外壁塗装ローン控除。 外壁塗装した場合も減税が受けられる!条件と方法を解説

外壁塗装工事でも住宅ローン控除を受けられる

外壁塗装ローン控除

江戸川区は東京の最東端に位置する行政区、荒川と江戸川に挟まれたエリアで、区内には新中川があるなど、水が流れる風景を楽しむ事が出来る、荒川や旧江戸川が流れ出る東京湾沿岸エリアでは、海を近くに感じる事が出来る生活環境を持ちます。 尚、江戸川区の人口は年々増加しており、古くから住む人々も多いエリアです。 住宅を購入する時には、頭金を用意し、不足している部分については住宅ローンを組む人が多いと言えましょう。 ちなみに、住宅ローンを組んでマイホームを購入した場合、ローン控除を受ける事が出来ます。 ローン控除は、年末時点でのローン残高の1%分、その年に支払った所得税の一部が還付される、翌年支払う住民税が減額されるなどの制度で、ローンを組んだ年から最長10年間が対象になります。 10年間は毎年税金が戻る仕組みになりますが、住宅ローン控除を受けるためには、確定申告を行う必要があります。 但し、確定申告が必要になるのは最初の1回で、サラリーマンなどの場合は2回目以降からは会社で手続きを行って貰えます。 江戸川区の人口は年々増えているわけで、ローンを組んで区内にマイホームを購入する人も多くいます。 外壁塗装は住宅を守るための大切なリフォームで、一般的には10年に1度の割合で外壁塗装を行うのが推奨されています。 人口増加に伴い、外壁塗装を行う割合が多くなっている事も、江戸川区の特徴でもあり、塗装を行う業者を選ぶ時には数社に見積もりを依頼し、金額や対応の良さなどを比較する事がお勧めです。

次の

外壁塗装でローン控除を行う仕組み①

外壁塗装ローン控除

外壁塗装の塗り替えは、住宅を紫外線や雨から守るために欠かせない工事です。 定期的に必要となる外壁塗装ですが、工事費が高額になることもあるので、家計の負担になってしまうこともありますよね。 高額な外壁塗装の費用の負担を軽減するために、確定申告をすれば税金を控除できる制度があるのをご存知でしょうか? この記事では、外壁塗装で税金を控除する方法や適用条件、手続きの方法についてご説明していきます。 少しでもお得に外壁塗装をするためにも、最後までチェックしてくださいね。 外壁塗装で税金を控除できる「住宅ローン控除」 住宅ローン控除(住宅借入金等特別控除)とは、条件を満たしている住宅ローンの利用者を対象に、所得額を一部控除してくれる制度のことです。 新築住宅の購入時はもちろん、リフォーム工事の費用にも適用されます。 たとえば、外壁塗装の工事で1,000万円のローンを組み、年末時点で残額が900万円だとします。 この場合、その年の所得額から最大9万円が控除されることになるのです。 控除期間は従来10年間と決まっていましたが、 ・2019年10月以降で消費税率10%が適用される契約 ・2020年12月31日までに入居 の場合は控除期間が13年まで延長されます。 外壁塗装で税金を控除する条件とは? 外壁塗装で住宅ローン控除を利用すれば節税が可能なので、うまく利用して負担する費用を抑えたいですよね。 しかし、全ての工事で控除が受けられるわけではありません。 住宅ローン控除の適用には、細かく設定されている条件を満たしている必要があります。 住宅ローン控除を適用するための条件は以下の7点です。 納税者自身が所有していて、工事から半年以内に居住している家屋であること• 外壁塗装の工事で10年以上のローンを組んでいること• 登記上の床面積が50㎡以上で床面積の2分の1以上が居住スペースであること• 工事費用が100万以上で半額以上が居住スペースに使用されること• 住宅基準法を満たしている家屋であること• 控除を受ける年分の合計所得金額が3,000万円以下であること• 他の住宅に関する控除を受けていないこと 一軒家の住宅の外壁塗装を行う場合、工事費用が100万以上という金額面の条件を満たせば、ほかはあまり難しい条件ではありません。 外壁塗装を検討しているご家庭は、ぜひご自宅の外壁塗装に住宅ローン控除が適用されるかどうか条件を確認してみてくださいね。 外壁塗装で税金を控除するために必要な手続き ご自身の外壁塗装工事が住宅ローン控除の条件を満たしていることがわかりましたら、さっそく申請の手続きをしましょう。 申請に必要となる書類の用意ができてしまえば、手続き自体は簡単に終わります。 手間だからといって諦めずに、住宅ローン控除をしっかり利用しましょう。 住宅ローン控除に必要な書類 住宅ローン控除に必要な書類は以下のものです。 本人確認書類の写し• 源泉徴収票(勤務先)• 住宅ローンの残高を証明する残高証明書(金融機関)• 建物・土地の登記事項証明書(法務局)• 請負契約書(業者)• そのほか必要であれば耐震基準適合証明書、住宅性能評価書、認定通知書の写し 数はそれほど多くありませんが、それぞれの機関に書類を発行してもらう必要があるので、全て揃うまでに時間がかかることがあります。 とくに申告の時期は、窓口が混み合うことがあります。 早めに準備を済ませておくといいでしょう。 住宅ローン控除の手続きの方法 住宅ローン控除の申請をするには、ローンを組んだ年の翌年に税務署で確定申告をしてください。 会社員であれば、通常は年末調整だけで確定申告をすることはないと思いますが、控除を受けるためには確定申告が必要になります。 毎年2月中旬になると、国税庁のホームページに確定申告書等作成コーナーが表示されます。 そこにアクセスし、案内に従って必要事項の入力を行い、書類を作成します。 国税庁から入手する書類は、『確定申告書(A)』と『住宅借入金等特別控除額の計算明細書』です。 書類を入手しましたら、用意した他の書類も一緒に管轄の税務署に持っていくか郵送をしましょう。 確定申告の期限は、毎年大体2月16日~3月15日です。 間に合わない場合や申告漏れがある場合でも、過去5年分まで遡って確定申告が可能なのでご安心くださいね。 外壁塗装の税金控除でわからないことは業者に相談 外壁塗装の工事をした場合、条件を満たせば税金の控除を受けられます。 外壁塗装は決して費用が安いわけではないので、利用できる制度は最大限に活用したいところですよね。 書類を揃えて申告をするだけで控除を受けられます。 住宅ローン控除を上手に活用して、お得に外壁塗装をしましょう。 確定申告は、サラリーマンには馴染みがないので手続きに戸惑うこともあると思います。 余裕を持って準備をはじめ、困ったときは税務署や業者に相談しながら手続きをすると安心ですね。 投稿者:• 関連記事一覧.

次の

外壁塗装で住宅ローン控除を受ける為の条件や必要書類まとめ!

外壁塗装ローン控除

住宅特定改修特別税額控除とは 外壁塗装などのリフォーム時に利用できる投資型 減税制度であります。 住宅ローンを利用しない場合でも利用できます。 住宅特定改修特別税額控除とは下記の工事の要件をみたしていれば控除を受けることができます。 省エネ改修工事をした場合(住宅特定改修特別税額控除) 省エネ改修工事をした場合の住宅特定改修特別税額控除(住宅ローン等の利用がなくても適用できます。 )とは、個人が、自己が所有している居住用家屋について一般断熱改修工事等(以下「一般省エネ改修工事」といいます。 )を行った場合において、当該家屋を平成21年4月1日から令和3年12月31日までの間にその者の居住の用に供したときに、一定の要件の下で、一定の金額をその年分の所得税額から控除するものです。 バリアフリー改修工事をした場合(住宅特定改修特別税額控除) バリアフリー改修工事をした場合の住宅特定改修特別税額控除(住宅ローン等の利用がなくても適用できます。 )とは、特定個人が、自己が所有している居住用家屋について高齢者等居住改修工事等(以下「バリアフリー改修工事」といいます。 )を行った場合において、当該家屋を平成21年4月1日から令和3年12月31日までの間にその者の居住の用に供したときに、一定の要件の下で、一定の金額をその年分の所得税額から控除するものです。 控除額の計算は3を参照してください。 なお、このバリアフリー改修工事について借入金等を有しており、住宅借入金等特別控除又は特定増改築等住宅借入金等特別控除のいずれの適用要件も満たしている場合は、これらの控除のいずれか一つの選択適用となります。 多世帯同居改修工事をした場合 住宅特定改修特別税額控除 多世帯同居改修工事をした場合の住宅特定改修特別税額控除(住宅ローン等の利用がなくても適用できます。 )とは、個人が、自己が所有している居住用家屋について多世帯同居改修工事を行った場合において、当該家屋を平成28年4月1日から令和3年12月31日までの間にその者の居住の用に供したときに、一定の要件の下で、一定の金額をその年分の所得税額から控除するものです。 控除額の計算は3を参照してください。 なお、個人が多世帯同居改修工事をして平成28年4月1日以後に居住の用に供した場合に、その年の前年以前3年内の各年分に多世帯同居改修工事についてこの税額控除の適用を受けているときは、原則として、その年において適用することはできません。 また、この多世帯同居改修工事について借入金等を有しており、住宅借入金等特別控除又は特定増改築等住宅借入金等特別控除のいずれの適用要件も満たしている場合は、これらの控除のいずれか一つの選択適用となります。 耐久性向上改修工事をした場合(住宅特定改修特別税額控除) 耐久性向上改修工事(2の 5 の工事をいいます。 )をした場合の住宅特定改修特別税額控除(住宅ローン等の利用がなくても適用できます。 )とは、個人が、自己が所有している居住用家屋について耐久性向上改修工事(住宅耐震改修や一般省エネ改修工事と併せて行うものに限ります。 )を行った場合において、当該家屋を平成29年4月1日から令和3年12月31日までの間にその者の居住の用に供したときに、一定の要件の下で、一定の金額をその年分の所得税額から控除するものです。 控除額の計算は3を参照してください。 また、この耐久性向上改修工事(一般省エネ改修工事と併せて行うものに限ります。 )について借入金等を有しており、特定増改築等住宅借入金等特別控除の適用要件も満たしている場合は、これらの控除のいずれか一つの選択適用となります。 国税庁のサイトより引用しています。 リフォームするなら知っておきたいのが、減税制度です。 以下の3種類に分けられます。 住宅ローン減税• リフォームローン型減額• 投資型減税 住宅ローン減税(住宅ローン控除、住宅借入金等特別控除) 住宅ローン減税、住宅ローン控除は、正式な名称を「住宅借入金等特別控除」と言います。 、個人が自分で住むための住居の住宅ローンに対して所得税額から控除する制度です。 ローンの償還期間が10年以上の場合に利用できます。 住宅ローン減税の適用条件は、工事にかかる費用が100万円以上で工事後の床面積が50㎡以上となっています。 リフォームローン型減額 ローンの償還期間が5年以上の場合に利用できます。 バリアフリー・省エネ・同居対応・長期優良住宅化リフォーム工事で優遇税制があります。 投資型減税 ローンを利用しない場合や、償還期間5年未満のローンの場合でも利用できます。 耐震・バリアフリー・省エネ・同居対応・長期優良住宅化リフォーム工事で優遇税制があります。 住宅特定改修特別税額控除も投資型減税の一つです。 まとめ 外壁塗装などのリフォームの際には、上手にお得に減税制度、補助金、助成金を利用しましょう。 減税制度を利用するには確定申告で申請します。 会社員のサラリーマンでも自らで確定申告しなければいけません。

次の