韓国 サッカー 海外組。 サッカーに熱狂する中国人は、日本代表をこんな風に見ている(古畑 康雄)

サッカーに熱狂する中国人は、日本代表をこんな風に見ている(古畑 康雄)

韓国 サッカー 海外組

E-1選手権は難しい大会だ。 海外組は基本的に招集できない。 国内組は長いシーズンを終えたばかりである。 Jリーグの戦いから解放された選手たちが、脱力感や達成感といったものに襲われてもおかしくない。 メンバー発表後に室屋成がケガで辞退を余儀なくされたが、韓国へ向かった選手たちも当然ながら疲労感はある。 編成されたチームも急造だ。 10日の中国戦にはいつもの4-2-3-1ではなく3-4-2-1で臨んだ。 文字どおりのぶっつけ本番だった。 今大会の意義は三つある。 13年以来の優勝を勝ち取る。 チームの底上げをはかる。 東京五輪を見据えた強化を進める、ということだ。 三つはつながりを持つ。 そのうえで言えば、チームの底上げが最優先されるべきだろう。 対戦相手との力関係から判断すれば、経験が少ない選手の力量を見極める機会と位置付けられる。 JリーグMVPと得点王に輝いた仲川輝人は、中国戦では起用されなかった。 27歳のスピードスターは今大会の最注目選手と言っていい存在で、アタッカーは個人的な勢いを生かせるポジションだ。 いままさに使いたい選手であり、誰もが見たいと考える選手でもある。 森保監督が交代カードを一枚残したことも、仲川が起用されなかったことへの疑問を掻き立てたようだった。 前半29分に鈴木武蔵の代表初ゴールで先制したものの、試合の主導権を掌握するには至っていなかった。 GK中村航輔が身体を投げ出す場面こそ少なかったが、後半の早い時間帯から交代のタイミングはあった。 それでも、森保監督は動かなかった。 最初の交代カードは、2対0にリードを広げた70分過ぎだった。 二人目は84分だった。 選手交代について森保監督は、「試合のなかで少しでも修正しながらスムーズになっていくところを見たいと考えた」と説明した。 トレーニングにも似た要素を持たせていたために、先発の11人をできるだけ長く使った、ということだろう。 東京五輪世代を含めた先発メンバーをできるだけ長くプレーさせ、チームの底上げにつなげる見極めをしていった、と理解できる。 中3日で3試合を消化するスケジュールの必然として、23人の選手を使い分けることになる。 果たして14日の香港戦は、中国戦の控えメンバーで先発が組まれた。 小川航基のハットトリックなどで、5対0の勝利をつかんだ。 大量得点を奪ったとはいえ、快勝という表現は控えるべきだろう。 勝って当然の相手だからだ。 森保監督はこの日も、交代ワクをひとつ余らせたまま終了のホイッスルを聞いた。 香港戦は現地で取材をしていないので推測になってしまうが、中国戦と同じ理由だろう。 18日の韓国戦は、再び中国戦のスタメンを中心に戦う、という選手起用が想定される。 最終戦で激突する韓国は、前ヴィッセル神戸のGKキム・スンギュ、札幌の守護神ク・ソンユン、Jリーグのガンバ大阪でプレーするCBキム・ヨンゴン、Jリーグの複数クラブに在籍したMFキム・ボギョンら、守備陣を中心に経験と実績を持つ選手を揃える。 11日の大会初戦では、格下の香港を無難に退けた。 14日の中国戦も1対0で勝利した。 大会名が東アジア選手権だった当時から、韓国戦は分が悪い。 13年こそ柿谷曜一朗の活躍で競り勝ったが、15年は1対1のドローに終わり、17年は1対4の大敗を喫した。 海外組不在のために結果が置き去りにされがちだが、森保監督は「タイトルを狙う」と明言している。 出場メンバーにかかわらず熱のこもる一戦で勝利を目ざす先に、チームの底上げがある。

次の

【一覧】サッカー日本代表の海外組の選手紹介!

韓国 サッカー 海外組

ビッグクラブに所属していない韓国人選手 ドイツ・ブンデスリーガの日本人選手の滑り出しが順調だ。 マインツに移籍した岡崎慎司の開幕ゴール、ヘルタ・ベルリンに移籍した細貝萌のアシストをはじめ、内田篤人(シャルケ)や清武弘嗣(ニュルンベルク)らが先発出場した。 プレミアリーグやセリエAの開幕を目前に、21人の欧州組(主要リーグ)のさらなる活躍が期待されている。 それに比べて、ヨーロッパ圏における韓国人選手の影は薄い。 韓国の欧州組は現在、キ・ソンヨン(スウォンジ・シティ)、キム・ボギョン(カーディフ)、イ・チョンヨン(ボルトン)、ソン・フンミン(レバークーゼン)、パク・チュホ(マインツ)など計11人。 日本の半数にすぎない。 しかも、パク・チソンがマンチェスターを去ったことで、ビッククラブに所属する選手は皆無という状況だ。 ヨーロッパ取材の経験が豊富で、韓国最大のポータブルサイトであるNAVERサッカー版・メインコラムニストのソ・ホジョン氏は、韓国の欧州組が少ない原因について、こう話す。 「ヨーロッパに進出できる韓国人選手は、実力的にはもっと多いと思います。 それにもかかわらず欧州組が少ない理由は、まず、韓国に近い海外を一度経験して、将来的にヨーロッパに渡ると考えている選手が多いからと言えます。 Jリーグや中国のスーパーリーグ、最近ではカタール、UAE、サウジアラビアのリーグなど。 大宮アルディージャでプレーしたキム・ヨングンは、スーパーリーグの広州恒大にいますし、オリンピック代表だったナム・テヒも中東にいます。 ヨーロッパ進出も可能な選手たちが、他のリーグでプレーしていると言えると思います」.

次の

サッカーに熱狂する中国人は、日本代表をこんな風に見ている(古畑 康雄)

韓国 サッカー 海外組

個人的に欧州サッカーファンなんですが、今最も熱いプレミアリーグで韓国人は大活躍してますよね。 他にも韓国勢の海外での活躍は目を見張るものがあります 一方日本勢はプレミア所属選手は一人もおらず、ほとんどの選手はまともに試合すら出れずにベンチ生活の選手が多いですよね 国内に目を向けてみても、オールスターでKリーグに対して1-3と完敗してしまいました 一時期縮まったと思われる日本と韓国の差が、なぜここまで再び開いてしまったのでしょうか? まず、プレミアは最高峰のひとつではあるが、この文だと、パクチソンのことだけを言っているので限定的だと思う。 まあそれはともかく、日本と韓国の差という本題で考えるとき、それはA代表なのか、それとも個人の差という意味なのか、いまいちよく分かりません。 で、オールスターですが、あれはおかしいでしょう?金南一とか別に日本で大して活躍していないのにメンバーに選ばれているし、これは失礼ですが、チョンテセはわざと外していたように見えるほどの酷さでした。 少なくても川崎でプレーしているときのような激しいチェックや闘争心は微塵も感じられませんでした。 まあ当然ですが・・・ あんな大会を判断材料にするのはどうかと思います。 それにアジアチャンピオンカップでは日本勢が2年連続で優勝するなど、日本が韓国に差をつけていることは明らかです。 が、パクチソンが素晴らしい選手で、韓国サッカーをリードしていることは間違いないです。 もっと海外で韓国、日本のプレーヤーが活躍できると良いですね。 日本人は韓国人や中国人にはるかに劣るからです。 アジア人はサッカーにむいていません。 瞬発力がないからです。 おまけに体格もないので南米、アフリカ、ヨーロッパ どこに比べても勝てる要素がないのです。 その中でも中国と韓国は体格が大きいので有望です。 それに引き換え日本は悲しいかな、体格でさえも勝負になりません。 浦和の鈴木選手が試合中に中国人選手に首を締められましたが、 情けないことにこの選手は何も反撃しませんでした。 背が小さい上に臆病な日本人を世界の人は倭猿といって嘲笑します。 日本と韓国の差がここまで開いたのは、もともとの資質の違いです。 開くときもあればつまるときもある。 その詰まったときを進歩だと日本人が勘違いしたのです。 自分もパクチ好きです 笑。 人格的にもすごくいい人みたいですし。 まあ、日韓の差というかアジア勢なんてみんな似たり寄ったりなので、それほど差があるとは・・・ 最近、オーストラリアが頭ひとつ抜けてるとはよくいわれますけどね スター選手に関しては、時のめぐり逢わせというか、運でしょ? 笑 日本では以前は中田が活躍してましたし。 晩年期は悲惨 自分は世代ではないのであまりよく知らないのですが、奥寺? なんか、欧州でかなり活躍してたみたいですよ。 日本人で一番活躍してた人みたいです。 すいません、どっかでちょっと読んだだけなので 笑 それでも、質問者様が差があるというなら・・・ う~ん。 歴史のちがいですかね。 日本サッカーなんてアジアでも歴史が浅いですからね 決してバカにしてるわけではないですが。 W杯も3回 自国開催含め。 これでW杯は出るからには優勝が目標だといってるんですから、爆笑ものです。 決してバカにしてるわけではないですが、身の程を知れと 韓国はもうW杯の常連ですからね。 歴史が古い。 北朝鮮だって日本の大先輩ですし 笑 あとは、国策でスポーツをやっているからとか・・・かなあ 質問者さんはサッカー事情に詳しい方とお見受けします。 ですから、これは無駄な情報かも知れませんが、、、。 ワールドカップアジア最終予選の第二戦・UAE戦の韓国メンバーが発表されました。 緒戦、北朝鮮と引き分け、勝ち点1で宿敵イランと並んでB組の三位。 ホームでのUAE戦はどうしても勝たねばなりません。 短期決戦です。 メンバーを落して戦うなんて余裕は、韓国にはないというのが現状です。 万が一、ホームで勝ち点3が取れなかったらどうなりますか? そう考えると、これが最強のメンバーでしょう。 これが《アジアの盟主》と言われた、あの《赤い虎》なのか? そう疑いたくなるような《メンバー》です。 国内組が主体のメンバー構成になっています。 頼みの海外組はパク・チソンとイ・ヨンピョ(DF)くらいのもの。 主体である北京五輪組の力はどうでしょう。 アジアから出場した地元中国を始め、豪州、日本、韓国はいずれも予選リーグで敢えなく敗退しています。 ですから、韓国五輪チームの力が、反町ジャパンのそれと大差があるとは思えないのです。 予選3試合で得点2/失点4。 (日本は得1/失4) これに多くを期待出来ますか? 日本では反町ジャパン組なんて虫けら同然の扱いです。 韓国には天才ミッドフィルダーとして将来が嘱望される若手がいました。 コ・ジョンス、イ・チョンス、パク・ジュヨン。 彼らは現在伸び悩み気味です。 国を挙げて育てようと躍起になった大型ストライカーのチャ・ドゥーリもイ・ドングックもドイツで撃沈。 清水エスパルスで活躍していたチョ・ジェジンも今回は呼ばれていない。 ソル・ギヒョンを初め、ヨーロッパ組は体調不良で召集を次々と辞退。 何かあると、今でもあの《アン・ジョンファン》の名前が聞こえて来る。 彼は日本で言えば《ゴン中山》ですよ。 この質問の趣旨が、正直わかりません。 韓国選手はどこが凄いのでしょうか? 現在、ウズベキスタンでジュニアユースが開催中で、今月末からサウジアラビアでユースのアジア選手権大会が開かれます。 この年代ではアジアの中で韓国が抜きん出ています。 その割りにA代表になると韓国は弱い。 特定の相手には極端に分が悪い。 96年のアジアカップの準々決勝でアリダエイのいるイランに8点も取られ惨敗したことがあります。 しかもダエイにはハットトリックプラスダブルの五点も取られました。 これ以降、韓国は極力苦手イランとの対戦を避けています。 あの試合の後、ワールドカップの予選では韓国とイランが同じ組に入ったのを見たことがありません。 韓国サッカー協会が組み合わせ抽選で何か裏で手を回している可能性は否定出来ません。 策士である鄭夢準(ドンモンジョン)ならそれくらいのことはやるでしょう。 2002年の日韓共催のワールドカップ以降、ヨーロッパにおける韓国の評判は決して芳しいものではありません。 1954年のスイスでの第三回ワールドカップに韓国が初出場し、トルコとハンガリーに十点近い大差で敗れました。 このため、しばらくはアジアからの出場枠がなくなったといういきさつもあります。 後に韓国の指揮をとることになったヒディンクオランダ代表監督がワールドカップ本大会の予選リーグで韓国を6-0の大差で破ったことがあります。 試合後、記者団に憮然としてこう答えています。 《ワールドカップ史上最も弱いチームに六点取ったくらい驚かないで欲しい。 相手を見れば、これくらいは普通だよ》 これが本場ヨーロッパにおける韓国の本当の評判です。 97年、マレーシアで開かれた世界ユースで、ブラジルが予選リーグで韓国と対戦し、前半だけで10点取りました。 あまりの無抵抗ぶりに気の毒になったブラジルは後半は一点も取らなかったという逸話もあります。 どうも韓国選手はすぐにキレて試合を投げ出すという欠点が代々受け継がれているようです。 日本人のほうが上手いですよ。 日本の技術ってのは、実は世界でもトップクラスです。 ヨーロッパの人からは、よく驚かれます。 ただ試合をするにあたって、技術なんて結果を左右するほんの1部ですし。 日本が弱いのは、サッカーに対する意識が足りてないからです。 試合を見てれば分かると思います。 ただ韓国人は強いです。 パク・チソンなんかは、意識が高く、うまく、強い、非常にいい選手です。 それ以外の選手はそんなに日本と変わりません。 上手さで言えば、未だに小野、中村がアジア一です。 ちなみにプレミアは、日本人が1番合わないリーグです。 活躍する選手はそうそう出てこないでしょうね。 それに、セルティックのようなチームが、マンUと熱線できるのもすごいじゃないですか。 中村はFKも決めましたし、よく貢献してました。 中村は実はレアルの獲得リストに載ったこともあるんですよ。 >他にも韓国勢の海外での活躍は目を見張るものがあります そうでしょうか? 韓国勢の海外での活躍パク・チソンくらいでしょう。 ソル・ギヒョンも2007年以降はイマイチです。 フラムも「韓国人を一人在籍させなくてはいけない」というスポンサーとの契約で獲得したと言われるくらいですし。 これだとまだセルティックの中村の方がまともに活躍している気がします。 中田のいた時代は、中田だけが優れていただけ。 今はパク・チソンが優れているだけ。 日本と韓国の差ではなく、中田やパクというただの個人の差でしょう。 いずれにしてもパク・チソンは別格です。 彼はもはや現役の日本や韓国のプレーヤーと比較されるような選手ではなく、アジア最高の選手との呼び声の高いチャ・ブングンや、日本史上最高のストライカーと言われた釜本と比較されだすような選手です。 両国のA代表については今はどちらもいまいちで、あまり差が内容に思います。

次の