生 クリーム 料理 レシピ。 生クリームを使った簡単おすすめレシピ30選|お菓子・おかずにも

生クリームのレシピ

生 クリーム 料理 レシピ

ケーキなどの洋菓子には欠かせない生クリームですが、手作りで生クリーム入りのお菓子やおかずなどを作るときのコツはあるのでしょうか。 生クリームを使ったお菓子を作る際には、泡立ててホイップにすることが多いでしょう。 飾りとして用いる場合は角が立って形が崩れない程度までしっかり泡立てましょう。 ムースなどにする場合には、8分立て程度にすると他の材料と混ざりやすくなります。 ゼリーやパンナコッタを作るときは、泡立てずに液体のまま用いることもあるでしょう。 生クリームは、基本的には生乳中の脂肪分を濃縮したものを指します。 ただし、これは動物性生クリームの場合であり、植物性の場合は大豆などの植物由来の油脂をクリーム状に加工しています。 動物性の方が濃厚な味わいをしていて、植物性の方はあっさりした味で食感も比較的さらさらしています。 こうした違いも把握したうえで、料理によって使い分けができると良いです。 生クリームの使い方• しっとり柔らかなスコーン• 生クリーム紅茶パウンドケーキ• サツマイモマッシュと生クリームのブランナン• 生クリームでつくるカップケーキ• 生クリーム入りチョコバナナクレープ• ティラミス• 生クリームたっぷりプリン• 冬瓜の豆乳ヨーグルト&生クリームのゼリー• いちご生クリームパイ• バターなし生クリームのマフィン• バニラパンケーキサンド• 生クリームロールケーキ• 生クリームアップル春巻き• みたらし生クリーム団子• 生クリームショコラケーキ• ふんわり抹茶マフィン• カップシフォンケーキ• カボチャアイスクリーム• 生シフォンケーキ• 豆乳生クリームのパンナコッタ• クリームブッセ• 練乳生クリームロールケーキ• 生チョコ• シュークリーム• レモンケーキ• 苺と生クリームのホットケーキ• オーブンはあらかじめ温めておくと手早くさっくりと焼けて美味しくなります。 サツマイモの皮を剥き1cm程度の輪切りにして、沸騰させた湯(分量外)で10分煮る。 湯をすて、サツマイモを一度火にかけ水分を飛ばす。 (粉ふきイモの要領で) 3. ボウルにうつし、よく潰し、ヨーグルトを加えてよく混ぜ合わせマッシュ状態にする。 生クリームに砂糖を加え、泡立て器で角が立つ程度に泡立てる。 オーブンや電子レンジで適度に温めたナンの上に(3)のサツマイモマッシュを塗り、レーズンをトッピングし、(4)のクリームを乗せて、最後にスライスアーモンドをトッピングする。 サツマイモをマッシュ状態にしたものを温めたナンの上に塗り、生クリーム・砂糖とその他レーズンなどをトッピングすれば完成です。 さつまいものマッシュ加減はなめらかになるまでつぶしても、粗くつぶして歯ごたえを残しても美味しいですよ。 サツマイモマッシュと生クリームのブランナンの作り方のコツ・ポイント 材料 生クリーム 100g 砂糖(お好みの甘さで) 50〜70g たまご 1個 バニラオイル等 少々 ベーキングパウダー 小さじ1 小麦粉 100g チョコチップ(トッピング用) お好みで 作り方 1. オーブンを170度に予熱してマフィン型を用意しておきます。 生クリームと砂糖をトロミがつくまで混ぜます。 イメージだと生クリームを6分立て程度のトロミです。 たまごを入れ混ぜます。 次にバニラオイルを入れ混ぜます。 ベーキングパウダーと小麦粉をふるい入れ混ぜます。 ここはサクッと混ぜてください。 生クリームに砂糖を混ぜた後に、卵とベーキングパウダー・小麦粉を混ぜて生地にします。 あとはオーブントースターで焼くだけというとっても簡単な作り方です。 生クリームで作るカップケーキの作り方のコツ・ポイント 材料 A強力粉 70g A砂糖 15g A塩 ひとつまみ A卵 1個 牛乳 200cc サラダ油 小さじ1 バナナ 3~4本 ホイップクリーム 適量 チョコレートソース 適量 作り方 1. ボールにAの材料をすべて入れ、混ぜ合わせておく。 (1)に牛乳を数回に分けて入れ、よく混ぜ合わせる。 (2)にサラダ油を入れてよく混ぜ合わせる。 フライパンを熱し油を少し敷き、(3)を少量流し入れ両面焼く。 (この材料で7~10枚焼けます) 5. 焼くときはフライパンで大丈夫です。 今回は生クリーム入りチョコバナナで紹介していますが、他の材料でも同じ要領で作ることができます。 クリームチーズを常温にしておき、ボールでクリーム状にすり混ぜる。 卵黄、砂糖を入れまぜる。 6分だてにした生クリームを入れてまぜる。 ラム酒をいれる。 スポンジにコーヒーをぬる。 できたクリームをのせ冷蔵庫でねかせる。 ココアをかけてできあがり。 生クリームを使った本格的なティラミスのレシピです。 クリームチーズに卵黄・砂糖・生クリーム・ラム酒を混ぜます。 これでクリームは出来上がりです。 スポンジにはコーヒーを塗り、そのスポンジの上にクリームを乗せて冷蔵庫で寝かせた後、ココアをかければできあがります。 お湯に粉寒天を入れ、沸騰させて完全に溶かす。 市販のプリンミックスを入れて完全に溶かす。 生クリームを入れて良く混ぜる。 500ccぐらい入る容器を水で濡らして入れ、そのまま冷やし固める。 ミックスに付いていたカラメルソースの素をお湯20cc(分量外)で溶かし、耐熱容器に入れて、500wで20秒ぐらい様子を見て加熱する。 ふわっと吹いてくれば良い。 型から抜いて果物を適当に飾る。 プリンにソースを添える。 好きなように取ってソースをかける。 市販の粉寒天とプリンミックスを使うととても簡単に作ることができますよ。 粉寒天とプリンミックスをよく溶かした後で生クリームを入れてよく混ぜたら、あとは冷やして固めれば出来上がりです。 お好みでカラメルソースやフルーツを乗せましょう。 生クリームたっぷりプリンの作り方のコツ・ポイント 材料 冬瓜 180g 豆乳ヨーグルト 100cc 豆乳生クリーム 100cc 砂糖 大3 大1と大2に分ける レモン 少々 はちみつ お好みの量 ナッツ お好みの量 水 50cc 冬瓜を煮るのはまた別に用意 ゼラチン 10g 作り方 1. 冬瓜180gを100gと80gに分ける。 お鍋に、冬瓜80gに砂糖大1、レモンを入れて、それらがお水で隠れるくらいお水を入れて煮込む。 中火から弱火でコトコト煮込む。 火加減に注意しながら、お水がなくなるくらいになれば、火を止めてしばらく置く。 冬瓜100gと豆乳ヨーグルト、生クリーム、砂糖大2、レモンをミキサーにいれて、かける。 その時の量が400ccになるので、お水50ccを加え、お鍋に入れて火をつける。 沸騰してきたらゼラチンを加えて、よく混ぜてしばらく煮る。 器に盛りつけ、冷めたら、トッピングの冬瓜をのせて、冷蔵庫で冷やし固める。 はちみつやナッツをお好みでかけて召し上がれ。 冬瓜は砂糖とレモンを混ぜながら煮込みましょう。 そのあとにヨーグルト・生クリームと一緒にミキサーにかけます。 ゼラチンと混ぜた後もよく混ぜてから煮るようにしましょう。 容器に入れて冷蔵庫で冷やし固めれば完成です。 冬瓜の豆乳ヨーグルト&生クリームのゼリーの作り方のコツ・ポイント 材料 パイシート 2枚 イチゴ 15個 生クリーム 200ml 砂糖 25g 粉砂糖 適量 作り方 1. パイシートは袋の裏面にある通りに焼く。 生クリームに砂糖を入れ、氷水を張ったボウルで混ぜる。 いちごは10個ミキサーにかけてペーストにし、 2. に混ぜる。 5個は薄くスライスする。 パイが冷めたら、生クリーム、イチゴ、生クリームの順に載せ、 お好みで粉砂糖を振る。 パイシートに生クリームと苺を順に乗せていくだけのとても簡単なスイーツです。 子どもと一緒に作っても楽しいでしょう。 生クリームには苺をペーストしたものを混ぜて苺クリームにするとより馴染みが良くなって美味しいパイになりますよ。 生クリームと砂糖大1で8部だてくらいにホイップを作る。 そこに玉子を1個ずつ入れ、そのつど混ぜる。 バニラビーンズ、残りの砂糖も入れ混ぜたら、粉類を振るい入れ、ヘラで切るように混ぜる。 竹串チェック。 生クリームをホイップ状にした後に、卵と小麦粉・ベーキングパウダーを混ぜ合わせて焼くだけのシンプルな作り方です。 バターを使わないのでとてもヘルシーなマフィンになりますよ。 焼いた後は竹串を刺して焼けているかのチェックも忘れずに。 バニラビーンズはナイフで縦に切れ目を入れ、ナイフの背で中の粒々をかき出して大きめのボウルに入れます。 そこに材料Bを入れて滑らかになるまで泡だて器でよくかき混ぜます。 大きめのボウルに材料Aを入れて泡だて器でサラサラになるまでかき混ぜます。 手順1を少しずつ加えながら、泡だて器で全体が馴染んで滑らかになるまでかき混ぜます。 フライパンを中火で熱して、サラダ油をしみ込ませたキッチンペーパーで極薄く油を引き、濡れフキンを広げてフライパンを乗せて3秒数えて冷まします。 コンロの火をトロ火(一番弱い火)にしてフライパンを戻します。 生地を30~40ccくらいずつお玉で流しいれて片面2~3分、合計約5分焼きます。 柔らかい生地なので竹串の先で生地の周りを少し剥がしてからフライ返しを入れてそっとひっくり返します。 真ん中あたりに竹串をそっと刺して何もついてこなければOKです。 皿やバットに取り出して冷ましておきます。 焼きたては特に柔らかくて傷つきやすいので優しくそぉっと、、、です。 同様にしてトータル8枚焼きます。 パンケーキが冷めたらあんこと生クリームをサンドします。 あんこの上にホイップクリームを絞り、先に焼いた面を上にしてパンケーキを重ね、手で軽く押さえます。 ハート型に切り抜いたオーブンシートを乗せて粉糖を振りかけハートを描きました。 お好みで仕上げてくださいね。 粉物は先に砂糖と混ぜ合わせておきましょう。 そこにバニラビーンズ・卵・ヨーグルト・サラダ油・牛乳も加えながらかき混ぜていきます。 これでパンケーキ生地の完成です。 記事をとろ火で焼き、冷ましたらあんこと生クリームをサンドして完成です。 バニラパンケーキサンドあんこ生クリームの作り方のコツ・ポイント 材料 卵 3個 薄力粉 65g 砂糖 70g サラダ油 20g お水 25g 生クリーム 150g 砂糖 8g 練乳 15g 作り方 1. 卵は卵黄と卵白に分ける。 卵白に半量の砂糖を少しずつ加え、角が立つまで泡立て、冷蔵庫で冷やしておく。 卵黄のボウルに残りの砂糖を入れ白くもったりするまで泡立て、サラダ油、水を加えます。 卵黄のボウルにふるった薄力粉をもう一度ふるい入れ、粉っぽさが無くなるまで良く混ぜ合わせて下さい。 最後は卵白のボウルに生地を全部移して、ボールを回しながら底から持ち上げて切るを数回。 天板に生地を流し入れ表面を平らにならす。 生クリームに砂糖、練乳を入れて軽く角が立つ程度に泡立てる。 生地に生クリームを広げる。 手前は厚めに奥は薄く。 隅まできっちりと。 巻き終わりを下しにてクッキングシートで包み、最低2時間以上は冷蔵庫で休ませます。 半日ぐらいおいてどうぞ。 卵は卵黄と卵白に分けて使います。 卵白は砂糖を加えてメレンゲ状にしておきます。 卵黄は砂糖・サラダ油・水・薄力粉を加えてよく混ぜ合わせます。 そこに先ほどのメレンゲを数回に分けて入れて混ぜ合わせれば生地が完成します。 生地を焼き、生クリームをホイップ上にしたものを塗って巻いたら冷蔵庫で寝かせましょう。 生クリームロールケーキの作り方のコツ・ポイント 材料 春巻きの皮 2枚 バナナ 2分の1 生クリーム ホイップ状態でゴルフボールくらい リンゴ 4分の1個 レーズン 少々 赤ワイン 適量 砂糖 適量 シナモン 適量 作り方 1. 前夜、砂糖なしでホイップした生クリームをゴルフボールくらいの大きさでラップにくるんで輪ゴムで留め、冷凍庫へ。 リンゴは適当な大きさに切り、赤ワインとお砂糖とシナモンとレーズンで煮る。 春巻きの皮の表面に美味しそうな焼き色がついたらOK! 事前に生クリームはホイップした状態で冷凍庫で凍らせておきましょう。 リンゴはカットした後に赤ワイン・砂糖・シナモン・レーズンと一緒に煮ます。 春巻きの皮にリンゴやお好みで他のフルーツを乗せて少し冷ました後、冷凍しておいた生クリームを乗せて皮をたたみ、オーブンで焼いたら完成です。 生クリームアップル春巻きの作り方のコツ・ポイント 材料 上新粉 100g 白玉粉 100g 生クリーム 200ml 醤油・砂糖・みりん 各大さじ2 水 大さじ4 水溶き片栗粉 適量 作り方 1. ボウルに上新粉と白玉粉を入れて混ぜ、温めた生クリームを少しずつ加えて練ります。 耳たぶ程度の柔らかさになるようにします。 ピンポン玉小くらいの大きさに丸めて、沸騰したお湯でゆでます。 浮いてきたら氷水にとって粗熱を取ります。 水気をふき取って、串にさし、焼き網にのせて焼き目をつけます。 小鍋にAを入れ煮立ったら、水溶き片栗粉でとろみをつけ、団子にたっぷりつけて完成です。 上新粉と白玉粉を入れて混ぜ、温めた生クリームを少しずつ加えながら練ります。 生地を丸めた後は沸騰したお湯で茹でればお団子は完成です。 みたらしは醤油・砂糖・みりん・お水を煮立てた後に水溶き片栗粉でとろみをつければ出来上がります。 みたらし生クリーム団子の作り方のコツ・ポイント (直径15センチ丸型1台分) Aチョコレート......... 50g(ビター) A無塩バター............ 100g A生クリーム............. 50ml 粉砂糖...................... 80g なければグラニュー糖 卵 M........................ 2個 B薄力粉.................... 90g Bココアパウダー...... 15g Bベーキングパウダー. 2g 《デコレーション》 C生クリーム......... 150ml Cグラニュー糖... 大さじ1 C好みでバニラエッセンスorラム酒を数滴 苺、ハーブ、チョコプレートなど適量 1 【下準備】 ・チョコレートは板チョコの場合は細かく刻む ・卵は溶きほぐす ・Bは混ぜ合わせてふるっておく ・型に合わせてクッキングシートを敷く ・オーブンは160度に予熱する 2 耐熱ボウルにAを入れてラップをかけ レンジ600wで1分20秒加熱し 砂糖を加えて泡だて器で溶かし混ぜる 3 2に卵を一度に加えてよく混ぜ Bを加えてゴムベラで 粉っぽさがなくなるまで混ぜ合わせる 4 型に流し入れ 150度のオーブンで40〜45分焼く 5 粗熱がとれたら底に水分がたまらないように 型から外して網の上に乗せてあら熱をとり まだ少し温かいうちに袋に入れて 涼しい場所で(一晩室温)寝かせる 各材料を下準備した後は、混ぜ合わせて焼くだけのとっても簡単なレシピです。 先にチョコ・バター・生クリームと卵をよく混ぜ合わせた後で粉物を加えて混ぜましょう。 粉っぽさがなくなるまで混ざったら、型に流し込んでオーブンでよく焼けば完成です。 トッピングはお好みで。 生クリームにきび砂糖を加え、ハンドミキサーで角が立つまで泡だてる。 別のボウルに卵を割り入れ ハンドミキサーはそのまま洗わず使う ふんわりするまで泡だてます。 卵液に生クリームを加え、更に混ぜます。 粉っぽさが残るうちに黒豆を加えます。 粉っぽさがなくなるまでサックリと混ぜます。 *黒豆はトッピング用をよけて生地に加えました。 焼きあがったら網の上で冷まします。 生クリームは、きび砂糖を加えてホイップ状になるまで泡立てておきます。 別ボウルで卵を泡立てておき、そこに生クリームを加えて混ぜ合わせていきます。 粉物を加えて粉っぽさがなくなるまで混ぜ合わせたら生地の完成です。 そのあとは、温めていたオーブンで焼けば出来上がりです。 バニラエッセンスも入れる。 水分や油分が付いてると泡立たないのでご注意をお願いします。 卵黄とグラニュー糖をよく混ぜ合わせたら、植物油を少しづつ加えながら混ぜていきます。 そのあと牛乳とバニラエッセンスも入れて混ぜます。 粉物を加えて粘りが出るまで混ぜ合わせたら、卵白をメレンゲ状にしたものを混ぜ合わせていきます。 この生地をマフィンカップに入れたらオーブンで焼いてケーキは完成です。 マフィンを覚ました後に、中にホイップクリームを流し込んでお好みでトッピングしたら出来上がりです。 STEP2 鍋に水とかぼちゃを入れて、柔らかくなるまで茹でます。 STEP3 茹で上がったら、ザルに移して粗熱を取ります。 STEP4 ミキサーに全ての材料を入れて良く混ぜます。 STEP5 大きめのタッパーに入れて平にします。 STEP6 冷凍庫に1時間入れます。 STEP7 1時間たったら、取り出して混ぜます。 STEP8 混ぜたら、もう一度冷凍庫に入れます。 STEP9 30分たったら、取り出して混ぜます。 カボチャは種をとって柔らかくなるまで茹でます。 粗熱を取った後にミキサーに全ての材料を入れて混ぜ合わせたら、タッパーに入れて冷凍庫に入れます。 1時間ほど経ったら一度取り出して混ぜた後、再度冷凍庫に入れます。 また30分ほどしたら、取り出して混ぜ合わせて完成です。 カボチャアイスクリームの作り方のコツ・ポイント 18cmパウンド型1台分 生地 卵黄 2個 グラニュー糖 10g 太白ごま油 20g 牛乳 20g 薄力粉 45g 卵白 2個 グラニュー糖 35g フィリング 生クリーム 150ml グラニュー糖 15g 使用している道具 口金 1個 作り方 1 卵黄とグラニュー糖10gを合わせ、ハンドミキサーで白っぽくなるまで混ぜる。 2 油を加え、ハンドミキサーでしっかり混ぜる。 製菓用の無味無臭の「太白ごま油」を使っています 3 牛乳を加え、馴染むまで混ぜる。 4 卵白にグラニュー糖35gを少しずつ加えながらハンドミキサーで泡だてメレンゲを作る。 5 3に、ふるった薄力粉を加え、粉気やダマがなくなるまで混ぜる。 7 泡立て器ですくって落とすように混ぜる。 8 それをメレンゲのボウルに戻し、馴染むまで混ぜる。 9 ムラなく混ざったらOK。 10 オーブンシートを敷いた型に流す。 11 180度に予熱したオーブンで25分ほど、焼き色がつくまで焼く。 12 冷ましておく。 冷めるに従い側面がくぼむ。 13 ボウルに生クリームとグラニュー糖15gを入れ、氷水に浸けながらハンドミキサーで泡立てる。 14 生地の側面に菜箸で穴をあける。 15 口金を付けた絞り袋に生クリームを入れ、ケーキに注入する。 側面が膨れるくらい入ったら完成。 卵は卵黄と卵白に分けて使いますので、あらかじめ準備しておきましょう。 卵黄はグラニュー糖・油・牛乳となじむまでよく混ぜます。 卵白はグラニュー糖を加えた後にメレンゲ状にしておきます。 先ほどの卵黄に薄力粉とメレンゲを加えてさっと混ぜます。 ムラなく混ざったら型に流し込んでオーブンで焼いてシフォンケーキは完成です。 ケーキの側面に菜箸で穴をあけ、そこから生クリームを注入して出来上がりです。 粉糖とアガーを豆乳生クリームに入れて混ぜます。 この時、生クリームを泡だて無いよう注意。 気泡ができるとゼリーに残ります。 沸騰させないように注意しながら1〜2分ほど加熱して砂糖とアガーをよく溶かしこみます。 様子見しながら調整で。 水100ccに砂糖とアガーを入れて混ぜてから火にかけ、沸騰させて1分程度加熱し、よく溶かしこみます。 そこにフルーツのシロップ漬缶詰を入れます。 その後は粗熱を取って、冷蔵庫へ。 彩にミントの葉を載せてみました。 粉糖とアガーを豆乳生クリームに入れて混ぜたあと、お鍋で加熱して粉糖とアガーをよく溶かします。 ゼリーの方に移して粗熱を取ったのち、冷蔵庫に入れて冷やし固めたらパンナコッタは完成です。 フルーツゼリーは先ほどのパンナコッタと同じ要領で、フルーツのシロップ漬缶詰と水に粉糖とアガーを溶かし込みます。 パンナコッタの上にフルーツゼリーを流し込んで冷やしたら完成です。 逆さにしてもずり落ちないくらいにします。 泡立てすぎてボソボソにならないように気をつけて下さい。 焼けたら暫くオーブンシートにのせたまま冷まします。 冷めたら手でそっとはがし、ホイップした生クリームを挟んでよーく冷やして頂きます。 メレンゲに卵黄を加えてよく混ぜ合わせたあと、薄力粉を混ぜて粉っぽさがなくなるまで混ぜます。 絞り袋に入れて天板の上に高く積もるような感じで絞りだしたら、粉砂糖を振りかけてオーブンで焼きます。 よく冷ましたあとにホイップクリームを挟んで完成です。 ひと肌くらいの温度になったら湯せんからはずす。 練らないようにすくうように、粉っぽさがなくなるまで。 底をトントンと打ち付けて空気抜きをする。 200度に予熱したオーブンで10分焼く。 ケーキクーラーにのせ、側面の立ち上がり部分の紙をはがす。 乾燥を防ぐためにオーブンペーパーを表面に乗せたまま冷ます。 向こう側4センチくらいは乗せない。 卵と砂糖は湯せんにかけながらハンドミキサーなどで手早く泡立てて、もったりしてくるくらいまで整えます。 その後、薄力粉を加えて粉っぽさがなくなるまで混ぜ合わせます。 溶かしたバターを混ぜ合わせたら、天板に入れてオーブンで生地を焼きます。 焼けた生地に生クリームを塗って巻いたら、冷蔵庫に入れて冷やして完成です。 その度に良く混ぜる。 とろーっと木べらから落ちるくらいでO. 170度に下げて8分くらい焼いたら取り出す。 溶き卵を少しづつ加えてとろみがつくまでよく混ぜます。 天板にスプーンなどで分けて形を整えたらオーブンで焼きます。 シューに切り込みを入れたらホイップ状にした生クリームを絞って完成です。 シュークリームの作り方のコツ・ポイント 材料 ホットケーキミックス 100g 卵 一個 レモン汁 茶匙1弱 生クリーム 100CC 砂糖 40g 作り方 1生クリームを泡立てて砂糖を加えホイップクリームを作る 2ホイップ以外の材料を全て混ぜてから、最後にホイップを投入 3オーブンシートを敷いたケーキ型に生地を流し入れ、160度に余熱したオーブンで30分焼く 4冷まして皿に盛りつけて出来上がり 生クリームは砂糖を加えてホイップクリームにしておきます。 そのほかの材料を混ぜ合わせたとで、ホイップクリームを加えて混ぜます。 生地を型に流し入れたらオーブンで焼いて完成です。 混ぜて焼くだけの簡単なレシピなので手軽に挑戦できます。 ホットケーキに牛乳と卵を加えて混ぜて焼くだけです。 トッピングとして生クリームを絞って苺を乗せたら完成です。 とてもシンプルですが、美味しいのは間違いないです。 2 厚手の鍋にグラニュー糖(100g)を入れ、中火にかけ茶色く(あめ色より少し濃いめの色)なってきたら、 3 沸騰させた水(50cc)を加えて混ぜ、型に流して冷ましておく。 4 バニラビーンスの種をとり、グラニュー糖にすり混ぜる。 (グラニュー糖にバニラの香りが移り、香りのよいプリンに仕上がる。 ) 5 プリン生地を作ります。 鍋に牛乳とバニラビーンズ、グラニュー糖(115g)を入れて火にかけて、沸騰させる。 6 卵をなるべく泡立てないように、卵白のコシを切るように混ぜ、4の牛乳、ブランデー、生クリームを加えて混ぜて、濾す。 8 焼けているかどうかの確認方法 さわってみて、弾力があるかどうかを確認して、竹串を刺す。 9 そして、竹串を抜いて、その穴から底のカラメルソースが出てきたら、焼けている証拠です! 10 大満足の美味しさです! プリン生地は鍋に牛乳・バニラビーンズ・グラニュー糖を入れて沸騰させて、混ぜた卵とブランデーと生クリームを加えて混ぜて作ります。 オーブンで蒸し焼きにした後、弾力があれば完成になります。 塩、コショウで下味をつけ小麦粉を全体にまぶします。 ハクサイは3cm幅のザク切りにします。 タマネギは薄切りにします。 ローリエ、ハクサイを加えてふたをし、コンロ調理タイマーを10分に設定して煮ます 中火。 コンロ調理タイマー 10分 【作り方4】 ローリエを取り除き、生クリームを加えてコンロ調理タイマーを3分に設定して煮ます 弱火。 コンロ調理タイマー 3分 【作り方5】 塩、コショウで味をととのえ、器に盛ります。 生クリームが100mlほど余っている場合はクリーム煮に使用するのがオススメです。 今回は「鶏肉と白菜のクリーム煮」を紹介しています。 鶏モモ肉は皮のあるほうから焼いて、あまり焼き色が付きすぎないようにするとよいでしょう。 表面が焼けたら玉ねぎを加えて炒めます。 白菜は軸のほうを下にして入れ、葉を上からかぶせるように入れます。 焦がさないように軽くかき混ぜながら煮込みましょう。 50~100mlほど余っている時にはポタージュ 「ポタージュ」の材料 6人分 グリーンアスパラガス・・・450g 約15本 タマネギ・・・100g バター・・・30g 塩・・・ひとつまみ 水・・・500ml チキンブイヨン 固形 ・・・1コ 生クリーム・・・100ml 塩・・・少々 コショウ 白 ・・・少々 【作り方1】 グリーンアスパラガスはかたい部分を切り落としてはかまを取り、1cm長さに切ります。 タマネギは薄切りにします。 【作り方2】 鍋にバターを溶かし、タマネギと塩を入れてしんなりするまで炒めます。 【作り方3】 水とチキンブイヨンを加えます。 沸騰したら弱火にしてふたをし、コンロ調理タイマーを10分に設定して煮ます。 【作り方4】 グリーンアスパラガスを加え、アクを取りながらやわらかくなるまで煮ます。 【作り方5】 4を冷ましてミキサーにかけます。 【作り方6】 鍋に戻して温め、生クリームを加えます。 塩、コショウで味をととのえ器に注ぎます。 生クリームが50~100mlほど余っているという場合は、ポタージュにするのが良いでしょう。 今回は生クリームが100mlの場合で紹介していますが、足りない分は牛乳や豆乳を足して作っても大丈夫です。 また、上のレシピはアスパラガスのポタージュとなっていますが、ミキサーにかける食材を変えれば様々な野菜のポタージュを作ることができます。 ベーコンは1cm幅に切ります。 【作り方2】 鍋に湯を沸かし、アスパラガスを入れて茹でます。 茹で上がりにベーコンを入れてザルにあげ、塩、コショウをします。 【作り方3】 スフレオムレツを1人分ずつ仕上げます。 卵1コを卵黄と卵白に分けます。 卵黄には大さじ1杯の生クリームを加えて混ぜ、卵白には塩、コショウ各少々を入れて泡立て、しっかりとしたメレンゲを作ります。 卵黄にメレンゲを2回に分けて加え、ふんわりと混ぜ合わせます。 バターを5g入れて3を流し入れ、大きく混ぜて形をととのえ、2をちらします。 焼き色がついてきたら半分に折りたたみ、器に盛りつけます。 【作り方5】 バゲットを焼きます。 片面焼きグリルの場合は両面焼きグリルより全体の焼き時間が長くなります。 (コンロの機種や食材によって異なります。 ) 【作り方6】 4にバゲットとプチトマトを添えます。 ほんの少しだけ生クリームが余ってしまったという場合には、スフレオムレツに使うのがおすすめです。 使用する生クリームは大さじ一杯程度です。 卵は卵黄と卵白に分けて、卵白の部分をメレンゲにしてから卵黄と混ぜ合わせます。 卵黄にはあらかじめ生クリームを混ぜておきましょう。 生クリームがなくても十分美味しいオムレツになりますが、生クリームが加わることでよりコクのあるクリーミーなオムレツが出来上がります。 実はこれは動物性のものであるかないかという違いでしかありません。 動物性と植物性の違いに関しては上で解説した通りです。 最初からケーキのデコレーションなどホイップクリームとして使いたいと決まっている場合は、既にホイップ状になっているものを買っても良いかもしれません。 生クリームは基本的に冷蔵保存になります。 未開封の場合は賞味期限どおり1ヶ月程度はもちますが、開封してしまった場合は冷蔵でも3~4日ほどでダメになってしまいます。 どうしても使い切れない場合は冷凍保存がおすすめです。 冷凍保存の方法は下記の記事にまとまっていますので参考にしてみてください。

次の

余った生クリームを活用!料理やお菓子へのアレンジレシピ5選

生 クリーム 料理 レシピ

- 2016年 2月月3日午前3時53分PST 魚料理で生クリームを大量消費するなら、サーモンがクリーム煮に合う食材です。 サーモンのダシがスープに溶け込み、生クリームの濃厚な味わいとマッチする人気のおかずです。 こちらのレシピではじゃがいもを一緒に煮込んでいますが、にんじんや玉ねぎなど常備しやすい野菜があれば一緒に入れてもいいでしょう。 しめじやマッシュルームなどのきのこ類もおすすめです。 生クリームの大量消費レシピのまとめ たっぷりの生クリームがのったお菓子はそれだけで美味しそうに見えますよね。 子供に人気で王道スイーツのいちごショートケーキから、生地に混ぜ込んだり料理をクリーミーにしたり、生クリームのアレンジレシピはたくさんあります。 あらかじめホイップ済みや冷凍のものもあるので、トッピングなどに関単に使うこともできます。 生クリームを大量消費して美味しいスイーツや料理を楽しみましょう!• 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。 アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。 Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。 iPhone は Apple Inc. の商標です。 iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。 Copyright C 2017 Apple Inc. All rights reserved. Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。

次の

余った生クリームを活用!料理やお菓子へのアレンジレシピ5選

生 クリーム 料理 レシピ

ケーキなどの洋菓子には欠かせない生クリームですが、手作りで生クリーム入りのお菓子やおかずなどを作るときのコツはあるのでしょうか。 生クリームを使ったお菓子を作る際には、泡立ててホイップにすることが多いでしょう。 飾りとして用いる場合は角が立って形が崩れない程度までしっかり泡立てましょう。 ムースなどにする場合には、8分立て程度にすると他の材料と混ざりやすくなります。 ゼリーやパンナコッタを作るときは、泡立てずに液体のまま用いることもあるでしょう。 生クリームは、基本的には生乳中の脂肪分を濃縮したものを指します。 ただし、これは動物性生クリームの場合であり、植物性の場合は大豆などの植物由来の油脂をクリーム状に加工しています。 動物性の方が濃厚な味わいをしていて、植物性の方はあっさりした味で食感も比較的さらさらしています。 こうした違いも把握したうえで、料理によって使い分けができると良いです。 生クリームの使い方• しっとり柔らかなスコーン• 生クリーム紅茶パウンドケーキ• サツマイモマッシュと生クリームのブランナン• 生クリームでつくるカップケーキ• 生クリーム入りチョコバナナクレープ• ティラミス• 生クリームたっぷりプリン• 冬瓜の豆乳ヨーグルト&生クリームのゼリー• いちご生クリームパイ• バターなし生クリームのマフィン• バニラパンケーキサンド• 生クリームロールケーキ• 生クリームアップル春巻き• みたらし生クリーム団子• 生クリームショコラケーキ• ふんわり抹茶マフィン• カップシフォンケーキ• カボチャアイスクリーム• 生シフォンケーキ• 豆乳生クリームのパンナコッタ• クリームブッセ• 練乳生クリームロールケーキ• 生チョコ• シュークリーム• レモンケーキ• 苺と生クリームのホットケーキ• オーブンはあらかじめ温めておくと手早くさっくりと焼けて美味しくなります。 サツマイモの皮を剥き1cm程度の輪切りにして、沸騰させた湯(分量外)で10分煮る。 湯をすて、サツマイモを一度火にかけ水分を飛ばす。 (粉ふきイモの要領で) 3. ボウルにうつし、よく潰し、ヨーグルトを加えてよく混ぜ合わせマッシュ状態にする。 生クリームに砂糖を加え、泡立て器で角が立つ程度に泡立てる。 オーブンや電子レンジで適度に温めたナンの上に(3)のサツマイモマッシュを塗り、レーズンをトッピングし、(4)のクリームを乗せて、最後にスライスアーモンドをトッピングする。 サツマイモをマッシュ状態にしたものを温めたナンの上に塗り、生クリーム・砂糖とその他レーズンなどをトッピングすれば完成です。 さつまいものマッシュ加減はなめらかになるまでつぶしても、粗くつぶして歯ごたえを残しても美味しいですよ。 サツマイモマッシュと生クリームのブランナンの作り方のコツ・ポイント 材料 生クリーム 100g 砂糖(お好みの甘さで) 50〜70g たまご 1個 バニラオイル等 少々 ベーキングパウダー 小さじ1 小麦粉 100g チョコチップ(トッピング用) お好みで 作り方 1. オーブンを170度に予熱してマフィン型を用意しておきます。 生クリームと砂糖をトロミがつくまで混ぜます。 イメージだと生クリームを6分立て程度のトロミです。 たまごを入れ混ぜます。 次にバニラオイルを入れ混ぜます。 ベーキングパウダーと小麦粉をふるい入れ混ぜます。 ここはサクッと混ぜてください。 生クリームに砂糖を混ぜた後に、卵とベーキングパウダー・小麦粉を混ぜて生地にします。 あとはオーブントースターで焼くだけというとっても簡単な作り方です。 生クリームで作るカップケーキの作り方のコツ・ポイント 材料 A強力粉 70g A砂糖 15g A塩 ひとつまみ A卵 1個 牛乳 200cc サラダ油 小さじ1 バナナ 3~4本 ホイップクリーム 適量 チョコレートソース 適量 作り方 1. ボールにAの材料をすべて入れ、混ぜ合わせておく。 (1)に牛乳を数回に分けて入れ、よく混ぜ合わせる。 (2)にサラダ油を入れてよく混ぜ合わせる。 フライパンを熱し油を少し敷き、(3)を少量流し入れ両面焼く。 (この材料で7~10枚焼けます) 5. 焼くときはフライパンで大丈夫です。 今回は生クリーム入りチョコバナナで紹介していますが、他の材料でも同じ要領で作ることができます。 クリームチーズを常温にしておき、ボールでクリーム状にすり混ぜる。 卵黄、砂糖を入れまぜる。 6分だてにした生クリームを入れてまぜる。 ラム酒をいれる。 スポンジにコーヒーをぬる。 できたクリームをのせ冷蔵庫でねかせる。 ココアをかけてできあがり。 生クリームを使った本格的なティラミスのレシピです。 クリームチーズに卵黄・砂糖・生クリーム・ラム酒を混ぜます。 これでクリームは出来上がりです。 スポンジにはコーヒーを塗り、そのスポンジの上にクリームを乗せて冷蔵庫で寝かせた後、ココアをかければできあがります。 お湯に粉寒天を入れ、沸騰させて完全に溶かす。 市販のプリンミックスを入れて完全に溶かす。 生クリームを入れて良く混ぜる。 500ccぐらい入る容器を水で濡らして入れ、そのまま冷やし固める。 ミックスに付いていたカラメルソースの素をお湯20cc(分量外)で溶かし、耐熱容器に入れて、500wで20秒ぐらい様子を見て加熱する。 ふわっと吹いてくれば良い。 型から抜いて果物を適当に飾る。 プリンにソースを添える。 好きなように取ってソースをかける。 市販の粉寒天とプリンミックスを使うととても簡単に作ることができますよ。 粉寒天とプリンミックスをよく溶かした後で生クリームを入れてよく混ぜたら、あとは冷やして固めれば出来上がりです。 お好みでカラメルソースやフルーツを乗せましょう。 生クリームたっぷりプリンの作り方のコツ・ポイント 材料 冬瓜 180g 豆乳ヨーグルト 100cc 豆乳生クリーム 100cc 砂糖 大3 大1と大2に分ける レモン 少々 はちみつ お好みの量 ナッツ お好みの量 水 50cc 冬瓜を煮るのはまた別に用意 ゼラチン 10g 作り方 1. 冬瓜180gを100gと80gに分ける。 お鍋に、冬瓜80gに砂糖大1、レモンを入れて、それらがお水で隠れるくらいお水を入れて煮込む。 中火から弱火でコトコト煮込む。 火加減に注意しながら、お水がなくなるくらいになれば、火を止めてしばらく置く。 冬瓜100gと豆乳ヨーグルト、生クリーム、砂糖大2、レモンをミキサーにいれて、かける。 その時の量が400ccになるので、お水50ccを加え、お鍋に入れて火をつける。 沸騰してきたらゼラチンを加えて、よく混ぜてしばらく煮る。 器に盛りつけ、冷めたら、トッピングの冬瓜をのせて、冷蔵庫で冷やし固める。 はちみつやナッツをお好みでかけて召し上がれ。 冬瓜は砂糖とレモンを混ぜながら煮込みましょう。 そのあとにヨーグルト・生クリームと一緒にミキサーにかけます。 ゼラチンと混ぜた後もよく混ぜてから煮るようにしましょう。 容器に入れて冷蔵庫で冷やし固めれば完成です。 冬瓜の豆乳ヨーグルト&生クリームのゼリーの作り方のコツ・ポイント 材料 パイシート 2枚 イチゴ 15個 生クリーム 200ml 砂糖 25g 粉砂糖 適量 作り方 1. パイシートは袋の裏面にある通りに焼く。 生クリームに砂糖を入れ、氷水を張ったボウルで混ぜる。 いちごは10個ミキサーにかけてペーストにし、 2. に混ぜる。 5個は薄くスライスする。 パイが冷めたら、生クリーム、イチゴ、生クリームの順に載せ、 お好みで粉砂糖を振る。 パイシートに生クリームと苺を順に乗せていくだけのとても簡単なスイーツです。 子どもと一緒に作っても楽しいでしょう。 生クリームには苺をペーストしたものを混ぜて苺クリームにするとより馴染みが良くなって美味しいパイになりますよ。 生クリームと砂糖大1で8部だてくらいにホイップを作る。 そこに玉子を1個ずつ入れ、そのつど混ぜる。 バニラビーンズ、残りの砂糖も入れ混ぜたら、粉類を振るい入れ、ヘラで切るように混ぜる。 竹串チェック。 生クリームをホイップ状にした後に、卵と小麦粉・ベーキングパウダーを混ぜ合わせて焼くだけのシンプルな作り方です。 バターを使わないのでとてもヘルシーなマフィンになりますよ。 焼いた後は竹串を刺して焼けているかのチェックも忘れずに。 バニラビーンズはナイフで縦に切れ目を入れ、ナイフの背で中の粒々をかき出して大きめのボウルに入れます。 そこに材料Bを入れて滑らかになるまで泡だて器でよくかき混ぜます。 大きめのボウルに材料Aを入れて泡だて器でサラサラになるまでかき混ぜます。 手順1を少しずつ加えながら、泡だて器で全体が馴染んで滑らかになるまでかき混ぜます。 フライパンを中火で熱して、サラダ油をしみ込ませたキッチンペーパーで極薄く油を引き、濡れフキンを広げてフライパンを乗せて3秒数えて冷まします。 コンロの火をトロ火(一番弱い火)にしてフライパンを戻します。 生地を30~40ccくらいずつお玉で流しいれて片面2~3分、合計約5分焼きます。 柔らかい生地なので竹串の先で生地の周りを少し剥がしてからフライ返しを入れてそっとひっくり返します。 真ん中あたりに竹串をそっと刺して何もついてこなければOKです。 皿やバットに取り出して冷ましておきます。 焼きたては特に柔らかくて傷つきやすいので優しくそぉっと、、、です。 同様にしてトータル8枚焼きます。 パンケーキが冷めたらあんこと生クリームをサンドします。 あんこの上にホイップクリームを絞り、先に焼いた面を上にしてパンケーキを重ね、手で軽く押さえます。 ハート型に切り抜いたオーブンシートを乗せて粉糖を振りかけハートを描きました。 お好みで仕上げてくださいね。 粉物は先に砂糖と混ぜ合わせておきましょう。 そこにバニラビーンズ・卵・ヨーグルト・サラダ油・牛乳も加えながらかき混ぜていきます。 これでパンケーキ生地の完成です。 記事をとろ火で焼き、冷ましたらあんこと生クリームをサンドして完成です。 バニラパンケーキサンドあんこ生クリームの作り方のコツ・ポイント 材料 卵 3個 薄力粉 65g 砂糖 70g サラダ油 20g お水 25g 生クリーム 150g 砂糖 8g 練乳 15g 作り方 1. 卵は卵黄と卵白に分ける。 卵白に半量の砂糖を少しずつ加え、角が立つまで泡立て、冷蔵庫で冷やしておく。 卵黄のボウルに残りの砂糖を入れ白くもったりするまで泡立て、サラダ油、水を加えます。 卵黄のボウルにふるった薄力粉をもう一度ふるい入れ、粉っぽさが無くなるまで良く混ぜ合わせて下さい。 最後は卵白のボウルに生地を全部移して、ボールを回しながら底から持ち上げて切るを数回。 天板に生地を流し入れ表面を平らにならす。 生クリームに砂糖、練乳を入れて軽く角が立つ程度に泡立てる。 生地に生クリームを広げる。 手前は厚めに奥は薄く。 隅まできっちりと。 巻き終わりを下しにてクッキングシートで包み、最低2時間以上は冷蔵庫で休ませます。 半日ぐらいおいてどうぞ。 卵は卵黄と卵白に分けて使います。 卵白は砂糖を加えてメレンゲ状にしておきます。 卵黄は砂糖・サラダ油・水・薄力粉を加えてよく混ぜ合わせます。 そこに先ほどのメレンゲを数回に分けて入れて混ぜ合わせれば生地が完成します。 生地を焼き、生クリームをホイップ上にしたものを塗って巻いたら冷蔵庫で寝かせましょう。 生クリームロールケーキの作り方のコツ・ポイント 材料 春巻きの皮 2枚 バナナ 2分の1 生クリーム ホイップ状態でゴルフボールくらい リンゴ 4分の1個 レーズン 少々 赤ワイン 適量 砂糖 適量 シナモン 適量 作り方 1. 前夜、砂糖なしでホイップした生クリームをゴルフボールくらいの大きさでラップにくるんで輪ゴムで留め、冷凍庫へ。 リンゴは適当な大きさに切り、赤ワインとお砂糖とシナモンとレーズンで煮る。 春巻きの皮の表面に美味しそうな焼き色がついたらOK! 事前に生クリームはホイップした状態で冷凍庫で凍らせておきましょう。 リンゴはカットした後に赤ワイン・砂糖・シナモン・レーズンと一緒に煮ます。 春巻きの皮にリンゴやお好みで他のフルーツを乗せて少し冷ました後、冷凍しておいた生クリームを乗せて皮をたたみ、オーブンで焼いたら完成です。 生クリームアップル春巻きの作り方のコツ・ポイント 材料 上新粉 100g 白玉粉 100g 生クリーム 200ml 醤油・砂糖・みりん 各大さじ2 水 大さじ4 水溶き片栗粉 適量 作り方 1. ボウルに上新粉と白玉粉を入れて混ぜ、温めた生クリームを少しずつ加えて練ります。 耳たぶ程度の柔らかさになるようにします。 ピンポン玉小くらいの大きさに丸めて、沸騰したお湯でゆでます。 浮いてきたら氷水にとって粗熱を取ります。 水気をふき取って、串にさし、焼き網にのせて焼き目をつけます。 小鍋にAを入れ煮立ったら、水溶き片栗粉でとろみをつけ、団子にたっぷりつけて完成です。 上新粉と白玉粉を入れて混ぜ、温めた生クリームを少しずつ加えながら練ります。 生地を丸めた後は沸騰したお湯で茹でればお団子は完成です。 みたらしは醤油・砂糖・みりん・お水を煮立てた後に水溶き片栗粉でとろみをつければ出来上がります。 みたらし生クリーム団子の作り方のコツ・ポイント (直径15センチ丸型1台分) Aチョコレート......... 50g(ビター) A無塩バター............ 100g A生クリーム............. 50ml 粉砂糖...................... 80g なければグラニュー糖 卵 M........................ 2個 B薄力粉.................... 90g Bココアパウダー...... 15g Bベーキングパウダー. 2g 《デコレーション》 C生クリーム......... 150ml Cグラニュー糖... 大さじ1 C好みでバニラエッセンスorラム酒を数滴 苺、ハーブ、チョコプレートなど適量 1 【下準備】 ・チョコレートは板チョコの場合は細かく刻む ・卵は溶きほぐす ・Bは混ぜ合わせてふるっておく ・型に合わせてクッキングシートを敷く ・オーブンは160度に予熱する 2 耐熱ボウルにAを入れてラップをかけ レンジ600wで1分20秒加熱し 砂糖を加えて泡だて器で溶かし混ぜる 3 2に卵を一度に加えてよく混ぜ Bを加えてゴムベラで 粉っぽさがなくなるまで混ぜ合わせる 4 型に流し入れ 150度のオーブンで40〜45分焼く 5 粗熱がとれたら底に水分がたまらないように 型から外して網の上に乗せてあら熱をとり まだ少し温かいうちに袋に入れて 涼しい場所で(一晩室温)寝かせる 各材料を下準備した後は、混ぜ合わせて焼くだけのとっても簡単なレシピです。 先にチョコ・バター・生クリームと卵をよく混ぜ合わせた後で粉物を加えて混ぜましょう。 粉っぽさがなくなるまで混ざったら、型に流し込んでオーブンでよく焼けば完成です。 トッピングはお好みで。 生クリームにきび砂糖を加え、ハンドミキサーで角が立つまで泡だてる。 別のボウルに卵を割り入れ ハンドミキサーはそのまま洗わず使う ふんわりするまで泡だてます。 卵液に生クリームを加え、更に混ぜます。 粉っぽさが残るうちに黒豆を加えます。 粉っぽさがなくなるまでサックリと混ぜます。 *黒豆はトッピング用をよけて生地に加えました。 焼きあがったら網の上で冷まします。 生クリームは、きび砂糖を加えてホイップ状になるまで泡立てておきます。 別ボウルで卵を泡立てておき、そこに生クリームを加えて混ぜ合わせていきます。 粉物を加えて粉っぽさがなくなるまで混ぜ合わせたら生地の完成です。 そのあとは、温めていたオーブンで焼けば出来上がりです。 バニラエッセンスも入れる。 水分や油分が付いてると泡立たないのでご注意をお願いします。 卵黄とグラニュー糖をよく混ぜ合わせたら、植物油を少しづつ加えながら混ぜていきます。 そのあと牛乳とバニラエッセンスも入れて混ぜます。 粉物を加えて粘りが出るまで混ぜ合わせたら、卵白をメレンゲ状にしたものを混ぜ合わせていきます。 この生地をマフィンカップに入れたらオーブンで焼いてケーキは完成です。 マフィンを覚ました後に、中にホイップクリームを流し込んでお好みでトッピングしたら出来上がりです。 STEP2 鍋に水とかぼちゃを入れて、柔らかくなるまで茹でます。 STEP3 茹で上がったら、ザルに移して粗熱を取ります。 STEP4 ミキサーに全ての材料を入れて良く混ぜます。 STEP5 大きめのタッパーに入れて平にします。 STEP6 冷凍庫に1時間入れます。 STEP7 1時間たったら、取り出して混ぜます。 STEP8 混ぜたら、もう一度冷凍庫に入れます。 STEP9 30分たったら、取り出して混ぜます。 カボチャは種をとって柔らかくなるまで茹でます。 粗熱を取った後にミキサーに全ての材料を入れて混ぜ合わせたら、タッパーに入れて冷凍庫に入れます。 1時間ほど経ったら一度取り出して混ぜた後、再度冷凍庫に入れます。 また30分ほどしたら、取り出して混ぜ合わせて完成です。 カボチャアイスクリームの作り方のコツ・ポイント 18cmパウンド型1台分 生地 卵黄 2個 グラニュー糖 10g 太白ごま油 20g 牛乳 20g 薄力粉 45g 卵白 2個 グラニュー糖 35g フィリング 生クリーム 150ml グラニュー糖 15g 使用している道具 口金 1個 作り方 1 卵黄とグラニュー糖10gを合わせ、ハンドミキサーで白っぽくなるまで混ぜる。 2 油を加え、ハンドミキサーでしっかり混ぜる。 製菓用の無味無臭の「太白ごま油」を使っています 3 牛乳を加え、馴染むまで混ぜる。 4 卵白にグラニュー糖35gを少しずつ加えながらハンドミキサーで泡だてメレンゲを作る。 5 3に、ふるった薄力粉を加え、粉気やダマがなくなるまで混ぜる。 7 泡立て器ですくって落とすように混ぜる。 8 それをメレンゲのボウルに戻し、馴染むまで混ぜる。 9 ムラなく混ざったらOK。 10 オーブンシートを敷いた型に流す。 11 180度に予熱したオーブンで25分ほど、焼き色がつくまで焼く。 12 冷ましておく。 冷めるに従い側面がくぼむ。 13 ボウルに生クリームとグラニュー糖15gを入れ、氷水に浸けながらハンドミキサーで泡立てる。 14 生地の側面に菜箸で穴をあける。 15 口金を付けた絞り袋に生クリームを入れ、ケーキに注入する。 側面が膨れるくらい入ったら完成。 卵は卵黄と卵白に分けて使いますので、あらかじめ準備しておきましょう。 卵黄はグラニュー糖・油・牛乳となじむまでよく混ぜます。 卵白はグラニュー糖を加えた後にメレンゲ状にしておきます。 先ほどの卵黄に薄力粉とメレンゲを加えてさっと混ぜます。 ムラなく混ざったら型に流し込んでオーブンで焼いてシフォンケーキは完成です。 ケーキの側面に菜箸で穴をあけ、そこから生クリームを注入して出来上がりです。 粉糖とアガーを豆乳生クリームに入れて混ぜます。 この時、生クリームを泡だて無いよう注意。 気泡ができるとゼリーに残ります。 沸騰させないように注意しながら1〜2分ほど加熱して砂糖とアガーをよく溶かしこみます。 様子見しながら調整で。 水100ccに砂糖とアガーを入れて混ぜてから火にかけ、沸騰させて1分程度加熱し、よく溶かしこみます。 そこにフルーツのシロップ漬缶詰を入れます。 その後は粗熱を取って、冷蔵庫へ。 彩にミントの葉を載せてみました。 粉糖とアガーを豆乳生クリームに入れて混ぜたあと、お鍋で加熱して粉糖とアガーをよく溶かします。 ゼリーの方に移して粗熱を取ったのち、冷蔵庫に入れて冷やし固めたらパンナコッタは完成です。 フルーツゼリーは先ほどのパンナコッタと同じ要領で、フルーツのシロップ漬缶詰と水に粉糖とアガーを溶かし込みます。 パンナコッタの上にフルーツゼリーを流し込んで冷やしたら完成です。 逆さにしてもずり落ちないくらいにします。 泡立てすぎてボソボソにならないように気をつけて下さい。 焼けたら暫くオーブンシートにのせたまま冷まします。 冷めたら手でそっとはがし、ホイップした生クリームを挟んでよーく冷やして頂きます。 メレンゲに卵黄を加えてよく混ぜ合わせたあと、薄力粉を混ぜて粉っぽさがなくなるまで混ぜます。 絞り袋に入れて天板の上に高く積もるような感じで絞りだしたら、粉砂糖を振りかけてオーブンで焼きます。 よく冷ましたあとにホイップクリームを挟んで完成です。 ひと肌くらいの温度になったら湯せんからはずす。 練らないようにすくうように、粉っぽさがなくなるまで。 底をトントンと打ち付けて空気抜きをする。 200度に予熱したオーブンで10分焼く。 ケーキクーラーにのせ、側面の立ち上がり部分の紙をはがす。 乾燥を防ぐためにオーブンペーパーを表面に乗せたまま冷ます。 向こう側4センチくらいは乗せない。 卵と砂糖は湯せんにかけながらハンドミキサーなどで手早く泡立てて、もったりしてくるくらいまで整えます。 その後、薄力粉を加えて粉っぽさがなくなるまで混ぜ合わせます。 溶かしたバターを混ぜ合わせたら、天板に入れてオーブンで生地を焼きます。 焼けた生地に生クリームを塗って巻いたら、冷蔵庫に入れて冷やして完成です。 その度に良く混ぜる。 とろーっと木べらから落ちるくらいでO. 170度に下げて8分くらい焼いたら取り出す。 溶き卵を少しづつ加えてとろみがつくまでよく混ぜます。 天板にスプーンなどで分けて形を整えたらオーブンで焼きます。 シューに切り込みを入れたらホイップ状にした生クリームを絞って完成です。 シュークリームの作り方のコツ・ポイント 材料 ホットケーキミックス 100g 卵 一個 レモン汁 茶匙1弱 生クリーム 100CC 砂糖 40g 作り方 1生クリームを泡立てて砂糖を加えホイップクリームを作る 2ホイップ以外の材料を全て混ぜてから、最後にホイップを投入 3オーブンシートを敷いたケーキ型に生地を流し入れ、160度に余熱したオーブンで30分焼く 4冷まして皿に盛りつけて出来上がり 生クリームは砂糖を加えてホイップクリームにしておきます。 そのほかの材料を混ぜ合わせたとで、ホイップクリームを加えて混ぜます。 生地を型に流し入れたらオーブンで焼いて完成です。 混ぜて焼くだけの簡単なレシピなので手軽に挑戦できます。 ホットケーキに牛乳と卵を加えて混ぜて焼くだけです。 トッピングとして生クリームを絞って苺を乗せたら完成です。 とてもシンプルですが、美味しいのは間違いないです。 2 厚手の鍋にグラニュー糖(100g)を入れ、中火にかけ茶色く(あめ色より少し濃いめの色)なってきたら、 3 沸騰させた水(50cc)を加えて混ぜ、型に流して冷ましておく。 4 バニラビーンスの種をとり、グラニュー糖にすり混ぜる。 (グラニュー糖にバニラの香りが移り、香りのよいプリンに仕上がる。 ) 5 プリン生地を作ります。 鍋に牛乳とバニラビーンズ、グラニュー糖(115g)を入れて火にかけて、沸騰させる。 6 卵をなるべく泡立てないように、卵白のコシを切るように混ぜ、4の牛乳、ブランデー、生クリームを加えて混ぜて、濾す。 8 焼けているかどうかの確認方法 さわってみて、弾力があるかどうかを確認して、竹串を刺す。 9 そして、竹串を抜いて、その穴から底のカラメルソースが出てきたら、焼けている証拠です! 10 大満足の美味しさです! プリン生地は鍋に牛乳・バニラビーンズ・グラニュー糖を入れて沸騰させて、混ぜた卵とブランデーと生クリームを加えて混ぜて作ります。 オーブンで蒸し焼きにした後、弾力があれば完成になります。 塩、コショウで下味をつけ小麦粉を全体にまぶします。 ハクサイは3cm幅のザク切りにします。 タマネギは薄切りにします。 ローリエ、ハクサイを加えてふたをし、コンロ調理タイマーを10分に設定して煮ます 中火。 コンロ調理タイマー 10分 【作り方4】 ローリエを取り除き、生クリームを加えてコンロ調理タイマーを3分に設定して煮ます 弱火。 コンロ調理タイマー 3分 【作り方5】 塩、コショウで味をととのえ、器に盛ります。 生クリームが100mlほど余っている場合はクリーム煮に使用するのがオススメです。 今回は「鶏肉と白菜のクリーム煮」を紹介しています。 鶏モモ肉は皮のあるほうから焼いて、あまり焼き色が付きすぎないようにするとよいでしょう。 表面が焼けたら玉ねぎを加えて炒めます。 白菜は軸のほうを下にして入れ、葉を上からかぶせるように入れます。 焦がさないように軽くかき混ぜながら煮込みましょう。 50~100mlほど余っている時にはポタージュ 「ポタージュ」の材料 6人分 グリーンアスパラガス・・・450g 約15本 タマネギ・・・100g バター・・・30g 塩・・・ひとつまみ 水・・・500ml チキンブイヨン 固形 ・・・1コ 生クリーム・・・100ml 塩・・・少々 コショウ 白 ・・・少々 【作り方1】 グリーンアスパラガスはかたい部分を切り落としてはかまを取り、1cm長さに切ります。 タマネギは薄切りにします。 【作り方2】 鍋にバターを溶かし、タマネギと塩を入れてしんなりするまで炒めます。 【作り方3】 水とチキンブイヨンを加えます。 沸騰したら弱火にしてふたをし、コンロ調理タイマーを10分に設定して煮ます。 【作り方4】 グリーンアスパラガスを加え、アクを取りながらやわらかくなるまで煮ます。 【作り方5】 4を冷ましてミキサーにかけます。 【作り方6】 鍋に戻して温め、生クリームを加えます。 塩、コショウで味をととのえ器に注ぎます。 生クリームが50~100mlほど余っているという場合は、ポタージュにするのが良いでしょう。 今回は生クリームが100mlの場合で紹介していますが、足りない分は牛乳や豆乳を足して作っても大丈夫です。 また、上のレシピはアスパラガスのポタージュとなっていますが、ミキサーにかける食材を変えれば様々な野菜のポタージュを作ることができます。 ベーコンは1cm幅に切ります。 【作り方2】 鍋に湯を沸かし、アスパラガスを入れて茹でます。 茹で上がりにベーコンを入れてザルにあげ、塩、コショウをします。 【作り方3】 スフレオムレツを1人分ずつ仕上げます。 卵1コを卵黄と卵白に分けます。 卵黄には大さじ1杯の生クリームを加えて混ぜ、卵白には塩、コショウ各少々を入れて泡立て、しっかりとしたメレンゲを作ります。 卵黄にメレンゲを2回に分けて加え、ふんわりと混ぜ合わせます。 バターを5g入れて3を流し入れ、大きく混ぜて形をととのえ、2をちらします。 焼き色がついてきたら半分に折りたたみ、器に盛りつけます。 【作り方5】 バゲットを焼きます。 片面焼きグリルの場合は両面焼きグリルより全体の焼き時間が長くなります。 (コンロの機種や食材によって異なります。 ) 【作り方6】 4にバゲットとプチトマトを添えます。 ほんの少しだけ生クリームが余ってしまったという場合には、スフレオムレツに使うのがおすすめです。 使用する生クリームは大さじ一杯程度です。 卵は卵黄と卵白に分けて、卵白の部分をメレンゲにしてから卵黄と混ぜ合わせます。 卵黄にはあらかじめ生クリームを混ぜておきましょう。 生クリームがなくても十分美味しいオムレツになりますが、生クリームが加わることでよりコクのあるクリーミーなオムレツが出来上がります。 実はこれは動物性のものであるかないかという違いでしかありません。 動物性と植物性の違いに関しては上で解説した通りです。 最初からケーキのデコレーションなどホイップクリームとして使いたいと決まっている場合は、既にホイップ状になっているものを買っても良いかもしれません。 生クリームは基本的に冷蔵保存になります。 未開封の場合は賞味期限どおり1ヶ月程度はもちますが、開封してしまった場合は冷蔵でも3~4日ほどでダメになってしまいます。 どうしても使い切れない場合は冷凍保存がおすすめです。 冷凍保存の方法は下記の記事にまとまっていますので参考にしてみてください。

次の