みゅう の あん よ パパ に あげる あらすじ。 24時間テレビ 愛は地球を救う ドラマスペシャル

みゅうの足パパにあげるの読書感想文の書き方教えてください!!

みゅう の あん よ パパ に あげる あらすじ

山口隼人 は、妻の綾 と、娘のみゅうと暮らしている。 ある時、隼人は、手と足の調子が悪いことに不安を感じ、病院に行く。 そして、ギランバレー症候群と診断される。 ギランバレーは、治る病気との説明を受けるが、なかなか治らないので、妻の綾は、隼人に転院をすすめる。 転院した先の病院での担当医と初めて会った時、みゅうは、担当医に、「のジャックに似ている。 」と言う。 そして、転院した先で診断された病名は、CIDPだった。 CIDPは、慢性の病気でなおることはない。 隼人は、みゅうがさびしがらないよう、 に浦島太郎の物語を、自分の声に吹き込んであげる。 隼人は、気分があがったり、さがったりと変化が激しいが、リハビリしたりと病気と闘っていく。 ntv. html 副音声、アイパートナー 石丸博也•

次の

24時間テレビ 愛は地球を救う ドラマスペシャル

みゅう の あん よ パパ に あげる あらすじ

『 みゅうの足パパにあげる』(みゅうのあんよパパにあげる)とは、山口隼人(小島康洋)による闘病記。 2008年の『』 「愛は地球を救う」(日本テレビ系)内での21:28 - 23:28 に放送されていた日本のスペシャルドラマ。 実写ドラマ化された。 書籍の発売日は。 みゅうの足パパにあげる 著者 山口 隼人 発行日 発行元 言語 形態 ページ数 275 コード [ ] 25歳の時、 CIDP と診断された山口による闘病エッセイ作品。 入院から退院後の生活までの周囲の環境の変化・家族との交流・自身の心境などの体験に基づいた事実を、自分目線で描いている。 スペシャルドラマのは25. 2005年に放送された『』の歴代最高視聴率26. 主演はと。 スペシャルドラマ [ ] みゅうの足(あんよ)パパにあげる ジャンル 原作 『みゅうの足パパにあげる』 脚本 製作 制作 放送 音声形式 (も参考) 放送国・地域 放送期間 放送時間 21:28 - 23:28 放送分 120分 回数 1 特記事項: の企画の一部である。 の21:28 - 23:28(は2008年13:00 - 14:55、は2008年12:00 - 14:00)に、度『』中で実写ドラマ化された。 関東地区では2012年8月22・23日と2013年8月19日・20日に『』枠にて前・後編に分割した形式で再放送された。 あらすじ [ ] 山口隼人 25 は、学生時代に一目惚れをした綾と「衝撃的な運命の出会い!?」を経て、結婚。 しかしそんな隼人を、突然の病魔が襲った。 うまく歩くことができない。 電車で立っていられない。 握力もほとんどなくなってしまう。 起き上がることさえできない。 隼人が診断された病名は「ギランバレー症候群」。 ギランバレー症候群とは突然、手足が動きにくくなり、麻痺していってしまう病気なのだが、一過性のものであり、4週間ほど症状のピークを迎えると、その後は改善していく。 隼人は「4週間で治る」病気であることに大きな期待を寄せた。 しかし4週間を過ぎても、症状は日増しに悪化するばかり…。 一方隼人の性格を良く知る綾は隼人の主治医に疑問をぶつけ、セカンドオピニオンを希望する。 「ギランバレー」との決定的な違いは慢性疾患であること。 夫として、父親として、何一つ「普通」のことがしてやれない…。 完全に一筋の希望すら絶たれた隼人。 山口隼人25歳。 10万人に1人の難病におかされた体を奮い立たせながら、その「誓い」を守るための戦いが始まる。 キャスト [ ]• 山口隼人:• 山口綾:• 隼人の妻。 山口みゅう:• 隼人の娘。 岩出太郎:• 隼人の入院している病院にいるリハビリ患者。 患者にもかかわらず酒を飲んでいる。 高木修哉:• 隼人の勤める設計事務所の上司。 山口康之:• 隼人の父。 山口信子:• 隼人の母。 桜井幸雄:• 綾の父。 桜井美保子:• 綾の母。 黒瀬和夫:• 隼人の主治医。 永町圭吾:• 佐藤美奈:• 隼人の入院している病院の理学療法士。 、、、、、、藤原寿之 スタッフ [ ]• 原作:山口隼人『みゅうの足パパにあげる』(刊)• 脚本:• 音楽:• 美術デザイン:• 選曲:• 技術協力:• 協力:全国CIDPサポートグループ• プロデューサー:河野英裕(日テレ)、難波利昭()• 演出:吉野洋(日テレ) 書籍情報 [ ]• 『みゅうの足パパにあげる』、2006年。。 関連 [ ]• - 1人の若い女性が中学生の時に発症した難病と闘った実話を記した書籍。 本作品と同じ闘病記。 2005年10月11日 - 12月20日にテレビドラマ化された。

次の

24時間テレビ 愛は地球を救う ドラマスペシャル

みゅう の あん よ パパ に あげる あらすじ

[スポンサーリンク] ・2008年 第31回 :「みゅうの足パパにあげる」 松本潤主演:視聴率25. 可愛い娘にも恵まれ充実した生活を送っていた。 しかし、隼人が25歳のときに、『慢性炎症性脱髄性多発ニューロパチー CIDP 』という、10万人に1人が発症する難病と診断される。 CIDPは不治の病とされ、四肢の筋肉の低下・感覚障害などを引き起こす病気。 CIPDが原因で隼人は会社をクビになり、さらには多額の治療費が必要と医師から告げられ絶望。 これ以上妻に迷惑をかけないため、隼人は綾に別れを告げたことも。 しかし家族の愛情に支えられ、過酷なリハビリの末、歩けるまでに回復。 そして、退院の日は七夕で娘が持っていた短冊に『みゅうのあんよパパにあげる』と書かれていたのです。 ・2012年 第35回 :「車イスで僕は空を飛ぶ」 二宮和也主演:視聴率23. 二宮和也さんが演じる主人公・長谷部は、中学時代は不良で毎日喧嘩に明け暮れる日々。 荒れた生活を過ごしていました。 そんなある日、チンピラ集団とのトラブルの際に、ビルの屋上から他のビルの屋上へ飛び移ろうとして転落。 結果脊髄を損傷し、車椅子生活を余儀なくされます。 絶望しながら生きている中で、同じ病室の入院患者、下半身不随になった長谷部をサポートする医師・カウンセラー陣と出会い、次第に打ち解けていく。 周りの人たちの優しさ・気遣いで改心し、長谷部の人生が大きく変化していく物語です。 [スポンサーリンク] ・2013年 第36回 :「今日の日はさようなら」 大野智主演:視聴率23. 何の取柄・情熱を捧げているものもない、大学も中退した大野智さん演じる主人公・富士岡耕太が初めてやってみようと思ったものが料理。 美味しいものを作って皆に食べさせたい、その思いで見習いコックとして悪戦苦闘しながら日々精進していた。 そんな中の突然の宣告、『悪性リンパ腫』血液のガンになってしまう。 想像を絶する辛い治療の日々、闘病生活のなかでの様々な人との出会いで耕太の揺れ動く心情を具に描いていく。 そして耕太は辛い抗がん剤治療に耐え、ガンに打ち勝つ。 しかしすぐに再発、余命は残り3ヶ月。 余命宣告を受けて耕太は、ある決意を示し残りの短い人生を全力で生きていく。 以上、嵐のメンバーが主演を担当したドラマは3つ。 どの作品も、涙なしには見られない感動的なヒューマンドラマとなっています。 いづれの作品も高視聴率をマークしており、大野さんが主演したドラマは 歴代5位、二宮さん出演ドラマは 歴代4位、松本さん出演ドラマは 歴代3位と名作揃いとなっています。 今年の24時間テレビを見る前に、過去のドラマ作品をおさらいしておくのもいいかもしれませんね!.

次の