山梨コロナ女現在。 山梨コロナ20代帰省の女性「家族思いで優しい子」鳴沢村

【パティシエ?】山梨:コロナ女性の会社名+勤務先はどこ?知恵袋で自作自演?

山梨コロナ女現在

いまだに収束の気配がみえない新型コロナウイルス。 政府は5月4日、被害拡大を防ぐため『緊急事態宣言』を31日にまで延長することを発表した。 そんななか、今ネットで大炎上を巻き起こしているのが、コロナに感染していたことを知りながら山梨県に帰省したという20代会社員女性についてだ。 「味覚・嗅覚に異常を感じながらも、出勤を繰り返していたり、高速バスで山梨県に帰省。 友人たちとバーベキューしたのちに整骨院を受診したり、ゴルフに興じたりといった行動が次々と報じられています。 また、1日にPCR検査を受け、実家待機を要請されていたにも関わらず、女性は高速バスで帰京しました。 当初、1日の検査後、結果が出る前にバスに乗ったと話していたのですが、のちに通報があり、感染が判明した2日に乗車していたことが発覚。 匿名掲示板に本人のものと思しきツイッターアカウントが特定され(のちに削除も、本人のものかは不明)ネットでは本名や職場の特定など、さまざまな投稿が今も後を絶たない。 それらの情報をまとめたブログがネット上に乱立、なかには勤め先の店の情報や電話番号などを記載し、電話での通報を促すようなものも。 ネット犯罪に詳しいジャーナリストは、「未曾有(みぞう)のコロナ禍という先の見えない不安にストレスが生まれ、集団心理と過剰な防衛本能が働いているのでは」と私見を述べる。 店には問い合わせの電話が殺到したと聞きます」(飲食店関係者) このようなネット炎上と不確かな情報拡散はなぜ終わらないのか。 「このような情報をまとめるサイトを『トレンドブログ』といい、そのサイト運営者はページが読まれるごとにグーグルなどを通じて広告収益を得られます。 炎上系の話題が報じられたり拡散されたりするとすぐに『〇〇 本名』といったような検索がされます。 「ネットブログの運営者は取材や裏どり行わず、一方的な主観によって情報を発信してしまうという危険性を多く孕んでいますが、ブログによっては月に3桁の収入を稼ぐものもあり、一度手を出したらなかなかやめられないとか。 〈取材・文 野口侑弥〉.

次の

山梨コロナテロ女とバス同乗女性もコロナ陽性!身元や行動歴は?

山梨コロナ女現在

・暴露された個人情報が多数の人たちによって拡散 この女性は批判されても当然の行動をしていたものの、、差別、蔑視などが書き込みれる事態に発展。 さらに顔写真や本名などが暴露され、プライバシー侵害が「正義の名」のもとに実行されている状態となっている。 そして、暴露された個人情報が多数の人たちによって拡散され、もはや取り返しがつかない状況だ。 暴露された本名や顔写真、そして住所などが事実であれば、一生、誹謗中傷のリスクが生じることになるからだ。 パチ屋に行くやつはお金あるから行くんだし、それに政府の言うこと聞けないやつに10万円を支給する必要性はないだろう。 山梨コロナ女も同様だ。 警察なにやってるんですか? — ミスター nhwawm ・スマイリーキクチさんが苦言「正義ではなく犯罪」 そんな過剰すぎるバッシングに対して、お笑い芸人のスマイリーキクチさんが「」と苦言。 そして多くの人たちが女性に対する誹謗中傷に対して異論を唱えているなか、山梨県がついに動き出した。 ・犯罪性があれば警察に情報提供 山梨県の長崎幸太郎知事が発表したところによると、今回の女性に対する個人情報の書き込みや拡散を「重大な人権侵害」として、保護対策を開始したのである。 しかも今回の保護対策はかなり強めの処置を実行することが判明しており、犯罪性があれば警察に対して情報提供するだけでなく、弁護士とともに人権救済のため支援するという。 山梨コロナ女やばいけどそれに固執して個人情報晒しまくってる自粛警察がとにかくきしょい — 画像はフィルタリングできません tks4q 山梨感染コロナ帰省女性 この女性の行動を擁護するつもりはありません。 ツイッターで挑発したという情報もありますが、それも真偽は不明です。 集団で吊るし上げている言葉に殺意を感じました。 私刑は正義ではなく犯罪行為になります。 ネットリンチもウイルスも人を襲うのは同類。 言葉に責任を持とう。 それは個人情報を書き込みした本人だけでなく、拡散した人たちも逮捕される可能性があるのは確か。 ・犯人のプライバシーも世間にさらされる 警察が捜査として動き出せば、一気に「書き込みした犯人」に対してのアプローチが進む。 これが逮捕や裁判に進展すれば、誹謗中傷や個人情報を書き込みした犯人のプライバシーも世間にさらされることになりえる。 ・警察や弁護士はすぐに犯人を特定可能 また、インターネットは匿名性が高いと言われているが、それは間違いである。 インターネットほど匿名性がないコミュニケーション方法はなく、誹謗中傷やプライバシー侵害を書き込みした場合、警察や弁護士が誰がどこから書き込みしたかすぐにわかってしまうと考えたほうが良い。 山梨の女をさらに越えるぶっ飛んだアホがこれから誕生する可能性もあるんだろうか…。

次の

【炎上】山梨コロナ女性の個人情報ネット拡散した人が逮捕か / 犯罪性あれば警察に情報提供「弁護士と人権救済」 | バズプラスニュース

山梨コロナ女現在

いまだに収束の気配がみえない新型コロナウイルス。 政府は5月4日、被害拡大を防ぐため『緊急事態宣言』を31日にまで延長することを発表した。 そんななか、今ネットで大炎上を巻き起こしているのが、コロナに感染していたことを知りながら山梨県に帰省したという20代会社員女性についてだ。 「味覚・嗅覚に異常を感じながらも、出勤を繰り返していたり、高速バスで山梨県に帰省。 友人たちとバーベキューしたのちに整骨院を受診したり、ゴルフに興じたりといった行動が次々と報じられています。 また、1日にPCR検査を受け、実家待機を要請されていたにも関わらず、女性は高速バスで帰京しました。 当初、1日の検査後、結果が出る前にバスに乗ったと話していたのですが、のちに通報があり、感染が判明した2日に乗車していたことが発覚。 匿名掲示板に本人のものと思しきツイッターアカウントが特定され(のちに削除も、本人のものかは不明)ネットでは本名や職場の特定など、さまざまな投稿が今も後を絶たない。 それらの情報をまとめたブログがネット上に乱立、なかには勤め先の店の情報や電話番号などを記載し、電話での通報を促すようなものも。 ネット犯罪に詳しいジャーナリストは、「未曾有(みぞう)のコロナ禍という先の見えない不安にストレスが生まれ、集団心理と過剰な防衛本能が働いているのでは」と私見を述べる。 店には問い合わせの電話が殺到したと聞きます」(飲食店関係者) このようなネット炎上と不確かな情報拡散はなぜ終わらないのか。 「 このような情報をまとめるサイトを『トレンドブログ』といい、そのサイト運営者はページが読まれるごとにグーグルなどを通じて広告収益を得られます。 炎上系の話題が報じられたり拡散されたりするとすぐに『〇〇 本名』といったような検索がされます。 「ネットブログの運営者は取材や裏どり 行わず、一方的な主観によって情報を発信してしまうという危険性を多く孕んでいますが、ブログによっては月に3桁の収入を稼ぐものもあり、一度手を出したらなかなかやめられないとか。 〈取材・文 野口侑弥〉.

次の