ロング アレンジ。 【2019年】結婚式お呼ばれ髪型決定版♪ ボブからロングまで人気ヘアアレンジ&マナー

ストレートのヘアアレンジ|巻かないから簡単!ロング・ミディアム・ボブの垢抜けヘアアレンジ

ロング アレンジ

巻かないから超簡単なだけでなく、時短にもなるから便利! ロング・ミディアム・ボブの人は必見ですよ! 【目次】 ・ ・ ・ ロングのストレートヘアを超簡単アレンジで印象チェンジ 長さのあるロングさんは、いろんなヘアアレンジが可能。 数分で完成する簡単かわいいまとめ髪を集めました! クールなのに男ウケもバツグンなアップ 潔く上げたリーゼント風の前髪が、カッコよさと女らしさのいいとこどり! トップの毛をたっぷりと引き出して、高さを出すのがオシャレに見せるコツ。 前髪をラフに手ぐしで集めたらトップで結びます。 ポンパドールに高さを出すよう、髪を引っぱり出し、ボリュームを出します。 全体を後ろでひとつにまとめて結んだら完成。 たった2分で完成!三つ編みで作るお団子 三つ編みをまとめるから、巻いてなくてもふんわりとしたニュアンスが生まれ、しかも崩れにくい! テクいらずでパパっと2分で完成するのも嬉しいポイント。 髪を後ろでひとつ結びに。 次に、トップ、サイドの毛をところどころつまみ出し、ラフさをプラス。 毛束を三つ編みにしたら、三つ編みからもランダムに毛を引き出しましょう。 こうすることで、仕上がりにストレートでも巻いたような立体感が出ます。 毛を引き出したら、細めのゴムで毛先を結んで。 三つ編みを結び目に巻きつけて、ピンで留めたら完成。 スカーフで!簡単なのに人と差がつく三つ編み 準備として、スカーフを折って帯状にしておきます。 髪をサイドに集めてたら、三つ編みをする要領で毛束を3つに分けます。 真ん中の毛束の下へスカーフをくぐらせたら、いつも三つ編みをするのと同じように三つ編みをするだけ。 直毛くるりんぱはサイドに寄せるだけで垢抜け 無難で地味な印象のストレートヘアのひとつ結びも、ほんの少しサイドに寄せてくるりんぱするだけで、スタイリッシュに。 オシャレに見えるポイントは、くるりんぱを大胆にくずして透明感を出すこと! 髪全体をやや右サイドに寄せてひとつに結びます。 そのあと、ゴムの上に開けた隙間に毛束を通してくるりんぱ。 ゴム付近の毛を細かく引き出してふんわりさせて。 サイドの毛も少し引き出すと、透明感が出ます。 ポニーテールの下をたるませたり、後れ毛を作ることでルーズな雰囲気を演出して。 耳の後ろあたりの髪を細く残し、後れ毛に。 後ろでひとつにまとめたら、下をたるませながらゴムで結びます。 ミディアム・ボブのストレートヘアをあか抜けアレンジ ミディアムやボブのストレートでも、ひねりを加える、分け目を変えるなどの簡単テクで、たちまちワンランク上のアレンジが叶います。 ハーフアップは手ぐしで作るのがこなれ感のカギ ロングでもボブでも簡単にできるのがハーフアップ。 「けどストレートヘアだとちょっと野暮ったい…」そう思ってませんか? でも実は、ちょっとしたねじりを加えればパッと垢抜けるんです! ポイントは手ぐしやクリップでまとめたラフさ。 ブラシやコームを使うと、きっちりしすぎて野暮ったい印象になるのでNG。 耳の上あたりから、髪の毛を手ぐしでザクッと集めて、少しねじりを加えてクリップでとめましょう。 こうすることで、不ぞろいな毛流れや自然な後れ毛が生まれ、抜け感のあるおしゃれさが生まれます。 ストレートボブのニュアンス出しはヘアバンドにお任せ! 無難なハーフアップも、ヘアバンドをプラスするだけでオシャレ感がグンとアップ! ヘアバンドをつけたら、ハーフアップを作ります。 毛先は全部ゴムに通さず、丸めてお団子にまとめて。 短めボブなら…タイトめひとつ結びでモードに 人気インスタグラマー、小林有里さんのタイトなひとつ結びテクを紹介。 後頭部にふわっとしたボリュームのを出すため、くるくるドライヤーでトップの毛をしっかり立ちあげます。 そのあとスプレーをして根元の立ち上がりをキープ。 後ろの低い位置でひとつに結びます。 トップの髪を、指で引き出してふんわりと丸みをつけて。 サイドもハチ上あたりを引き出して、バランスよく。 ヘアアクセサリーで結び目を隠して完成。 ゴム不要!ピン1本で簡単にできるサイドねじり 片サイドの髪をねじって耳を出し色っぽく。 ピンさえあればすぐにできるアレンジです。 分け目を9:1にします。 サイドの髪を後ろにねじりながら耳にかけて、ピンで固定します。 ストレートでも前髪のヘアアレンジ次第でこんなにオシャレ シンプルなストレートのひとつ結びも、一工夫加えるだけでスタイリッシュに。 ポイントは大胆に分けた前髪です! 前髪をサイドの毛ごと大胆に9:1分けに。 緩めのひとつ結びに。 前髪はピンで留め、毛束を上からかぶせてピンを隠して。 ストレートヘアのポニーテールも逆毛でふんわり 巻かないとポニーテールにボリュームが出ないと思ってませんか? 巻かなくても逆毛を立てるだけで、弾むような動きのあるポニーテールが仕上がります。 巻き髪と違い、飾らない無造作な雰囲気も魅力。 高めの位置でポニーテールを作ります。 片方の指で毛先を抑えながら、もう片方の手で下から上へと髪を引き上げたっぷり逆毛を立てて。 直毛すぎてヘアアレンジができない! という悩みには… サラサラすぎる直毛で、ヘアアレンジが上手にできないという悩みを持つ方もいるでしょう。 しかし、ストレートヘアでも、逆毛を立てたり、スタイリング剤を使うことで、簡単にヘアアレンジが可能です。 巻かなくてもOK!逆毛で崩れにくいベースが完成 三つ編みや編み込みといった少し複雑なアレンジのときは、ブラシで逆毛をしっかりと作っておくことが鉄則です。 編み込みなどがしやすくなるだけでなく、くずれにくくなるのもメリット。 ヘアアレンジを始める前に、ブラシを使い、毛先から根元に向かってブラッシング。 強めに逆毛を作っておきます。 これで毛が引っかかりやすくなり、編み込みヘアのプロセスが簡単に。 サラサラすぎる髪も扱いやすくなる!ストレートのスタイリング剤はワックスとクリームのミックス使いで サラサラのストレートヘアだと、ヘアアレンジしてもすぐに崩れたり、ふわっとしたニュアンスが出せなかったりするのが悩み。 髪に引っかかりが生まれ、後頭部をふんわりさせたフォルムができやすくなります。 ワックス:ジェルを2:1の割合で手のひらで混ぜ、髪になじませます。 直毛さんにおすすめのジェル。 ホーユー ミニーレ ウイウイ デザインクリーム 980g ¥1,300(サロン専売品) 直毛さんにおすすめのワックス。 アラミック ローランド オーウェイ シャビイ・マッド 100ml ¥3,400 トップに空気が入るようにふっくらまとめます。 崩れないように結び目を指で押さえながら、トップや後頭部、耳上の毛束をつまみ出します。

次の

簡単かわいいヘアアレンジ10選|くるりんぱやおだんご、ロングのアレンジ

ロング アレンジ

基本のベース巻き。 顔周りの髪を上下に分けて、まず下から巻いていきます。 毛束を横に引き出してフォワード(前向き)に巻きます。 毛束は横に引き出すイメージ。 こうすると、根元近くまで巻けて、ふわっと仕上がります。 上の髪を横に引き出して、今度はリバース(後ろ向き)に巻きます。 さらに、その後ろをフォワード、その後ろはリバース……と、交互に巻いていきます。 後ろ側の毛束は、真横に引き出して巻くと巻きやすい! 後ろまで巻いたら、逆側も顔周りから後ろへ、同様の手順で巻いていきます。 耳ラインより上の髪を手ぐしで集めてくるりんぱ。 きっちりしすぎないように少し崩すのがポイント! 3. 毛流がそろった表面の髪を、指で少しずつ丁寧に引き出しながら、凹凸を出していきます。 こなれ感を出すため、全体をゆるく巻いておきます。 全部の髪を、後頭部の高い位置でまとめて結びます。 高い位置に髪を集めたいときは、少し上を向くとまとめやすく、顔を戻したときに襟足の髪がたるまずに仕上がります。 ベースは巻かずにストレートのままでOK。 髪がまとまりにくい人は、ミディアムワックスやトリートメントミルクでしなやかさをプラスしましょう。 ゴールデンポイント(あごと耳のつけ根を結んだ延長線上、後頭部の真ん中くらい)あたりで、ひとつ結びにします。 くるりんぱに飽きたら、ぜひチャレンジしてもらいたいヘアアレンジです。 耳の前の髪を少量だけ残し、トップの髪を3束とって三つ編みするように一度重ねます。 2.地の髪の毛を少しとり、近くにある毛束に入れ込みながら編みます。 このプロセスを繰り返します。 襟足まできたら、編み込みはおしまい。 毛先は三つ編みにします。 編み終わったら、毛先をゴムで束ねてできあがり! 4・最後に編み込みをほぐして、こなれ感を演出。 編み込みの終わりを手で押さえ、髪をところどころ引き出します。 このテクニックひとつで、いかにも「結んだ」感が薄れ、ぐっとこなれ感がアップ。 髪は全体を巻いておきます。 2・トップ右側(左側でもOK)の髪を三つ編みに。 前髪が長くなってきて邪魔だな、という人にももってこいです。 後ろの髪は下ろしておくため、最初に全体を巻いておくのがおすすめ。 フロントを左右に分け、片側の毛束を後ろ向きにねじってピン留めします。 ねじった部分は、指で髪をところどころつまみ出してふっくらと。 何本か使って無造作に留めて顔まわりを華やかに。 真ん中部分の両隣の前髪もふんわり上げて留めます。 両サイドの生え際の毛も横にピタッと寄せピンで留めます。 その名も「三つ編みアップ」です。 全体をゆるく巻いておき、前髪をセンターで分け、ドライヤーの風を当てて根元を立ち上がらせておきます。 髪を後ろでざっくり左右に分けて、トップから編み込みに。 毛先は三つ編みにしていきます。 編み終わりは、コームで逆毛を立てて。 反対側も同様に。 1でつくった三つ編みを後ろでクロスし、クロスした下の三つ編みを持ち上げて、先端を折り返します。 折り返した毛束を隠すようにピン留めし、固定します。 逆の毛束も同じように繰り返します。 全体を軽く巻き、低めの位置でひとつにまとめます。 サイドには丸みをつけつつ、結び目の部分はキュッとまとめるのがコツ! さらに、表面の髪を指でつまみ出します。 毛束をぐるぐるとねじってから、指でつまみ出してほぐしていきます。 そのままぐるっとまとめておだんごに。 毛先を中心にミックス巻きしてから、顔周りの髪を残して三つ編みに。 中に折るようにして毛先の出たおだんご状に結びます。 はみ出た毛先を結び目のゴムの上にかぶせるようにし、ぐるりとねじりながら入れ込みます。 崩れそうなところはピンで留めてできあがり。 逆毛を立てたりねじったりすることで動きが出て、おしゃれさがアップします。 顔周りにおくれ毛を残し、耳前の少量の毛束を後ろにねじってピンで留めます。 反対側も同様に。 低めの位置でひとつに結んだらトップの毛束を引っ張り、高さを出します。 手で毛先に逆毛を立ててボリュームを出します。 少しずつ毛束をねじって結び目に入れて、おだんごにします。 ハーフアップをしてからニット帽をかぶることで、髪の毛がある程度まとまっているので動きやすさもアップ! また結んでいた方が、髪の毛にニット帽の跡がつきにくくなっておすすめ。 全体をランダムに巻いておきます。 襟足の髪の毛だけ残して、上の毛を取ってゴムで結びます。 全体をランダムに巻いたら、髪全体をサイドに持っていき、ふたつの束に分けます。 25 作成.

次の

超簡単ヘアアレンジ13選!不器用さんでもテクいらず!ボブ〜ロングまでのこなれヘア

ロング アレンジ

【目次】 ・ ・ ・ くるりんぱを使った簡単アレンジ 【1】ナナメくるりんぱアレンジ 簡単なのに洗練された印象が作れるロングヘアのアレンジは、いつものくるりんぱに少し手を加えるだけでOK! フェイスラインの髪にはオイルをなじませて。 【2】レディな雰囲気のくるりんぱアレンジ くるりんぱを2回組み合わせるだけの簡単アレンジなのに、手が込んだようなアレンジスタイルに。 レディな印象アップのかわいいハーフアップ。 【3】くるりんぱで編みこみ風アレンジ 難しい編みこみは不要! 崩れにくく、雨の日や風が強い日にもオススメな簡単くるりんぱ。 髪全体をアイロンで軽く巻くと、大人っぽい雰囲気が出る。 簡単お団子ヘアアレンジ 【1】大人のこなれヘア低めお団子 ラフな印象のこなれたヘアは、低めお団子でつくるのが大人風。 ベースの巻き髪&うるおいのある質感が疲れて、見えないポイント! 【2】お団子でアレンジひとつ結び 地味になりがちなひとつむすびも、ちょっとの簡単アレンジであか抜けスタイルに更新。 手ぐしでまとめてループ状のお団子にしたら毛束感をだしてニュアンスをプラス。 【3】ハーフアップなおだんごアレンジ 両サイドの髪を手ぐしで集め、耳先から45度上の位置でキープし輪っか状のお団子に。 ヘアバームを毛先に散らして、疲れたように見えない工夫を。 かわいいロングヘアアレンジ 【1】簡単ロープ編みアレンジ ふたつの束を交差させながら作る三つ編みより簡単なロープ編み。 ロングヘアをローポニーに。 忙しいときでも少しのアレンジで簡単かわいいヘアに。 【2】ローポニー 下の位置でひとつにまとめた髪をゴムが見えないように毛束を少量巻き付けて、雰囲気のあるローポニースタイル。 かっちりしずぎず、女性らしいゆるさがGOOD。 【3】前髪ロープ編みロングヘア 前髪をざっくり分けてロープ編みにしピンで留めるだけ。 全体をゆるく巻いたロングヘアとの相性バッチリのやさしい印象のヘアアレンジ。 【4】三つ編み風ねじりアレンジ 後ろ髪をざっくりふたつに分けて、単純にねじっていくだけで完成! 忙しい朝などにはもってこいの簡単すぎるアレンジスタイル。

次の