あつ 森 島 クリエイター に なるには。 あつ森、島構想で詰んだ一般人のための島クリエイターのコツ|れ|note

【あつ森】島クリエイターのテクニック紹介

あつ 森 島 クリエイター に なるには

「どうろこうじ」のライセンスは「島クリエイター」アプリを送ってもらった直後から使用可能です。 使用することで島の床のデザインを変更することが可能です。 また、変更できるデザインは始めは「くさち」「つちのみち」の2種類ですが、たぬきマイル交換によって種類を増やすことができます。 このデザインをつなげることで、島に道を作ることができます。 また、道の角は丸くすることが可能です。 下記は増やせるデザインの一覧と交換に必要なマイルです。 「どうろこうじ」デザイン一覧 必要マイル アーチタイル 2000 いしだたみ 2000 くみきのみち 2000 くろつちのみち 2000 すなのみち 2000 テラコッタタイル 2000 レンガのみち 2000 マイデザイン 2300 合計 16300 全てのデザインを交換するには 16300マイルが必要です。 全部揃えるにはかなりのマイルが必要となるため、必要なものから順に交換していきましょう。 カタログだけでは各デザインのイメージがつきにくいと思ったので下記画像を用意しました。 画像の上段左から初期・テラコッタタイル・くみきのみち・くろつちのみち、下段左からアーチタイル・いしだたみ・レンガのみち・すなのみちです。 高台を造ったり崩したりできる! まとめ 今回の記事では、島クリエイターの解放条件とできること、各要素の開放に必要なマイルについてまとめました。 ポイントは以下のとおりです。 エンディング後に「島クリエイター」が開放される• 「どうろこうじ」ライセンスでは床のデザインを変更できる• 「かせんこうじ」ライセンスでは川や滝の形状を変更できる• 「がけこうじ」ライセンスでは高台を造る・崩すことができる• 全要素の開放には 28300マイルが必要 全要素の開放にはかなりのマイルが必要となるため、これから島クリエイターを開放される方はマイルもしっかり貯めておきましょう! 少しでも皆様の参考となりましたら幸いです! 今回の記事は以上です。

次の

【あつ森】島クリエイターのコツと参考例|解放条件【あつまれどうぶつの森】

あつ 森 島 クリエイター に なるには

島の整地に誰かの島を参考にしたい• 各施設を島クリエイターでアレンジしたい• 他の人の島を単純に見てみたい あつ森のやり込み要素として 「島クリエイター」ってのものがあり、自分の島を好きなように改造できるシステムがあります。 ただ、初めてのシステムなだけあって、 どのように島を開発すればいいか悩んでいる人も多いのではないでしょうか? この記事では島開発に悩んでいる人のために、 参考資料として僕の島の施設などを紹介していこうと思います。 島クリエイターの構想、構成で迷っている人は良ければ真似してみてください。 あくまでも一例ですが、 島クリエイターをしていない状態よりもオシャレに見せることが出来ると思います! もくじ• 島の地図はこんな感じ 島を紹介する前に、島の地図を載せます。 こんな感じで、かなり道を舗装しているので地図も茶色いです。 かと言って緑がないってわけじゃないので、いい塩梅には木とかも植えています。 島の各施設を紹介! 島の開発をするってなると色々な施設を作りたくなると思います。 僕の島も例に漏れずいくつか施設的なモノを作りましたので、そういったものを中心に紹介します。 住人の居住区 飛行場を出てすぐが住人の居住区になっています。 左に6軒、右に4軒の家を設置して、階段を利用する2段構造です。 休憩スペースっぽいのも設置。 たまに住人が座ってくれます。 ソーラパネルも設置して、太陽光で電力を賄っているっていう設定です。 場所に関しては「居住区は役場と近い方がいいかな?」と思っていたので、飛行場と役場の間に設置しました。 住人同士の家が近いと交流もしやすいと思って僕は居住区としてまとめましたが、 各住人の家1つ1つを大きく設置しても良さそう。 例えば、その住人に似合う外観を作る、みたいなことですね。 住人1人1人の個性を出せるので面白いとは思うんですが、僕は居住区としてまとめる方がスッキリしていて好きです。 役場周り 役場周りはこんな感じ。 申し訳程度の滝を設置して見栄えを若干意識してみました。 無くてもいいんですけど、柵を設置するよりかは個性が出ていると思うので気に入っています。 役場の左右に道を伸ばしているので、動線的にも問題なし。 公園 役場を左に進んだところに公園を設置しました。 地面は土にした方が公園っぽくなるのでオススメ。 マイル交換で貰える家具に公園として使えるものが多すぎるので、さすがに使わない手はないと思います。 割と似たり寄ったりな外観にはなっちゃいますが、公園があるだけで結構オシャレに見えます。 花壇 役場を右に進むと花壇だけがあります。 「いけがき」を何となく設置していますが、無くても割と見栄え的にgood。 ってか、 無い方が移動しやすいので正直撤去した方がいいかもしれない。 花や木などの植物系は 黒土を敷いてあげるとかなり見栄えが良くなるのでオススメですね。 キャンプ場 キャンプサイトを設置してキャンプ場として作りました(上の画像は入口)。 あまり整備されてない感を出すとかなりそれっぽい気がします。 テクニック的な話だと、 崖の2段目、3段目で囲うと閉鎖的な雰囲気が出るのでオススメ。 周りの木は針葉樹の方がキャンプ場っぽくなります。 左に進むと申し訳程度の温泉。 ここは正直おまけみたいなもんですね。 キャンプに来てくれた住人が汗を流せるようにと思って設置しました。 博物館周り 博物館周りは狭めの川と滝で構成。 空いたスペースに余った化石を置くと、かなり雰囲気が良くなるのでオススメです。 下に設置してるライトは 「グランドライト」っていう家具。 照明としてかなり優秀で、夜になると化石がかなり映えます。 結構な量が必要になりますが、コツコツ注文しましょう。 ちなみに、この博物館周りは あつ森のPVで出てきたデザインをパクっています。 この差が気に食わない ちなみに、1段目にはカフェっぽい何かを設置しています。 果樹園 飛行場を出て右にず~っと真っすぐ進むと果樹園があります。 全果物を8本ずつ植えているんですが、もうちょっと縮小しても良かったかも。 隣接する木の間は1マスで、植えている部分は黒土、周りはレンガの道で囲んでいます。 ちなみに、 一気に8本の木を植えても中央部分の木だけ育たない時があります。 そういうときは別の場所で育てて植え替えるのが一番楽です。 採石場 ここに岩をまとめて採石場として作りました。 正直かなりめんどいんですが、終わった後の達成感は別格。 頑張った甲斐あって、個人的にもかなり気に入っています。 やり方は別記事でまとめたので省きますが、 岩をまとめた影響で化石の場所も固定化されています。 採石場と化石固定化のやり方はコチラをご覧ください。 あわせて読みたい• 自宅周り 何となくですが、 家、採石場、果樹園周りは和風っぽい雰囲気にしてます。 居住区はレンガを敷いていましたが、こっちでは石畳を敷いてそれっぽく。 街灯もとうろうにしているので、灯りは弱いですが雰囲気はバッチリです。 家の周りはドドンと滝で囲ってみました。 やっぱ 島の功労者である僕の家は豪華な方が良いですからね。 誰よりもインパクトのある家になっています。 自己主張が激しいです。 ただ 滝の音がクッソうるさいのが難点です。 騒音で夜も眠れねぇ。 適当な温泉地、兼カブ置き場 家の隣部分はカブ置き場として使っていたのですが、お風呂の家具が揃ってきたので 超テキトーに温泉地にしてみました。 さすがにこれは見栄えが最悪なので要改造。 一応露天風呂もあります。 温泉地にできそうな家具、和風っぽい雰囲気の家具は結構あるので、集めると一気にオシャレになると思います! 島クリエイターで綺麗に整地するコツやポイント 僕が自分の島を開発した際、 個人的に気を付けたポイントやコツなどがあります。 人によって考え方は違うんですが、僕の場合は島全体を綺麗に整地して、 自分が移動しやすくてオシャレに見える島を目指しました。 詳しく知りたい方は下の記事もあわせて読んでみてください。

次の

【あつ森】島の評判の上げ方!島クリエイターになるための評判の上げ方を紹介します。

あつ 森 島 クリエイター に なるには

もくじ• 島を開発した際に気を付けた具体的なポイント まずは島全体を通して、僕が気を付けていたポイントを紹介します。 オシャレかつ動きやすい島を目指す ここは割と重要視したポイントなんですけど、 見栄えだけ意識して移動がしにくい島にならないようにしました。 極端な例ですけど、柵が乱立しまくってて移動しにくいとか、タヌキ商店に行くまでの道のりが無駄に険しいとか。 見栄えだけ意識して あつ森自体のゲーム性が微妙になっちゃう開発はしないように心がけました。 多分それをやると自分の島なのにストレスを抱えそうなので、 ある程度動きやすい島にするのもオススメかなと思います。 初っ端に道を整備するだけでもだいぶ変わると思いますね。 道の幅は4マス、最低でも3マスにする 道の舗装をした際、 メインとなる道はほぼ全て4マスで固定させました。 なんでこの幅にしたかって言うと、 4マスくらいあると道に余裕があるからなんですよね。 見栄えを意識して2マスくらいで作る人もいると思いますが、2マスって言いかえると人が2人分の幅ですよね。 現実に置き換えて考えると狭すぎませんか? すれ違うだけで肩が当たりそうで ちょっと密です。 1マスは狭すぎるし、3マスは奇数なので左右対称に設置しにくいんですよね。 好みの問題なのでオススメはしにくいんですけど、 個人的には4マスくらいで道を作るのがちょうどいいと思います。 道にマス目を使い過ぎて作れる施設が少なくなるのは難点ですが… なるべく道を曲げないようにする これも好みなんですが、ぐにゃぐにゃしている道だとメチャクチャ移動がしにくいので、僕は かなり真っすぐな道にしています。 例えば、飛行場を出てからの道。 右に真っすぐ行っても海にぶつかるまで真っすぐ走り抜けることが出来ます。 イメージとしては京都市内の碁盤の目みたいな感じ。 かなり移動がしやすい上にスッキリするので、個人的にはかなり好みです。 ごちゃっとした感じでオシャレに見せる手法もあるので「絶対コレがいい!」とは言えないんですが、 スッキリした見た目が好きな人にはオススメですね。 河口がある場所から川を伸ばす 島クリエイターの仕様上、普通の地面しか開発することが出来ません。 砂浜や地面と砂浜の境目などもクリエイト出来ないのですが、島に必ずある河口も開発することはできません。 別にここから川を伸ばさないといけないワケじゃないんですが、 河口付近を埋めちゃうとメチャクチャ見栄えが悪くなります。 この半端に埋まってる感がどうしても許せないので、僕は河口からは必ず川を伸ばしています。 島がオシャレに見える具体的なコツ 上では僕が島を開発した際のポイントを解説しましたが、次は テクニック的な部分に触れていきます。 階段の横に小さい滝 このテクニックは地味に気に入ってるやつなんですけど、 階段の横に1マスの滝を作るテクニックです。 これだけでなんとなくオシャレっぽくなるので、階段が殺風景だなって思ってる人はやってみてください。 ちなみに、 住人がこの小さい滝の部分でも釣りをしてしまうという欠点があります。 平地に柵で囲うのも良いんですが、 崖で囲うと閉鎖的になって特別感が出てくるのが好みですね。 ついでに言うと、針葉樹なんかも使うとされに自然感も増すのでオススメです。 置くだけでオシャレになる家具は置きまくる 僕の場合はマイルで買える「がいとう」を道の角に置いています。 マイルは割と貴重だったりするので大量に注文するとカツカツになってしまうのですが、これを置くだけで道が割とオシャレになります。 とりあえず困ったら街灯を設置しておけばいいかもしれません。 和風な島にしたい場合は「とうろう」とかもオススメですね。 灯ろうはDIYで作れる家具なので、街灯よりも敷居が低いです。 明るさはぼんやりって感じですが、大量に設置すると一気に和風になります。 まとめ:島クリエイターの参考に 僕もかなり初心者の部類なので、メチャクチャ魅力的な島ではないと思います。 ただ、初めて島クリエイターを使う方は僕と同じような意識で作ると割とそれっぽい島にはなります。 島の作り方はマジで無限大なので、「これが正解!」ってわけじゃないんですが、僕と同じような島を作る場合は割と参考になるかなと思います。 ちなみに、僕の島の紹介記事もありますので良ければ併せてご覧ください。

次の