伊香保 温泉 日帰り おすすめ。 デートで行きたい!カップル・夫婦のための伊香保温泉おすすめ宿13選

伊香保温泉の人気日帰り温泉おすすめ15選!【2018年最新版】

伊香保 温泉 日帰り おすすめ

【伊香保温泉】おすすめ日帰り温泉16選!絶景風呂やカップルで楽しめる貸切風呂も 2019. 19 伊香保温泉は、万葉の時代から人々に親しまれてきた、石段街がシンボルの温泉地。 そこはかとなく大正浪漫の雰囲気が漂い、ノスタルジックな気分にさせてくれます。 今回は、老舗旅館をはじめ日帰り入浴のできる温泉施設をご紹介!貸切風呂があるところや、食事と日帰り温泉がセットになったお得なプランなど。 各温泉施設の魅力をチェックして、お休みは伊香保温泉へでかけてみませんか? 和心の宿オーモリ 2種類の屋上露天風呂から絶景を望める!小粋な「露天で一杯」セットも 開放感抜群!ゆったりとお湯に浸かり日頃の疲れを癒そう 大正8年創業、2019年10月1日に100周年を迎える『和心(なごみごころ)の宿オーモリ』。 「親しみやすく、あたたかく、心和む宿」がテーマの温泉宿です。 温泉は無色透明な「白銀の湯」。 2種類の大浴場と2種類の全面リニューアルした貸切露天風呂(バリアフリー対応)を備えています。 檜のぬくもりに包まれる屋上露天風呂「ほの香」と、開放的な広い湯殿の屋上庭園露天風呂「浪漫」では、標高800mからの絶景が評判!四季折々、そして時間帯によっても表情を変える風景は、一日として同じものはありません。 露天風呂に桶を浮かべて、抜群の景色を眺めながらお酒を味わうなんて…。 これぞ温泉情緒満点! 館内にWi-Fiが備えられているのも嬉しいポイント。 標高800mから、四季の自然が美しい上州の山々を眺めることができます。 「白銀の湯」に浸かれるお風呂は、木曾さわらの露天風呂「繭玉の湯」と、風を感じられる大パノラマ露天風呂「白玉の湯」の2種類を用意。 やわらかな肌触りが心地よい温泉と、バツグンの絶景のコラボレーションで、身も心もリフレッシュできること間違いナシです! 6Fの展望ラウンジは「湯上りラウンジ」として利用可能。 カラオケや卓球ルームは21時まで利用OK! 露天風呂からは大自然を堪能! 歴史ある伊香保温泉郷の入り口に位置する、日帰り温泉『黄金の湯館』。 広々とした大浴場のほか、露天風呂では目の前の豊かな自然を眺めながら、お風呂を楽しむことができます。 ここでは伊香保の2つの名湯「黄金の湯」「白銀の湯」を楽しむことができます。 ここ『大江戸温泉物語 伊香保』では、その2種類をいっぺんに楽しめちゃいますよ! 黄金の湯は露天風呂に、白銀の湯は内風呂に使われています。 ここでは、大浴場「叶えの湯」に貸切露天風呂、貸切内湯「みずいらずの湯」と、3つお風呂が利用できます。 貸切露天風呂は、広々とした湯船の脇にベンチシートを用意。 家族風呂、とは言いますが、カップルで、女子同士で、ひとりでももちろんOKです! 2名まで利用できる「幸の湯」と、4名まで入れる「望の湯」「夢の湯」の合計3種があり、まさに「みずいらず」で楽しめる規模感。 貸切風呂はすべて温泉「白銀の湯」を使用しています。 2,160円タイプの貸切風呂「月見の湯」「花見の湯」は2名様でご利用いただくのにちょうどいいサイズ。 上層階のお風呂なので爽やかな伊香保の空気を楽しめるとともに、窓からは掛け軸のように群馬の山々を眺めることができます。 また、それぞれに個性ある3つの貸切風呂があり、1回50分で利用可能!貸切風呂「夢見の湯」(3,240円)は4、5名様でもご利用頂ける広めの作り。 脱衣所も湯船もゆったりとおくつろぎ頂けます。 ちょっとした休憩所も併設してあるので、一息つくにもおすすめです。 お風呂上がりにお友達とのお話をお楽しみください。 貸切風呂「夢見の湯」でゆっくり女子トークを 出典: 旅館さくらい コーヒーコーナー付きのラウンジの明るく大きな窓から望む四季折々の上州の山々の景色も自慢です。 湯上がりに雄大な景色を眺めながら、淹れたてのコーヒーをどうぞ。 思い出の写真をすぐ発信したい女子にとっては、Wi-Fiがあるのも嬉しいですね! 日帰り入浴は「貸切風呂」のみご利用可能です。 露天風呂、大浴場は日帰りでのご利用が頂けません。 マッサージチェア、湯上がりコーナーは15時までメンテナンスのため、日帰りでのご利用はいただけません。 ラーメンコーナーは昼間は営業を行っておりません。 12時から15時の間が日帰り入浴可能ですが、清掃作業の都合により不定休となっているので、事前に問い合わせるのを忘れずに!.

次の

伊香保温泉の人気日帰り温泉おすすめ15選!【2018年最新版】

伊香保 温泉 日帰り おすすめ

伊香保温泉の源泉は赤茶色に濁った「黄金の湯」と、無色透明の「白銀の湯」の2種類があり、この特徴の異なる温泉を1か所で楽しめるのが魅力です。 約50軒の建物が石段の両脇に軒を連ねて温泉街を形成している情景は趣があり、映画やコマーシャルに使われることもあります。 また、伊香保温泉は手ぬぐい発祥の地と言われていて、かつては伊香保温泉を訪れて入浴した証として、茶褐色に染まった手ぬぐいを故郷に持ち帰ることが自慢になっていた、というような話も残っています。 「黄金の湯」の特徴 「黄金の湯」の泉質は、硫酸塩泉。 もともとは無色透明ですが、鉄分が含まれるため空気に触れると赤褐色に変化し、その特殊性が温泉マニアから人気です。 神経痛、動脈硬化、高血圧など幅広い効能を持つ万能の癒しの湯としても昔から有名で、現在でも病気の治療や健康の増進を目的として伊香保温泉を訪れている人もたくさんいます。 黄金の湯の泉質 泉質名 硫酸塩泉(掲示用泉質) 浴用適応症 きりきず、末梢循環障害、冷え性、皮膚乾燥症 飲用適応症 胆道系機能障害、高コレステロール血症、便秘 硫酸塩泉について 「白銀の湯」の特徴 一方の「白銀の湯」の泉質は、メタけい酸単純泉。 無色透明・無味無臭で、含有成分がほんの少しなため、高齢の方や病後の方に向いているとされています。 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺などに効果があり、湯治目的にも最適です。 白銀の湯の泉質 泉質名 単純温泉(掲示用泉質) 浴用適応症 自律神経不安定症、不眠症、うつ状態 飲用適応症 なし 単純温泉について 伊香保温泉のおすすめ立ち寄り湯ランキングTOP5 ここからは、本記事のメインテーマである伊香保温泉のおすすめの立ち寄り湯をランキング形式でご紹介します。 大正浪漫あふれる共同浴場からのんびり過ごせる昼食付きのプランまで、様々な温泉が揃っています。 伊香保温泉のおすすめ立ち寄り湯ランキングTOP1|伊香保露天風呂.

次の

伊香保温泉の人気日帰り温泉おすすめ15選!【2018年最新版】

伊香保 温泉 日帰り おすすめ

群馬 伊香保温泉 伊香保温泉は群馬県の西部、榛名山の東側に位置し古くは万葉集や古今和歌集にも歌わている歴史ある温泉地。 明治になってから人気度が高まり折からのリゾート・別荘ブームで温泉街は急速に発展し、この頃の面影が今に残り現在皆さんが目にするようなレトロチックな町並みとなっています。 この町並みは山の斜面に沿って広がっており、シンボルである石段街には昔ながらの遊技場や足湯なども点在し古き良き時代の日本の温泉街の雰囲気を感じることができます。 また街は大きく分けて石段街、源泉「黄金の湯」が湧き紅葉や新緑が見事な「河鹿橋(かじかばし)」周辺、伊香保ロープウェイの「不如帰駅」や伊香保バスターミナルの東側に広がる温泉街と3箇所ほどに区分できますが、温泉街は全体でみてもさほど広いわけではなく、中心となる石段街を拠点に徒歩で回ることも十分可能です。 また戦前は伊香保温泉に当時の流行の最先端をいく文化人達も多く訪れており、与謝野晶子、徳冨蘆花、竹久夢二といった誰でも一度は名前を耳にしたことのあるような人たちが逗留したことでも知られています。 伊香保温泉の源泉は古より湧いている鉄分を多く含んだ茶褐色の「黄金の湯」と、平成8年に湧出した単純泉の「白銀の湯」の2つがあり、通常伊香保の湯と言えば「黄金の湯」を指すことが多いのですが、白銀の湯も湧出してから月日が流れ今では引き入れている宿も多くみられるようになりました。 周辺には軽井沢、といった有名な観光地もあり、共に標高が高く夏場でも比較的涼しいことから避暑地としても人気があります。 温泉街を南北に貫く石段の両脇には伊香保の温泉宿の他に土産屋やラーメン店、弓矢・射的などの遊戯屋もあり、情緒豊かな温泉街を形成しています。 この石段街は今から400年程前に、武田勝頼によってその基礎が造られ、当時構築された配湯システムは現在も使用されています。 石段は現在まで何度か改修が行われてきましたが、2010年に現在のような365段の石段に整備されました。 前述しておりますが、伊香保温泉には明治から昭和初期にかけての文化人達が多く訪れており、その一人である与謝野晶子の詩が石段の200段前後のあたりに記されています。 なおよく「伊香保の石段は色々見ながら登っていくとあっというま」というような記述をよく見かけますが、見所が多いとはいえ石段は石段です。 実際に登ってみるとそれなりに疲れますし、足腰の弱い方には大きな負担となりますのでご注意下さい。 伊香保温泉の効能 伊香保温泉では「黄金の湯」と「白銀の湯」の2種類の源泉が湧いており、それぞれ温泉成分や効能が異なってきます。 宿泊する宿によって引いている源泉も異なるので本項では伊香保温泉の2種類の源泉についてご説明してきます。 伊香保温泉に宿泊する際の参考にしてみて下さい。 黄金の湯 「こがねのゆ」と呼ばれ茶褐色の硫酸塩泉。 噴出時は透明な湯ですが鉄分を含んでいる為、空気に触れると皆さんが目にする茶褐色の湯に変色します。 万葉の時代から自噴していた歴史ある源泉で、通常伊香保温泉の源泉と言えばこの「黄金の湯」の方を指します。 湯の色が茶褐色ではありますが、pHは中性で刺激の少ない柔らかくなめらかな湯となっています。 ただしお味の方は鉄の味が強烈で、古くから「二口目は飲めない」と言われています(飲泉所はのすぐ近くに設けられています)。 主な効能としては神経痛、慢性消化器疾患、婦人病、切り傷、やけど 等があげられ、飲用すれば痛風、慢性アレルギー性疾患、肥満症などに効能があるといわれています。 白銀の湯 戦後温泉宿の増加に伴う湯量不足解消の為に1996年に掘り当てた源泉で無色透明のメタケイ酸単純泉。 とにかく湯量が豊富で、湧出して以降多くの宿に引かれるようになりました。 成分的には湧き水に近いそうなのですが、主な効能としては健康増進、疲労回復などがあげられます。 おすすめの日帰り温泉・入浴• 伊香保温泉は高速道路のICを降りてからの移動距離(時間 が短い為、同じ群馬県にある草津温泉に比べ東京から約半分の時間で訪れることができます。 この為日帰り入浴に訪れる方も多く。 日帰り温泉や日帰りプランを用意している温泉宿も多くみられます。 なおここで言う「日帰りプラン」とは日帰り専用温泉施設とは一線を隔した清潔な施設とお風呂、そしてお食事などのサービスを提供するプランの事をいいます。 石段街の石段を登っていった先の温泉街の最奧にあり、周囲を伊香保の自然に囲まれ春夏秋冬折々の雰囲気を感じることができます。 浴槽は42度の熱めと39度のぬるめの2つの湯に分かれていて、源泉「黄金の湯」から湧き出たばかりの湯を楽しむことができます。 ちなみに洗い場はありませんでした。 内湯のみですが浴槽は御影石で広くゆったりできる造りとなっており、黄金の湯の掛け流しが楽しめます。 料金がお手頃な上にシャンプー、ボディーソープが完備、タオル類も販売されており筆者の見る限り常に賑わっているおすすめの日帰り温泉のひとつです。 タオル販売や、有料ですがカギ付きロッカーも整備されています。 所在地 群馬県渋川市伊香保町伊香保36 入浴料 410円 営業時間 9〜21時(11〜3月の冬期は20時30分まで)。 入場は閉館の30分前まで。 源泉は「黄金 こがね の湯」と「白銀 しろがね の湯」の二つの源泉を引いており 岩風呂をはじめとした温泉施設も充実しています。 広い大浴場や露天風呂をはじめとした温泉施設もさることながら、シアタールームやゲーム、漫画コーナーといった娯楽施設も充実しており、ゆっくりとくつろぐ事ができます。 全国に展開している温泉・ホテル事業のノウハウを生かし、化粧水や乳液などを用意するなど他の入浴施設とは異なる利用者目線のサービスを展開しています。

次の