり合計2kgまたは2リットルまで ライター・マッチ 1人1個まで ライターは小型の物のみ持込可 種類によっては持込不可のものがあります。 ライターの詳細は 電子タバコ 機内持ち込み可、預け入れは不可です。 ・搭乗者が利用するものに限ります。 ・機内での使用、充電は禁止されています。 ・リチウム電池を利用したものは 「リチウム電池、リチウムイオン電池が内蔵された電子機器類」 の条件をご確認下さい。 ヘアアイロン、ヘアカーラー 電源によって違います。 国際線はこちら エコノミークラス 運賃 オプション 機内持込手荷物 預け入れ荷物 Starter なし 合計7kg なし Starter Plus ちゃっかりPlus 合計7kg 合計10kg Starter Max しっかりMax 合計7kg 合計30kg Starter FlexiBiz フレックスBiz 合計10kg なし エコノミークラスの 「Starter・ Starter FlexiBiz」は 無料預け入れ荷物の枠がありません。 ビジネスクラス 運賃 オプション 機内持込手荷物 預入れ荷物 Business なし 合計14kg 合計30kg Business Max しっかりMax 合計14kg 合計30kg カウンターで預ける「預け入れ荷物」のルールをまとめました。 預け入れに条件がある荷物 飲み物・お酒類 アルコール度数によって違います。 条件があります。 ・1容器あたり 0. 5kgまたは0. リチウム電池・リチウムイオン電池の詳細は 荷物制限を超えた場合の超過手荷物料金(当日) フライト当日は、荷物の計量や採寸が行われます。 その時に、サイズオーバーしていると超過料金が発生します。 ・預け入れ荷物の枠を増やす場合、最大40kgまで、5kg単位で購入可能です。 ベビーカー・車椅子について 無料で預け入れることができます。 大きな荷物・スポーツ用品について 1辺の長さが1mを超えるスポーツ用品など、大型の荷物には追加料金がかかります。 (預け入れ荷物とは別枠で預け入れられます。 ) 楽器について 小型楽器・大型楽器・特大サイズの楽器に分けられます。 破損・紛失・忘れ物 お問い合わせ先 ライブチャットは (9時~21時) 手荷物サービス電話番号 0570 550 538 営業時間 午前9時~午後8時 年中無休).

次の

機内持込手荷物

ジェット スター 機内 持ち込み サイズ

広州交易会(展示会)へはJetstar(ジェットスター)で 行くことになりました。 そのあたりの話は以下を参照してください。 直行便で香港から陸路で広州へ入ります。 スーツケースは大小いくつか持っているのですが、 あんなのをガラガラ転がしながら、 達人バックパッカーの二人に ついていけるわけがない。 確実に置いていかれる。 そう思ったので私もバックパックを 買うことにしました。 タトゥーレ鈴木です。 今日はそのバックパックを買う話です。 ただ買うだけの話なのに、なぜか長くなりそうな 予感がビンビンしているので、先に結論。 私が買ったのはコレです。 ジェットスターの機内にちゃんと持ち込めるサイズです。 買ったことがないものはネットで買えないよね これまでの海外はスーツケースでした。 しかし、今回はそうもいかない気がする。 なぜなら、荷物を持って移動することが 多くなりそうだから。 だいたい、二人のバックパッカーと一緒に行くのに、 自分だけスーツケースってわけにはいかない。 やっぱ、 私も両手フリーで旅したいよね。 なので、バックパックを買いに行くことにしました。 恥ずかしながら、私、そういったものを 買ったことがないので全くイメージがつかず、 ネットで買うのはあきらめ、実際に見て 買おうと思いました。 輸入していくつか売ったことはあるんですけどね。 あくまでアレは商品で、自分で使うとなると 全然よくわからない。 というか、よくわからないモノを売るなよ、 って話でもあるんですけどね・・・すみません。 勉強をするにはいい機会だし、 今回行く「広州交易会」の3期には、 リュック系も多く出品されているらしいので、 リサーチも兼ねて実際の店舗に見に行きました。 Jetstar(ジェットスター)の機内持ち込みサイズ どうせなら機内に持ち込みたい。 旅慣れたお二方は、たぶん機内に持ち込むでしょう。 飛行機降りて 私の荷物待ち、みたいな状況は避けたい。 飛行機って荷物でてくるの遅いじゃん? おまけに「ロストバケージ」とかしたら 大変なことになるやん? なので、 機内に持ち込めるサイズを探すことにしました。 ジェットスターの場合、機内に持ち込めるサイズは以下の通り。 なんというか予約の段階からヒシヒシと感じてましたけど、 「 絶対にオーバーは許さない」感が出ております。 LCCってのは、基本的な料金が安く設定されている分、 条件変更などの 融通が利かないのでしょう。 後から手荷物の重さが増えると 事前申請の時よりも高かったり、 購入の変更ができなかったり、 安い分、条件が厳しい。 まぁ、当然でしょうけどね。 なので、 このサイズを死守したバックパックが第一条件。 ANAの国内便とか、もはや何でもありというか、 「それアリなの?」みたいな荷物持っている人が、 後から機内に乗ってくることがありますが、 きっと今回はそうはいきません。 海外だし、ANAじゃないし。 バートンって響きがカッコイイよね とりあえず、1つめのお店。 意外と高いんですな・・・。 ただここは取引しているメーカーが限られているみたい。 5社ぐらいしかない。 選択肢があまりない上に高い。 それでも小一時間じっくりみましたけどね。 リサーチも兼ねてるし。 たしかこれだったかな。 これに決めようかと思いましたが、イマイチ悩む。 「バートン」ってなんかカッコイイんですけどね。 果たしてそんな響きだけで決めていいものか。 どうも 自分の中の決め手に欠ける。 知らない情報を一気に集めたので、 すでにちょっとお疲れでしたが、 勢いでもう1つ別のお店を見てみることにしました。 2件目のほうがいっぱいあるやないかい 次のお店は、メーカーも種類も超豊富。 逆に豊富すぎて困るぐらい。 選択肢増えちゃったよ。 リサーチ項目も増えちゃったよ。 でも、サイズとか目的別に分けられていて とても探しやすいので助かりました。 ま、関係ないサイズとかもリサーチがてら じっくり見させていただきましたけどね。 金額やら、サイズやら、機能性やらを検討し、 徐々に候補を絞っていき 「この3つの中の どれかにしよう」と決めるまでに小一時間。 そんなに広くないお店をうろうろしているので、 完全に不審者でしたね。 そして、 そこからの長考。 同じ商品を手にとっては戻すの繰り返し。 今考えると、どこぞのセドラーよりもかなりタチが 悪い人になってましたが、本人は初めてのバックパックを いたって真剣に選んでいるので、それに気づかず。 そのうちのひとつがこちら。 色が素敵。 これにしようかと思いましたが、手にとっていろいろいじっていると、 ちょっと不便な気がしました。 開けると大きな袋状になっていて、奥まで手が届きにくい。 あと「カチッ」って止めるやつだと、防犯上イマイチかな・・・と。 チャックになっていて、鍵で止めたほうが安全な気がしました。 元々、海外で使う商品じゃないのかもしれません。 そんな機能的な問題で最終的に決めたのがこちら。 決まった後も、どの色にするかで数十分。 いい加減、店員が近づいてきて 「だいぶお悩みですか?」 と話しかけられました。 ここでふと我に返りまして、その店員さんと 3分ぐらい話してすぐ買いました。 ご迷惑をおかけして申し訳ありません。 容量は30Lで重量は660gと意外と軽い。 うむ、これでよし。 帰ってきてから一応仕事柄、アメリカのアマゾンも見てみたよ。

次の