喪中 あけおめ。 喪中の時はLINEでどう返事する?ひとことやスタンプについて

喪中のあけおめメールへの返信は?喪中メールは失礼?返信はどうする?

喪中 あけおめ

この記事の目次• 年賀メールの返信 喪中の場合はどうする? 最近では、年賀状を出さずにメールで新年の挨拶を済ませてしまう人も多いですよね。 メールでしかやり取りしないので住所を知らない、という友達もいるでしょう。 喪中のとき、年賀メールを送ってはいけないというルールは特にありませんが、年賀状と同様に新年の挨拶は控えたほうがいいですよ。 もし喪中の時に年賀メールが届いた場合は、受け取り側のことを考えて、「喪中」と言わないようにするといいです。 派手なデコメなどは使わず、「おめでとう」という挨拶は避けて「メールありがとう」や、「今年もよろしくお願いします」という文章を入れて、サラッと返事を書くのがおすすめです。 返信するときには、「年賀」や「謹賀」、「おめでとう」などの喜びを伝える言葉を使わないように気を付けて、新年の挨拶メールになるようにしましょう。 あけおめメール 喪中のときの返信 文例 親しい友人に対する文例 スポンサーリンク 年賀メール 喪中なら返事をしなくていい? 喪中の時に年賀状を受け取った場合には、寒中見舞いなどで返事を出しますよね。 それと同じで、年賀メールを喪中のときに受け取った場合も、必ず返信しましょう。 メールの場合は、返信がすぐに届くと思っている人が多いです。 年賀状の時のように「寒中見舞い」の時期まで待たず、すぐに返信するのがマナーです。 「おめでとう」などのお祝いの言葉を使わず、「今年もよろしく」や「いい年になるといいね」などの挨拶の言葉を入れた内容の返事を送るといいですね。 私も喪中の時に友達から年賀メールが届いたことがあります。 相手のことを考えると、新年早々「喪中なので~」という内容の返信が届くのはどうかと思ったので、喪中ということは伝えずに返信をしました。 喪中と知らずにメールを送ってきているので、わざわざ喪中ということを知らせてしまうと相手に気を遣わせてしまうし、今年もよろしくねという内容の返事をしました。 まとめ 喪中と知らずに年賀メールを送ってきた人に「喪中です」と知らせると、気まずく感じる人もいます。 メールの場合は、返信するときに「喪中」ということを知らせず、「今年もよろしく」という内容の文章にして、なるべく早く返信を済ませることをおすすめします。

次の

喪中の際のあけおめメールについて

喪中 あけおめ

今年は喪中なのですが、あけおめメールをどうしようか困っています。 付き合いがかなり長い親友達には、必ず毎年、干支にちなんだデコ素材を使ったあけおめメール 元々メール好きで、普段からデコ絵文字や素材にはかなり凝っています; を元日に送っています。 両親は、流石に早めに喪中のハガキを出したようですが、私自身は特に友人達に喪中を知らせたりという事は何もしていません。 友人達も毎年メールは送ってくれますし、イラスト等を手作りで凝った年賀状をくれる子もいます。 メールであれば、特に気にせず普段通り送ってもいいものなのでしょうか?そもそも、喪中に年賀状を出してはいけないのは、めでたくないから…以外に、何か意味があるのでしょうか? ご回答お願いいたします!! それに、別に「喪中に年賀状を出してはいけない」なんて『決まり』はありません。 それにしても、「喪中はめでたくないから年賀状を出してはいけない」なんて、間違った知識を、誰に教えられたのでしょう。 こうやって間違いって広がっていくんでしょうか…。 違いますよ。 「めでたくない」訳ではなくて、「おめでとう」と言えないから、「おめでとう」(およびそれに類する語)と書く年賀状も出せない…というだけです。 「新年だけれど、昨年、身内が亡くなって、例え新年のあいさつであっても、『おめでとう』と言う言葉を遣う気分になれないから、年賀状で新年のあいさつができません(=年賀状が送れません)。 新年のごあいさつをしないという失礼なことをしてしまうので、その理由も含めて、前もって通知しておきますね。 」 というのが、『喪中欠礼状』の意味です。 ご質問者さまのご両親が送られた「喪中のハガキ」というのは、この『喪中欠礼状』です。 喪中はがきは、「欠礼に対する謝罪」であって、「喪中であることをお知らせするもの」ではないんです。 まあ、社会人等の大人でも間違った理解をしていらっしゃる方がいますので、「社交辞令」が必要でない年代と思われるご質問者さまが理解されていなくても、当然のことかと思います。 ご質問者さまが、「おめでとう」ということに躊躇いがないのでしたら、年賀状でもメールでも、気にせず送ってください。 社会人であれば、イヤでも、上司等には、「社交辞令」の一環として、年賀状か喪中欠礼状のどちらかを毎年送らざるを得なくなると思いますので。 (社内虚礼廃止ほど意味のない言葉はないですね。 社内虚礼廃止と言っていても、「社内の誰にも年賀状を送っていない。 」なんて、私の周囲では聞いたことがないですから。 ) 「喪中」ということは、近い親族が亡くなって間もない一定の期間を指します。 身内が亡くなれば悲しいですよね。 ですから「おめでとう」なんていう言葉は、出てきませんでしょう? ただ、同居していないお祖父さまやお祖母さまですと、気持ち的にも遠く、悲しいという実感がないこともあります。 そんな間柄でしたら、形だけの「喪中」にされるより、私は、普通に年賀状やあけおめメールはしてもいいと思います。 身内は亡くなったけれど、自分には悲しいという気持ちもなく、「おめでとう」という言葉を遣うことにも全く躊躇いがない…というのでしたら、、普通に年賀状やあけおめメールはしてもいいと思います。 年賀状はダメだけれど、あけおめメールはOKなんてことはありません。 年「賀」と、あけ「おめ」は同じですからね。 ちなにみ「喪」というのは、神道に由来したもので、昔は、「誰が亡くなったらどれだけの期間喪に服さなければならない」という「服喪令」という法律もありましたが、今はありません。 「身内の死による『穢れ』」を他人に移していまうから、年賀状を「出してはいけない」ということを言っている人も見かけたことがあります。 感染症じゃあるまいし…。 ましてや、年賀状はダメだけれど、あけおめメールはOKにはなりません。 特に、あけおめメールを送る相手が、ご質問者さまが「昨年中にお身内を亡くされた」ことを知らないのでしたら、「今年はどうしてくれないんだろう」と思っているかもしれません。 自分で決めればいいですよ。 あけおめメールをくれた相手に「喪中につき」と返すのは、イヤミにしかなりませんので、ヤメておいた方がいいです。 その方には、松の内を過ぎて、寒に入ってから、「寒中お見舞いメール」を送ってください。

次の

喪中の際のあけおめメールについて

喪中 あけおめ

身内が亡くなった年はとても新年を祝う気分になれないので、年賀状や年賀メールなど年始の挨拶を遠慮することがありますよね。 でも、住所を知らなかったり、日ごろ親しくしていない相手だと喪中はがきを送らない場合もあるので、その相手から年賀メールが来てしまうこともあります。 年賀はがきだと1月7日以降に寒中見舞いとしてお返事したらいいけれど、あけおめメールのときはどんな風に返事したらいいのか悩みますよね。 メールが届いた日にすぐ返事をするのか、あるいは寒中見舞いの時期まで待たなくてはいけないのか…文章はどうしたらいいのか… 身内が亡くなるのはめったにないことなので、いろいろ分からないこともあるかと思いますが、ひとつひとつ確認して行きましょう。 スポンサーリンク 喪中に来た年賀メールへの返事はどうしたらいいの? 自分が喪中のときに届いた年賀メールって、返すか返さないかの判断が難しいですよね。 喪中のときに来た年賀メールの返事をしないままだと相手も不安になってしまいます。 LINEだと既読はつくものの、「あれ、返信ない…嫌われてる?」となっちゃう可能性もあります。 喪中のときの年賀状の返事は、メールで「年賀状ありがとう。 今年も仲良くしてください」と、「あけましておめでとう」を言わない内容で返しましょう。 「メールありがとう。 今年もよろしくお願いします」という感じで送れば、新年を祝っているニュアンスにはならないのでセーフです。 毎年メールやLINEで新年の挨拶をしている人には、12月の末にあらかじめ「今年は喪中につき、新年の挨拶は遠慮いたします。 風邪などひかぬよう、お体ご自愛ください。 よいお年をお過ごしください」と喪中ハガキならぬ喪中メールを送ってしまうのが一番かと思います。 あるいは、もしあなたが年始を祝う挨拶をすることに抵抗がなければ、相手から来た年賀メールやLINEにだけ普通に「あけましておめでとう!今年もよろしくお願いします」と返すのもアリです。 相手方はあなたが喪中だと知らないので、「マナー違反だ!」と思うこともありません。 むしろ、「マナー違反だ!」と言ってくる人がいれば「なぜあなたがそれを知ってるんだ」と思っちゃいませんか? 笑 新聞の喪中欄とかで気づくこともありますが あれこれ考えるのが面倒なら、知人友人には普通にあけおめメールを返しちゃうという手もあります。 私も喪中のときは普通におめでとうメールを返していました メールありがとう。 今年もよろしくお願いします。 去年は食事に行ったり遊びに行ったりして楽しかったね。 こちらは仕事も充実しており、元気で過ごしています。 毎日寒い日が続いてるから、風邪などひかないよう体に気をつけてね。 上のような感じの文章でとりあえずお茶を濁すようにするといいかなと思います。 目上の人相手でしたら、それこそ寒中見舞いのような文例でもかまわないでしょう。 個人的には、さほどくだけて話せる関係でなければ、普通に年始の挨拶を入れたメールを送った方がいいのではと思います。 私の場合は親しくない人にまで「実は喪中で…」と説明するとかえって亡くなった人のことを思い出して辛くなるので、普通にあけおめメールを送った方が気持ちが安定していた気がします。 喪中に来た年賀状メールの返事の時期は? ふつうの年賀状だと、喪中を知らせていない人から年賀状が来たときは、1月7日以降に「寒中見舞い」としてお返事を出します。 でも、年賀メールだと受け取ってからその日のうちにすぐに返さないといけないように思いますよね。 松の内まで返信するのを待つ…?それってどうなの?と悩んでしまいがちですが、喪中のときの年賀メールはその日のうちに返しましょう。 投函からのタイムラグがあるハガキと違って、メールはリアルタイムでの返信があった方が相手方も安心するからです。 「あけましておめでとうございます」を言わない寒中見舞い的な内容のメールを、年賀メールが届いたその日のうちに返すようにします。 その日のうちに年賀メールに返事をした方がいい理由はもうひとつあります。 日をおいて寒中見舞いの時期に「寒中見舞いメール」を送ったら、相手方も「そうだったんだ、メールしてごめんね。 連絡してくれてありがとう」と返信をしなくてはいけません。 そして、こちらからも「喪中のお知らせをしなくてごめんね。 とくにふだんあまり交流のない人相手でしたら「あけましておめでとうございます。 今年もよろしくお願いします」と返した方がラクなので、私ならその日のうちにすぐ返事するようにしています。

次の