映画 来る レンタル。 動画配信検索

「来る」DVDレンタル開始日や発売日が決定【岡田准一】

映画 来る レンタル

ザ・キッチン 2020年7月15日配信開始 550円• 2020年7月15日配信開始 110円• 2020年7月15日配信開始 110円• 2020年7月15日配信開始 440円• 2020年7月15日配信開始 440円• 2020年7月15日配信開始 550円• 2020年7月15日配信開始 440円• 2020年7月15日配信開始 440円• 2020年7月15日配信開始 440円• 2020年7月15日配信開始 440円• 2020年7月15日配信開始 440円• 2020年7月15日配信開始 440円• 2020年7月15日配信開始 440円• 本ページに掲載されている商品およびサービスの名称は各社の商標または登録商標です。 Amazonビデオは、Amazon Technologies, Inc. の商標または登録商標です。 DMMは、株式会社DMM. comの商標または登録商標です。 dTVは、株式会社NTTドコモの商標または登録商標です。 GYAO! は、株式会社GYAOの商標または登録商標です。 Google Play、YouTubeは、Google Inc. の商標または登録商標です。 Huluは、米国Hulu, LLC. の商標または登録商標です。 iTunesは、米国および他の国々で登録されたApple Inc. の商標です。 Netflixは、Netflix, Inc. の登録商標です。 Rakuten TVは、楽天株式会社の商標または登録商標です。 TSUTAYAは、カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社の登録商標です。 U-NEXTは、株式会社U-NEXTの商標または登録商標です。 ひかりTVは、株式会社NTTぷららの商標または登録商標です。 スカパー!オンデマンドは、スカパーJSAT株式会社の商標または登録商標です。 ニコニコ動画は、株式会社ドワンゴの商標または登録商標です。 バンダイチャンネルは、株式会社バンダイの商標または登録商標です。 ビデオマーケットは、株式会社ビデオマーケットの商標または登録商標です。 青山シアターは、ギャガ株式会社の商標または登録商標です。

次の

映画 『来る』

映画 来る レンタル

解説 「嫌われ松子の一生」「告白」「渇き。 」の中島哲也監督が、岡田准一を主演に迎え、「第22回日本ホラー大賞」で大賞に輝いた澤村伊智の小説「ぼぎわんが、来る」を映画化したホラー。 黒木華、小松菜奈、松たか子、妻夫木聡らが顔をそろえる。 恋人の香奈との結婚式を終え、幸せな新婚生活を送る田原秀樹の会社に謎の来訪者が現れ、取り次いだ後輩に「知紗さんの件で」との伝言を残していく。 知紗とは妊娠した香奈が名づけたばかりの娘の名前で、来訪者がその名を知っていたことに、秀樹は戦慄を覚える。 そして来訪者が誰かわからぬまま、取り次いだ後輩が謎の死を遂げる。 それから2年、秀樹の周囲で不可解な出来事が次々と起こり、不安になった秀樹は知人から強い霊感を持つ真琴を紹介してもらう。 得体の知れぬ強大な力を感じた真琴は、迫り来る謎の存在にカタをつけるため、国内一の霊媒師で真琴の姉・琴子をはじめ、全国から猛者たちを次々と召集するが……。 2018年製作/134分/PG12/日本 配給:東宝 スタッフ・キャスト 原作は澤村伊智のデビュー作で滅法面白い。 中島哲也監督は主要人物の造形に力を入れ、人間の裏の顔の恐ろしさを強調したので、小説版の化け物ホラーの要素を期待するとあてが外れるかも。 これが例えば、黒沢清などのホラー名手によって映画化されたら、どんな怖い映画になったかと夢想してしまう。 一方で、比嘉琴子と真琴の姉妹を演じた松たか子と小松菜奈は、原作にあった数少ないユーモア要素も含め、キャラの魅力を的確に表現していた。 小説は比嘉姉妹シリーズとしてもう2冊出ているので、松&小松のキャストで続編も可能では。 中島監督のエンタメ路線の継承でもいいし、ホラーに回帰してもいい。 終盤のお祓いの儀式は大仰だが、考えてみると神事は非現実的な存在を前提にしたイベントだから、お祭りの賑やかさで除霊をするというのは意外に正しいのかも。 「信じる者は救われる」の言葉と合わせ鏡で、「呼ぶ者のところに、ぼぎわんが来る」のだ。 冒頭からの秀樹(妻夫木聡)のはじけぶりが「おいおい、落ち着けよ」と言いたくなる危うさに満ちている。 言うなれば、棚にいっぱい、精巧なガラス細工が並んでいる店で、大仰な動作をしている人のような危険度がある。 無理な背伸び感もある。 それらが相乗して、間が悪い。 どこでも、いつでも、だれに対しても、躁的で、やり過ぎな男として描かれる。 取り巻きの友人らは、皮相的で、思いやりがないが、秀樹自身も徐々にメッキが剥がれてくる。 すなわち、本当の人物像を、回想によって明らかにしてゆく編集が、観る者を間断しながら騙す仕掛けになっている。 幼少の記憶から現在まで、時間軸がぐるぐると入れ替わり、その目まぐるしさが面白味でもあった。 挿入されるイメージや次々に入れ替わるシークエンスは華麗で、効果音は禍々しい。 人々は怪しく、煩悩を背負い、本心を隠している。 それらは、他の中島哲也作品がそうであったように、エキセントリックで魅力的だった。 しかし、高位なシャーマンである琴子(松たか子)が大仰な神楽舞台をつくってお祓いをするにもかかわらず、けっこう他愛ない人間感情によってそれが失敗するのは、拍子抜けであった。 また、目まぐるしく変遷してはいくものの、終局では冗長感があった。 ささやかな倫理に落ちるのではなく、邪鬼が人間を負かすか、もしくは琴子が勝つような結末のほうがすっきりしたと思う。 ただし、全体像として児童虐待のカリカチュアにはなっている。 また、にっこりしながら盛り塩を踏み潰す香奈=黒木華の演技力には慄然となった。 あいかわらず完全主義が感じられる映画でした。 いま思いつく限りなので網羅性に欠けるかもしれませんが、日本で内容をともなう映画監督は、李相日、原田眞人、中村義洋、是枝裕和、中島哲也だと思います。

次の

来る : 作品情報

映画 来る レンタル

一体全体、何が襲って来るのか? ホラー映画なのか、それともモンスター映画なのか? 全てが謎に包まれた状態で鑑賞に臨んだ本作だが、果たして気になるその内容とは? ストーリー オカルトライター野崎(岡田准一)のもとに、相談者・田原(妻夫木聡)が訪れた。 最近身の回りで超常現象としか言いようのない怪異な出来事が相次いで起きているという。 田原は、妻・香奈(黒木華)と幼い一人娘・知紗(志田愛珠)に危害が及ぶことを恐れていた。 野崎は、霊媒師の血を引くキャバ嬢・真琴(小松菜奈)とともに調査を始めるのだが、田原家に憑いている「何か」は、想像をはるかに超えて強力なモノだった。 民俗学者・津田(青木崇高)によると、その「何か」とは、田原の故郷の民間伝承に由来する化け物「XXXX」ではないかと言う。 対抗策を探す野崎と真琴。 だが、どんどんエスカレートする霊的攻撃に、死傷者が続出。 真琴の姉で日本最強の霊媒師・琴子(松たか子)の呼びかけで、日本中の霊媒師が田原家に集結し、かつてない規模の「祓いの儀式」が始まろうとしていた。 だが、全3章から構成される長編小説を134分の上映時間に収める上で、二人の脇役を併せて一人にしたり、主要キャラクターの設定を大幅に変えるなど、そのあまりに多い変更点や映画独自のアレンジが、原作未読で鑑賞に望んだ観客の混乱を招いているのも事実。 実際、主要キャラクターの一人であるオカルトライターの野崎などは、原作と映画では外見や性格が真逆となっており、その辺の変更が原作ファンからも不満の声として上がっているようだ。 とはいえ後述する様に、その様々な変更が今回は見事にプラスに働いている本作。 これから鑑賞を予定されている方、そして鑑賞を迷っている方は、ネット上の評価や感想に惑わされること無く、まずは劇場に足を運んで頂ければと思う。 映画の終盤で見せる、原作小説には無かった田原との名シーンに加えて、何とラストの最終決戦にも参戦するというサプライズ! 更に見逃せないのは、物語の重要なカギとなる知紗を演じた子役、志田愛珠の可愛らしさ! 彼女の魅力があればこそ、観客の間で賛否両論を呼んだラストが、人々の記憶に強烈に残ることになるのだ。 万が一、鑑賞中にストーリーを見失った場合は、是非出演キャスト陣の見事な演技の数々を、楽しんで頂ければと思う。 原作未読で鑑賞に臨んでも、果たして大丈夫なのか? 今回、敢えて原作未読で鑑賞に臨んだ本作。 個人的には映画単体として充分に楽しめたのだが、鑑賞後に原作小説を読んだおかげで、改めてこの映画版の素晴らしさを理解することが出来た。 その点、原作でははっきりとその原因が明かされているのだが、田原の少年時代の回想に登場する少女の描写など、残念ながら映画版では、その重要な部分がかなり曖昧に描かれてしまっている。 そのため原作未読で鑑賞に臨んだ観客には、かなり全体像が把握し難い映画となってしまったのも事実。 加えて、原作小説以上に主人公たちの日常生活が多く描かれているため、そうした部分が長いと感じた方も多かった様だ。 だが映画版のこのアレンジは、実は原作小説が描こうとしたテーマを、より強調するための手法に他ならない。 映画版では彼らの日常生活がより詳しく描かれることで、いきなり恐怖と呪いに襲われた人間のリアクションがより強調され、小説と同様のテーマがより効果的に描かれることになるのだ。 更に、原作と最も異なる終盤のド派手な展開や、問題のラストシーンについても、実は様々な意見や感想が出ている本作。 ただ、原作をそのまま映像化した場合、普通にCGで合成した化け物対人間の除霊対決となってしまい、過去の同系統作品と同じような内容で終わってしまった可能性が高い。 それを考えれば、原作のエッセンスとテーマを残しながら、今回これだけの観客サービスに徹した映画版の素晴らしさや勇気が、分かって頂けるのではないだろうか。 今回のエンディングや内容に不満や疑問を持たれた方、そして細かい部分がよく理解できなかった方は、是非鑑賞後に原作小説を読まれることを強くオススメする。 映画と小説の双方の良さと、何故映画版がこの様な形で映像化されたのか? きっとその理由を分かって頂けるはずだ。 最後に ここまで述べてきた様に、登場人物のキャラクターや細かい設定、更にはラストの超絶対決まで、原作からの大幅な変更を経て完成した、この映画版『来る』。 確かに、ほぼ全ての謎に説明が付けられていて、非常にスッキリ終わる原作とは違い、映画版では本来原作小説が描こうとした人間の二面性や、得体の知れない存在に襲われる側の恐怖に重点を置いて描かれている。 加えて、SNS依存や幼児虐待など、現代社会の問題点を原作以上に盛り込んで、登場人物の背景をより深く掘り下げたアレンジと、思い切った登場人物の設定変更が見事に成功した本作。 そんな中でも特に素晴らしかったのが、今回用意された映画オリジナルのエンディングだった。 その点を踏まえて今回の映画版ラストシーンを観ると、一見あまりに唐突過ぎるあの展開が、実は知紗が恐怖や不安から完全に解放されて、安全な状態にあることを表現した名シーンだと分かるはず! 人気コミックや小説の映像化作品が氾濫する現在、今後の映画製作における新たな可能性を示す作品として、全力でオススメします! (文:滝口アキラ) 関連記事 ・ ・.

次の