内閣 府 職員 変死 事件。 内閣府職員変死事件

内閣府職員ゴムボート変死事件の真相

内閣 府 職員 変死 事件

経緯 [ ] 職員の動向 [ ] 2013年 - 職員、韓国へ出張申請、同年末にこれを承認される。 なお、職員の留学先であるミネソタ大学大学院では1月からの授業登録手続きをしていなかった。 2014年 - 申請よりも早く韓国に渡航し、午後6時35分頃仁川国際空港に到着。 ソウル特別市中区北倉洞のホテルにチェックイン。 翌4日にパスポートとかばんを置いたままチェックアウト。 - ソウル龍山区のゲストハウスにまでの予定でチェックイン。 ただし財布やパソコンなどが入ったスーツケースは予約も入れていない別のホテルに預けた。 その後、最初のホテルに置いていたパスポートとかばんを取りに行く。 - ソウル駅付近のスーパーで作業用手袋を購入。 - ソウル東部の城東区聖水洞にあるボート販売会社の事務所を訪れ、ゴムボートと船外機の代金を現金で支払い、翌7日に釜山のホテルへ配達するようメールで依頼。 なお、この時には「香港出身のアレックス・ポー」という偽名を名乗っていた。 また、旅券ケースを紛失したとして、午後4時頃、ホテルの従業員と共にソウル南大門警察署西小門派出所に本名で届出を行う。 - 職員、内閣府に電話連絡。 これが最後の連絡となった。 なお、この日職員は友人とされる韓国人男性とソウル市内を観光したとされる。 - 職員が参加するとしていた江南区のルネッサンス・ソウル・ホテルで2014年アジア太平洋社会科学会議 経済セミナー が開会される(まで開催)。 同日、職員は会議に参加せず、ゲストハウスをチェックアウトし、崇礼門付近の別のホテルにチェックイン。 午後2時頃にソウル駅付近でコーヒーを飲み、午後6時頃に自転車用品店でバッテリー2つとケーブルを購入。 タクシーで釜山に向かい、ホテルでゴムボートを受け取っている。 - ソウルの宿泊先の防犯カメラに職員とみられる男性の姿が捉えられる。 その後の経緯 [ ] 2014年 - 午前9時45分頃、若松区響町の響新港西1号防波堤付近で遊漁中だったプレジャーボートから「ゴムボートが漂流して中に1人倒れているようだ」という118番通報が入る。 約30分後、巡視艇がボートの中で倒れている人影を確認。 ボートが荒波で転覆したため捜索開始。 - 朝、防波堤直下の海中で男性の遺体を発見。 若松海上保安部は海中から男性の遺体を引き上げたと発表。 韓国製の黒色ジャンパーとズボンを着用、外傷はなかった。 ジャンパーのポケットには本人名義のクレジットカードと日本円で2万4000円相当のウォン紙幣を所持しており、韓国からの出国記録はなかった。 - 死因は低体温症か水死とみられ、死後1 - 2週間経過している(死亡日は1月8日 - 15日の間)と七管が発表。 - 警察庁、国際刑事警察機構(ICPO)を通じて韓国とアメリカに捜査協力を要請。 自由民主党、幹事長の石破茂の指示により、副幹事長の中谷元をトップとする調査チームを立ち上げる。 - 韓国警察、職員の韓国国内での足取りの調査結果を日本側に通達。 - 第七管区海上保安本部により、「事件性なし」として捜査の終結が発表された。 発表によれば、職員は、個人的な理由(プライバシーに関わるとして非公開)によりゴムボートで日本国内の特定の場所(同様に非公開)に向かう途中、氷点下の気温の中でボート上で意識を失って倒れ、海水を飲み込んで溺死したとされる。 職員 [ ] この職員は、に内閣府に採用されたキャリアだった。 経済社会総合研究所に在籍しており、から2年間の予定でミネソタ大学大学院に留学・研究していた。 噂 [ ] 週刊誌などでは職員に愛人の存在が示唆され、日本に居た妻との間でトラブルを抱えていたという公安関係者の証言が掲載された。 同関係者によると、職員には結婚前から付き合っていた本命の交際相手がいながら別の女性を妊娠させ結婚をしたが、本命の女性と復縁するために日本に密入国し、邪魔な存在となった妻を殺害しようと企てていたという。 真冬の対馬海峡をゴムボートで渡るという無謀な計画を行った理由は、日本にいないはずの人物が犯人として疑われることはないと考えた上での計画だったのではないかと同関係者は推測した。 公用旅券は赴任・帰任の一次旅券がほとんどであるため自由に帰国することができず、会議参加を名目に韓国へ渡りそこから日本へ密入国しようとしたと考えれば納得がいくという。 また、事件当初韓国政府も自国で活動していた日本のスパイが秘密裏に脱出したと本当に信じており、調査して発覚した事件の真相を韓国情報関係者に説明したが、なかなか信じてもらえなかったという。 外部リンク [ ]•

次の

【内閣府職員ゴムボート変死事件】北朝鮮のスパイだった!? 不可解な行動と謎の死、その真相は? (2014年2月21日)

内閣 府 職員 変死 事件

こんにちは。 陰謀社会学研究科家の聖橋乱丸である。 先月20日、日本の内閣府役人(T氏とする)がゴムボートで遺体になって九州にたどり着くというニュースがあった。 しかし、そのニュースが入った直後にソチ五輪が開催。 ほとんど続報が流れることなく、いつの間にか消えてしまった。 しかし、よく考えてみれば、日本において国家公務員が変死し、なおかつ海外に出張中で、なぜか遺体になって浜に流れ着くという異常事態。 さらに、日本政府は出張先であった韓国政府に捜査協力の依頼も出していないという状態である。 ・内閣府のような国内向けの役所にもかかわらず、T氏は留学をし、さらに海外の出張や、セミナー参加をこなしていた ・彼の交友関係や彼のプライベートを詳しく知る公務員の友人が少ない ・海外出張が多く、エリートのような感覚を受けるのに、重要な職には一切就任していない …何とも不思議な存在なのだ。 では一体なぜT氏はこのような不思議な存在だったのか? この事件に詳しい関係者の間で囁かれているのは「スパイであった、それも、日本のスパイではなく、北朝鮮のスパイであった」ということだ。 日本の官憲は、T氏が北朝鮮のスパイ、それも「土台人(後に説明)」であることを知ったうえで、海外出張に行かせていたのである。 そして、韓国の情報部と連携し、T氏の処分やその現場を押さえようとしていたのである。

次の

コロナ想定、訓練呼び掛け 避難所運営で指針―内閣府:時事ドットコム

内閣 府 職員 変死 事件

この記事の主題はウィキペディアにおける独立記事作成の目安を満たしていないおそれがあります。 目安に適合することを証明するために、記事の主題についての信頼できる二次資料を求めています。 なお、適合することが証明できない場合には、記事は統合されるか、リダイレクトに置き換えられるか、さもなくば削除される可能性があります。 ( 2014年5月) 内閣府職員変死事件 場所 福岡県北九州市若松区響町の響新港西1号防波堤付近 日付 概要 内閣府の30歳職員とされる男性、遺体で発見 死亡者 1 (七管)によると、通報により響灘沖のゴムボート内に倒れている人影を確認。 ボートが荒波で転覆したため捜索していたところ、1月20日朝防波堤直下の海中で遺体を発見した。 遺体は、(韓国)で開かれる経済セミナーに留学先のから出席予定の内閣府職員と判明した、と報じられた。 発見時には韓国製の服を着用、で2万4000円相当の紙幣を所持しており、韓国からの出国記録はなかったという。 この職員は、4月に内閣府に採用された。 に在籍しており、7月から2年間の予定で大学院に留学・研究していた。 末、からまでの韓国行きを内閣府に事前申請し、承認されていた。 経緯 2013年• 12月9日 - 職員、韓国へ出張申請。 なお、留学先のミネソタ大学大学院では1月からの授業登録手続きをしていなかった。 2014年• 1月3日 - 職員、申請よりも早く韓国に渡航し、午後6時35分頃に到着。 のホテルにチェックイン、翌4日にパスポートとかばんを置いたままチェックアウト。 1月4日 - 職員、ソウルのゲストハウスに1月11日までの予定でチェックイン。 ただし財布やパソコンなどが入ったスーツケースは予約も入れていない別のホテルに預けた。 その後、最初のホテルに置いていたパスポートとかばんを取りに行く。 1月5日 - 職員、付近のスーパーで作業用手袋を購入。 1月6日 - 職員、ソウル東部の聖水洞にあるボート販売会社の事務所を訪れ、ゴムボートと船外機の代金を現金で支払い、翌7日にのホテルへ配達するようメールで依頼。 なお、この時には「出身のアレックス・ポー」と名乗っていた。 また、旅券ケースを紛失したとして、午後4時頃、ホテルの従業員と共に西小門派出所に本名で届出を行う。 1月7日 - 職員、内閣府に電話連絡。 これが最後の連絡となった。 なお、この日、職員は友人とされる韓国人男性とソウル市内を観光したとされる。 1月8日 - 職員が参加するとしていたのルネッサンス・ソウル・ホテルで2014年アジア太平洋社会科学会議が開会される(1月10日まで開催)。 同日、職員は会議に参加せず、ゲストハウスをチェックアウトし、付近の別のホテルにチェックイン。 午後2時頃にソウル駅付近でコーヒーを飲み、午後6時頃に自転車用品店でバッテリー2つとケーブルを購入。 タクシーで釜山に向かい、ホテルでゴムボートを受け取っている。 1月10日 - ソウルの宿泊先の防犯カメラに職員とみられる男性の姿が捉えられる。 1月18日 - 午前9時45分頃、若松区響町の響新港西1号防波堤付近で遊漁中だったプレジャーボートから「ゴムボートが漂流して中に1人倒れているようだ」と通報。 約30分後、巡視艇がボートの中で倒れている人影を確認。 ボートが荒波で転覆したため捜索開始。 1月20日 - 朝、防波堤直下の海中で男性の遺体を発見。 若松海上保安部、海中から男性の遺体を引き上げたと発表。 2枚の黒色ジャンパーと黒色ズボンを着用、外傷はなかった。 ジャンパーのポケットには本人名義のクレジットカードとウォン紙幣の入ったポーチが入っていた。 2月3日 - 死因はかとみられ 、死後1〜2週間経過している(死亡日は1月8日〜15日の間)と七管が発表。 2月6日• 、(ICPO)を通じて韓国とアメリカに捜査協力を要請。 、幹事長のの指示により、副幹事長のをトップとする調査チームを立ち上げる。 2月14日 - 、職員の韓国国内での足取りの調査結果を側に通達。 9月2日 - 第七管区海上保安本部により、「事件性なし」として捜査の終結が発表された。 発表によれば、職員は1月8日、個人的な理由(プライバシーに関わるとして非公開)によりゴムボートで日本国内の特定の場所(同様に非公開)に向かう途中、氷点下の気温の中でボート上で意識を失って倒れ、海水を飲み込んで溺死したとされる。 週刊誌などでは当該職員に愛人の存在が示唆され、日本に居た妻との間で何らかのトラブルを抱えていたという関係者の証言が掲載された。 この節のが望まれています。 脚注 : この項目は、・(犯罪者・犯罪組織などを含む)に関連した 書きかけの項目です。 などしてくださる。 MSN産経ニュース. 2014年2月1日. 2014年2月3日閲覧。 [ リンク切れ]• 読売新聞. 2014年2月1日. 2014年2月3日閲覧。 [ リンク切れ]• 朝日新聞. 2014年2月1日. 2014年2月3日閲覧。 MSN産経ニュース. 2014年2月3日. 2014年2月3日閲覧。 [ リンク切れ]• 毎日新聞. 2014年2月2日. 2014年2月3日閲覧。 [ リンク切れ]• 毎日新聞. 2014年2月14日. [ リンク切れ]• FNNニュース. 2014年2月5日. [ リンク切れ]• 読売新聞. 2014年2月8日. [ リンク切れ]• 朝鮮日報日本語版. 2014年2月15日. [ リンク切れ]• テレ朝news. 2014年2月4日. [ リンク切れ]• 朝鮮日報日本語版. 2014年2月7日. [ リンク切れ]• 時事通信. 2014年2月6日. [ リンク切れ]• テレ朝news. 2014年2月6日. [ リンク切れ]• 毎日新聞. 2014年2月1日. 2014年2月6日閲覧。 [ リンク切れ]• 時事通信. 2014年2月3日. [ リンク切れ]• 毎日新聞. 2014年2月4日. 2014年2月6日閲覧。 [ リンク切れ]• 毎日新聞. 2014年2月7日. [ リンク切れ]• 朝日新聞. 2014年2月6日. 読売新聞. 2014年9月2日. [ リンク切れ]• 朝日新聞. 2014年9月2日. 毎日新聞. 2014年9月2日. [ リンク切れ].

次の